栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:野呂田晋 ( 4 ) タグの人気記事


2018年 10月 13日

2610)「野呂田晋 の場合~チカホで100枚のスナップを見る会」チカホ 終了/10月11日(日) 18:30~21:00







◎「チカホで、丸島均と100枚のスナップ写真を見る会

2018年期 第4回

野呂田 晋 の場合


場所:札幌市チカホ①②番出入り口付近の白くて丸いテーブル
   (銀だこやモスバーガーの前!)

日時:2019年10月11日(日) 18:30~21:00

-----------(10.11)


f0126829_18221643.jpg




野呂田スナップは興味津々だ!


被写体そのものにメッセージはない。無いのだが、何でも良いというわけではない。
ドロとか岩とか砂とか・・・この辺りは職業とも関係しているみたい。

細かな緻密な設計図を連想させるようなものども・・・几帳面な線とか点とか波長とか、設計図ではないが、どこかに近代建築物を良しとする心がある。幾何学模様とか、連続重ね模様とか・・・を撮る。

部屋も好きだ。部屋の中の明るい所、暗いところを楽しんでいる。部屋内部の明暗を利用して、「見えないの見えないの・・・出ておいで」みたいなお化けごっこをしている。
光と影が好きだから、当然「空間」に対する反応も良い。だが、空間そのものの秘密性の探究ではない。何かと何かとが出会う場、場としての空間、他空間との比較としての空間に興味があるようだ。出会いの場としての空間、空間は輪郭のある表面を持っている。表面は目口目鼻になり、多様jなレシーバーとなる。皮膚になるんだ。皮膚、全ては人間の生理へと還元される。その究極は自分自身だ。野呂田晋の作品にセルフが多いのはそのせいだろう。

作品は生理に還元されるが、「男女の性」には一気に行かない。行きたいのかもしれないが何かがブレーキをかけている。僕は知っている。「知性」が「痴性」を制御している。

一見すると怪しげなスナップ写真群、しかし、どこかアッサリしている。
野呂田晋は遊びたいのだ、作品という虚構の中で。しかし、知性という常識が遊びをコントロールしているみたい。

以下、参加者のセレクトを見て下さい。野呂田晋自身がコントロールしている世界を少しばかり破る勢いです。



f0126829_20485907.jpg
   ↑:丸島均渾身?のセレクトです。タイトルは「はらむ女」。
清楚な中に嫌らしさ、男の願望を感じませんか?たまたま写った輪ゴムが悩ましい。



f0126829_20503374.jpg
   ↑:野呂田晋自身がたまたま選んだ作品群。かったるい生活感、こういう場には女性は必須です。彼女は若いのか?若くはないかもしれない。
偶然に撮り集めたこの倦怠感。撮影者が女性に何を求めているかを垣間見る思いだ。




f0126829_20562292.jpg

   ↑:女性のセレクト。
ちょっとアクセントを入れながら、すっきりした空間構成だ。チョッピリ生理的で、それなりに清潔感があり、生活臭もあることはあるがそこに重きはない。
不思議なスナップを配しつつ、見事な安定感!




f0126829_21063542.jpg
   ↑:バランス感覚の良いセレクトだ。
遠景接写、全体に部分、色の配分もぬかりない、そして女性っぽさもでている。
おそらく、キチッキチッとした性格だろう。
ほんのチョッピリ背伸びしたら・・・何かが見たいな、何かが見えそうだ、何があるのかな・・・そんな気分の持ち主みたい。




f0126829_21233702.jpg
   ↑:おー、これは何と貴品にあふれていることか!
伏し目がちに障子に手を当てる、しかし、目線は力強く辺りを見つめ、しっかりと空気の意味を読み取っている。しかし、楚々として障子を開ける。




f0126829_21255513.jpg
   ↑:野呂田晋自身のセレクト。意味は・・・見ればわかるというものです。
とはいっても、意図して撮ったものではない。スナップ集合体には「野呂田晋」自身が一杯詰まっている。本人が気付かない世界が。しかし、本人しか判らない世界が。




f0126829_21323827.jpg
   ↑:「色々」に着目して下さい!





f0126829_09532242.jpg
   ↑:ロマンティックで良いですね。小人のような人間が巨人のような「色々」に恐がりもせずに無意味に近づいていく。近づいたその先になにがあるのかな?




f0126829_09590042.jpg
f0126829_10000360.jpg

   ↑:この二つのお手々は同じ人?男?女?お年は幾つ?





f0126829_10015508.jpg








f0126829_10023523.jpg

「みんな、ありがとよ!」(野呂田)
「いえいえ、どういたしまして」(参加者一同)








by sakaidoori | 2018-10-13 10:08 | 100枚のスナップを見る会 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 20日

