栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:絵画の場合 ( 3 ) タグの人気記事


2012年 04月 05日

1688)③「絵画の場合 2012 最終章 (山本雄基 武田浩志)」 ポルト 終了・3月14日(水)~4月1日(日)

  

○ 絵画の場合
 2012 
 最終章
   


 会場:ポルトギャラリーA・B 
      (北翔大学北方圏学術情報センター)
        (地下鉄東西線1番出口、西に徒歩5分)
      中央区南1条西22丁目 1番1号 
     電話(011)618ー7711

 会期:2012年3月14日(水)~4月1日(日)
 時間: 11:00~19:00
       (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家&美術関係者】
 大井敏恭 笠見康大 小林麻美 澁谷俊彦 武田浩志 谷口明志 塚崎美歩 末次弘明 西田卓司 林亨 山本雄基 梁井朗 

ーーーーーーーーーーーーーー(4.1)


 1680番①、1681番②の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


○ 山本雄基の場合


f0126829_9294658.jpg



f0126829_932265.jpg
     ↑:「40ピースの繋がり」、木製パネル 綿布 アクリル絵具 223×357㎝ 2012年。


f0126829_9325071.jpg



 大きな絵だ。過去最大級だと思う。このグループ展に寄せる意気込みが分かろうというものだ。
 「オレにとっての絵画の場合、今回はとにかく大きくだ」

 確かに努力賞、敢闘賞だ。が、あまりにデザインであり、壁を覆う巨大壁紙になってしまった。「デザインと絵画」の問題提起をしているのかもしれない。

 デザインは匿名的で、気持ち良さ心地良さが勝負だ。考えさせる作品はデザインの敵なのだ。
 すると、彼は「見える見えない」を主要なテーマにしているが、デザイン重視ならば「見えても見えなくても、そんなことはどうでも宜しい。軽く見えない見える良い気分」が重要だ。つまり、「見える見えない」の意味に重きがあるのが狭義の絵画で、「良い気分」に重きがあるのがデザイン。「価値」に拘るのが絵画で、「価値」をすり抜けるのがデザイン、そんな風に思っている。
 しかし、今展の巨大作は作品自体は「良い気分」を発散させてはいない。直線と三角模様、寒色系の中間色で壁の「白」や会場の冷やかな「空気感」を際だたせている。その際だたせ方が、この作品ならではの独自のものならば、デザインであろうと絵画であろうと構わない。残念だが今展は大きさの割には作品力が弱かった。今までは重なりによる深みを追究していた。今回はよりフラットな一面性を試みているのだろう。次回のより大きな作品の為の試作と見るべきだろう。


f0126829_1845406.jpg
          ↑:「ふかしのすきま」、2012年 26.5×26.5㎝。


 小品。綺麗だし夢もあるし、しっかりしている。飽きることなく見続けれる。


f0126829_1850335.jpg


 5月に入ればドイツに行くとのことだ。「イッヒ りーべ ディッフィ」の国だ。自力での一年間だ。若さ一杯のた、前だけを向いた行為だ。大いに無理をして、再会を待とう。変貌を楽しみにしよう。健闘を祈る。


○ 武田浩志も場合


f0126829_2013637.jpg



f0126829_2024187.jpg
     ↑:「portrait 122」・木製パネル 和紙 アクリル絵の具 ウレタンニス 金箔 ラメ 印刷物。


 実は、今展で一番驚いている作家だ。あんまり驚いたからじっくり見損なった。

 画題は最近ではお馴染みの「ポートレート・シリーズ」だ。その小品をそのまま大きくしただけのような作品なのだが、やはり大きさに驚いた。小品の連作は、画題が「顔」ということもあり、沢山あることだけで夢も拡がり、考えることもいといとろ涌いてくる。実際、武田浩志は部屋を作ったり、細々したものを並べては全体で見せるというスタンスが多い。だが、今展は「この大きな絵を見ろ!絵だけを見ろ」と画家オンリーで勝負している。「絵画の場合」だから、「絵画」だけを持ってきたのだろう。揺るぎなき自信を感じる。

