栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:我が家 ( 3 ) タグの人気記事


2018年 09月 27日

挨拶

f0126829_10543900.jpg


(   ↑:我が家。)


ブログを毎日更新するのって、思いのほか大変です。今回はログインできなくなったことがきっかけで、さぼってしまいました。でも、いろいろあるのよ・・・。僕は無職だから気が楽ですが、働きながら制作するってのは大変です。そこは生き様と思って頑張って下さい。

最近はどうにか街中のギャラリー巡りはしています。ですが、ちょっと離れた場所にはなかなか行けなくて、結果的には熱心な美術愛好家ではなくなったみたい。
展覧会に行かないから、ずいぶんとDM案内が来なくなりました。引っ越しをしたので下記まで連絡下さい。よろしかった以下の住所にフライヤーなどを送って下さい。

〒002ー0358 札幌市北区屯田3条2丁目2ー33 丸島 均

開催数日前のメールでも構いません。この方が忘れないかもしれません。

携帯⇒ marushima.h@softbank.ne.jp 090―2873―2250


以下、丸島が関わるイベントです。

丸島均企画・3ヶ所の巡回展「それぞれの海、旅する海〜写真展?」
【札幌展】ギャラリー大洋札幌市中央区南3条西8丁目7大洋ビル地下1階・廊下2018年9月29日(土)〜10月28日(日)10:.00〜22:00


f0126829_11485745.jpg

   ↑:この狸小路7丁目の下から左前方を見ると大洋ビルがあります。



f0126829_11501982.jpg

   ↑:ラーメン屋隣の高層ビル。


f0126829_11512810.jpg

   ↑:入口です。大洋ビルの出入り口は2ヶ所あります。この写真の出入り口は東向き。南向きの出入り口もあります。



f0126829_11533361.jpg

   ↑:地下の通路。この通路の左壁に展示します。通路の幅は約1.5m。狭いです。それを承知での展覧会です。こんな場所での展覧会か~、そう思われるのも仕方がないかも・・・でも無料で一ヶ月間の展示です。
照明は大丈夫です。ばっちり電気代だけは負担して明るく見せることにしました!




・この展覧会に関するツイッターをしています。「それぞれの海、旅する海〜写真展?」で検索して下さい。
・ツイッターといえば「丸島均」といのもあります。これは群青のメンバーが管理人です。ありがたいことです。
・更に、術展 群青-gunsei-」。こちらは今年の群青展参加者紹介をしています。

②「林教司を偲ぶ会(仮称)」田中季里主宰(丸島均協力)
ギャラリー粋ふよう
11月4日(月)~11月9日(土)
10:30~17:00

出品予定者は「林教司を偲びながら田中季里を励ます飲み会」などの参加者に呼びかけます。
旧タピオ時代のような、「とにかくみんながお持ちより」みたいな展覧会ではありません。
※「ギャラリー粋ふよう」さんの全面ご協力での展覧会です。感謝。

③「カデル2・7 の8階会議室での (アングラ的な)一日だけのミニ個展 ~写真学習会」
今年もします。日程は11月下旬から12月。参加者は以下の3名。
櫻井麻奈(藤女子大学写真部3年)
東優太郎(北海道大学写真部4年)
米林和輝(札幌国際大学写真部3年)

④「野呂田晋の100枚のスナップを見る会」
10月10日午後6時~
いつものチカホ(札幌駅近くの銀だことかモスバーバー近辺の白い円テーブル)

⑤当然、展覧会「第6回 群青」もあります。
ただし、当展代表は「阿部雄」です。美術の「元気展」は丸島が担当。群青自体は強力な協力者です。実質は「阿部雄+丸島均」の共同運営です。

2019年1月31日(木)~2月5日(火)
場所もアートスペース201で今冬と同じです。


コメントなど待ってます!

