栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:狩野悠佳子 ( 5 ) タグの人気記事


2010年 08月 28日

1357) 「狩野悠佳子の場合 ~旭丘高校OG」

 狩野悠佳子君は今春旭丘高校を卒業され、東京の私立大学に入学された。文学、それも詩を志す人で、絵画は趣味というか余芸のような存在だ。
 ささやかな縁があり、一昨年の夏から彼女の絵を見ている。
 初めて見た絵は楽しみの範囲を抜けきれないもので、微笑ましいものだった。

 その翌年の2月、ここから見れる絵を発表することになった。
 旭丘高校の近くに奥井理ギャラリーがある。美術部校外展をそこで開催した。その時の彼女の絵を本編のアバウトの欄に利用させてもらった。再掲になるが、また載せることにしよう。


f0126829_18464880.jpg




f0126829_18474444.jpg



 彼女は詩を書く。詩の文芸雑誌にも投稿している。
 2008年5月、第46回現代詩手帖賞を授与された。高校生の受賞ということで、注目度は高まったことだろう。
 絵の成長を見る前に、詩の方で全国の注目するところとなった。そういう中で詩の個人誌「月光」を発刊した。コピーを利用した100%手作り本だ。創刊号は散文と詩のみでほとんど絵はない。ようやく余裕ができたのか、2号(’08.11)の表紙に絵が登場した。


f0126829_18531560.jpg




 以下数点ですが、昨年の高文連後に見た作品を載せます。ゆるりと女子高校生の作品を楽しんで下さい。


f0126829_1925321.jpg
     ↑:「MIDORI」、30号?・第55回高文連石狩支部展・市民ギャラリー・2009年8月6日撮影。

 人間を緑で仕上げた。緑の色調効果は抜群で、幸せのポーズともとれるが本当にそうなのか?求愛とも挽歌ともとれる。悩ましい作品だ。悩ましいが、人間はスーッとしっかり直立して見果てぬ何かを真剣に見つめている。


f0126829_19144557.jpg



f0126829_1915642.jpg
     ↑:奨励賞「I,my,me,mine」、2009年度「U-21」・市民ギャラリー・2010年2月13日撮影。

 将来に対する強い意志を表現している。彼女の絵の人物は頬が丸くて可愛い。それが今までの特徴だが、今作はこけている。進路決定という、この時期の緊張感がそうさせたのか。強い気持ちが伝わる。
 進学を決める過程での制作かもしれない。この作品の発表の時期には既に大学入学が決まっていた。


f0126829_19282494.jpg
     ↑:今春の奥井理ギャラリーでの旭丘美術部校外展から。

 卒業年の記念作品は「U-21」に提出した。そして卒業間近だから時間がない。だから、時間のかかる絵画ではなく、知恵による短時間制作の美術品でまかなった。こういう構想はその場しのぎというよりも、いつも何かしら妊んでいるのだろう。詩人の言葉巧みさが小粋に憎い。

f0126829_1932417.jpg

f0126829_19331942.jpg
     ↑:(キャプションを拡大して、作品の遊び方を味わって下さい。)

f0126829_19353547.jpg
          ↑:「万華鏡」。

 作品はそれ程でもないが、添えられた散文が興味をつのらせる。
 以下、書き記しておきます。

    一時間一七分遅れた罪滅ぼしとして、あ
    の人がくれた花束をやさしく手折っ
    て、万華鏡の中に押し込みました。花は
    花でうつくしいということが、あのひと
    のずるいところでした。わたしの目から
    花と光があふれます。まっしろなまぶしさ
    の遠くで、あのひとが散っていきます。



f0126829_20305019.jpg
     ↑:今夏の奥井理ギャラリーでの「旭丘高校美術部在校生と卒業生・展」から。2010年8月21日撮影。


f0126829_20311163.jpg
     ↑:「ひととき、ゆるゆる」。

 空(宙)を見つめている。ゆるゆる気分で、ゆるゆると首をもたげ、ゆるゆるとした存在をおっかけている。
 卒業時の頬のこけた真剣さは、ここでは「明日を向かって撃て」と言わんばかりの心の余裕に変化している。彼女の画風であるマ~ルイ肉体表現も戻った。詩人は何にねらいを定めるのか?
 (他は著名な団体による詩作品に対する受賞宣伝パンフ類。)



