栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:高橋彩美 ( 4 ) タグの人気記事


2016年 05月 02日

2506) 「おやすみとさよなら・詩と写真展 高橋彩美 遠藤結香」space1 4月30日(土)~5月8日(日)

 
おやすみとさよなら
詩と写真展 
高橋彩美 遠藤結香
                  


 会場:space1-105 307
    中央区南1条西15丁目1-319
     シャトールレーヴ space1-105 307号室
     
   注意⇒駐車場はありません。
      玄関ビルはオートロック。307号室のインターホンを押して下さい。

 会期:2016年4月30日(土)~5月8日(日)
 休み:月曜日 
 時間:12:00~18:00
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(4.30)

 会場の地図を載せます。マンションの3階です。




f0126829_2323629.jpg ←:(マンション入り口の看板。)



 場所は普通のマンション。その3階。オートロックなので、インターホンで307号室を押す。押せば即座に、「ハイ、どうぞ」。エレベーターで3階へ。すると、雑貨風のお店が並んでいる・・・変な処・・・。307号室を適当に探す・・・。



f0126829_2382624.jpg




 中はしっかりしたギャラリーだ。作品もそれなりに大きく沢山で、しっかりした展覧会だ。
 ザーッとその空間を載せます。



f0126829_23141676.jpg






f0126829_23143659.jpg





f0126829_23145239.jpg





f0126829_23151282.jpg




 写真作品を中心に進めていきます。

 (以下、敬称は省略させていただきます。)

 被写体は赤ちゃん、女の子、男の子、妊婦、風景・・・いつもながら暗めの青と黒が印象的。
 コメントに、「・・・明るさと切なさが両方感じられる、どこか懐かしいようなノスタルジックな空間になっております」



f0126829_12592015.jpg





f0126829_11574914.jpg






f0126829_11582359.jpg




f0126829_11592242.jpg





f0126829_11595534.jpg





f0126829_1203268.jpg





f0126829_122383.jpg




 一個一個の写真が吸い込まれる。それを作家は「切ない」、「ノスタルジー」、それらを通して作品全体で「希望」と言っているのだろう。確かにそうなのだが・・・。

 僕の場合、一作一作に目が止まり、そしてその全てが同じように「覗き見的な物憂げ気分」にさせられる。どうしても全作を通した物語にならない。
 高橋彩美は組作品としての物語作家かもしれないが、「一枚の切り取り」が強く、そこで十二分に作家の感性を出し切っている。悪く言えば、作家の中に「流れ」がないから、連作として物語が発展しない。だから、本当は「連作として物語作家」ではないのかもしれない。
 作家の中で時間が止まっている。その止まった地点をいつもいつも遠くから眺めている、覗いている。「覗く」中に「物語」が埋め込まれている。若い人なのに、ポッカリと心に穴を持っている見たい。その穴を埋めようとか、主張しようとか、紡ごうとか・・・そんな意欲とか、睨みとかの若さからくる無理は高橋彩美には無縁のようだ。ただ、その穴に共鳴しそうな「日常の風景」に出会った時、友達として「パチリ」とシャッターを押す。「記録」として穴にしまう。それだけのことかもしれない。


 今展は詩と写真の2人展。その関係は、高橋写真ワールドに引き込まれて、良き友達が「詩」で応援しているみたいだった。



f0126829_12521222.jpg
f0126829_12524367.jpg




f0126829_1253721.jpg





f0126829_12533649.jpg





f0126829_12561718.jpg





f0126829_13098.jpg





f0126829_12563867.jpg
   ↑:左側が詩の遠藤結香。右側が写真の高橋彩美。

by sakaidoori | 2016-05-02 12:57 | space1-105 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 05日

2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)


高橋彩美 詩と写真展 

    ことのは
 
 


 場所:紀伊國屋書店札幌本店・2Fギャラリー
      中央区北5条西5丁目7
      (大丸の道路を挟んで西隣) 
     電話(011)231-2131

 期間:2013年6月1日(土)~6月6日(木)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~18:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(6.1)


f0126829_22445721.jpg



f0126829_22451613.jpg



   キラキラした光とカラフルな色彩で
   一つのおとぎ話のような光景を
   写真と小さな詩を添えて展示します


 「おとぎ話」、会場を見渡して「そういうことかとなのか、おとぎ話か」と自分に言い聞かせた。

 高橋彩美は、一昨年札幌ビジュアルアートを卒業した。この学校は写真のプロ養成機関だ。卒業展では、技術の習得などを問う場なのだが、彼女はそういう校風には無頓着な作品を発表していた。
 ラフなピントで、被写体は茫洋としている。日常の切り取りなのだが、青とか黒とかは異様に強い。例えば、伸ばす手は何かに触れようとするのだが、直前でピタリと止まってしまう。時間を止めている。心象と言うより、被写体の中から何かをすくい取ろうとする姿勢だ。そえrは、「おとぎ話」だったのだろう。

