栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:日常の冒険 ( 3 ) タグの人気記事


2012年 06月 23日

1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)

1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_9421539.jpg







○ vol.3 日常の冒険 

  ー日本の若手作家たちー
 


1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_9425795.jpg

 会場:500m美術館
      地下鉄東西線コンコース、
      (「地下鉄バスセンター前駅」から、
       「大通駅」に向かっての約500m。)
     
 会期:2012年5月12日(土)~7月27日(金)  
 休み:無し(年中無休)
 時間:7:00~22:30(照明点灯時間?)



 参加作家:
 今村遼佑(京都府生) 今村育子(札幌市生) 山本聖子(京都府生) 進藤冬華(札幌市) 西田卓司(札幌市) 藤倉翼(北広島市) 田中巧起(栃木県) 石倉美萌菜(札幌市) 狩野哲朗(仙台市) 鈴木悠哉(福島県福島市) 清治拓真(新潟)


ーーーーーーーーーーーーーーーー(5.31)

 11名の作品展。
 1783)①、1786)② の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

○ 山本聖子の場合

 作品は2群。


1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_22455461.jpg
     ↑:①「向こう側の厚みについて」・2012年 塩化ビニールシート ボール ガラス 糸 他。


1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_22462485.jpg


1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_22463725.jpg


1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_2246565.jpg



1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_22471156.jpg
1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_22472642.jpg



1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_22551161.jpg
     ↑:②「空白な場所」・2010年 物件広告間取り図 ラミネート。 


1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_22565789.jpg
1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_2257121.jpg



1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_22572555.jpg
1800)③「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(山本聖子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_22573872.jpg



 この二つの作品が同じ作家とは驚きだ。
 確かに共通点はある。囲われた世界での安定感、透き通るような空気感、どこまでが自分でどこまでが他人かは明快なのだが、なんとなく納得しがたい、そんな所在なさと存在感を両立させている。だが、それは「同じ作家」と指摘された時の言葉であって、両作品に注ぐエネルギーの違いには驚かされる。

 ①は何となくそこに置いてみて、本当にそこにあるのかを確認しているみたい。素材は透明感があれば何でもいいみたい。「存在と感覚」をテーマにしている。

 ②はプラモデル組み立て部品の余り物を、近未来都市空間のようにおびただしく繋いでいる。淡々とした作業だが、実に膨大なエネルギーだ。だが、過剰なエネルギーの発散を意図していない。自分が確認したいことが、たまたま過剰になっただけだ、と作家は応えるかもしれない。
 常日頃、何十㎞も走っているマラソン・ランナーに「毎日毎日凄い練習量ですね!!」と人は賞賛する。しかし、彼はニコリともせずに、「ただ走っているだけでが・・・」と、戸惑う。『何を驚くのだろう?ただ走っているだけなのに。昨日も走った、今日も走った、明日も走る、ただそれだけなのに。苦しいか?ランナーに感情を聞いてどうするの?』彼は世間にサービス精神の無さにはすまないと思っているが、ただそれだけのことだ。

 僕は山本聖子を喜怒哀楽の乏しいランナーに喩えた。もしかしたら逆かもしれない。激しい気性の持ち主が、その気性のままでは何も見えないと悟って、淡々と振る舞っているのかもしれない。
 前回の今村育子にとっては、閉じた空間は前提であった。そこで「自分とは何か」を試みていた。自分と自分自身との会話の場であった。
 今回の山本聖子は、閉ざされた空間そのものを問うている。「そこはいったい私にとって何なのか」を自問している。存在を見つめる人・山本聖子と綽名(あだな)しよう。

by sakaidoori | 2012-06-23 00:05 |  500m美術館
2012年 06月 05日

1786)②「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村育子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)

1786)②「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村育子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_9421539.jpg







○ vol.3 日常の冒険 

  ー日本の若手作家たちー
 


1786)②「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村育子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_9425795.jpg

 会場:500m美術館
      地下鉄東西線コンコース、
      (「地下鉄バスセンター前駅」から、
       「大通駅」に向かっての約500m。)
     
 会期:2012年5月12日(土)~7月27日(金)  
 休み:無し(年中無休)
 時間:7:00~22:30(照明点灯時間?)