 そして、画題の顔は「目口鼻なし」というノッペラボーなのだが、5点の連作の流れは「人」も「顔」も消去させてしまった。だが、タイトルは「ポ-トレート」のままだ。(実は、絵としては始まりの人物画は、外光にあたって薄く感じ、彼独特の綺麗な輝きが感じられず残念に思った。もしかしたら、外光の中で制作していないから、色の発散に誤解があったかもしれない。)
 作品はリボンのウエーブが増殖する。攻める、群がる。ついに絵を覆ってしまった。この激しさも意外だ。しかも、人物画よりも密集するリボン画のほうが抜群に綺麗に見えた。「滅びの美学」など画家は追究してはいないだろうが、行き着く先の極みの「美」を表現したい執拗さを感じた。
 長く書きすぎた。そんなことを一瞬に感じて、考えを整理しきらないで見過ごしてしまった。武田浩二、思いの外先の方を進んでいる画家に見えた。彼の背中はなかなか手強い。


f0126829_20293649.jpg
     ↑:「portrait 121」。


f0126829_20323846.jpg
     ↑:「portrait 124」。

f0126829_20332917.jpg




f0126829_20354569.jpg
     ↑:「portrait125」・130.3×260.6㎝×3㎝。



 ようやく1階が終わった。なんとか3階も報告できればと思っています。
 ④に続く。) 

by sakaidoori | 2012-04-05 21:29 | ポルト | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 02日

1681)②「絵画の場合 2012 最終章」 ポルト 終了・3月14日(水)~4月1日(日)

  

○ 絵画の場合
 2012 
 最終章
   


 会場:ポルトギャラリーA・B 
      (北翔大学北方圏学術情報センター)
        (地下鉄東西線1番出口、西に徒歩5分)
      中央区南1条西22丁目 1番1号 
     電話(011)618ー7711

 会期:2012年3月14日(水)~4月1日(日)
 時間: 11:00~19:00
       (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家&美術関係者】
 大井敏恭 笠見康大 小林麻美 澁谷俊彦 武田浩志 谷口明志 塚崎美歩 末次弘明 西田卓司 林亨 山本雄基 梁井朗 

ーーーーーーーーーーーーーー(4.1)


 1681番①の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


○ 笠見康大の場合


f0126829_1773783.jpg
     ↑:正面の上の大作は、「支える構造(establishment)」・キャンバス 油彩 163×130㎝ 2012年。        小品は全て、「untitled(私 紙 心象)」・木炭画 ドーサ 油彩 65×50㎝ 2011~2012年。


f0126829_1849974.jpg
     ↑:大作は、「支える構造(lihe best)」・以下上と同じ。


f0126829_18501871.jpg
     ↑:上の大作は、「支える構造(健忘症)」・同。


f0126829_221658.jpg



f0126829_22162435.jpg



 ギャラリーの全体空気を支配している作品群だ。気持ち良いとか、心にドーンとくるとか、魅せられるとは少し違う。絵画の勉強をしていて、その過程を強く見せている。「実験絵画」なのだろう。真摯な姿勢、日頃の研究・研鑽・勉学が想像される。が、生理を知で料理しているみたいだ。さらに言えば何かを隠している感じもする。

 小品のタイトルの副題が面白い。「紙 私 心象」。
 「心象」という言葉が気になった。「絵は画家の心の産物だ」という意味か。喜怒哀楽とか心模様という狭い意味での心象スケッチではないだろう。「知+喜怒哀楽+世界認識」という画家の世界、堅い「心象世界」だ。自己を覆う鎧にもなりかねない絵画のよう。その鎧が他の作品に無意識に襲いかかっているみたいだ。


○ 澁谷俊彦の場合


f0126829_19285937.jpg
     ↑:(タイトル等記録ミス。すいませんでした。)



f0126829_19241429.jpg



f0126829_1925213.jpg



f0126829_19254734.jpg





f0126829_19261924.jpg

 

