栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:旅 ( 1 ) タグの人気記事


2012年 11月 12日

1867)「前田育子 黒陶展」 茶廊法邑 11月7日(水)~11月15日(木)

  

前田育子 黒陶展     

        
 ・会場:茶廊法邑
      東区本町1条1丁目8-27
      電話(011)785-3607

 期間:2012年11月7日(水)~11月15日(木)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで)
     
 企画:当館

ーーーーーーーーーーーーーーーー(11.1)

f0126829_2053589.jpg



 (会場の全体風景ですが、ピンボケです。すいませんでした。) 

 作品は、黒い焼き物が会場を一周する形で展示されています。タイトルの流れから察するに、「旅」がテーマでしょう。テーマを大事にする前田育子さんです。当然、その「旅」の流れで語るべきなのでしょうが、個別個別の作品ばかりに気を取られて、テーマまでは接近できませんでした。ですから、以下の写真も個別作品の鑑賞という視点でしか掲載できませんでした。

 とにかく今回は黒です。柔らかい丸みです。フワフワした存在感です。いつもの前田育子的力強さは「黒」という色に凝縮しているのかもしれません。それも色としては優しい。優しくたたずむ存在感が前田育子的強さなのかもしれません。

 一つ一つの作品がフワフワしています。そういう作品達を、「ころころ」というネーミングで軽く旅立たせていました。フワフワ気分で黒を友達にして旅立つことにしましょう。

 

 以下、個別作品を入り口から左回りで掲載します。


f0126829_2142076.jpg
f0126829_2143089.jpg
     ↑:「旅へ出るなら夜の小舟」。


f0126829_2131525.jpg
f0126829_213207.jpg
     ↑:左側、「旅へ出るなら夜の小舟」。右側、「旅立つ」。


f0126829_21342220.jpg
f0126829_21343744.jpg
     ↑:ともに「旅立つ」。


f0126829_21371931.jpg
     ↑:「ころころ ころころ」。


 土台の焼き物の上に、薄く波打つ板状の焼き物を置いてあるだけです。土台と薄板の隙間がビシッと揃ってもなく、そこにたゆたゆうしいすきま風も通りそうで、前田育子さんらしからぬ空虚感があります。黒という強さに反比例した板の薄さとうねり、隙間の風通しの良さ、アンバランスさが微妙な感覚を保っているようにみえてお気に入りです。


f0126829_21433715.jpg
f0126829_21434897.jpg
     ↑:「旅へ出るなら夜の小舟」。


 きっとこの作品は作家の自信作かもしれない。先ほどの作品と違って、重量感がある、安定感がある。これが作家の本来の強さでしょう。明快な主張と意気込みを感じる。


f0126829_21482766.jpg



 ここから本格的な「ころころ ころころ」です。さて、何が「ころころ」なのでしょう?
 


f0126829_21534843.jpg



f0126829_21542061.jpg



f0126829_2244854.jpg

f0126829_225375.jpg




f0126829_2273728.jpg



f0126829_22818.jpg


 受付にある小さな小さな作品。



f0126829_229151.jpg


by sakaidoori | 2012-11-12 22:29 | (くらふと)品品法邑 | Trackback | Comments(4)