栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:常設展 ( 4 ) タグの人気記事


2011年 04月 21日

1505) 「常設展 『記憶と現在ーそのⅢ』展」・テンポラリー 4月12日(火)~5月1日(日)

 
 
○ 常設展 記憶と現在ーそのⅢ」展   


 会場:テンポラリー・スペース
     北区北16条西5丁目1-8
     (北大斜め通りの東側。
      隣はテーラー岩澤。)
     電話(011)737-5503

 会期:2011年4月12日(火)~5月1日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00

 【展示作家】
 多数。

ーーーーーーーーーーーーーー(4.20)

 当館に足繁く通われている人にとっては見慣れた作品が多いかもしれない。初物を見る新鮮さは無いかもしれない。確かにそうだろう。だが、知った作品を幾度も見る喜びもある。
 ついでに立ち寄るには当館は不便かもしれない。確かにそういう場所ではない。
 何より、個性的なキャラクターの当館オーナー・中森氏でもある。氏を避けて足が遠のいている方も居られるだろう。それはそれで仕方がない。が、当館ならではの美術表現や、空間を見の逃したのは間違いない。
 
 常設展ではあるが思うところが多々あった。会場風景を中心にして記しておきます。


 1階の風景から。


f0126829_1052523.jpg

f0126829_10521951.jpg

f0126829_10523285.jpg



 目を2階にに転じて


f0126829_1173475.jpg



f0126829_1115480.jpg

f0126829_1115404.jpg

f0126829_11163474.jpg



 名の知れた著名な作家を含め、それなりの多数の作家が見れる。オーナーが懇切に解説してくれます。
 以下、栄通風に記していきます。

 テーマは二つ。
 今時の大震災に絡んで、作品や作家を見直すこと。出身地、川、海、核エネルギー、運輸、瓦礫などなど。例えば村上善夫氏は岩手県出身、鯉江氏の広島の土による焼き物だ。
 物故者を含めた旧テンポラリー・スペース時代という過去、新テンポラリーの新たな作品という今、その関わりを見つめること。

 川や核などのテーマ性と、新旧という時の流れ、そこには時代や「今」に対する当館固有の文明批判が通奏低音のようにして流れている。「今」と言っても作品は常にワンテンポ後れて人の目に触れる訳だから、常に過去性を背負っている。そういう意味で美術(視覚)作品は過去の集積であり、時間の蓄積という篩(ふるい)にかけられる。後々まで残った物が「良き作品」という社会的価値を得るのだが、しかし、社会的価値が価値尺度の全てではないであろう。色々な人が色々な試みをして、多くが残骸のようにして忘れ去られてしまう(津波の後の瓦礫・残骸の姿、事実の赤裸々さは美術行為を越えている)。「忘れ去られる」、そういうものだと思う。ところが、時折「思い出」のようにして人の記憶の川から立ち現れる時がある。そして芽が出て花が咲く時がある。もちろんその花はいつか枯れる。

 今展はテンポラリー・スペースという蓄積の場でもある。
 「美術作品」には何らかの秩序がある。その秩序はその時々の反映であろう。その価値観がどれだけの重みと軽みを持っていたか?今となっては瓦礫の山かもしれない。文明とは秩序にしがみつくことかもしれない。その「秩序」が壊れる時がある。「ベルリンの壁」という秩序、「夫婦、人と人の関係」という秩序、それが壊れる。恐ろしい事だ。有形無形の財産の崩壊と喪失、存在の否定にも繋がりかねない。そんなことは考えたくない。津波の後はそれを目の当たりにさせた。原子力事件は解決不能の自体を赤裸々にさせた。解決不能なるが故に、いつまで問題としてそこにあるのだろう?「忘却」という人の生きる知恵が間違いなく働くだろう。・・・。
 当館に刺激を受けて、当展から離れた言葉を書き進めてしまった。きりがない。

 遅まきながら、個別作品を何点か載せます。


f0126829_1273133.jpg


f0126829_1275460.jpg
     ↑:一原有徳。

 会場正面の鏡面作品。
 一原風にステンレスの表面に版画作品が転写されている、直接に表面を火で傷めた痕跡が残っている。だが、それらは歪められた表面の飾りでしかない。道路を走る車が写される。デカ顔になって瞬時に消えていく。万華鏡のようにして風景を「虚」にする。そこに時折激しい光りが当たる。光背と言うべきか、破壊の瞬間と言うべきか、その鏡面の世界に頭が揺れる。そこは間違いなく嘘の世界だ。何が何だか分からない嘘の世界、思わず笑ってしまう。これだけを見る為に当館に行ってもいい。



 
f0126829_12191651.jpg
          ↑:某撮影者の写真作品。被写体は手に乗るジャコメッティー作品。

 手の上、何という存在の軽さ。何というジャコメッティーの重さ。
 手の上の人、それは仏教の世界であろう。全ては仏の手のひらの上。仏様は全てをお見通しという訳だ。だから、人は何でもして良いとも言える。だから何なのよ、と無視することもできる。


