栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:阿部雄 ( 3 ) タグの人気記事


2018年 09月 21日

2606)「第二回 #札幌PEN部 写真展 ハーフカメラの写真展覧会」g.犬養 9月19日(水)~9月24日(月)



第二回 #札幌PEN部 写真展
 
  ハーフカメラの写真展覧会




参加者:阿部雄 井上知彦 小野寺宏弥 
   ささきぱる 外崎うらん 橋本つぐみ 

会場:ギャラリー犬養 2階  
      豊平区豊平3条1丁目1-12
      (地下鉄東西線菊水駅より徒歩7分。
       駐車場有り。) 
     電話(090)7516ー2208 

会期:2018年9月19日(水)~9月24日(月)
 休み:火曜日(定休日) 
 時間:13:00~22:30

ーーーーーーーーーーーーーー(9.20)


「ハーフカメラ」、フィルムで撮るカメラで、24枚撮りのフィルムが48枚撮影可能というものです。
一枚のネガで2枚撮れる、だから多く撮りたい場合は重宝です。半分のネガですから、大きく引き延ばすとクリアー度が下がって、ボケ・アラ気味になる。もっとも普通にスナップで楽しむ場合は全く問題ないです。
欠点は現像費が高くなることです。大きく引き延ばしてボケアラになるのは欠点というより特徴といった方がいいでしょう。

ですから、今展を見る場合、どれぐらいの大きさの作品仕立てかで、その人の参加目的がわかるでしょう。つまり、ボケアラを見せたくないのか、ボケアラ作品の個性として出すのか?
単に「ハーフカメラ」という機械自慢か?ハーフカメラの特性を生かした自己表現か?








f0126829_09024988.jpg






f0126829_09040372.jpg





f0126829_09065464.jpg


処狭いとは言わないが、特徴のある壁を一杯一杯展示している。作品量の多さに一目で喜んでしまった。

以下、左回りで一人一人を簡単に載せましょう。





f0126829_09323199.jpg
   ↑:小野寺宏弥「Life is Beautiful」









f0126829_09291885.jpg






f0126829_09331685.jpg








f0126829_09340641.jpg













f0126829_09345876.jpg
   ↑:全て小野寺宏弥、「Life is Beautiful」


典型的な心象スケッチだ。
タイトルは、「生活は美しい(生きているって素晴らしい)」。そういう気分で淡々と撮っている、ではないだろう。

彼ははしゃぐことが好きなタイプだ。女の子大好き男の子だ。
そういう青年が人気を隠すようなスケッチをだした。何ともいえないこのタンタン(淡々)感。
「ちぇっ、仕方ないな-、誰も相手にしてくれない、だったらオレも誰も相手にしないぜ・・・」そんな呟きの一枚一枚だ。



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~



f0126829_09495396.jpg

   ↑:橋本つぐみ「たとえば/あるいは]。




おー、橋本つぐみは絶好調だ。心象風景には違いないが、「物語」ですね。どんな物語かというと・・・ふふふ、それは「秘密」・・・?

本当は「秘密」でも何でもないのだから、何とか説明しようとする。その時の言葉が、「たとえば・・」と言ったり、「あるいは・・・」と言ったりする。その「たとえば、あるいは」をハーフ見立てにタイトルにした。ようやく橋本つぐみも直接説明を卒業した。

「卒業」といえば、彼女はより「大人っぽい」雰囲気の世界突入したいのよ!本当は。でも、彼女自身の持つ「女の子(乙女)性」が「言い訳根性」が「嫌われたくない心理」がどっかで作品を引っ張っている。しかし、最近は作品自体が「橋本つぐみ」から離れて前に前にと押し進もうとしている。今回は「ハーフ」ということで「モヤモヤ感」が強くなり、一方で橋本つぐみはスパッと切り取りたいところがあって、このモヤモヤ感といさぎ良さが今展ではうまい具合に両立して、ちょっと大人っぽい世界が生まれたみたい。







