栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:環 ( 1 ) タグの人気記事


2012年 06月 19日

1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)

  

工藤悦子・個展 

     ー悠久の華(環)
       


 会場:時計台ギャラリー 2階B室
      中央区北1西3 
       札幌時計台文化会館
      (中通り南向き)
     電話(011)241-1831

 会期:2012年6月18日(月)~6月23日(土)
 時間: 10:00~18:00 
      (最終日は~17:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(6.19)

1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_15562889.jpg




 入り口に立つなりビックリしてしまった。何という大きさだ、150号が4枚だ。しかも入念な油彩だ。画家にこんな情熱エネルギーがあったとは!!

 ・・・

 しばし入り口で立ち止まってしまった。


 なにはともあれ、会場風景を載せます。


1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_1841565.jpg



1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_189127.jpg




1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_1893427.jpg




1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_1895070.jpg



1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_1810854.jpg



1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_1810211.jpg




1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_17521565.jpg



1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_1962581.jpg
1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_1963848.jpg
     ↑:(超大作の部分図。)



 見渡しても分かるように、「花」の世界だ。もっとも、花弁は骨だ。強い発色で明快な赤茶が背景を覆っている。
 画題とタイトルから、作品の意図は明瞭に読み取れる。花、骨、血に託す生と死の循環、生命よ永久に。しかし、それは言葉だ。どういう生であり、どういう死であり、どういう命の永遠性かは絵画の中身が決める。

 今回、確かに大きくて迫力満天なのだが、花の様子もかなり変わったと思う。以前は、骨の表現はより繊細で、全体の花のムードは暗くて沈鬱、内側に籠もる美で、かつ清らかさを醸し出していた。赤茶色もこんなに発散していただろうか?小刻みにに震える鎮魂花だった。
 だが、前向きで積極的な花になった。実にエネルギッシュだ。鎮魂が前提にあるから、横に増殖広まり、全てを覆い隠し抱きしめようとしているみたい。

 それに小品も驚くばかりだ。実に妖艶だ。女性器なのか子宮なのか種なのか、白を基調にして美しい、しかも大きい。どれをとっても熟女爛漫の境地だ。



1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_1914188.jpg


1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_194450.jpg





 外に向かう大きなエネルギー、内側から発散する生きている証、ともに女性的な生命力だ。黒い抽象模様が黒子のように花なの中で踊っている。
 どっしりと構えた大きな悠久の世界だ。



1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_19154441.jpg
1795)「工藤悦子・個展 ー悠久の華(環)ー」 時計台 6月18日(月)~6月23日(土)  _f0126829_19163093.jpg


by sakaidoori | 2012-06-19 21:06 |    (時計台)