栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:霜月 ( 2 ) タグの人気記事


2012年 11月 22日

1878) ②「霜月 ノーザン アーツ コラボレーション (後期 中嶋幸治)」 門馬 11月3日(土)~11月26日(月)

  

霜月 

  ノーザン アーツ コラボレーション
   

   
 会場:ギャラリー・門馬 & ANNEX 
      中央区旭ヶ丘2丁目3-38
       (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055

 会期:前期 ⇒ 2012年11月3日(土)~11月13日(火)
     後期 ⇒ 2012年11月16日(金)~11月26日(月)
 時間:11:00~19:00

ーーーーーーーーーーーーーー(11.18)

 メンバーを入れ替えての後期展だ。今回は4名の出品。

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


f0126829_846788.jpg



○ 中嶋幸治 の場合   


f0126829_8461966.jpg



f0126829_934245.jpg



 いきなり人物入りの写真だ。それは作家自身だ。心臓を小刻みに震わせて森の中を瞬間移動する、そんな慌ただしさと静寂さで揺れている。そして、明瞭に見せつつ、意図的に何かを見せない世界だ。

 会場は細長き回廊だから、時間と共に展示表情に出会う。その特徴を生かし、「時間軸」で展示を見てしまう。実際、そういう構成であり、「時」が隠れたモチーフになっているだろう。そして、見える世界と見えない世界との語らい。


f0126829_9395471.jpg



f0126829_9401755.jpg
f0126829_9403812.jpg



 薄利岩石なようにして、低い位置に塊が座している。
 同じものが手で切られたものだ。切るエネルギーには驚きはするが、とても綺麗な世界だから「重み」よりも「存在」と不可思議さが押し寄せてくる。ここにも、淡々とした静けさと微震動が共鳴している。当然、ここが今展の白眉だ。


f0126829_9491666.jpg



f0126829_9493551.jpg



f0126829_9513744.jpg



f0126829_952842.jpg



 先ほどの塊が「重さ不定の存在感」を醸し出していたが、今度は「存在露わな浮遊感」だ。
 それにしても影といい、作品といい綺麗だ。柔らかい空気に包まれ・・・しかし、優しいという言葉はでてこない、「ここに在る」という存在を常に主張していて・・・心地良い緊張感と言っておこう。

 ところで、先ほどの塊の一つ一つは、この作品の影を切り抜いた形だ。つまり、実体と影を僕は行きつ戻りつ見ているわけだ。作品には実際の影も大事な姿だ。「見える部分」と「見えない部分」、「表層」と「深層」、「高さ」と「低さ」、そんな諸々と「光と影」が和している。


f0126829_1092277.jpg



 「手作り封筒」がアクリル・ボックスに入っている。

 この作品は既発表で、そういう意味では今展では旧作と呼ぶべきものだ。が、今までの作品を見てわかるように、この「封筒」という社会的呼称から一つ一つをそぎ落としていった姿が今展の全貌をなしている。僕は、最後の結果から見始めて、「封筒」という説明可能な作品に出会った訳だ。

 この封筒、模様毎に紙を繋ぎ合わせて、限りなく薄くこすって紙に仕上げて封筒にしている。誠に額に涙が流れるような修行僧の手仕事を思う。実に軽くてはかない存在だ、手のひらに乗せた綿毛のようなもので、吹けば飛びそうで、飛ばすわけにはいかない。


f0126829_10403553.jpg



f0126829_10213859.jpg



 乳白色の淀みの中をあれこれと経巡るような作品群だ。「あれだ、これだ」と断定する力は一つ一つの作品にはあるのだが、それでいて、「あ-でもない、こーでもない」と鎮座してもの言わぬ風情でもある。


 グループ展なのに僕は「中嶋幸治 作品」ばかりを語りすぎたようだ。ねちっこい世界を清々しく見せる人だ。独自の世界にファンも多いことだろう。僕自身がその一人だから。


 項を改めて他の作家作品を載せます。
 ③に続く

by sakaidoori | 2012-11-22 10:41 | 門馬・ANNEX
2012年 11月 05日

1859) ①「霜月 ノーザン アーツ コラボレーション (前期)」 門馬 11月3日(土)~11月26日(月)

霜月 

ノーザン アーツ コラボレーション
   

   
 会場:ギャラリー・門馬 & ANNEX 
      中央区旭ヶ丘2丁目3-38
       (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055

 会期:前期 ⇒ 2012年11月3日(土)~11月13日(火)
     後期 ⇒ 2012年11月16日(金)~11月26日(月)
 時間:11:00~19:00

ーーーーーーーーーーーーーー(10.23)

f0126829_23144766.jpg



f0126829_2320554.jpg



 多田浩二青年による企画展。
 彼は北欧が大好き、美術・芸術が大好き。だから、「多くの日本人に彼らのことを知ってもらいたい、そして互いに交流しあって、もっともっと人生を楽しもうじゃないか・・・」と、この企画展を理解している。本当は彼の主旨を尋ね、しっかりとメッセージを伝えるべきなのだろう。僕は代弁をしない。今後も、形は変わっても、何らかの企画を手がけると思う。そうしてもらいたい。きっと、自分自身で自分のしたいことを文章にしてくれるだろう。彼の肉筆をまとう。