f0126829_09503607.jpg


今回はこの作品が一番のお気に入り。橋本好みの半分分割法と、床にもの置く「いじらしさ」と、カーテンの白さ膨らみに女の肉感に重なり、橋本版「処女からの脱皮」みたい。







f0126829_10363363.jpg





f0126829_10371411.jpg


f0126829_10464283.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




f0126829_10550707.jpg
   ↑:井上知彦





f0126829_10571471.jpg





f0126829_10575779.jpg



f0126829_10590790.jpg
   ↑:全て井上知彦、「パトローネは夢を見る」。



井上知彦はハーフカメラが普段着のようだ。
そして撮影スタイルも「何かを狙う・派」ではなく、普段着を等身大にパシッ!みたいだ。工夫された展示を無視して、作品だけを見ていると、特に強い拘りを感じない。
ハーフカメラ撮影スタイルはともかくとして、小さいとはいえこれだけ大きくすると、写真作品としての楽しみも見る方は持つわけだ。しかし、その気軽なシャッターチャンスにはあまり興が湧かなかったことも事実だ。つまり、今回の井上展示は「ハーフカメラ」と「普段着の僕」を楽しむコーナーだった。

ボートの作品、個人的には「ボート大好き派」だから気になるところフだ。しかし、女の子が背景にいるボートでは「弧」が楽しめなくて残念だった。
しかし、フロイト的精神分析でみると、「ボート」が男だから、「ボート(男)」を無視する「女」になるわけだ。「夕べ、きっと振られたのだろう」、と解釈するのだろう。



~~~~~~~~~~~~~~~~



f0126829_11222472.jpg
   ↑:ささきぱる(佐々木練)、「I want to walk a place I don't know」


「ささきぱる」こと佐々木練の微妙な変化を楽しく見ている。

彼の被写体なり、撮る姿勢はガンコなまでに変化はない。日常、目にする普通の世界を、やや接近気味に中央に収めて強く撮る!時折、チョット変わった被写体を、素直に強く撮る!
強く撮るから「心象風景」っていう感じはあんまりしない。そこが僕にとっては好ましい。愚直なまでに素直に強く撮り続ける姿勢が良い!

だから、一点一点見るより、ある程度の量があったほうがいい。
この「量」ということで果敢なチャレンジをしていると思う。
彼はとことんマイペース派なんだ。ところが、群青で毎年参加していると、良い意味で他人の世界が気になり始めたようだ。気になったからといって自分の世界を変えない。変えないのだが、他人の中で自己の世界を強く見せたい!
今回は作品を引っ付け気味にして、個々の作品よりも全体での「佐々木練・流」を見せつける。強く明快に見せるいつもとは違い、不本意ではないがボケ気味の世界は「佐々木練・流」になっているか?やや違っているか?

日常の、「どうでもいい、つまらない事ども」を撮り続ける佐々木練。
そもそも被写体に価値があるのか?写真で切り取って初めて我々は価値を見出すのではなかろうか?あとは撮影者の行為を含めて、他人の評価・・・評価する人の心に何某かの記憶として残るか否か、ではないだろうか。


f0126829_14235184.jpg


左側のバス停の標識、傾いているのが佐々木流です。傾いていてどこか可愛い。擬人化しているのでしょう。
標識、それは標識として、ある崇高な価値あるものとしてそこにある。でも、単なる置物だよな~、だってバスは一日何本通るの?ここで止まるの?あ~、そんなに利用されてもここにある!いとおしいな~。

右側、佐々木流にしては「藝術っぽい」作品だ!やっぱり擬人化しているのだろう。忘れ物・・・でもここにある・・・でも、忘れ物、もうすぐ無くなってしまう・・・でも、並んでいると可愛いな~。





f0126829_14314108.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



f0126829_14413017.jpg
   ↑:外崎うらん、「祭囃子は過ぎていく」。


今回、外崎うらんは正直すぎるほど正直だ。
これは悪い意味での指摘だが、祭が被写体なのだが、担ぎ人だけを作品にしている。祭のうねりと、その後の閑散としたのを表現して、「祭囃子は過ぎていく」だと思う。「動と静」、「人と物」、「叫びと無言」などなどが交差して・・・「過ぎていく」。祭の「哀れ」を見るか、「人の営みの激しさ」を見るか、などは撮影者の表現力が問われるところだ。
今作は祭を営む人にしか意が行かなかったようだ。

外崎うらんの作風は、王者の堂々とした威厳みたいなものがあるのだが、そこにアマノジャク的な女心、いたずら心、今風の軽い心、この堂々さと遊び心の重なりが特徴であり面白いと思っている。
今回は「ハーフ」ということと「祭」という環境のほうで遊びすぎて、作品で遊ぶのを忘れたみたいだ。
何故か・きっと今展が楽しかったのだろう。制約がなさ過ぎて、緊張感が弛んだのだろう。今はそういう時期なのかもしれない。


f0126829_16491255.jpg

多分、外崎うらんにとっての今展は上掲の2作で言いたいことは尽きているのだろう。特に、左の語り合いの場が全てかもしれない。

上掲が全てということは、撮影者の指向は「祭」そのものにはないのかもしれない。大仰な道具立ての人混みの中で、「悲哀に通じる喜怒哀楽」が主要な関心なのだろう。

以下の作品群は良い意味で撮影者からのプレゼントだ。


f0126829_16582666.jpg


以下の作品はそれぞれ独立した展示だ。上の群れる作品とはムードが違うから分けたのだろう。
分けることは構わないのだが、撮影者のキチッキチッとした性格が反映されて、今展のように「動的祭」の作品群の前では影が薄くなってしまった。


f0126829_17021192.jpg


f0126829_17031842.jpg

昔の風景を見ているようだった。それだけで懐かしい気分になってしまった。最後の写真などは炭住を思い出させる。全く炭住には似ていないのだが、黒白のボケアラ感は細かい記憶を削いで、一気に人の記憶に辿りつかせる。