 長々と10代後半女性の思春画を紹介した。
 彼女の絵は詩と共に理解すべきかもしれない。この場合の理解とは、詩表現の裏の意味を絵画で探索するということではない。

 言葉とは絶対に正直なものではない。正直ではないが、人の心を惹きつけたり、もてあそんだり、傷つけたりする力がある。摩訶不思議な存在だ。詩人の言葉とはその極みである。言葉の魔術師、錬金術師であり、ペテン師でもある。
 狩野悠佳子の詩人ネーム・文月悠光も、未成年だがマジシャンであることには違いない。
 彼女の詩は、象徴言語を駆使して、読む者を煙に巻いたりはしない。誰でもが過ごす日常生活に、等身大で入り込み、詩人の感性で日常の影なり隅を撃つというスタイルだ。分かりやすく常識的な言葉の羅列だ。若いから自虐的な言葉もあるが、それは本質ではない。本質は言葉の遊び人だ。遊び人と僕に決めつけられるのが、彼女の未熟なところで、この未熟さがどう大成するかが大いなる興味だ。その時に、今画いている絵画の感性が、詩の裏側の秘密の部屋の役目を果たすかもしれない。
 絵画は正直だ。絵画は自己の感性と正直に向き合わないと相手に魅力が伝わらない。
 詩人の言葉は「虚」に満ちているが、感性を研ぎ澄まさないと単なる「ウソ」でしかない。その感性の一端を絵は正直に現すことだろう。

 
 
 

by sakaidoori | 2010-08-28 21:25 | ▲個人特集 | Trackback | Comments(2)
2010年 08月 22日

1346) 奥井理.g 「旭丘高校美術部とその卒業生による企画展示 擬音」 終了・8月14日(火)~8月21日(土)


○ 札幌旭丘高校美術部と
   その卒業生による企画展示

       擬音

    

 会場:奥井理ギャラリー
     中央区旭ヶ丘5丁目6-61
     (慈恵会病院の入り口の近く。看板あり。)
     駐車場有り 
     電話(011)521-3540 
 
 会期:2010年8月14日(火)~8月21日(土)
 休み:月曜日
 時間:10:00~18:00
    (最終日は、~16:00まで)
 
ーーーーーーーーーーーーーー(8.16)

 今春の、この会場での学校展は少し意欲に欠けて物足りなかった。載せたいと思って力(リキ)んだのだが、イマイチ筆が進まなかった。

 今回、在校生は気楽な気分で、「絵画」にこだわらずに自分の絵を発表していた。意欲という意味では物足りないが、自然な自分を出しているのが好ましかった。

 卒業生は小品だが、しっかりと自分を表現していた。

 そんなワケで久しぶりに旭丘高校展を紹介します。
 人数が多いということで、常設の奥井作品がかなり少ない展示でした。当館オーナーの当展協力度が推し量れます。


f0126829_21463130.jpg


f0126829_2148437.jpg



f0126829_20595037.jpg
     ↑:2008年卒業・濱田優衣、「海と山の家具」。

f0126829_213941.jpg



 今でも、座り机を使っている学生がいるのでしょうか?どこか、昔懐かしき香がします。潮の匂いも含んでいるみたい。ゆったりと置かれていて、良い気分。
 今は夏、奥井ギャラリーのぴかぴかな床を懐古調で満たしていく。主・奥井理・君の作品が机の廻りに近づいてきそうです。
 キュッとしたコンパクト感が丁寧さと良くマッチしています。子供心的なユーモアが微笑ましい。



f0126829_2117161.jpg
     ↑:2010年卒・宮本柚貴、「にょきにょき」。

f0126829_21191167.jpg



 傘を支持体にして、重たい位にしっかりと描いています。その色合いや重ね塗りの重量感を笑うようにして、綿の雲が張り付けてある。なんだか牛の模様にみえて、思わず笑ってしまった。
 この重さと軽さが良い。作家は重い傘心から出発して、軽くふわふわと飛び立ちたいのだろう。
 傘は永久の恋人なのだろう。自分を守りもするし、空飛ぶ道具にもなれる。


f0126829_21271213.jpg
     ↑:2009年卒業・福原明子、「カチャカチャ」 「ポコちゃん!」。

f0126829_21342139.jpg


 絵本のためのアイデア帳、一挙公開!そんな作品達です。こういう優しいうるささを現役生も参考にして、「もっともっと自分を出す!」、その喜びを体得してもらいたい。


f0126829_21373646.jpg
     ↑:2008年卒業・田中美帆、「わたしと食欲」。


f0126829_22154811.jpg 楽しい作品だが数が少なかった。最低でも50個は欲しい。一点一点をじっくり見るという作品ではない。数が勝負、置き方が勝負、そうしたらもっと見る人を笑わせれたのに。実に残念なお相撲取りさんでした。