f0126829_12294293.jpg
          ↑:野上裕之。

 「自我の人・野上裕之」の飛ぶ皮手だ。火で焦げている。きっ野上青年はジャコメッテイィーが好きだろう。彼を越えたいと思っているだろう。だから空を飛ぶのだ。でも彼は降りるだろう。優しいから。


f0126829_12421792.jpg ←:上野ノリオの図録。

 絵画作品の撮影に失敗。線と青が印象的、何より画面を覆う緊張感や空気感だ。








f0126829_12483210.jpg


f0126829_12491864.jpg
     ↑:西雅秋。



f0126829_1251685.jpg
          ↑:上が佐々木トオル、下が鯉江良二。



f0126829_12525623.jpg
          ↑:アキタヒデキ。

 石狩に座礁したベトナムの輸送船。綺麗な青だ。存在をビシッと見つめている。


f0126829_12553088.jpg

 結ばれ。


f0126829_12562482.jpg


                       仲良きサルだ。


 当館は「川」を大きな精神的支柱にしている。
 境界、深淵、流れという具体的形を愛し、文学的比喩暗喩としても振る舞っている。思想優位の男性的川だ。
 悠久の流れ、激しき今だけの流れ、そういうロマンティシズムとしてもある。肉感的な女性的川だ。
 男女織りなす川を当館で楽しんで下さい。



 

by sakaidoori | 2011-04-21 13:04 | テンポラリー | Trackback | Comments(2)
2008年 11月 12日

802) 道立帯広美術館 「ミステリアス・ゾーンへの招待」 9月12日(金)~11月12日(水)

○ コレクション・ギャラリー
   ミステリアス・ゾーンへの招待
 
 会場:北海道立帯広美術館
    帯広市緑ヶ丘2番地緑ヶ丘公園  
    電話(0155)22-6963
 会期:2008年9月12日(金)~11月12日(水)
 時間:9:30~17:00
    (入館は16:30まで)
 休み:基本的に月曜日
 料金:一般・170円 高大生・100円 小中生・無料

 主催:当館
ーーーーーーーーーーーーーーーー(11・1)

 先日、帯広にチョッと滞在。主な目的は当美術館の「モジもじ文字展」です。個人的には記録として書き置きたいのですが写真掲載はダメなので省略します。

 常設展示場は適当に撮影・ブログ掲載可能なので紹介します。ピンポイント撮影は不可です。

f0126829_20272727.jpg


 縦長のワン・ルームの部屋を3層に区切っての展示。
 総合タイトルは「ミステリアス」。作家の大仰で不思議な風景世界、異次元の空間を垣間見ようというものです。
 上の写真の手前の両脇にある明るい作品がローゼン・クンスト・「水の惑星にようこそ」。そして子の部屋のサブタイトルは≪宇宙のかなた≫。他に森健二、渋谷英一作品。

f0126829_20352819.jpg

f0126829_20342327.jpg

f0126829_20364784.jpg


 次は≪大地のふち≫。一原有徳、寺島春雄、池田良二。
 非常にきつい作品群。力強い、男の観念の産物。当然、僕は好きだ。

f0126829_2043770.jpg

f0126829_2044494.jpg


 次は、≪異界の扉≫。多賀新、出店久夫、佐藤克教。
 異形ではあるが、サイケデリックで装飾性華美な多賀のエッチング。異形を突き進むこと無く他界した佐藤克教の木版画。


 会場には中学生が美術教育の一環として鑑賞していた。それらの作品はアニメにも通じる。彼らに普通以上の驚きを与えることが出来ただろうか?今展は非常に演劇的激情の世界だ。誰かが作家と同レベルになって、悶える情念を語れば良いのに。単なる鑑賞ではもったいない展示だ。作品の魅力を熱く冷たく語り、彼等の仲間同士の会話に少しでも絵が参入できたら良いのだが・・・。

by sakaidoori | 2008-11-12 21:02 | ☆帯広美術館 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 29日

767) 昭和ビル CAI02 「常設展 黒田晃弘・作品」 ~2008年10月?日(初旬)

⇒常設展) CAI02 「常設展 黒田晃弘・作品」 ~2008年10月?日(初旬)

○ 常設展 (黒田晃弘を中心に紹介)
     
 会場:CAI02・raum2&3
    中央区大通西5丁目 昭和ビル・B2 
    (地下鉄大通駅1番出口。注意⇒駅の階段を下りてはいけません。昭和ビルの地下2階です。)
    電話(011)802-6438
 会期:~2008年10月?日(初旬)
 休み:定休日は日曜日・祝日
 時間:13:00~23:00 

 主宰:CAI現代研究所
ーーーーーーーーーーーーーーーー(9・)