~~~~~~~~~~~~~~~~


f0126829_17122526.jpg
   ↑:阿部雄



f0126829_17142803.jpg





f0126829_17151724.jpg

   ↑:2点とも、「Light Dance」。


タイトルは「光の踊り(踊る光)」だ。全くそのとおりだ。

阿部雄がこんなにロマンティックで私的な青年とは知らなかった。
今展の主宰者は彼だ。さすがに「ハーフカメラ」の特性を知り抜いているという感じ。
こういう作品はゴチャゴチャ言っても仕方がない。実作を見て、その世界に堪能するしか無い。山岸せいじ氏ならば「天国からの光」とでも言うかもしれない。その山岸せいじ個展が街中で開催中です。今展の「阿部雄パラダイス」との違いを楽しんで下さい。








f0126829_17161164.jpg
   ↑:「Signing Birds」.


「合図する小鳥たち」?要するに、「僕に微笑む可愛い子」という意味です。右側の作品、女性の顔が埋め込まれている。この女性が「Bird」鳥なんでしょう。どうして複数形なの?もしかして、みえないところに他にも女性がいるのかな?

二つの英語読みタイトル、今回の阿部雄は限りなく詩人になりきっている。撮影すると言うことは、発表すると言うことは、普段の普通人を越える体験だ。



f0126829_17374891.jpg










by sakaidoori | 2018-09-21 18:42 | (ギャラリー&コーヒー)犬養 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 23日

2556)「オリンパスペンの写真を見る会 ~阿部雄 外崎うらん 佐々木練 小野寺宏弥」かでる2・7 終了/8月6日





◎2016年期 第7回 「丸島均とスナップを見る会」


【オリンパスペンの写真を見る会】

  ~ハーフサイズのフィルムカメラで撮った写真を持ち寄ります~




参加者:阿部雄(札大OB)、外崎うらん(札大OG)、佐々木練(国際大OB)、小野寺宏弥(北海学園Ⅰ部)平間理彩、篠原奈那子(藤女子)


場所:「かでる2・7」 8階 北海道市民促進活動センター
    北2条西7丁目(西南角地)
日時:2016年8月6日(土)
   14:00~

ーーーーーーーーーーーーー(8.6)


 6名の予定が4名になりました。藤女子大学さんはスルーしてしまいました。


f0126829_23444052.jpg





f0126829_23445715.jpg
   ↑:(左側の方はお客さん。)



 4人の面々がオリンパスハーフで撮ったスナップのお持ちより。
 ハーフというのは、フィルムで16枚撮りのものが32枚撮れるという優れもの。難点は、バカでかくする時、解像度が落ちるぐらいで、普段のスナップにはほとんど影響しない。

 そのハーフ仕立てのスナップなんだが、4人というのは僕には見るのがシンドかった。枚数の多さは気にならないのだが、「4人」見るのがシンドかった。極端に被写体が違ったり、作風が違えば楽しめるとは思う。が、それでもシンドイ。一人に集中して見るタイプだからです。

