栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:森美千代 ( 4 ) タグの人気記事


2013年 03月 28日

1995)②「山田航歌集『さよなら バグ・チルドレン』をめぐる変奏展」テンポラリー 3月16日(日~3月31日(日

  
山田航歌集 「さよなら バグ・チルドレン

             をめぐる変奏 展
        



 会場:テンポラリー・スペース
      北区北16条西5丁目1-8
       (北大斜め通りの東側。
       隣はテーラー岩澤。)
      電話(011)737-5503

 会期:2013年3月16日(日)~3月31日(日)

 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00 

 【参加作家】
 野上裕之(彫刻) 藤谷康晴(絵画) 佐々木恒雄(絵画) 森本めぐみ(造形)
 高臣大介(ガラス) 久野志乃(絵画) 吉原洋一(写真) アキタ ヒデキ(写真・文)
 ウメダマサノリ(造形) 森美千代(書) 中嶋幸治(造形)
  メタ佐藤(写真) 藤倉翼(写真) 竹本英樹(写真) 及川恒平(ソング)
  
    ・・・(ブログ「テンポラリー通信」よりコピー)


ーーーーーーーーーーーーーー(3.22)

 1988)①の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)



f0126829_22454594.jpg



f0126829_22462287.jpg
     ↑:森美千代、「掌のうへに熟れざる林檎投げ上げてまた掌にもどす木漏れ日のなか」


 「投げ上げた書がひらひらとテンポラリーの西日の中に漂いそう」、そんなムードで、書は落ちずに天井にある。
 が、短歌の含意はそうではない。
 掌に青みがかった林檎がある。その林檎を上に投げる。視線は乙女を追うようにして林檎の軌跡を愛おしむ。日が当たる。その中に乙女を愛でるようにして林檎は掌に帰ってくる。愛撫する。かじろうか、そっとしようか。熟す(大人になる)のを止めたい。
 きっと評者は動きや光や色をも捉えた瑞々しい青年の感情、恋心の機敏に感嘆することであろう。

 森美千代は写真もする。写真の方が自由に表現している。
 「書(かな書)」・・・習い事という約束事に身を置いて、さらに「文字」という約束事を倦まずにもくもくと書き続けている。自己表現と言うよりも、筆が約束事の文字をスルーっと自由に描ききる、その時が来るのを待っている。律儀に真面目に自由が筆や腕に乗り移るのを待っている。そういう意味で、書に関しては努力し、待つ女だ。
 そういう堅さ律儀さが彼女の書にはあった。今もある。が、大きくのびやかな気持ちが、今回はある。熟女的乱舞する姿は皆無、乙女的パリパリ感を通り過ぎて、独り立ちしよう、そんな書に見えた。



f0126829_23454287.jpg
     ↑:(赤い作品) 中嶋幸治、「楽器庫の隅に打ち捨てられてゐるタクトが沈む陽の方を指す」


f0126829_23483422.jpg



f0126829_23491427.jpg



f0126829_23494845.jpg



 捨てられたタクトの目線は何処だろう?滅びの美学か?指さす希望か?
 中嶋幸治・作品、タクトに注目すべきか?全軍の指揮者か?独立独歩の象徴か?
 血潮のほとばしる手に注目すべきか?それは意志力か、権力か?

 彼の作品には常に滅びと強さが同居し、それらが色に包まれていた。砂の白、圧迫線の黒、紙のクリーム色が意志と美学を象徴していた。そして今展は赤だ。

 手は武骨なまでに大きく力強い。美術品としてはいつまで存在できるのかと惜しみたくなる。無くなることを作家は意に介さない。無くなる一歩手前の存在に常に向き合っている。

 キツサと強さとシンプルな美学、そして「中嶋幸治、我が道を行く」ということか。




f0126829_0203128.jpg
     ↑:梅田マサノリ、「旅行鳩絶滅までのものがたり父の書斎に残されてをり」


 最近の梅田マサノリは標本シリーズを一端中止している。今展、先祖帰りのようにして標本でご挨拶だ。

 氏の標本シリーズの特徴は、すこぶる真面目で本格的なのだが、どこかが何かが変なのだ。意図的なのか、たまたまなのか、氏の性なのか?今作もそうだ。どうのこうのと言うほどのことはないのだが、腫瘍がベタッとこちらの肌に引っ付く感じだ。作家は良い人だから良性の腫瘍だろう。でも、作品は悪い人で悪性かもしれない!