 今展、カメラワークを鍛えたと見えて、これ見よがしのラフで茫洋な世界はない。以前の何気ない被写体、それでいてラフで強引な時空の切り取りに僕はしびれた。そういう意味では、今回はちょっと戸惑った。以前のカメラ・アイは不思議な強さがあった。そういう強さはどこかに追いやり、後ずさり的感覚で自覚的に物語をまさぐっている。



f0126829_22582614.jpg



 上の作品が今回のお気に入りだ。狼の野生と、月を包む濃紺色の組み合わせがいい。
 
 高橋彩美、物語を作る人だ。若い女性だから、物語の内容そのものはたゆたゆしいものだろう。内容よりもカメラ感覚が気になるところだ。



f0126829_23221194.jpg


 色味も人のシルエットも好みなのだが、ライオンが普通すぎた。可愛いのだが、それでは僕の中の「おとぎ話」には火が付かなかった。


f0126829_23223768.jpg



 左側のフラミンゴ、ちょっと変だ。作品としてはイマイチなんだが、こういうチョット変さは頼もしい。


f0126829_23225396.jpg



 右側の建物のシルエット、機械的すぎて夢が膨らまなかった。それにしても、彼女の影は魅力的だ。



 上掲の作品群、微妙なところで僕のアンテナとはマッチングが悪かった。が、彼女の見つめる世界、感じる世界を垣間見ることはできた。なるほど、なるほど、だ。



f0126829_23325286.jpg



f0126829_23331288.jpg




f0126829_23355722.jpg



f0126829_23364186.jpg



f0126829_2337416.jpg




f0126829_2341972.jpg



f0126829_23412231.jpg



 人物と風景との関係には驚く。
 子供の仕草はいきいきとしている。ただ立っていてだけだが動きがある。その動きに対して、背景の風景は一風変わったムードで包み込んでいる。世界を止めている。影も提出している。確かに花もあって明るいのだが、「明るくて幸せ」とばかりは言えないムードだ。やっぱりチョット不思議な高橋ワールドだ。撮影者自慢の作品だろう。



f0126829_23501680.jpg



 可愛い作品だ。こういうのがあるとホッとする。やっぱり女の子だ。



 小品で構成された壁面、ちょっと細く感じた。半歩下がった距離感が漂っていた。彼女の「おとぎ話」にとっては大事な距離感なのだろう。それは魅力的なのだが、作品としてはまだまだの感がした。成長するのを楽しもう。





f0126829_23494228.jpg


 この猫、小さいが大きい。この感性、やはり気になる。

by sakaidoori | 2013-06-05 23:58 | 紀伊國屋書店 | Trackback | Comments(3)
2012年 05月 19日

1757) アバウトの写真・31回目 「高橋彩美・写真展 『ゆめのわ』」より 2012年5月3日(木)

    
○ 高橋彩美・写真展 『ゆめのわ』」 より        

 会場:札幌市資料館2階3室
      中央区大通西13丁目 
       (旧札幌控訴院。
       大通公園の西の果て)
      電話(011)251-0731

 会期:2012年5月2日(水)~5月6日(日) 
 休み:
 時間:10:00~19:00
      (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(5.3)

f0126829_78453.jpg



 今回は高橋彩美さんの写真です。


 この作品は組作品の一つで、組作品で構成された壁面の中央に展示されていた。展示効果のために大きな顔を目立つ場所に据えたのかもしれない。一方で、「この作品を見よ!」という撮影者の強い意図もあると思う。
 素直に少女をアップで撮っている、ただそれだけのことかもしれない。それだけのことだから、ブログの顔として毎日見るには良いかもしれない。

 普通に真ん中で撮る、しかも接近して撮る、何だか基本のような気がする。しっかりと相手を見る。それから先は、突き放したり、遊んだり、覗き見したりと、いろいろ付き合い方も生まれる。
 実際、彼女の写真個展はそうだった。


 「この写真、どんな感じで撮ったの?」
 「・・・、ただこう・・・、カメラを向けてバッシ・・・何ですけど・・・あんまり考えてないの・・・」
 そう言いながら、写真を撮るポーズを見せてくれた。
 被写体に半歩近づき、カメラを持つ手の仕草も子供っぽく、全く普通の少女然としているだけだ。だが、彼女の目線は強い。愛情を持って被写体に迫る。カラーで可愛く撮ってはいるが、茫洋とした質感はフックラとしてたくましい。

 児童期の作品ばかりだった。自画像として見て構わないだろう。
 直ぐに大人を老人を撮ってくれとは言わない。できるならば、思春期青春期を、見たい気持ちは膨らむ。


f0126829_8152363.jpg



f0126829_8155321.jpg




f0126829_821954.jpg


f0126829_8212889.jpg



f0126829_822224.jpg
     ↑:会場からの大通公園の様子。ここは2階だから、はるかに見晴らせて気持ちが良い。まるでお伽噺の世界だ。



f0126829_824778.jpg
 お礼状が届いた。個展時の写真を使っている。
 会場の作品はもっと光沢が強かった。それは紙質によるのかもしれない。茫洋とした雪の中、赤い少女は夢が一杯だ。
    