 そんな訳でもないのですが、以下の作品群、誰が誰だかわかりません。

 皆が選んだセレクトを、誰のがどうのというのではなくて、一つの塊として楽しんで下さい。




f0126829_15195475.jpg

 分かるような分からないような組み合わせだ。
 強いて言えば、「中央を見よ!」だろうか。



f0126829_16013527.jpg


f0126829_16303319.jpg
二つのモノクロ作品群。どこかもの悲しい。人がいなくてもいても。



f0126829_16122200.jpg
f0126829_16322061.jpg


違う人が選んだ二組です。違いが分かるかな~。







f0126829_16350885.jpg




f0126829_16363452.jpg










f0126829_16375562.jpg


 先ほどとは違う撮り手のようだ。楽しいもんだ。



f0126829_16395097.jpg

 組み合わせではありません。チョット気になる単品です。






f0126829_16414206.jpg







f0126829_16422085.jpg





f0126829_16432304.jpg



 こういう人のいる普通のスナップを選んでもらうとホッとします。







f0126829_16451782.jpg



 これも面白い組み合わせ。





f0126829_16465312.jpg




f0126829_16475312.jpg





―――――――――――――――――――



 この日は交通事故に出くわした。




f0126829_17074309.jpg






 夜、子供が孫を連れて泊まりに来る。







f0126829_17101429.jpg


 2016年8月6日(土)の出来事でした。













by sakaidoori | 2017-01-23 17:03 | 100枚のスナップを見る会 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 03日

2508)③「群青展『鉄の灰』(写真) 阿部雄 千葉貴文」 アートスペース201 終了/前期:1月28日(木)~2月3日(火

 群青」(ぐんせい)展

  ぐんじょうと読まないで下さい。
  ぐんせいと読んで下さい。「群れる青い人達」です。


ーーーーーー

●第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
  〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

 「群れる青い人達」による自己表現展です。
雪固まる1月、2月・・・
寒い・・・
少しでも元気になれれば・・・ 

●会場:アートスペース201
    札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
    電話:011―251―1418
   
●会期:前期⇒2016年1月28日(木)~2月2日(火)   
   後期⇒     2月4日(木)~2月9日(火)
       (前期は6階3室のみ。後期は全館5室の展覧会。)

●時間:10:00~19:00 
    (各会期最終日は、~18:00まで)


前期・6階B室
○「鉄の灰」(写真2人展)
阿部雄 千葉貴文

 
前期・6階A室
○「男展」(写真展)
金侑龍 小林孝人 佐々木錬 松尾泰宏  

前期・6階C室
○「対展 Ⅰ」(写真中心の美術展)
西口由美恵 小野寺宏弥 加藤良明 黒澤智博 笹谷健 篠原奈那子 鈴木悠高 加藤エミ 橋本つぐみ 庄内直人、佐々木練・・・(以上11名。)

ーーーーーーーーー(1.30 2.1)


f0126829_10594899.jpg




 上掲写真の左側が千葉貴文右側が阿部雄

 展示場所は左右で独立しているが、撮影取材、タイトル、展示など、綿密な話し合いで構成された融合展。
 二人は札幌大学OBで、先輩後輩の関係。要するに仲間だ。その親しさをベースにしながら、お仲間展に陥らずに、いかに緊張を保つか!なにより、今の写真表現力、自分の美学・主義主張の確認と向上を目的にしていた。

 モノトーンという共通性はあるが、有り様は随分と違う。千葉貴文はわかりやすい。「鉄塔大好き、線が大好き、ただそれだけでいい」という感じ。もっとも、それに徹しきれない発表姿勢が愛おしい。
 対する阿部雄は、凄く地味だ。千葉貴文が分かりやすいだけに、千葉ワールドの背景あるいは補完と間違われそうだ。

 あえて二人を言い切れば、千葉貴文は、「人のいない無味乾燥な幾何学世界を理想としつつ、やっぱり人の息吹に愛と未練を残す人」。
 阿部雄は、「極々普通の田園風景が大好き、その風土の中の人のささやかな生き様に愛を感じる」ではなかろうか。 
 同じ場所に取材に行き、共通の場を共有しながら、本当は全く違う二人だ。それなのに融合できたのは、自然をベースにしながら、人への拘りがあるからだろう。