f0126829_0314962.jpg
          ↑:藤倉翼、「永遠といふ名の青い週末に死よりも少し愉しい旅を」。


 短歌は楽しくないものだが、美人がニッコリしていてホットする。
 白装飾は黄泉への旅立ちなの?そんな無粋な。抱きしめあって昨日や明日を忘れよう。それが美女という仙薬だ。普通にロマンティックにくつろいでいる写真家・藤倉翼だ。



f0126829_0411589.jpg
     ↑:メタ佐藤、「真っ白なことばが波に還ってもこの国道は続いてほしい」。


 写真作品、私や回りが写り過ぎですいません。見た人にとっては記録になるでしょう。
 余計な現象を想像力で消去して、原作回帰を試みて下さい。これも「メタ」作業かもしれない。


 
f0126829_0492624.jpg
     ↑:久野志乃、「粉と化す硝子ぼくらを傷つけるものが光を持つといふこと」


 最近の久野志乃作品に、傷つけられる弱さはない。自信に満ちて強い青で何かに突き進んでいる。
 その彼女が、こういう自傷の句を選んだ。彼女が求める光には「ガラス」という刃があったのか?この句を知って、あらためて自身の光を再考したのか?
 こういう句を選んだ画家に一抹の不安を覚える。今の強さは強迫観念ではないと思いたい・・・。



f0126829_0585393.jpg
     ↑:森本めぐみ、「世界といふ巨鳥の嘴を恐れつつぼくらは蜜を吸つては笑ふ」


 どうも、森本めぐみという人は、グループ展になったら小さく見える。考え過ぎなのか、どこか性格が引っ込み思案なのか?確かに、こういうお伽噺のような小さな世界も作る人だ。が、僕には解しかねる。チャレンジ精神が皆無だ。おそらく、自分の世界に没入しているのだろう。それはそれで精神の安定には欠かせないのだろう。

by sakaidoori | 2013-03-28 08:04 | テンポラリー | Trackback | Comments(8)
2012年 06月 02日

1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日

 
○ 大木裕之・滞在制作展 

   「メイ」 

      友情参加:森美千代(写真)
      


 会場:テンポラリー・スペース
      北区北16条西5丁目1-8
     (北大斜め通りの東側。
      隣はテーラー岩澤。)
     電話(011)737-5503

 会期:2012年5月29日(火)~6月3日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00

 ーーーーーーーーーーーーーー(6.1)

 1779)①の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 森美千代の写真は2階だ。


f0126829_105272.jpg



f0126829_1055858.jpg



f0126829_1062812.jpg



f0126829_1071813.jpg



f0126829_1073855.jpg



 当初から、大木裕之の展示に合わせた「ゲスト・森美千代写真展」という話はあった。考えるところがあって参加を見合わせていた。が、「大木裕之・ゴミの山展」を見て、全身全霊触発された。何の用意もしていなかったが、そこは写真家である。写真は家に五万とある。
 「何でも良いから貼っちゃおう。大木裕之と一緒に過ごそう。あのゴミの中に私の写真を置きたい!」
 そうして2階は森美千代・写真展になり、当展は「森のゴミ展」になった。


 植物という生き物をいろいろな角度から撮ったり、建物の見え方の面白さに迫ったり、写真を切り刻んで織物風にしたりと、表現の引き出し内部が垣間見える。ビニール版への転写・作品化という点は、いままでにない試みだ。陽を浴びる2階を意識したのだろう。屋根裏という事もあり、アナログ写真の成立過程を見るようだ。銀塩の現場は暗い、ここは明るくてパソコン処理でもあるから、似て非なるものだ。
 それよりも、光を浴びて作品が小さく見えた。透き通って、写真の骨組みしか見えないからだろう。それと、近づいて鑑賞という雰囲気ではない。ここは足下が不安で、鑑賞ではなく雰囲気を味わう空間だ。
 作品がもっと大きければと思うが、今回はそんな細かいことは無視しよう。いきなりの飛び入り参加で、「ここまではいつでも直ぐにやれる人」ということを証明した。もっとも、個人的にはここを突き抜けるぐらいの勢いを期待している。