2548)「チカホで、100枚のスナップ写真を見る会 ~野呂田晋~」チカホ 終了/9月2日(金) 17:00~





チカホで、丸島均と100枚のスナップ写真を見る会


2016年期 第10回

野呂田晋 の場合



場所:札幌市チカホ①②番出入り口付近の白くて丸いテーブル
   (銀だこやモスバーガーの前!)
日時:2016年9月2日(金)
   17:00~

ーーーーーーーーーーーーー(9.2)

※ 来週から丸島企画・群青展が始まります。
  展覧会の初日に「岩田美津希+長内正志+篠原奈那子 +司会者+年配写真家」の、写真にまつわる身内的座談会を開催します。
 年配の一人、トップバッター的に司会者の横に座って頂くのが、今回掲載する野呂田晋さんです。適時、神成邦夫さん、吉田切羽さんにも司会者(丸島均)の助っ人役です。




f0126829_11313923.jpg


   ↑:(本日の主役・野呂田晋さん。)




f0126829_11322326.jpg









 野呂田晋さんの写真発表スタイルは、一口に言えば「変(へん)」だ。奇を衒ってのウケネライと見られても仕方がない。
 「ウケねらい」、それは悪いことではない。絵描きがコンペとか公募展で優秀賞を採りたいと思う。だから、必然的に、応募する団体の好みを考えて作品を構想する。実際、そういう涙ぐましい努力をした人が採用される。自分の好きなことを好きなように描いて、「見事一等賞」・・・それは無い。
 かの有名な藤田嗣治ですら、フランス人好みに気付き、その好みを作風化し、見事、世界の藤田嗣治になったのだから。


 野呂田晋さんの場合、本当はどうなんだろう?「奇を衒ったウケねらい」だけなの?
 画家の実力をスケッチ(デッサン)で推し量れるように、写真の場合はスナップを見れば、発表作品とは違った撮影者の気心を推し量れる。

 その野呂田晋・スナップ集です。見るのが楽しみです。




f0126829_11324868.jpg



 いきなり選ばれた参加者の好み。
 しかし、これは野呂田晋スナップのダイジェスト版と言いたい。
 要するに、「変」なスナップだらけなんだ。「これをとる」「あれにネライを定める」「心模様を写し撮る」ではない!なんだかしらないが、「撮っちゃった」だ。








f0126829_1246882.jpg




f0126829_127329.jpg



 同じ作品が多い二つの組み合わせ。
 微妙に両者のムードは違うのだが、今はその違いを無視しよう。まったく、どうでもいいスナップだらけだ。

 だから、「面白くない!」のならば話は簡単なのだが、丸島均はすこぶる楽しい。「何かを強く撮ろう!その何かに語らせよう!」という姿勢が乏しい。そこが最大の魅力だ。被写体の自由度が拡がる!心象などという小賢しい撮影者の主張ともおさらばだ。自分中心に見れて気分爽快だ。



f0126829_12145421.jpg



 これは神成邦夫さんの選んだものだろう。不思議不思議野呂田ワールドではあっても、しっかりご自身に合ったものを選び取る!嗅覚の下達した方だ。
 神成邦夫さんも座談会の強力な助っ人だ。氏は学生3人のミニ個展全てを見ている。若きエネルギーを頂いたことだろう。




f0126829_12453689.jpg







f0126829_12462451.jpg




f0126829_12463570.jpg



 丸島が選んだもの。なかなか良いものを選ぶことができた。




f0126829_1247714.jpg





f0126829_12472286.jpg



f0126829_12463570.jpg


by sakaidoori | 2017-01-20 23:05 | 100枚のスナップを見る会 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 11日

2044) 「野呂田晋展 『蠢(うごめ)』」 コンチネンタル 5月7日(火)~5月12日(日)

   
野呂田晋 

      (うごめ)       

    
 会場:コンチネンタル・ギャラリー  
      南1条西11丁目 コンチネンタルビル・B1F
      (西11丁目通の西側)
      電話(011)221-0488

 会期:2013年5月7日(火)~5月12日(日)
 時間:10:00~19:00
     (初日は、13:00~から。最終日は、~16:00まで)  

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.9)


f0126829_19543298.jpg



f0126829_1955473.jpg



f0126829_19551645.jpg



 「お~、何にも見えない。何が何だか分からない。何なの、これ?」

 そんな声が聞こえてきそうな展覧会だ。
 だから、作品を見て面白いだどか、楽しいだとか、「見て見て、これ見て!!」とかを言うつもりはない。でも、この会場に行って欲しい。体感して欲しい。見て欲しい。