千葉貴文 の場合。



f0126829_11274043.jpg





f0126829_1128174.jpg
   ↑:「鉄の箱庭」。




f0126829_11413385.jpg
   ↑:「鉄の箱庭シリーズから。


 千葉貴文、自慢会心の一作だ。線描のような鉄線、鉄塔のみの美学、空に向かう上昇思考、空と鉄だけの美学、無駄を排除した緊張感。この感覚で作品を貫けば、明明快快なテーマ展になっただろう。コンセプト中心主義だ。

 しかし、愛すべき千葉貴文はそれでは「つまらん」と思ったの?次の作品を千葉美学のピークにして、鉄美学路線から脱線していく。



f0126829_11391165.jpg
   ↑:「鉄の花 -Set:UP-」。




f0126829_1145899.jpg
   ↑:「無意味なイミテーション」。



 そして次が愛すべき青年ワールドだ。



f0126829_1147754.jpg
   ↑:右側は「まるでそれは骨のように」。
   ↑:左側は「瞳に映る美しい世界」。


 あ~、やっちゃった!右側は狸小路だ。鉄塔美学となんと異なることか!もし、「鉄無味乾燥美学」と「人混み人間社会」を対比的に表現したいのならば、問題はないだろう。ところが、あきらかに鉄の美学中心に展示はなっている。だから、幾人かの鑑賞者は、「鉄の緊張感が良いから、この作品、いらないんでないの」と指摘していた。そのとおりだろう。
 だが、僕は青年・千葉貴文を見る。「理想としての美学」と「『人間、好きなんだよな~』という生理」が素直に出ている。それは美学一本勝負で見せることへの恥じらい、衒い、自信のなさかもしれない。きっとそうだろう。一方、「あの鉄塔美学は好きなんだけど、あれだけっていうのは、どこかもの足りないな~。ウソがあるのかな~」そんな、気持ちだろう。正直な青年だ、愛すべき青年だ。




阿部雄の場合



 千葉貴文作品鑑賞の流れに沿って載せていきます。



f0126829_1313760.jpg






f0126829_13132931.jpg






f0126829_13134240.jpg






f0126829_13135862.jpg




 鉄塔作品、これは相棒の千葉貴文に呼応してのものだろう。今回の阿部ワールドは暗くていささか宗教じみている。内側に連れて行かれそう。鉄塔は気分転換なりアクセントみたいで脇役だ。無ければないでも構わないし、あればあったで役立っている。

 というわけで、鉄塔以外の個別作品を何点か載せます。(タイトルはこちらの記録ミスで不掲載です。)



f0126829_13315438.jpg





f0126829_13322129.jpg





f0126829_1332371.jpg






f0126829_1333457.jpg






f0126829_13333550.jpg






f0126829_13354563.jpg




 この写真心は・・・「ミレーの『落ち葉拾い』」と言い切ろう。自然に包まれて人がいる、人の営みがある。自然を成り立たせている空気、そこを見つめたい、見えない向こうの世界と共にありたい、そんな願望も聞こえる。表現したいこと、そのムードは伝わる。

 今展の良さは、真剣白羽で自身の宗教心を写真行為に重ねたことだ。作品としての遊び心は薄い。幸いにも千葉貴文とのコラボだから、彼との間合いが遊びになった。
 
 これほど真面目な作品であるならば、問われることは一つだ。写真技術だ。
 作品に宗教心というムードはあるが、それは平板な薄さによるものだ。その薄さにこちらの意識が吸い込まれるのならば成功だろう。残念だがそうはなっていない。写真という「機械」の表面で立ち止まっている。
 おそらく撮影者はピンボケとか、露光一杯とか、細部への拘りとか、強烈な人工的写真を手がける人ではないのだろう。「自然」が好きだから、「普通に自然に撮りたい」。それは良い。しかし、結果が普通オンリーでは見向きもされない恐れがある。ましてや宗教心一杯だったら、日本人には敬遠されるだろう。
 千葉貴文とは違って、ようやく「写真作品」が露わになってきた。若者にとって、「写真技術」は分かってはいても面倒なテーマだろう。こだわるべき時期かもしれない。







f0126829_13342685.jpg


by sakaidoori | 2016-05-03 14:21 | 群青(2016) | Trackback | Comments(0)