栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:風 ( 3 ) タグの人気記事


2012年 11月 22日

1880) 「風の画家・本田滋の世界 《風の彩》」 北のモンパルナス 11月6日(火)~12月1日(土)

    

風の画家・本田滋の世界 

       《風の彩
     


 会場:ギャラリー 北のモンパルナス
      西区二十四軒4条3丁目3-15
       清水マンション105
       (札幌第一病院の東隣。
        地下鉄琴似駅5番出口より徒歩5分。)
     電話(011)302-3993

 会期:2012年11月6日(火)~12月1日(土)
 休み:日曜・月曜・祝日
 時間:11:00~18:00

 企画:当館
     
※ 次回の企画展:「丸木俊 生誕百年記念展」 12/4~12/29

ーーーーーーーーーーーーーーーー(11.17)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 「ギャラリー 北のモンパルナス」、初登場です。
 会場は「カフェギャラリー 北都館」のすぐ傍です。北都館に面した道路を横断すると第一病院があり、道路が延びています。その病院を左に見ながら進んでいき、やはり左側にある清水マンション1階が目指すギャラリーです。。


f0126829_20101553.jpg
f0126829_20103478.jpg


 清水マンション、右側にギャラリー入り口があります。

 
f0126829_20221289.jpg



 左の方に入り口のドアが見えると思います。奥の空間は喫茶ルームで、その部屋の作品は常設展のような雰囲気。今展では本田作品もないので、その部屋の紹介は割愛します。小熊秀夫達を綴った、「池袋モンパルナス」という本が目に飛び込んだ。読みたい本だ。


f0126829_20315718.jpg



f0126829_20322276.jpg



 会場は窓無しのL字型。穴あき吸音壁にアンティークな調度品、そこに賑やかな本田滋・風景ワールドだ。明るい話し声が聞こえそうな空間になっている。

 今回の「本田滋展」は、既発表作品がほとんどだ。見慣れた世界ではあるが、本田絵画の整理に丁度良かった。
 氏の発表歴はすさまじい。遅れての画家活動だから、それを取り戻そう、いろんな試みをしようと、意欲盛んだ。今では取り戻す力を追い越して、グイグイと先に行こう行こうとしている。自分自身の手綱の引き具合を楽しみながら精力的に活動している。

 何点か気になる作品のみを記して、後は凡調な言葉を省略します。


f0126829_2156693.jpg
          ↑:「歩道橋渡ると」・S15。

 「青ライン」が目を見張る。それは道路なのだが、まるで川だ。横断歩道の白い線も、何が何だか意味不明の模様になっている。青い部分が道に見えなくてもかまうことはない。デコボコ躍動感でゴチャゴチャとした「生命」が感じられるではないか。


f0126829_2251720.jpg
          ↑:「テレビ塔見いつけた」・S15。

 テレビ塔はともかくとして、剥き出しの「都会の壁」だ。それは塊としか言いようがない。氏は決してこの光景を負のイメージでは描いてはいないだろう。だが、僕には「都会という化け物の裸」に見える。


f0126829_22101323.jpg
          ↑:「秋なずむ」・F40。


 今展では氏のことを「風の画家」と謳っている。
 「風」、この言葉にだまされてはいけない。確かに風には違いないが、「人畜無害の微風」ではない。常に「生命」を見る画家だから、その優しさ清らかさばかりでなく荒々しさや不可思議さもつかみ取る。都会にはそういう不可思議な場が、微風の隣に同居している。そこをも氏は見つめ讃歌している。


f0126829_22175375.jpg



f0126829_22181737.jpg
          ↑:「明日みる街」・F30。


f0126829_22221324.jpg



f0126829_22224131.jpg



f0126829_22234317.jpg
          ↑:「夢待ち高架」・S8。



f0126829_22244340.jpg




f0126829_2226054.jpg



 激しい躍動感だ。喜怒哀楽、善悪彼岸此岸、全てを飲み込む勢いがある。都会とはそういうものだ。
 画家・本田滋、正直な画家である。老木は負けずに屹立している。

by sakaidoori | 2012-11-22 22:52 | 北のモンパルナス | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 01日

1639)「樫見菜々子・個展 [風がやむ]」 コジカ 終了・2月14日(火)~2月29日(水)

○ 樫見菜々子・個展 

                [風がやむ
     


 会場:サロン・コジカ
      中央区北3条東2丁目中西ビル1F
      (東西に走る南側。)
     電話(011)522-7660

 会期:2012年2月14日(火)~2月29日(水)
 休み:日・月曜日
 時間:14:00~22:00

ーーーーーーーーーーーーーーー(2.24)


f0126829_1851638.jpg



f0126829_18544984.jpg



f0126829_18551981.jpg



f0126829_18583537.jpg



f0126829_18595411.jpg




f0126829_1932749.jpg

f0126829_1934746.jpg



f0126829_19492232.jpg



f0126829_19494564.jpg



f0126829_19501581.jpg




 可愛く微笑ましい、いじらしい。小さな秘密めいた部屋だ。
 「空間」という無粋な美術用語を使ってはいけない。「部屋」ーー言葉が滞っているような、素通りしているような、何かが詰まっているような、何もないような。そんな「部屋」だ。
 「女の子の部屋」と言い切ってもいい。夢見る部屋?確かにそうだ。どんな夢?