 風になびいてふ~らふ~ら、ゆ~らゆ~ら、白い体が軽~く軽く、仄かに輝やいている。
 広い空間だ、大きく広がればと思うが、空調の関係かもしれない。飾りのようにふ~らふ~ら、ゆ~らゆ~ら・・・。
 美しき道をマイペースで行く澁谷俊彦。風に光に湿度に空気に、デザインが風景に溶け込もうとしている。目立ちはしないのだが、さわやかで可愛く綺麗だから、気付けばその存在を目が追ってしまう。

 氏にとっての「絵画の場合」とは、「自然」と「人工的な作品」との関わりを問うことみたいだ。現代的な心地良い関係を作り、そこに「人」も加わる。その三つ巴の関係を尋ね歩いているみたいだ。人の社会の「三角関係」は危ういバランスで成り立っている。澁谷・三角関係はまだまだ形成過程だ。

by sakaidoori | 2012-04-02 22:18 | ポルト | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 02日

1680)①「絵画の場合 2012 最終章」 ポルト 終了・3月14日(水)~4月1日(日)

  

○ 絵画の場合
 2012 
 最終章
   


 会場:ポルトギャラリーA・B 
      (北翔大学北方圏学術情報センター)
        (地下鉄東西線1番出口、西に徒歩5分)
      中央区南1条西22丁目 1番1号 
     電話(011)618ー7711

 会期:2012年3月14日(水)~4月1日(日)
 時間: 11:00~19:00
       (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家&美術関係者】
 大井敏恭 笠見康大 小林麻美 澁谷俊彦 武田浩志 谷口明志 塚崎美歩 末次弘明 西田卓司 林亨 山本雄基 梁井朗 

ーーーーーーーーーーーーーー(4.1)

f0126829_16241983.jpg



 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 グループ「絵画の場合」も最後だ。流れを見ていたら、何となくもうそろそろと感じた。
 例えば澁谷俊彦。その活動は精力的で、かつ方向性は定まっていて、改めて「絵画とはなんぞや?」という問題提起にウエイトがなさそうだ。それは、このグループを否定したというより、ここであれこれと自己と作品を見つめた結果なのだろう。「絵画の場合」の卒業だ。氏の表現力をもって「卒業」は失礼な言葉だ。自身の「絵画の場合」に信念と方向性を自覚したというべきなのだろう。ここの土俵から離れた感じだ。

 パンフには参加者のコメントがある。概ね自身の位置を明快に文章化している。この会の清々しいところだ。読む者には心地良い。
 一人非制作者の梁井朗氏は「考えあぐねて、答えを見いだせず、時間のみ経過した」という主旨の言葉を述べている。万人の共有する答えなどない。あるのはその人のその時点での思いや疑念や信念だけだろう。あとはそれを言語化・文章化するだけだ。残念ながらその文章を読めなかった。


 さて、会場は2箇所。
 一つは半分をガラスに囲まれて、お日様やお天気さんと会話しながらの場所だ。
 一つは広くて窓や外光なしの、古典的かつ近代的ギャラリー雰囲気だ。


 その、陽の当たる会場から行きます。


f0126829_1773783.jpg



f0126829_173187.jpg



f0126829_17295100.jpg




f0126829_1781237.jpg




f0126829_1792359.jpg



f0126829_17114351.jpg



f0126829_17131092.jpg
     ↑:中2階の風景。北向きの光を浴びている武田浩志。



 次は3階の会場。



f0126829_1725274.jpg




f0126829_17165634.jpg
f0126829_17172764.jpg
     ↑:部屋の右側部分。左側部分よりも広い。


f0126829_17203657.jpg




f0126829_17221316.jpg




f0126829_17225135.jpg



 個別作家は②に続く。

by sakaidoori | 2012-04-02 17:38 | ポルト | Trackback | Comments(0)