 参加作家:
 今村遼佑(京都府生) 今村育子(札幌市生) 山本聖子(京都府生) 進藤冬華(札幌市) 西田卓司(札幌市) 藤倉翼(北広島市) 田中巧起(栃木県) 石倉美萌菜(札幌市) 狩野哲朗(仙台市) 鈴木悠哉(福島県福島市) 清治拓真(新潟)


ーーーーーーーーーーーーーーーー(5.31)

 11名の作品展。
 1783)①の続き。(以下、敬称は省略させて頂きます。)


1786)②「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村育子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_21341891.jpg
     ↑:  今村育子「窓の外、あるいは中」・2012年 サイズ可変 カーテン ライト 他


1786)②「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村育子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_2139451.jpg



1786)②「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村育子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_21404151.jpg
1786)②「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村育子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_21405344.jpg



 札幌在住?の今村育子。「チラリズムの人・今村育子」と呼んでいる。
 「見せる、見せない、見たい、見たくない」、そんな風に見る人に誘いかける人だ。見る人の心にスイッチを入れたい、それで見る人と空間を共有しながら、何かで結ばれたい。そういうインスタレーションを得意としていた。
 最近は「自分」に拘っている。自分と自分とで会話をしている。遊び心が消えたから、他者へのサービス精神としてのチラリズムも消えた。他人の目が入る隙間がなくなった。

 今作も自己確認のような作品だ。「可愛く灯る今村育子の部屋」として楽しめればいいのだが、そんな感じはしない。ここには十重二十重に防御壁がある。ガラス張りの密閉空間は絶対に他者は入り込めない。チラリズムとは縁切れだ。その中のカーテンは、皮膚のようにして自己と他者を分別している。その向こうに、目に見えない作家の心のドアを感じる。明かりは他者との交流ではないだろう。「私はここにいる。私はここにいる」と言っているのだろう。ナルシズムにも墜ちれない。チラリズムという交流の窓も閉ざす。明かりとしてそこにいる。明かりになりきれる強情さはある。今はそういう時期なのだろう。

 「強情」といえば、昨年の芸森でのグループ展を思い出す。
 暗くて広い空間だった。その中で時計の針のようにして大きな振り子が左右に振れていた。そこは仕切られた空間で、彼女のためだけに与えられた空間だ。そこに振り子があるだけだ。振り子とは言っても電動ということもあり、一定のスピードで左右に振れているだけだ。この「一定のスピード」が恐ろしく僕の記憶に刺さりこんだ。それは振り子という自画像だ。無テンポ、無リズムの機械仕掛けに「強情な今村育子」を見た。「私を見ろ。私はどこにも行かない、逃げたりはしない、私はしっかり脈打っている、生きている。私を見ろ、見て下さい」

 今回は「振り子」ではなく「明かり」だ。自己存在をアピールしている。不安でもあるのか?わからない。自信の反映とも思えないが、地金の強い人なのは間違いない。
 明かりやカーテンの持つやさしさも良い。できれば、かつての遊び心も加わって欲しい。



1786)②「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村育子の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_2221468.jpg


 ③に続く。

by sakaidoori | 2012-06-05 22:33 |  500m美術館
2012年 06月 03日

1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)

1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_9421539.jpg



○ vol.3 日常の冒険 

  ー日本の若手作家たちー
 


 会場:500m美術館
      地下鉄東西線コンコース、
      (「地下鉄バスセンター前駅」から、
       「大通駅」に向かっての約500m。)
     
1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_9425795.jpg

 会期:2012年5月12日(土)~7月27日(金)  
 休み:無し(年中無休)
 時間:7:00~22:30(照明点灯時間?)