f0126829_21481435.jpg
     ↑:2010年卒業・狩野悠佳子、「ひととき、ゆるゆる」(絵画) 「てにをは少女」。


 詩人でもあります。文月悠光というペンネームは新聞にも紹介されました。その処女出版詩集、全国的な賞をもらっての関連パンフなどの展示です。

 真上を見つめる少女の顔がすがすがしい。

 彼女の高校時代の絵画作品を数点ですがまとめて紹介したいと思っています。感想はその時に。5、6日待って下さい。


f0126829_2211170.jpg
     ↑:2008年卒業・南朋花、「シャラララ」。

f0126829_2261272.jpg


 手のひらの宝箱・夢のメリーゴランドです。
 上に付いたハンドルでは回せそうもありあません。本体を軽く両手で降ってみると・・・シャラララt輝いていました。



 なぜだか卒業生ばかりを載せました。やはり作品が充実していて目立ったのです。


f0126829_2293627.jpg
     ↑:52期生(3年生)・村岡純夏・「2人で弾くピアノ」。

 堂々と床の真ん中に置いたのが良い。
 鍵盤であることは直ぐにわかります。変な鍵盤だ。タイトルを見て納得です。2人の為の作品です。だから中央で広々とした環境でなくてはいけないのです。



f0126829_22195886.jpg
     ↑:(3年生)・椋元可奈、「きみのおと」 「潮騒」。

 普段着の絵を、普通にしっかり見せています。できれば4枚か6枚並べたら、要するにもう少し多く出品したらいいのに。そうすれば、見る方ももっと感情移入できるのに。次回はお願いします。


f0126829_22311520.jpg
f0126829_22313597.jpg
     ↑:2008年卒業・渡邉里美、左から 「ひょこひょこ」 「しんしん」。

 小品ですが、いろいろと一杯詰め込んだ夢多き作品です。
 もう少しまとまってみたいものです。

by sakaidoori | 2010-08-22 22:35 | 奥井理g. | Trackback | Comments(2)
2009年 07月 18日

1038) 旭丘高校 「旭丘高校美術部・学校祭展示」 終了・7月18日(土) 10:00~14:45 

○ 旭丘高校美術部・学校祭展示
   
 会場:市内中央区旭ヶ丘6丁目5番18号
      A207教室(2階奥の美術室)
    電話
 日時:2009年7月18日(土) 10:00~14:45 
    (注意⇒最終入場は14:30まで。
         上履きを用意して下さい。)
          
ーーーーーーーーーーーーーー(7・17)

f0126829_2256767.jpg


 チョッと訪問には恥ずかしいものがあったのですが、なかなか行けれない高校の美術部室です。意を決して行ってきました。

 旭丘高校はギャラリー門馬のすぐ傍です。門馬邸から山に向かって真一文字に進めば、左側に見上げるように待ち構えています。
 学校祭ということで玄関からなかなかの賑わい。制服姿もあれば甚平に浴衣に実に開放的なものです。
 美術部は2階なのですが、玄関が0.5回という高さです。1階をぐるぐる廻って、間違いに気付いて2階に上って、その間にも生徒のうきうきする声が浴衣姿で届いてきます。なんとなく歩いていたら、「美術部へどうぞ~、美術部へ~~、美術部~~」、小さい声を一所懸命に呼び込みの声が聞こえてきます。「美術部はいかが~、美術部はいかが~」と、どこかで聞いた文句に変化し始めて、一気に自分の過去におちいりそうです。不思議な気持ちを抱いていると、声も姿も遠くに走っていく。我を取り戻して、スルッと部室に入ると顧問の齋藤周先生とばったり。
 「ブログ、いいですよ。生徒の作品は高文連のための未発表作品ですからダメですよ」ということで、何となく会場風景を載せることになりました。(載せれないと勝手に判断していたので、心の準備ができていなかった。)

 部室内は中央に多角形の仮部屋を作っていて、その内部にインスタレーションと先輩達の思いを込めた落書き。外壁には3年生達の即興的な絵画作品です。
 仮小屋を囲むようにして入り口に向かって製作中の作品がズラリと並んでいる。30号です。美術部と演劇部が一緒になったような空間作りです。そして、浴衣と甚平の学生が気ままに作品鑑賞、まさに演劇だ。脚本ができそうだ。

f0126829_23101357.jpg


f0126829_2319534.jpg
f0126829_23221247.jpg


f0126829_232422.jpg


f0126829_23264990.jpg
     ↑:3年・宮本柚貴、「プラネタリウム」。(紫の好きな学生だと思う。星もぶら下がっていて、自分の世界を作っています。)