 前後半に分かれての展示。前半の今回はフィンランド在住作家が3人、札幌・帯広作家が一人づつ、計5人による展覧会だ。
 北欧組は誰一人知らない。作品は郵送の関係で小品中心です。が、これが面白い。彼らから記します。


f0126829_23312826.jpg
     ↑:Elina Sipiiä

f0126829_021347.jpg



f0126829_23314257.jpg



f0126829_0223140.jpg



 静かな落ち着いた世界。森の生き物が画題のようだけど、精霊と向き合っている。落ち着いた安定した精神性(スピリッチャル)を感じる。
 目立つ作品ではないのだが、毎日静かに会話したくなる。


f0126829_0322894.jpg



f0126829_033411.jpg
     ↑:①Joseph James

f0126829_034333.jpg
     ↑:②Joseph James


f0126829_0474968.jpg
     ↑:Joseph James



 こういう感覚は欧米人だ。彫りの深い凹版印刷と同じだ。きつく鋭くだ。白い部分も「黒」として見たら、彫りの深さが倍増する。
 ①、②の2作品、おびただしい人間が埋め込まれている、僕にはそう見える。他の外国人作家が自然との感応を重要なテーマにしている。彼は完璧な都会派だ。絶対個我を前提として、その重なりと塊で完結した世界(社会)を形成している。色の色調や線の流れなどでリズムやハーモニーも加味されて、深刻さは薄らいでいる。結果として「癒やし」の要素もあるみたいだ。「キツサ」と「柔らかさ」、どちらに主眼があるのだろう?その両方を視野に置いているのかもしれない。「キツイ」が故に「やさしさ」が必要ということか。



f0126829_052333.jpg
     ↑:Mia MaRia Hamari


 この丸い背中の動物、何だろう?木の精霊か?その表情と仕草がたまらない。愛すべきと言おうか、哀しき存在と言おうか。
 とにかく気に入ったので、幾つかのアングルを載せます。


f0126829_0581548.jpg



f0126829_0584262.jpg
f0126829_0593058.jpg



f0126829_059653.jpg



 子供の玩具としての作品かもしれない。が、木そのものを直に感じさせる触感だ。首などはシラカバをそのまんま使っていて、「木を忘れるな」という、しっかりした主張がある。それを前提にした不可思議な愛玩物だ。


f0126829_14210.jpg
     ↑:同上。

 木というマリアであり、イコンだろう。やはり、「木」だ。



 会場には企画者と作家とのやりとりメッセージが用意されている。それを読めば、より正確に作家に近づくことができる。良い方法だ。が、英語で、しかも小さく書かれていて、僕には読めない。企画者にとっては、あまりに英語が日常語だから、何の違和感もないのだろう。英語の読めない日本人にも「やさしく」と、お願いしたい。



 次に、2人の日本人作家です。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


f0126829_1144598.jpg
     ↑:梅田マサノリ


f0126829_1152411.jpg



f0126829_1162190.jpg



 心許ないイタドリによる「枯れ葉女」、だ。
 それにしても驚いた。硬派の梅田マサノリが、小穴だらけの枯れ葉を女性のランジェリーに見立てている。いや、女そのものに開眼したみたいだ。赤裸々な官能美ではないのだが、何やら怪しげに迫りたい「梅田マサノリ」、とう顔が見えてくる。氏の変身ぶりと変身願望のような世界に、楽しいやら嬉しいやら驚くやらだ。「生まれかわる梅田マサノリ、その序章」という作品だろう。存在の有り様の新たな追究だ。



f0126829_1245629.jpg
     ↑:工藤エリカエリコ


f0126829_1253727.jpg


f0126829_1255557.jpg




 切り絵の工藤エリカエリコだ。
 彼女の作品だけ色も沢山あり、影も豊富、広さもありで、大きく見える。もっとワイルド感があれば。他の作家達が省略美、余白美のような所があるから、均整美でまとめたのかもしれない。が、他の作家達は充分にはみ出し部分があり、それを意図している。工藤エリコの場合は、はみ出しを彼女自身が制御しているみたいだ。もったいない。この作品に、にじみ出る破綻があれば、影が更に闇を含めば・・・結局、もっともっと自由に伸びやかに。


 そして、グリコのオマケです。
 企画者・多田浩二青年です。


f0126829_1383142.jpg



 恐いもの知らずで、やる気満々だ。
 「門馬さんは地下鉄からは遠いですが、是非是非見に来て下さい。僕はいつもいるつもりです。どんなことでも聞いて下さい。一緒に楽しみましょう。よろしくお願いします」と、心で言っている。



 

by sakaidoori | 2012-11-05 10:42 | 門馬・ANNEX