  

by sakaidoori | 2012-05-19 08:36 | ★アバウトの写真について | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 04日

1730)「高橋彩美・写真展 『ゆめのわ』」 資料館 5月2日(水)~5月6日(日)

f0142432_1559187.jpg  
○ 高橋彩美・写真展 

     「ゆめのわ
        


 会場:札幌市資料館2階3室
      中央区大通西13丁目 
       (旧札幌控訴院。
       大通公園の西の果て)
      電話(011)251-0731

 会期:2012年5月2日(水)~5月6日(日) 
 休み:
 時間:10:00~19:00
      (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(5.3)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)



f0126829_8123366.jpg



f0126829_814016.jpg



f0126829_8145378.jpg




          高梁 彩美 (たかはし あやみ)

              1990年 札幌市生まれ
              2011年 札幌ビジュアルアーツ専門学校卒業 
                       (会場プロフィールより)

 ざっと会場を見渡しただけでも、若い女性による子供のスナップ展だとわかる。普通に子供達が好きで、色が好きで、ちょっと言葉を添えて、「写真個展、しちゃいました」という雰囲気だ。写真技術を誇示するでもなく、しんみり心象世界を訴えるでもなく、極端な接写やアングルもなく、「面白い雰囲気、貰っちゃいました、撮っちゃいました、ペタペタ貼っちゃいました」そのものだ。
 それに、写真展としてはダブった作品も多い。ピンボケではないのだが、焦点バッチリからは微妙に遠い。「これだ」という絶品の一枚はあるのか?

 そうなのだ、それらが欠点ならば簡単なのだ。そう言えないところに今展の悩ましさがある。高橋彩美の写真生理に感心してしまった。

 
 本人は何も考えてないという。きっとそうだろう。
 だが、高橋彩美の目はキツイ。「瞬間」にたいして鋭敏だ。構図だ、ピントだ、シャッタースピードだ、そんなことにはお構いなく、感じるところを迷わずバチッだ。続けてバチッ。潔い判断力だ。連続によって被写体の微妙な心理、空気、存在をえぐる。被写体と言ったが、おそらくそれらは撮影者の影なのだろう。だから、良い写真など眼中にない。自分自身を覗き見しているのだから。おそらく、自我が目覚めた少女が、自分自身や廻りを時には突き放し、時には途方にくれて撮っている。
 今回は「0才から10才までの子供」がテーマだ。確かにあどけなさオンリーの作品もある。一方で、覗かれる子供、不安、喜び、一人でいる事の意味を思う作品も多い。「子供のままでいたい、大人に成りたい成りたく」と。その子供らを、強いボケや、怪しげな黒や、ウソっぽい白と入り混じって、高橋彩美の夢は拡がっていく。確かに「夢」だ。子供の頃の夢、かなわなかった夢、今子供に託す夢・・・。異性に目覚める前、遊びながらも他人に自分をさらす子供ら。思春期直前の「写真という夢の世界」だ。


f0126829_14234237.jpg



 右側の作品の青と白が記憶に残る。普通の楽しい動物園、お天気も最高、でも寒々している。


f0126829_14261124.jpg


 何とも言えない覗き見アングルだ。


f0126829_14262513.jpg


 恥ずかしいのですが、今展での一番のお気に入り。思春期なんですよ。
 いつの間にか大人になるモデル嬢、いつの間にか大人になった高橋彩美。


f0126829_14281449.jpg


 間違いなく佳作。笑顔と冷ややかさ、そして時間差の妙味が詰まっている。通好みだろう。



f0126829_1431229.jpg


f0126829_14512075.jpg



 会場中央を赤で染めたかったのだろう。でも子供は天真爛漫というわけではない。
 2枚も必要ないかもしれない。自選個展だから、こういう主張も生きるのだろう。要するに高橋彩美は強情なのだ。



f0126829_14363776.jpg



f0126829_143916.jpgf0126829_14434393.jpg
f0126829_14441828.jpg



f0126829_14593055.jpg


 なぜ子供はこういう顔をしたがるのだろう。変身願望?


f0126829_1512893.jpg
f0126829_1514148.jpg




f0126829_1565118.jpg



f0126829_1571480.jpg




 被写体との関わりで感想を書いた。しかし、本展の魅力は写真そのものにあると思う。色を伴いながらも「黒」や「白」の強調、明るさと暗さの対比、ボケてるようでボケてはいない距離感などなど。ただ、それらが魅力あるものとして表現されるには、「良き被写体」との出会いがなければならないだろう。そして今の高橋彩美の情動は「子供」に向いている。
 子供作品を見つつ、子供を無視して写真を楽しみ、ブログを書くのに子供を楽しんだ次第です。



f0126829_15155951.jpg











f0126829_15174827.jpg

by sakaidoori | 2012-05-04 15:42 | 資料館 | Trackback | Comments(0)