 地下ギャラリーの大通・CAI02では企画展として「山口賢一・展」が開かれていました。(27日で終了。)こちらは写真撮影厳禁なので紹介は省略します。

 隣のスペースは取り立てて企画や利用者が居ない場合は常設展とのことで、そちらを簡単に写真で紹介します。今回は奥の方に展示されていた黒田晃弘・作を中心にします。ドローイングのコピー作品なのですが、非常に廉価での販売です。次回の岡部昌生展(10・4~11・1)までの展示です。チョッと立ち寄って、ご覧になっては。僕は2点買いました。1点、1,250円です。

f0126829_11124927.jpg

f0126829_11144346.jpg

 ↑:手前の部屋を上の写真は入り口から、下の写真は裏側から撮影。
 真ん中の装置のような作品は端聡・作、「水は常に流れたがっている」。

f0126829_11202535.jpg
f0126829_11213744.jpg













 ↑:端聡、「水は常に流れたがっている」。
 牛乳をスクリーンにして映像が流れています。その牛乳はパイプを使って常に循環するシステムになっています。端さんのテーマの一つに、「水は記憶する」ということがあります。それに彼は人の顔が好きです。確かに「記憶」すると思いますが、「同じ川には二度入ることは出来ない」という諺もあります。その記憶は何時開かれるのでしょう?

 どこか苦しそうな顔、「水への顔の記憶」は「水死」をイメージしてしまいます。何かを語ろうとしているその顔が、白い波間の中に消えていく。この装置は循環としての永劫回帰です。その循環時間はわずかの間でしょう。それは美術作品の象徴的な表現だから仕方がない。
 果たして記憶された水は何時再び顔を出すのでしょう?記憶への思考は哲学を生むかもしれない、その視覚化は美術を生むかもしれない、この顔に愛情が育てば倫理が生まれるかもしれない・・・都会的で知的な作品、どこか沈鬱で出口を求めたくもなる。


f0126829_1138183.jpg
 ↑:今村育子、「わたしのおうち」。
 壁紙をくり抜いて支持体に貼り付けた作品。どうと云うことは無いのですが、気になる小品。


f0126829_11421350.jpgf0126829_11433497.jpg










 ↑:奥まった部屋。飲食ルームに見える作品は岡部昌生氏の御馴染みのフロッタージュ。モノトーンの鋭さがいつも印象的です。同室には菊池又男・作が2点あります。見ごたえ充分ですが今回は省略。
 以下、黒田晃弘・作を載せます。

f0126829_11583774.jpg
 ↑:「JAZZ 3」。

f0126829_1205938.jpgf0126829_121599.jpg













 ↑:左から、「JAZZ 2」。「JAZZ 1」。

f0126829_1242576.jpgf0126829_1251755.jpg













 ↑:左から、「HOKUDAI」。「日本橋」。

 支持体はセピア色で和紙?だったと思います。なかなか凝っています。音楽と風景という組み合わせです。セピアに黒いドローイングと絵が重なっていて、どこか物憂げで懐かしい感じです。
 黒田さんといえばモデルとの対面での似顔絵が有名です。そういう緊張した時間とは違って、作家の気楽な気分と遊び心が暗い会場と重なって独特なムードになっています。栄通ご推奨の隠れ家のような部屋、そこでの心和み染み入る一時でした。

by sakaidoori | 2008-09-29 11:47 | CAI(円山) | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 13日

655) 芸森 ②「ホールの富原加奈子・作品」

 会場:札幌芸術の森美術館
    札幌市南区芸術の森2丁目75番地
    電話(011)591-0090
 会期:2008年6月1日(日)~7月2日(水)
 休み:基本的に定休日は月曜日 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(6・12)

 いつになく美術館入り口で、藤沢・レオ作品という楽しい道草をしてしまいました。今回も「サッポロ・イズ・ホワイト」のことは省略して、受付ホールの作品紹介をします。


f0126829_9443145.jpg
 ↑:富原加奈子、「風の中にぬくもりを」・2007年 ミクストメディア。

 受付右側、コレクション展示室入り口近くの作品。すてきなタイトルを無視すれば、「人面羊」ですね。全体のボリューム感、質感、古拙で今風の色合い、愛すべき作品です。優しくならば、お触りは構わないとのこと。当然、触ってきました。触るというよりも、「オッス、人面ヒツジ君」と、ポンと背を叩きたくなります。本会場の一室を占領した彼女の作品群も見てあげてください。この作品、次は近美に住まわせたくなります。

f0126829_9545519.jpg
f0126829_957717.jpg













f0126829_9581561.jpg
 ↑:その姿は後ろから見なければ語りつくせません。見事なヒップ・ラインです。


 (常設展の作品紹介はで)
 

by sakaidoori | 2008-06-13 10:02 | ☆芸術の森美術館 | Trackback | Comments(0)