 四方山話に花が咲いた。おまけに帯広からの美術家も一緒だ。帯広女史のフットワークの軽さには頭が下がる。蝶々ですね。というわけで、個別作品を取り損ねた。上の写真をクリックすれば、おおよそは見当できます。

 

f0126829_11113278.jpg



f0126829_1112626.jpg



 栄通     :「オッ、エッチだね~」
 帯広の女史 :「あら、これセクシーね~、良いわね~」


f0126829_11153652.jpg
f0126829_11155011.jpg



 森美千代は写真を「作る人」だ。過剰暗闇だとか、露光200%とか、要するに写真を化粧をする。熟女だから化粧も分厚い。
 上の作品はネガ風の写真を丁寧に切って、几帳面に織ろうとしている。ここで終わればお洒落なデザインだ。


f0126829_11252180.jpg


 物語が展開しそうな場だ。



f0126829_1126292.jpg 「3日までです。日曜日までです。よろしく」























f0126829_1129172.jpg


by sakaidoori | 2012-06-02 12:17 | テンポラリー | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 01日

1779)①「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日

 
○ 大木裕之・滞在制作展 

   「メイ」 

      友情参加:森美千代(写真)
      


 会場:テンポラリー・スペース
      北区北16条西5丁目1-8
     (北大斜め通りの東側。
      隣はテーラー岩澤。)
     電話(011)737-5503

 会期:2012年5月29日(火)~6月3日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00

 ーーーーーーーーーーーーーー(6.1)

 森美千代さんが、「私も参加しちゃったよ、見に来て!」との誘いだ。女性に誘われては、何がなんでも見に行かねばならない。

 そして会場風景は・・・。


f0126829_21461222.jpg



f0126829_2147562.jpg



f0126829_21482066.jpg



 ご覧のようにゴミの山だ。
 もう一度、上からの写真をお見せしよう。


f0126829_21494185.jpg



 やはりゴミの山だ。
 まるで寝泊まりして散らかしているだけだ。

 それではこれが展覧会か?しっかりした美術ギャラリーで、しっかりと告知した美術展だから、間違いなく展覧会の一シーンだ。もっとも、「滞在制作展」とある。最終作品のための舞台裏ともとれる。

 そもそも「大木裕之」とは何ものか?「メイ」とは何なのか?
 「大木裕之」・・・「映像作家&現代美術家」というレッテルだ。それ以上は分からない。それで充分だろう。
 「メイ」・・間違いなく映像作品のタイトルだ。が、それ以上の意味があるかもしれない。

 幸い、会場には作家がいるではないか!本人にインタビューだ。

 「大木さん、何かできるの?」
 「さー」
 「映像、できるの?」
 「さー」とニコニコするだけだ。

 ここは彼のネーム・バリューを信じよう。わざわざ自費で本州から来たのだ。単なる遊びや冷やかしかもしれない、実体は真性美術ペテン師かもしれない。それでもいい、しょせん美術行為だ。ゴミをもたらす美術風来坊だ、生真面目にそのゴミを見つめてみよう。f0126829_22134040.jpg
f0126829_2214923.jpg



f0126829_2214352.jpg
f0126829_22151048.jpg




f0126829_22155771.jpg
f0126829_22163534.jpg



f0126829_2218549.jpg




 「メイ」、5月なのだろう。殊更5月である必要はないが、日々の生活としての「5月の日々」、その記録のようなものとして映像作品「メイ」は成り立っているのだろう。今回も、おそらくこの現場は写されるだろう。たとえ映像化されなくても、彼の「5月の行為」はある。彼は「個人的5月の行為」を、美術という名の下に、共有を求めにやって来たのだ。「共生」なのだ。それは強引な「強制」でもある。わざわざ札幌の一画にゴミをまき散らして、札幌人に何かを言いにやってきた。失礼な人だ。災いなるかな大木裕之だ。