f0126829_2332212.jpg


f0126829_233455100.jpg
 (↑:作者不明。非常に印象的な絵です。整った美女顔と目との関係が面白い。人の目とも思えない。顔はサラリと、目は頑張り過ぎに描いていている。若人の見える姿とと見えない心の象徴のように見てしまった。)

f0126829_23423578.jpg




f0126829_23443989.jpg


 ↑:詩のコーナー、ペンネーム・文月悠光。(少し読み進んだ。詩と廻りの風景との関係にこちらの心が付いていけない。読むのを断念する。部室も詩も学生達も眩しすぎる。)



f0126829_23493567.jpg

 ↑:絵画は、3年・狩野悠佳子、「書く」。(画題、構図、顔の切り具合と、いかにも学生的で好感が持てる。)

f0126829_05748.jpg



f0126829_23545177.jpg


 旭丘高校と言うだけあって、とても見晴らしの良い所だ。更に部室は高い所にある。
 絵に書いたように眼下にグランドが拡がっている。テレビ塔までも見える。山がある。大和三山の一つのように手頃な高さで収まっている。ここが天の香具山ならば、畝傍山にしよう。曇天の空が神々しい。


f0126829_05598.jpg

by sakaidoori | 2009-07-18 23:55 | ★その他 | Trackback(2) | Comments(0)
2009年 04月 02日

957) アバウトの写真 23回目 「2年・狩野悠佳子、『春』。」(札幌旭丘高校美術部・「校外展」)

○ 札幌旭丘高等学校美術部・校外展

 会場:奥井理ギャラリー
     中央区旭ヶ丘5丁目6-61
     (慈恵会病院へのは入り口の近く。看板あり。) 
     電話(011)521-3540  
 会期:2009年1月30日(金)~2月6日(金)
 時間:10:00~18:00

ーーーーーーーーーーーーーーー(2・5)

f0126829_9574682.jpg


 旭丘高校2年・狩野悠佳子さんの「春」です。大きさは、30号~50号位でしょうか?

 この絵の魅力はタンクトップの上着からはみ出た肩に虫が止まっていて、それを強く無視する少女の目線と、その意思です。

 虫が素肌に止まっていると、どうしても見るこちら側はそこを注視しがちです。ましてや画面中央付近です。当然、少女はそれに何らかの反応をするでしょう。古典的描法の優れた画家ならば、虫を気にする少女の微妙な表情や心の動きを描き止めるかもしれない。もし、狩野さんがそういうことに関心があって描きこんで行ったら、きっと絵として失敗していたでしょう。難しすぎます。
 単純にしっかりこちらを睨む少女を描いた、単にその上に目立つところに虫を描いた、少女と虫を意識しないで描いた。それだけのことかもしれません。そのことが却って、心理的絵画として上手くいっているのでは。

 それと、描かれた形のどこをとっても丸みを帯びていて、全体が調和している。
 丸みと虫と少女の目、健康的と云うには余りに幼い少女の緊張した姿。若さをストレートに発揮している。
 

by sakaidoori | 2009-04-02 10:17 | ★アバウトの写真について | Trackback | Comments(4)
2009年 02月 05日

886) 奥井理ギャラリー 「札幌旭丘高等学校美術部・校外展」 1月30日(金)~2月6日(金)

○ 札幌旭丘高等学校美術部・校外展

 会場:奥井理ギャラリー
     中央区旭ヶ丘5丁目6-61
     (慈恵会病院へのは入り口の近く。看板あり。) 
     電話(011)521-3540  
 会期:2009年1月30日(金)~2月6日(金)
f0126829_2573225.jpg 時間:10:00~18:00
    (最終日は、~16:00まで)

 【参加学生】
 1年・ 片野莉乃 三上いぶき 秋田胡桃 大塚めぐみ 佐藤愛美
 2年・ 狩野悠佳子 佐々木祐美 金子沙織 坂東桃子 前川沙綾 宮本柚貴 河口奈実 泉静耶
 3年・ 堀田千尋
 顧問・ 齋藤周
 
