栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:岩佐俊宏 ( 2 ) タグの人気記事


2017年 08月 17日

2571) 「岩佐俊宏 ~チカホで、100枚のスナップ写真を見る会 」チカホ 終了/8月14日(月)  18:00~




◎「
チカホで、丸島均と100枚のスナップ写真を見る会


2017年期 第5回
岩佐俊宏 (北海道大学写真部OB)の場合


場所:札幌市チカホ①②番出入り口付近の白くて丸いテーブル
   (銀だこやモスバーガーの前!)
日時:2017年8月14日(月) 18:00~23:00
-----------(8.14

f0126829_11593927.jpg


f0126829_11591117.jpg



チカホのタコ焼き屋の前で、「100枚のスナップを見る会」を不定期的に開いている。
「会」とは言っても、「丸島がその人のスナップを見る」というものだ。何人か集まらないといけない、ではいつまでたっても始まらない。人が来ても来なくても「丸島が見る」でやっている。
とは言っても、お客さんは多い方が良い。常連的メンバーもいるにはいるが、この日は常連無しの4人の「見る会」、しかも、なんとなんと11時まで!食わず呑まずで長々とお喋りをしてしまった。集まった皆さん、ありがとうございました。

この日は東京在住の岩佐俊宏君(以下、敬称は省略させていただきます)。

190枚のスナップ、一目で「黒い!」っと叫んでしまった。昨年もこの時期に彼のスナップを見た。今回と似た感じだったが、「暗い」と記憶している。「黒い」も「暗い」も同じでは?と言われればそれまでだが、ただただ「黒い」スナップと向き合うことになった。
どんな「黒さ」かというと、ビシッとしている。企業戦士のように勝ち負けがはっきりしていて、曖昧さを許容しない。被写体をしっかり見つめて切り取って、「黒い」世界に放り込む。面白味には欠けるが、これだけ徹底していると清々しい。「黒い」というイメージには、どこか鬱積した人格的マイナスが付きものだ。嘔吐する、明日なき闇夜、光も出口もない部屋・・・だが岩佐・黒は若々しい。

集まった人に、自分好みを選んでもらった。いつもは4枚以下の選択だ。だが、「選ぶ」とい世界ではない。一塊でイメージを演出してもらった。


f0126829_13303850.jpg

「直線と色味」を強調した選択だ。
選んだ人が、「岩佐さん、黄色が好きなんですね」。
岩佐君、黄色好みを指摘されてちょっと困惑気味。「ほんとうだ。確かに黄色が多い・・・・・」。


f0126829_13510074.jpg

これは丸島がえらんだもの。「黒」を強調して、おしゃれに「女性」を配してみた。
無効の世界、それは幻想、妄想、落ち着き・・・そこからこちらの世界に行こうかな・・・行くまいかな・・・行っちゃおうかな・・・行くのを止めようかな・・・と、楽しく悩んでいる岩佐俊宏くんでした。




f0126829_13322133.jpg

これは、「思想表現」というよりも「遊び心」ですね。「光と影」を楽しみ、被写体に微笑み、線のリズムで皆さんに「こんにちは!」と挨拶しているみたい。


f0126829_14020933.jpg

こういうのも選んでみました。皆さんはどんなイメージですか?


f0126829_14004372.jpg
岩佐俊宏君です。



f0126829_14012968.jpg

帰宅は12時頃。
この日は妻が不在。というわけで、残り物で5色ご飯を作りました。
青年達との愛すべき時間をふりかえり・・・お腹にしみ入る夕ご飯でした。





by sakaidoori | 2017-08-17 14:29 | 100枚のスナップ
2017年 01月 23日

2557)「岩佐俊宏 ~チカホで、100枚のスナップ写真を見る会 」チカホ 終了/8月17日(水)  18:30~





◎「チカホで、丸島均と100枚のスナップ写真を見る会

2016年期 第8回
岩佐俊宏 の場合


場所:札幌市チカホ①②番出入り口付近の白くて丸いテーブル
   (銀だこやモスバーガーの前!)
日時:2016年8月17日(水)
   18:30~

ーーーーーーーーーーーーー(8.17)
f0126829_19241774.jpg
f0126829_19243803.jpg
 岩佐俊宏君は群青展・前期「対展」に参加します。よろしくお願いします。 
 ※群青展 前期⇒1月26日(木)〜1月31日(火) 10:00〜19:00                    後期⇒2月2日(木)〜2月7日(火) 10:00〜19:00                          (各会期最終日は、〜18:00まで)             
      会場⇒アートスペース201(市内南2条西1丁目 山口ビル5階・6階)
~~~~~~~~~~~~~~~~

 岩佐俊宏君は東京在住。お盆の帰省、良い機会だからスナップを見る会の開催だ。

f0126829_17334672.jpg


f0126829_17341214.jpg


 写真には5人が写っている。確かこの日は、岩佐君の後輩も来たから、7名の参加だ。常連3名は不在で7名とは!しかもお盆の平日、なかなか良い溜まり場になったものだ。



f0126829_17462710.jpg

 誰がえらんだのだろう?

 それはともかくとして、彼の作品は平均暗い!青暗い!本人は剽軽な表情で、フットワークの良い人、反応の良い人、そんなイメージなのだが、この暗さは何だろう?ダークマターを追求しているみたい。身の回りには、目には見えず、触ることもできず、重さもないようでいて、それでいて間違いなく私たちに寄り添っている物体、何物かがびっしり詰まっている空間・・・そんな都会の中のボコンとした塊を追求しているみたい。

 スナップなのに岩佐・作品論から始まってしまった。彼の場合、スナップも作品も同列のようだ。だから作品論も成り立つのだろう。いつも真剣白羽で「身の回り」を見つめているのかもしれない。「いつも真剣白刃」といったが、それは誉め過ぎか。そんなに人は緊張しては生きてはいない。こういう風にしか見えない、撮れない、哀しい岩佐俊宏、といった方が良いかもしれない。「世間はこんなに明るいのに、どうして僕は暗くしか見えないのだろう」と、呟いている青年かもしれない。

 余談が長すぎました。そのくらい世界をどうぞ~。





f0126829_17595802.jpg




f0126829_18003329.jpg



f0126829_18015853.jpg




f0126829_18022477.jpg





f0126829_18033428.jpg
f0126829_18055750.jpg
 ようやく遊び心と呼べるスナップの登場だ。しかし、誰も組み合わせとしては選ばなかった。 「これ、面白いねっ・・・これとこれを組み合わせるともっと楽しいわ!!ふふふ・・」という会話をこばむスナップ群!最後は暗さの極めつきを誰かが選んでくれた。
f0126829_18085929.jpg
 この暗さ!最高!


by sakaidoori | 2017-01-23 19:37 | 100枚のスナップ