 「薄暗がりに、何かがいるんではないか、きっといるんだ。あるんだ。それを見たいんだ。見えないものが、こちらの向こう側にある、ドアの向こう側、体の背中に、部屋の四隅に、・・・間違いなくある。あると信じている。見れないんだから、『信じる』としか言いようがない。でもあるんだ。あ~、そういう世界、何なんだろう?いつもいつも心に引っかかっているものは。でも、見れなくってもいいいのかもしれない。僕とは違う存在だから」、そういう作家の感性と共感する場が今展だ。


 作品は写真です。でも、今展の場合は「写真展」とか、「作品展」とか、展示物の個々に重きはないだろう。やはり、それらの展示物を成り立たせている空間全体が大事なのだろう。作品は表現の「窓」だ。見る者の自由な出入り口だ。
 以下、その出入り口としての個別作品を何点か載せます。


f0126829_1013095.jpg



f0126829_1015236.jpg



f0126829_102554.jpg





f0126829_1022636.jpg
f0126829_1025078.jpg




f0126829_1032753.jpg
f0126829_1033917.jpg




f0126829_1042138.jpg
f0126829_1043576.jpg



   ※※※※※※※※※※

 全館使用の立派な個展です。が、メインは今までに掲載した部屋です。
 隣室は余韻のような空間で、作家のリップ・サービスとして垣間見た。


f0126829_10125313.jpg



 左側の部屋が、メインの薄暗い空間。
 右側は、普通に明るくてすっきりした展示です。以下、その部屋を載せます。


f0126829_10143746.jpg



f0126829_10151025.jpg




f0126829_10153822.jpg




f0126829_1016229.jpg



 第3室は資料兼作家との交流の場。
 メイン会場に収まりきれなかった作品ファイルがあった。勝手に床に並べてみた。


f0126829_10184280.jpg


by sakaidoori | 2013-05-11 10:26 | コンチネンタル | Trackback | Comments(7)
2010年 03月 10日

1222) ②品品法邑 「Cross Road -4人による写真展-」 3月1日(月)~3月21日(日)

○ Cross Road
    -4人による写真展-

 【参加作家】
 野呂田晋 神成邦夫 池田伸子 對馬大輔

ーーーーーーーーーーーーーーーー(3・7)

 (1221番の①の続き。)

 簡単に神成邦夫さん以外の方の作品を載せます。

◎ 池田伸子の場合

f0126829_1211799.jpg


 壁一面、それに寄り添うテーブル全部を使っての展示。イメージされた空間を作るタイプの撮影者のようです。キャプションもあえて統一していません。イメージされた風景に詩を添えて、より広い空間を想定しています。

 1957年生まれ、ホーム・グランドは新潟県、札幌市在住。今年の7月に当館で個展の予定です。

f0126829_12404436.jpg
     ↑:「散桜再美」。

f0126829_12413855.jpg
     ↑:「イマージュ」。

 不思議な花です。窓枠で切り取られたような意匠が、撮影者と被写体との関係性を強めてエロティッシュです。


◎ 對馬大輔の場合

f0126829_12495287.jpg
f0126829_125014100.jpg


f0126829_12514740.jpg



 ここはどこの港湾でしょう?闇夜に浮かぶ施設群と、水面に映る七色の組み合わせ。作品はこの3点が全て。


◎ 野呂田晋の場合

f0126829_1259655.jpg
f0126829_12593640.jpg


f0126829_12595663.jpg



 特にタイトルはありません。風景に魅入っての撮影でしょう。上段左の作品は自然に撮った感じ、他の2点は撮影者のリキみというか肩に力が入りすぎた作品に見えます。


 一番下の作品、「吉田川」です。札幌市豊平区に潅漑跡地として流れている吉田川があります。その川だと思う。吉田さんが厚別川から引いたものです。その吉田さんの宅地跡地標識も近くの白石区栄通16・17丁目?あたりにあります。札幌市の歴史的遺産です。
 潅漑用の人工河川ですから小さなものです。歴史があるということでしっかりと整備されていて、道路から降りて川側も散策できます。南から北に流れる川に沿って歩くと両側は丘になっていて高い、なぜここを流路に選んだかが見えます。同時に辺りは平坦地ではなかったのにも気づかされます。左岸の丘に登って、稜線を北に下っていくと旧吉田邸に辿り着く。吉田さんの農業・酪農事業にとっての生命線がこの川だったのでしょう。彼は事業の中心地である豊平村に住まなくて、白石村に居座って目を光らせていた。何故だろう?

 何気ない川の何気ない川辺に感動しての力強い作品です。ただ眺めてばかりいた小川だったのに、こうして別の風景が見れるのは嬉しいものです。


 

by sakaidoori | 2010-03-10 13:33 | (くらふと)品品法邑 | Trackback | Comments(2)