栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:現代美術 ( 74 ) タグの人気記事


2007年 01月 14日

17)芸森「この20年の、20のアート」  ~14日まで

○ この20年の、20のアート

 場所:札幌芸術の森美術館
 期間:~1月14日(日) 今日まで
 時間:9:45~17:00 入館は16:30まで
 料金:一般800円 高大生400円

 今日までです。僕の記事を見てこれから芸森に行く人は一人もいないと思います。じっくり時間をかけて紹介すべきかもしれません。リアル性を重んじて概要だけでも報告します。

 広島市現代美術館からの借り物展示。
 この美術館は以下の三大方針に基づいて収集保存している。
 ①「主として第二次世界大戦以降の現代美術の流れを示すのに重要な作品」
 ②「ヒロシマと現代美術の関連を示す作品」
 ③「将来性ある若手作家の優れた作品」
 また、従来の美術分野にとらわれず、デザイン・建築などの作品も積極的に収集し、現代美術の総合的な美術館を目指している。被爆都市として芸術的分野からの平和へのメッセージが基本姿勢だと思う。(広島市現代美術館サイト参考)


f0126829_1039116.jpg
 完璧に2室に分かれた展示。通路左右が互いの入り口。その中間に青木野枝の鉄の立体作品。川上りえを思い出す。鉄板をくりぬいて輪っこにし、生き物のように組み合わせている。遠くから見れば優しく見えるが、傍で見ると溶接で切り抜いた後が鮮明で、何処か人を寄せ付けない荒々しさを感じる。

f0126829_10394531.jpg 左の部屋は全て壁面展示作品。
 おなじみの奈良美智が先陣。以下順不同。近美の青年涅槃像の小林孝亘(たかのぶ)の「門」。門は強固に閉ざされ道は向こうに誘い、その周りの草木はこちらに迫ってくる。優しいタッチ。彼は此方と向こうの世界の出入りを表現しようとしているのだろうか。堂本右美の「CALM(静けさ)」。藤田真理を連想した。此方の方が背景の色の世界と黒太い線描の関係が親しみやすい。吉澤美香「を-49」他。きっと若い女性だろう。ヌイグルミの表毛をそぎとって、楽しく遊んでいる。絵画作品の中に一人彫刻作品の須田悦弘「チューリップ」。本物まがいに一輪のチューリップを着色して、宙刷りにしている。壁上方の角張った左側に。完璧な具象作品の完璧な抽象表現とみた。抽象作品は置く場所によって空気を変える。船越桂大岩オスカール幸男「FLOWER GARDEN」。近美でも出品中。千住博「八月の空と青」他。滝でないのが残念。有名な滝の大作はお奨めです。福田美蘭「ニューヨークの星」。おそらく9.11事件の追悼であろう。満点の星の輝きは逝った人たちの御魂、ニューヨークは星の輝きに負けない桃源郷の明るさ。

 右の部屋。
f0126829_10401763.jpg

 インスタレーション風に仕立てる。主に写真でイベントの紹介であるが、写真であっても充分見せてくれる。どの作品が好きかでその人の現代美術への視点が計られるかもしれない。名前だけ紹介。宮島達男。デジタル・イルミネーション。岩井俊雄。川俣正。写真紹介、民家を網のように樹で覆う。柳幸典。アジアの国旗を蟻の巣にして、かじらせて変容させている。一見に値する。森村泰昌。おなじみの名画との遊び。今回はマネのオランピア。小沢剛合田誠。一番のお気に入り。仮想プロジェクト。前人未到の緑なす大地を完全整地という形で真四角形の人造大地を造る。そして、ただ「人」という字を書くこと。終わった後は完全復旧。村上隆ヤノベケンジ。広島美術館らしい作品。ヤノベ君が放射能除けス-ツを着て、チェルノブイリの汚染地帯で放射能測定をする。その様子の写真や、旧潜水着のようなスーツを陳列。(写真は販売図録より)

 ☆お好み度 4

by sakaidoori | 2007-01-14 10:41 | ☆芸術の森美術館 | Trackback(1) | Comments(0)
2007年 01月 10日

13)af「絵画の場合」 ~20日

f0126829_17303632.jpg
○ 絵画の場合

 場所:アリアンスフランセーズ
   南2西5 南2西5ビル2F・入り口は西向き
    電話(011)261-2771  
 期間:1月9日~1月20日(土)
 休み:1月14日(日)
 時間:10:00~19:00 *13日の土曜日は18:00最終日17:00まで