 参加作家:
 今村遼佑(京都府生) 今村育子(札幌市生) 山本聖子(京都府生) 進藤冬華(札幌市) 西田卓司(札幌市) 藤倉翼(北広島市)田中巧起(栃木県) 石倉美萌菜(札幌市) 狩野哲朗(仙台市) 鈴木悠哉(福島県福島市) 清治拓真(新潟)
 (追って書きますが。
 とりあえずは、パンフを拡大して確認してください。)


ーーーーーーーーーーーーーーーー(5.31)

 11名の作品展。
 順番に載せていこう。一度に沢山の人を載せないで、ゆっくりと進んでいこう。作品も語るが、できれば作家のことや、美術雑感なども交えながら進もう。

 市民の自由空間だ。好き放題語れれば本望だ。どこまで言葉が出てくるか。批評を語る能力はないが、批判がましい言葉もでてくればと自分に願う。今展に関しては、「個々の作品が好きだから語る」という栄通記基本スタイルからは離れよう。


1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_10461357.jpg


 地下鉄「大通駅」方面から歩く。地下街の街角ムード漂う空間から、地下2階の色気のない場所に行くことになる。そんな場所だから、「美術品」を並べることによって、「市民の憩いの場創造」ということになる。美術に求められることが随分とあるものだ。無い物ねだりのような気もする。お役所仕事で言うところの、「費用対効果」ではどういうことになっているのか。おそらく、本展が取りやめになる時は「役目は終わった。か、効果が見えない」ということになるのだろう。その時こそ関係者の気合いの見せ所だろう。
 個人的には「変な空間、無意味な空間、薄気味悪い空間」が一つ去ったことが寂しい。


1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_10462815.jpg



1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_106048.jpg


 いよいよ始まる。
 僕の通路からは、作品は全て左側にある。
 地下街では、決めたわけではないが、左側通行になってしまう。どうも、それが人の生理のようだ。だから、美術展会場では左回りを前提にしていると聞く。
 作品展として今展を見ようとするならば、大通り方面からの歩行を勧める。もちろん、通りすがりの空間だから、好きに歩くのが一番だ。


1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_10105225.jpg


 今村遼佑、「釘と森」・2012年 釘 壁に水彩
 1982年京都府出身。

 当展の第一号を飾るにふさわしい?作品だ。写真で見える展示スペースに、わずかばかりの釘が刺されてあるだけだ。その釘の影を利用して樹が描かれてある。だから「釘と森」だ。


1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_10243962.jpg
1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_1025344.jpg



 今作に限らず、全作品を通して「白」が基調だ。静かで地味だ、いわゆる「あわいを覗く」だ。
 その中にあって今作は抜群の白さだ。奇抜さが目的ではない。
 作家は語る、「・・・何もない場所にこそ、むしろ満ちているものが気になる・・・」と。そして、注意を促し、流れ去る日常を、少しでも堰きとめたい、と言葉を結んでいる。

 いっそのこと何もなかったならばどうなるのだろう。作品だ、その場合でもタイトルは付けよう、「僕の空間」だ。決して揶揄して言っているのではない。彼は日常性に我慢がならんのだろう。他人と会話していても、その言葉よりも口の動きの美を感じる人だろう。
 だが、その個人的感覚を他者と共有したいと願っている。なぜか?「僕はこんな世界を日常に見ているんだ。何て素晴らしいんだろう。ねー皆な、一緒に見ようよ!僕と同じでなくても構わない、あなたのあらぬ世界も見せてよ」と言いたいのだろうか?

 この行為はつきつめていけば「求めてもかなわない事への祈り」に至るだろう。どこまで作家は「祈り」という厳しい個的世界に耐えれるのか?美術行為は確かに孤独な個的世界だ。が、その行為の結果を「作品」として待ち望む人も想定できるだ。目には見えないが、彼らの支援が後押しをしてくれるかもしれない。
 だが、「祈り」には絶対の断絶があるのでは。

 今作には、そういう生真面目さと同時に、軽い「遊び」を感じる。おそらく、この遊び精神がある間は、健全な精神でいることができそうだ。「日常」と「非日常」が区別可能の間は健全で、こちらも安心して見れる。


1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_10571796.jpg
1783)①「日常の冒険 -日本の若手作家たち-(今村遼佑の場合) vol.3」 500m美術館 5月12日(土)~7月27日(金)_f0126829_10573291.jpg


by sakaidoori | 2012-06-03 11:03 |  500m美術館