 敢えて比喩的に言おう。最後の写真だ。「手」、それは中森ギャラリーで個展を開いた青年の彫刻だ。それは彼の個人的な「祈り」だ。その作品に呼応するように、同じものが階上にも置かれて眼下を見下ろしている。
 手の彫刻作品の廻りを。津波のゴミと解する事ができる。ならば、全体は、昨年の大震災の鎮魂と言えなくもない。
 しかし、そんな解釈を作家は求めない。
 そんなことはどうでもいいのだ。「オレはゴミを捲きにここに来たのだ!そのゴミに埋もれてみぃ。結構面白いぜ」と、言っているだけだ。「見て、一所に遊ぼうぜ」と言っているだけだ。絶対にそうだ。

 だから、栄通記読者諸氏よ、このゴミ山が面白いと感じたならば見に行くべし。


f0126829_2244464.jpg




 素晴らしいことに多くの方がお見えだ。おそらく、ゴミの山とは知らないでの訪問だろう。ちなみに僕は、今展を「森のゴミ展」と名付けている。
 あたかも、夜逃げをした人の探索のような光景も生まれた。


f0126829_22483662.jpg



 こういう青年もいた。まるで、この部屋の主のようだ。


f0126829_22511210.jpg






f0126829_22515246.jpg





 さて、今展のゴミ展に恐ろしく感動した女性写真家がいる。自身の縛れた心根をこの展覧会が吹き払ったのだろう。その写真群が2階で頑張っている。


f0126829_22553569.jpg



 随分と長い記事になってしまった。女性写真家、こと「森美千代・写真展」は項を改めます。
 ②に続く

by sakaidoori | 2012-06-01 23:18 | テンポラリー | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 04日

1529) 「森美千代・写真展 『それぞれの刻の肖像として』」 cafeエスキス 終了11月4日(木)~11月23日(火祝)

  
  
○ 森美千代・写真展

 それぞれの刻の肖像として


 会場:カフェ エスキス
    中央区北1条西23丁目1-1
      メゾンドブーケ円山1F
    (南東角地)
    電話(011)615-2334

 期間:2010年11月4日(木)~11月23日(火・祝)
 休み:水曜日(定休日) ※11月9日(火)は臨時休業
 時間:12:00~24:00
    (日・祝日は、~21:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(11.23)

 5ヶ月前の写真個展です。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 接写や露光過多などで、被写体の虚像と戯れる森美千代。どきっとグロテスクに、スパッと光りのパラダイスに
と、なかなか楽しませてくれる。その熟女パワー全開さが気に入っている。
 
 今展、遊び心には違いないが、お上品だ。「レディース・アンド・ジェントルマン、今宵の野菜美人、どなたが一番でしょう?品良くお付き合い下さい」と、ワイン片手に赤ら顔の蝶ネクタイ紳士、カフェ・エス・キスの夜更けのパーティーだ。


f0126829_16162764.jpg



f0126829_16184924.jpg



f0126829_16204975.jpg



f0126829_1621626.jpg



f0126829_16232823.jpg



 陶芸家・菊池絹枝女史の壺に触発されての写真展だ。上の写真の壺がそれだ。
 壺の形を女体に、磁器の白さを柔肌に見立て、野菜で顔や頭部を作り貴婦人のできあがり。テーブル・コーディネーター感覚の野菜婦人は清楚な中年貴婦人だ。アングルに注意しながら普通にパチリ、白枠黒枠の化粧が、最後の華だ。

 トリック・アート的な野菜婦人、その発想や方法は決してオリジナルではないだろう。だから、オンリー・ワン的な楽しみを今展に求めてはいけない。
 何よりもその遊び心を楽しもう。そして、いつになく素直に被写体を見つめている眼差しを共有しよう。



f0126829_16501659.jpgf0126829_16522496.jpg
f0126829_16523451.jpg


 森美千代には色が似合う。それもピンクや黄色ではない。濃い赤や強い緑が良い。後ろを見ないエネルギー発散型だから。だが、いつもいつも出しゃばりでは誤解を受けそうだ。品良く品良く、生娘ならぬ貴婦人スタイルも時には見せねば。


f0126829_1715040.jpg
f0126829_172330.jpg



f0126829_1731184.jpg



f0126829_1752192.jpg

f0126829_1753262.jpg






f0126829_1703237.jpg



f0126829_171118.jpg

by sakaidoori | 2011-05-04 17:23 | (カフェ)エスキス | Trackback | Comments(0)