 参加作家と作品および今展の主催者側の意義は左の写真を見てください。他に非作家として三岸美術館学芸員の穂積利明氏も参加。

f0126829_1732997.jpg
 場所はフランス関係の紹介などをしているところ。図書室のような所の壁にフランス人の写真作品などを入れ替わりで展示している。今展もその壁
f0126829_17313172.jpg
を使ったもの。写真右、⑨の林。小品ばかりだから、大仰な期待をしてはいけない。場所を楽しむこと、知っている作家の今の気分なり取り組みを確認すること。
 こういう場所の選定に主催者の意欲を感じる。今展を見て、作家の中に個展を頼む人が出るといいな。例えば齋藤周とか、知人の落書きマン・藤谷君とか。

 本展は今年の10月20日から11月16日にポルト会館で行われる。その頃、関連事業も他会場で開催される。参加型議論もある。楽しみだ。写真左、①~⑤。

f0126829_17323149.jpg
 昨年は休みだった。休みとは変な表現だ。日本人は1年単位で事物を考えるから何の連絡も無く開かれないと、終わってしまったのかなと早合点してしまう。米作りと同じで、1年が世界観の時間軸のようだ。
 「絵画の場合」展は浅井大学のポルトを主会場にしている。あの学校の不祥事が昨年の不開催に微妙な影を与えたかもしれない。少しでも芸の力で良き環境作りに寄与してもらいたい。写真下、⑦の小林。


*追記
 ここの正式名称は、札幌日仏協会/アリアンス・フランセーズ札幌です。フランス語教育とフランス文化の普及、交流、情報発信を中心テーマにしています。文化交流の一環として、今展の場所の提供だと思われます。 

af(アリアンス・フランセーズ)のサイトです。
 

 

by sakaidoori | 2007-01-10 17:33 | af | Trackback | Comments(9)
2007年 01月 10日

12)時計台「野口裕司展」 

○ 野口裕司展  「二つの風景」

 場所:時計台ギャラリー 3階EF室
    北1西3 電話(011)241-1831
 期間:1月8日~1月13日(土)
 時間:10:00~18:00 最終日17:00まで

f0126829_1340137.jpg

 今年初めての個展鑑賞。面白い。
 「皮膚の人・野口」あるいは「レシーバー・野口」と呼んでいる。

 1994年から毎年ここで個展をしている。仕事上(中学校教諭)この時期がベストなのだろう。今展もこの場所を熟知している男の芸だ。仕切られた二つの空間(部屋)表現、タイトルにある「二つの風景」である。
 正面の部屋。暗く陰鬱だ。壁一面にコピーされた変な描写物が張られている。作品だから近づいて見るが意味不明。その状態で振り向くと同じ景色が一望に見える。赤いざくろのような物は乳首に、その辺りがふっくらとして乳房に、全体が女体の皮膚に見える。縦横に走る線はサド的で痛々しくエロチックだ。床に光源を蔽っている白い物。まるで女性の下着のようにコレクションとして3点置かれている。大事な宝とも言える。比喩的に言えば、野口君のプライベート・ルーム、陰にして心の中の闇の部分である。めぐらされたコピー物はまさしく皮膚であり細胞膜である。体内回帰のように部屋にうずくまり己自信の皮膚と対話し、内に帰り外に出ようとしている。野口君は赤い斑点は核だという。それが細胞核を意味するなら、癌という悪性腫瘍になろうとしているのか、無害な良性腫瘍になろうとしているのか、ぎりぎりのせめぎあい、緊張を感じる。

f0126829_14172025.jpg
 
 別の入り口から第二室へ。前室が洋室ならば、ここは和室だ。畳もあり襖風に障子風に仕切られ香まで焚かれている。野口君の公的な書斎ともいえる。この部屋で初めて彼の作品そのものに逢う事ができる。それにしても彼はそんなに表現主義的な作品を作っていただろうか。何を作っても「美」が強かった。皮膚。それは内と外をさえぎり、生命体の輪郭・占有範囲を確定する。皮膚はレシーバーのように外の情報を受け取り自分の物にする。彼の作品、感覚はそういう皮膚的健全さしなやかさ美しさを基本にしていた。今展は皮膚そのものが主張しだした。美醜を越えて直接的に鑑賞者に訴えている。
f0126829_14403369.jpg


