栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:門馬よ宇子 ( 2 ) タグの人気記事


2009年 06月 26日

1021) 門馬 「門馬よ宇子・作、「コレクション展よりー 『薬莢の入った容器』(筆者の仮題)。」 

○ コレクション展より
   門馬よ宇子・作、「薬莢の入った容器、」あるいは「容器の中に入った薬莢」(筆者の仮題)。

 会場:ギャラリー・門馬 自宅玄関
     中央区旭ヶ丘2丁目3-38
      (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055

 会期:2009年
 時間:
     (玄関が空いていれば、恐れること無く入りましょう。いつでも何かがみれます。いつ展示替えになるかは不明。)

ーーーーーーーーーーーーーー(6・25・木)

f0126829_1139474.jpg


f0126829_11461433.jpg


f0126829_11453645.jpg


f0126829_1153155.jpg


f0126829_11501545.jpg

f0126829_11513845.jpg



 余りにも美しく恐ろしい作品だ。

 故・門馬よ宇子女史がご主人との沖縄旅行中に採集した薬莢(やっきょう)、それらが標本のようにプラスチックの容器に入れられているだけだ。

 女史はキャプションにこう語っているー
 「・・・。作品につけてある薬莢は実際に第二次世界大戦で使われていたもので、30年前に夫と二人で沖縄に旅行した時に持ち帰ったものです。
 過去の歴史にこだわれば大変な悲劇そのものなのですが、純粋にそのものだけを見ていると表面的には美しく見え、美術と事実の関係が私の中で宙ずりになってしまうのです。・・・」

 戦争を刻印した美しき薬莢だから恐ろしいのではない。表現者・門馬よ宇子の行為が恐ろしい。単純明快に作品を言い切った姿勢が恐ろしい。


 確かに沖縄のある地点を捜し求めれば、今でも戦争遺品は見つかるだろう。薬莢も入手可能だろう。だからといって当地をただ歩いていては薬莢を拾う事はありえない。
 女史は何らかの目的で夫と二人で戦争跡地に行き、意図的にそれらを拾い集めたのだ。美術の為かどうか?ー美術表現者という自覚の持ち主ならば、その人に関わる事すべてが美術行為だろう。「美術」とは「生きる」ことでもあろう。「物」はその行為の証であり、その人の分身へと昇華されるかもしれない。

 更に言えば、門馬よ宇子は家族に拘った表現者でもあった。「戦争」ということに鑑賞者の意識がいきがちだ。もしかしたら、「美術と事実」ということは後から大きくなった問題かもしれない。夫との旅行そのものが、かけがえの無い「何か」であったのかもしれない。門馬よ宇子夫妻の愛の記録かもしれない。

 大いなる私的秘め事を抱えて、「美術行為」を問うている。「宙ずり」という文学的言葉を自身に我々に投げかけている。そこには解などはない。美術はクイズ問答ではない。禅問答の修行でもない。

 僕は門馬よ宇子の投げた薬莢を見ている。受け取る事は出来るかもしれない。投げ返す力があるのか?その事が恐ろしい。彼女のようにあっさりと空に投げ返せばいいのに。
 

by sakaidoori | 2009-06-26 13:07 | 門馬・ANNEX | Trackback | Comments(0)
2008年 11月 15日

807) CAI02 「FIX MIX MAX!2 『門馬よ宇子・展』」 11月8日(土)~12月6日(土)

○ FIX MIX MAX!2
    門馬よ宇子・展

 会場:CAI02
    中央区大通西5丁目 昭和ビル・B2 ラオム1
    (地下鉄大通駅1番出口。注意⇒駅の階段を下りてはいけません。昭和ビルの地下2階です。)
    電話(011)802-6438
 会期:2008年11月8日(土)~12月6日(土)
 休み:日曜日・祝日(定休日)
 時間:12:00~23:00

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(11・14)

 FIX MIX MAX!2が始まりました。とても全部は書けれません。関心の赴くままに掲載します。 

 門馬よ宇子・展、素晴らしい。

f0126829_2311179.jpg


 展示は3部構成。

 中央の蚊帳は映像作品のスクリーンだ。確か3年前だったか、自宅ギャラリーで個展をされた。その時の映像作品だ。うかがった記憶ではヨーロッパ旅行でのビデオである。テーマの一つは「家族」(夫婦)ではなかったか?

 壁面左側は最晩年に彼女が退院した折に、病気回復を祝って門馬ギャラリーに訪れた人達による門馬さんの似顔絵だ。思い出(オマージュ)・展の部分だ。

 圧巻は女史自身による似顔絵だ。正面と右側の壁にびっしりと貼られている。
 以下、その似顔絵を概ね制作順に載せます。(クリックして下さい。大きくなります。)

f0126829_23265151.jpg

f0126829_23285487.jpg

f0126829_23303687.jpg


f0126829_1051384.jpg


 配列順は左下から右方向、上方向と概ね並べられている。
 上の写真はその始まりの部分で、「14、2、1」と記されている。写実的で優しい顔だ。そういう顔はすぐに無くなり、ほとんど同じ顔が日付と色を替えて連綿と続く。やや細くて面長、きつい表情ばかりだ。

f0126829_10574435.jpg

f0126829_10594639.jpg

f0126829_1132188.jpg

f0126829_1111441.jpg


f0126829_1143949.jpg


 上の作品は「15、7、20」。会場出入口傍の最上段の展示。実は最後の作品は一段上の右端にあって、平成15年9月初中旬あたりの日付だと思う。

 昨日、関係者に簡単に作品経過をうかがった。
 「およそ6年前。体が病んでいて、痛くて痛くて、その時期に制作したものです。360枚ぐらいあります。痛みがひいたら、描くのを止めました」

 痛みを和らげる為に、忘れる為に描いていたのだろうか?痛みと対峙する作家の精神、ダイレクトに転写し記録として残し置く作家の強い意志を思う。色を変える事がわずかな救いなのだろうか?その痛みは病からくる個人的なものだ。だが、見る人は肉体的苦痛を忘れて、美とは異質な精神的痛みを思う。彼女自身に向けたもの、家族に向けたもの、同朋に向けたもの、社会に向けたもの・・・痛みを描き続ける意力が見るものの目を焦がす。
 それにしても凄い迫力だ。僕は晩年の彼女しか知らない。背筋が真直ぐで凛とした立ち姿と、たやさぬ笑顔しか知らない。笑顔には嘘は無かった。だが、それが全てではなかったのだ。

 人はいずれ死ぬ。
 亡くなられた方を悼み、供養するのは残された者の務めだ。だが芸術家の「死」はそれだけではいけない。
 芸術家の精神・苦痛・歓喜はその人だけのものだ。決して共有などできない。共有という幻想に捉われた宗教集団になる必要はない。
 作家の残した作品に自分自身の心の種が震える時がある。何かを表に出さざるを得ない、という精神に駆られる時がある。

 無造作にブロック壁に貼られたスケッチの一枚一枚。それはあまりに普通の紙だ。どうか大事に剥がして下さい。何かの機会に別の場所で会わせて下さい。




 
f0126829_1143277.jpg


 会期は長いが、長いと思うといつの間にか終わっている。見たい方は是非早めに行かれて下さい。

by sakaidoori | 2008-11-15 23:11 | CAI(円山) | Trackback | Comments(0)