ーーーーーーーーーーーーー(2・5)

f0126829_2255085.jpg


 実に羨ましい高校生達だ。
 綺麗で立派なギャラリーの半分を使っていた。しかも、残りの空間は兄貴程度の年齢差の青年の絵画空間だ。その人は高卒後に美術を学ぶために東京に行き、交通事故で帰らぬ人となった。奥井理君だ。

f0126829_22473814.jpg

f0126829_225194.jpg

f0126829_22524155.jpg

f0126829_22532030.jpg



 ほとんどの絵は薄塗りで優しく描いています。一心不乱さやがむしゃらというのではなくて、自分自身の気持ちを素直に描こうとしているみたい。そんな気持ちを同じくした仲間達展です。おそらく顧問の先生が齋藤周さんだから、無意識のうちに彼のたゆたゆしい画法を引き寄せているのでしょう。
 それは強烈な個性の発揮とは違っています。高文連や高校生も対象にした公募展の中では、少し目立たいでしょう。ですが、競争展を離れた一つの世界としての展覧会として見ると、普段着の彼女等が垣間見えて思わず拍手を贈りたくなります。

f0126829_124494.jpg
     ↑:2年・河口奈実、「ゆめこ」。
 関節人形?でしょう。今の高校生はこういう作品に取り組むのですね、・・・思わず嬉しくなってしまいます。小品ですがそれで構わない。沢山作って、服もいろいろ作ってあげて物語展まで進んで欲しい。


f0126829_1305933.jpg
     ↑:2年・坂東桃子、「柘榴」。
 尖がった口の少女と黄色い背景、そして柘榴(ざくろ)の赤の組み合わせが楽しい。
 札幌では柘榴は珍しい。
 あるイベント会場で売られいたので土産に買ったことがある。妻は初めてなものだから食べ方がぎこちない。これを食すると口の中が真っ赤になる。美味しくて喜んで大きな口を開けると、口の辺りが真っ赤かで凄い形相になる。おまけに手まで赤くなる。血を滴らせて喜んでいる状態だ。
 だが、この絵は黄色だ。柘榴への喜びが黄色を生んだのだろう。飽きない黄色だ。


f0126829_1435341.jpg
     ↑:2年・金子沙織、「幽か」。
 幽霊のような女性が、画家の技術の拙さも手伝って可愛くも見える。学生の心の中や社会を見る目のアンバランスさがに匂う。


f0126829_15127100.jpg
     ↑:1年・三上いぶき、「キミがいた夕暮れ」。
 今展で一番大きな絵です。未熟な絵です。未熟ですが、伸びやかな絵です。
 夕暮れを赤と決めつけてはいけない。人はそれぞれの夕暮れを持つものです。この人は大地に対する信頼があるのでしょう、薄くはあるがしっかり黒で表現している。深くはないが、大きく自然を見ている。きっと大きな目をして見ているのだろう。「キミが・・・」とあるから、楽しい思い出があるのでしょう。


f0126829_223134.jpgf0126829_23767.jpg















     ↑:左側、1年・片野莉乃、「水辺の風景」。
     ↑:右側、・3年・堀田千尋、「まわりみち」。


f0126829_27737.jpg
     ↑:2年・狩野悠佳子、「春」。

f0126829_2122766.jpg
     ↑:同上、散文・「戯び」。
 彼女は円く表現する。どこをとってもま~るい。その組み合わせと統一さが落ち着いた色と重なり、しっかりとした存在感を出している。目も力まずにこちらを向いている。タンクトップの肩にてんとう虫が止まっている。体も目もそれを無視している。見るこちらは逆にその虫と目と全体の少女の雰囲気に交互に意識が横断する。
 自画像だろう。凛とした清々しい絵だ。
 展示の裏側には二編の散文詩が展示されている。絵と言葉が学生の心の表と裏のように演出されている。拡大して呼んでみて下さい。なかなかの表現力です。


f0126829_2242284.jpg
     ↑:2年・宮本柚貴、「shine in the rain」。
f0126829_2271851.jpg
 楽しい傘です。雨模様は夢育む遊びの時間なのでしょう。雨降る日には特性のマイ・カサを拡げて、絵を小脇に抱えて何かを思って歩むのでしょう。

 結構楽しんだのでもっと載せたいのですがきりがありません。今回はこれまでということで。

 




 最後に奥井理君の作品を1点だけ載せます。次回の訪問時にはもっと作品を載せたいと思います。

f0126829_237454.jpg
     ↑:奥井理、「少女の顔(習作)」・札美18歳。
 おそらく心の恋人を想定しての絵だろう。同時に彼女に対する自己の悩みをも重ねている。恋する自己と焦がれる他者のダブル・イメージなのだろう。
 いづれにせよ、強い恋心を思う。青年の絵だ。


f0126829_2433418.jpg


f0126829_245289.jpg
     ↑:ギャラリー空間と窓の間の部屋。渡り廊下でもあり、日なたゴッコをするところでもある。窓辺に頬を付けると冷たい。暖かい部屋で身が引きしまる。

f0126829_2462478.jpg
     ↑:南向きの窓からの景色。メイン道路が直ぐ傍だ。谷になっていて歩いては行けない。

by sakaidoori | 2009-02-05 22:59 | 奥井理g. | Trackback | Comments(0)