 野口君は能弁だ。作品だけでは言い足りないかのように、配布資料にも多く文章化している。訪ねる客人にも真剣に語りかける。

 1968年、札幌生まれ。1993年、教育大学札幌校日本画研究室卒業。現在38歳。1992年に仲嶋貴将君と二人展、さもありなん。同世代の作家たちとの共鳴を見たいものだ。

 ☆ 好み度 4.5

by sakaidoori | 2007-01-10 16:12 |    (時計台) | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 08日

10)近美の「ビュ―ティフル・ドリーマー」「浮世絵」「アイヌ展」 ~28日

○ A、ビュ―ティフル・ドリーマー  夢からのおくりもの
   B、コレクション展 浮世絵にみる「いき」-高橋博信の眼 国貞と英泉
   C、アイヌ文様の美

 場所:北海道立近代美術館
    北1西17   電話011-644-6881
    Aは左側常設室1F Bは左側常設室2F Cは右側特別室
 期間:12月13日~1月28日(日)
 時間:9:30~17:00 (入館は16:30まで)
 休み:基本的に月曜日
 料金:Aは600円 Bは無料 Cは700円

 全て面白い。Bは無料ですので浮世絵70点ほどを楽しんでください。この項ではBのビューティフルドリーマーを紹介します。
f0126829_0472941.jpg
 夢への誘いか部屋は暗くいくつにもにも区切られている。第一室、目にしやすい壁に国松登の「星月夜」(1907函館生、1991作、84歳時)。僕は童謡の「月の砂漠」を連想してしまった。国松の参加は異色だ。物故作家であること、老齢時の作であること。企画者達の工夫を感じる。成功か失敗かは見終わったときに判るだろう。
f0126829_046569.jpg
 同室の他の3壁に小林孝信の「小さな死」(1960生、2001頃作、41歳時)他3点。あきらかに涅槃図である。不思議な画家だ。薄塗りで茫洋と、ふっくらとして惹き付ける。芸森にも今展示しているのでみて欲しい。

f0126829_115030.jpg
 同室にカーテンで仕切られて小さなボールが浮いている。人の上向きの寝姿をデジタル的に表現したものである。笹口数の「スリーピング・ビューティー」(1962生、2006年作、44歳時)。

f0126829_1112771.jpg
 次の部屋。これまた不思議な作品だ。アロアナやカンガルーなどを剥製にして、ガラス玉のようなもので全体を包み込んでいる。美しくかわいい。時間をかけてみていたら、その永遠性に不気味な思いをするかもしれない。他にも2部屋使って、趣向を凝らした美と動と静を表現している。名和晃平(1975生、全て2006制作、31歳時)。

 次の部屋は真っ暗だ。真ん中に何やら浮いている。2mもあるのだろうか三角錐が浮いている。下から覗き込むと中には螺旋階段が巻き上がっていて、まさしく迷宮階段状だ。円錐形の40cm下の床。鏡のように水が砂に囲まれて螺旋階段を写している。札幌のあやかしの人・坂東史樹の「子供が三匹逃げる。あなたは彼らを捕まえて一匹ずつ紙袋に入れる」(1963生、2006作、43歳時)。

f0126829_134475.jpg
 合田千夏の「katari-jima 2005.5」(1980生、2005作、25歳時、『合』は旧かなです)。薄明るく、黒っぽい壁に2作、大作が並んでいる。この作品は何度も見た。今展のようなタイトルに参加する作と思ったことはない。いろんな人が、違った角度で作品を料理するものだ。グループ展の楽しみを味わった。今までとは違ったイメージで見れた。

 
f0126829_1545568.jpg

 「ビューティフル・ドリーマー、夢からのおくりもの」という。ここで言う夢とは覚醒中の願望の意味である。夢はそんなに楽しくも美しい物か。画家の心の奥底は明るく夢に輝いているものか。企画は子供をも主要な鑑賞者にしているし「楽しんで見れる美術館」という企画である。そんな中でもっとも可笑しく、グロテスクな作品は「ハーンブルックな卵」のえぐりちか(1979生、2006作、27歳時)。一部屋を夢の世界に作り上げた。僕はある作家にそこいら中を卵で埋めたらいいと言ったのを思い出してしまった。「卵が、卵が襲い掛かってくる・・・・・」

 他に塩谷直美(1961生)、大岩オスカール幸男(1965生)も出品。写真は配布資料より。敬称は省略。

 ☆好み度 4.5

by sakaidoori | 2007-01-08 17:03 | ☆札幌・近代美術館 | Trackback | Comments(2)