 心地良い風を感じるかもしれない。だが、作家は「風がやむ」とこの部屋を呼んでいる。「おだやかで、少し胸さわぎ」とも語っている。
 雪の上の黒い作り物。ひょっこり立ちすくむ木立、ひよこのような小鳥、それに小熊かな?
 そこに生き物達がいる。僕らは彼等とどう繋がっているのだろう?愛でる関係?遊び仲間?友達?親しげな振る舞いではあるが、僕らのことは眼中になさそうだ。消え入りそうでしっかりとそこにいる。

 「心そわそわ。胸キュンキュン」、ちょっと不思議な菜々子の部屋だ。


f0126829_2013577.jpg











f0126829_20142299.jpg











f0126829_20144925.jpg

by sakaidoori | 2012-03-01 20:19 |   (コジカ) | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 19日

1014) CAI02 「竹田真一郎・個展 『風の行方』」・写真展 終了・4月18日(土)~4月25日(土)

○ 竹田真一郎・個展
    「風の行方」

 会場:CAI02・raum2・3
    中央区大通西5丁目 昭和ビル・B2 
    (地下鉄大通駅1番出口。注意⇒駅の階段を下りてはいけません。昭和ビルの地下2階です。)
    電話(011)802-6438

 会期:2009年4月18日(土)~4月25日(土)
 休み:日曜・祝日(定休日)
 時間:13:00~23:00 

※ オープニング・パーティー: 初日 19:00~

ーーーーーーーーーーーーーーー(4・18)

 二ヶ月前の写真展です。

 竹田真一郎君は学生だ。昨年、ベテラン写真仲間との3人展が発表デビューだった。身近なスナップ写真を何かの模様なり記号になるように展示していた。1点1点を見せるよりも、発表できて嬉しいというものであった。被写体への突込みはまだまだ弱かった。

 今回、写真の初個展としては広さも適当、しかも無窓で完全白壁だ。作品の強度がばっちり試される。


f0126829_19483862.jpg


 今回もアピールの強い個別作品は少ない。
 それは撮影者の撮影スタンスだから仕方ないかもしれない。総合タイトルは「風の行方」だ。竹田真一郎君が風になって無色透明気味に街をさ迷い、「何か」に出会えたささやかな喜びを軽く記録しようとするものだから。
 確かに作品群を見れば、これが竹田君の着眼点なのかと思うしかない。残念なことに、被写体との距離感が皆一様なのだ。風になれば相手(被写体)からは見えないのだから、もっと自由になって相手の懐に飛び込むなり、遠くに離れるなりして、風そのものの気分が伝わればいいのだが、「見えない」という安全弁に偏りすぎたようだ。

 栄通記ブログ用に気になる作品をピックアップしていった。比較的に会場左側の作品群の方が面白いのだ。聞けば、そちらの方が近作とのことだ。オー、それは良い事だ。ほんの少しだが、被写体に迫っているのだ。今までの自分と相手の距離感を狭めている。そのことに竹田君がどれだけ意識的なのかはわからない。
 風が相手に一歩近づいた。次は一歩離れる、次は二歩近づく、つぎは二歩離れる。竹田・風のもっとも適正な距離感はどこなのか!積極的に試行錯誤しながら撮り続けるしかない。自然な振る舞いを意図的チャレンジ精神で身に付けるしかない。

 まだまだこれからの人だ。サイズを大きくしたり、仕上げの技術を高めたりと写真の秘部は沢山あるだろう。
 人が好き、街が好きな竹田真一郎君。「やさしさ表現」の旅が始まったばかりだ。


f0126829_20165233.jpg


f0126829_20191180.jpg


f0126829_20211620.jpg
f0126829_20233962.jpg




f0126829_2025574.jpgf0126829_20273264.jpg









     (↑:大半が左側の作品。比較的近作。)

 左下の作品が栄通好み。人物写真は竹田君らしさが出ているのでは。



f0126829_20314874.jpg
     (↑:右側の作品群。被写体をおそるおそる見ている感じ。)

by sakaidoori | 2009-06-19 20:43 | CAI02(昭和ビル) | Trackback | Comments(0)