f0126829_16474389.jpg

   ↑:コスモスにアブが止まっている。





f0126829_16485096.jpg


   ↑:ヒマワリ。今年、我が家のヒマワリは本当は大成功だった。台風で咲季の良いのが倒れて折れて残念なことをしました。写真のヒマワリも完全に倒れた!ヒマワリは強いから倒れて直ぐに起き上がらすと、かなり回復する。このヒマワリ、回復したのは良いが、グイグイ背が伸びてしまった。


f0126829_16531134.jpg


   ↑:朝顔。我が家はアサガオだらけです。全く種を植えなかった。去年の種が自然にはえて適当にアッチコッチに移植した。8月になってからも、暑さがすきなのかあちらこちらから咲きまくっている。
ピンクのイヌサフラン、立派に咲いている。が、アサガオに生活圏を占領されている。






f0126829_16584442.jpg








f0126829_16563745.jpg





f0126829_16591348.jpg

   ↑:白壁のあたりには切り株が2個あった。なんだかんだと一月近くかけて畑にした。
切り株も大変だったが、家を造成するのに玉石の入った土を50㎝くらい敷き詰めていた。その下は粘土地。おそらく、田畑の土地は家を建てるには不向きなので、粘土地盤まで掘り起こして、かわりに玉石まじりの土を埋め立てたのだろう。




by sakaidoori | 2018-09-27 17:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 08日

2475) 2016年 賀春

f0126829_1236348.jpg



 新年、明けましておめでとうございます。

 正月三が日も終わりました。
 くり返す新たな新年、くり返す日々の生活、くり返す春夏秋冬。
 新たに思いを巡らし、新たに思いを決め、そしてくり返す。

 何が変わるというのか、本当はいろいろ変わっているのだが、過ぎ去ったことをいちいち顧みるのは止める。
日本の四季、豊かでそして小さな変化がいつしか人をどこかに連れていく。安心という世界に。草花の芽吹きに自分を重ねてしまう。力が湧き出ているのだろうか?それも一時、平静という浪に落ち着いてしまう。

 四季の移ろいに「老」、「衰」を見るか、「新生」、「若さ」を見るか?自然を離れて徹底的に自分を見つめるか・・・、表現すると言うことは他者との対話だ。他者、それは「自分」であったり、「自然」であったり、「他人」であったり、「異人」であったり。「愛」、「憎しみ」、「喜び」、「哀しみ」、やはり「女を思い、男を思い」、いやいや「家族」「親友」「仲間」のことを気遣いもする。人は考え感じることを止めない。が、歳をとると全てはおぼろげに思う。落ち着きとも言えるし、無力さを実感する。

 このブログをご覧になっているみなさん。ありがとうございます。
 文章を書くという作業、ましてや他人のことを記すという作業は力を必要とする。長く休めばなかなか一歩を踏み出せない。ましてや体力、精神力の衰えたるや無残なものです。

 この一年、何が起こるか分かりません。何も起こらないかもしれません。また来年会えるのを楽しみにしましょう。良き一年をお過ごし下さい。




f0126829_13453755.jpg
   ↑:元旦、午前7時頃。


 屯田運動公園の四阿。何とも言えない檻模様だ。

  


 以下、江南神社(屯田神社)。1月2日。



f0126829_14243220.jpg






f0126829_1356058.jpg







f0126829_13572290.jpg







f0126829_13575928.jpg


by sakaidoori | 2016-01-08 14:25 | ★ 挨拶・リンク | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 20日

1835) 2012年10月20日(土)の朝陽

f0126829_6373266.jpg
     ↑:2012/10/20 6:21


f0126829_71517.jpg





 夕べ娘が来た。野球を見ながら9時過ぎに寝てしまった。呑んでははいない。わずかな寝不足なのだが、いたって健全なものだ。
 茶の間で4時過ぎに起き、朝風呂を浴び、朝陽に気づく。2階に上がれば既に日は昇っていた。




f0126829_639558.jpg


f0126829_640690.jpg




f0126829_6402253.jpg


by sakaidoori | 2012-10-20 06:45 |  ・我が家 | Trackback | Comments(0)