栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:小林孝人 ( 3 ) タグの人気記事


2012年 06月 21日

1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)

写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 

    (QUATRE SAISONS)
          
    


 会場:ギャラリーたぴお
      中央区北2条西2丁目・道特会館1F
      (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
      電話・林(090)7050-3753

 会期:2012年6月18日(日)~6月30日(土)
 休み:日曜日(定休日)?
 時間:11:00~19:00 

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 18:00~

 【参加作家】
 小林孝人 平雅人 田中季里 藤川弘毅 山下敦子 
   
ーーーーーーーーーーーー(6.15)


1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_8334598.jpg



1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_834229.jpg



 久しぶりにオープニング・パーティーに参加した。参加者のお顔もしっかり見えて。見えて申しわけありません。仕方がありません。作品同様に楽しんで下さい。


 さて、実に小難しいタイトルの写真展です。「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢」、心理学用語に文学的言辞を重ねて、要するにどういう意味かは・・・、適当に解釈するしかないでしょう。それに、参加作家がどこまでタイトルに拘ったかも不得要領です。それぞれが好き勝手にあっちこっちを向いて、それでも何となく面白い、そんな写真展です。何となく、「じめじめした写心で行こう」、だから、「まとまらずに勝手に見ていこう」という気分です。

 今回は言葉少なく個別作家を載せていきます。入り口から右回りです。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)



1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_853057.jpg
     ↑:平雅彦


1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_931035.jpg
          ↑:「ヒメギクチョウ」。


 花と蝶です。男と女の夢物語として見ましょう。
 普通の「花と自然の写真展」にあってもおかしくありません。そういう意味では普通です。唯一の違いは、仕上がりがかなり暗いことです。たまたまなのか意図的なのか?クリアーな普通の花の写真が、ただ暗めに仕上げただけで映える、そんな写真群です。




1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_9101571.jpg
     ↑:藤川弘毅


1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_9335054.jpg


 最近はもっぱら立体造形作家として売り出し中の藤川弘毅、「ちょっと待ったッ!オレは写真家だぞ」とまくしたてての登場だ。久しぶりの写真だけに、確かに迫力充分だ。実物の人形以上に、実物の女以上に覇気、妖気が漂っている。それにしても、この写真家にこの暗いムードはピッタリだ。




1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_917623.jpg
     ↑:山下敦子。左から 「?」、「初夏」、「小宇宙」。

1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_9205654.jpg
          ↑:「小宇宙」。


 ビッシと被写体を見つめる眼差しが良い。何も見ない、ただこのシーンだけを強く見る、そういう直向きさが良い。小さな宝物のような写真群だ。



1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_9251129.jpg
     ↑:小林孝人


1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_941119.jpg
     ↑:左から 「?」、「砂岸」。


 キノコを愛する小林孝人だ。作品が暗い、くらい、クライ!今回、恐ろしく暗い仕上がりだ。僕はそれなりに彼の作品を見続けているが、この暗めの表現は意図的ではないと思う。恐らく現像ミスというか、手違いだろう。作家が何と言おうと、そう言いきる自信がある。
 
 しかしこの暗さ、何とも渋い味わいでググッと迫る。特に「砂岸」などは、面白い。クリアーで暗い。まさに「えぞ梅雨の夢」だ。偶然のなせる不思議さで、作家の意図と作品の効果が分離していて、これも現代美術的で面白い。
 しかし、今作の効果を作家はどう解釈しているのだろう?

 ちなみに、被写体の現場は中国です。だから副題として、「エゾのきのこ人、中国をさ迷う」がピッタリだ。
 彼の地にはタラコのようなきのこもあるんだ。




1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_9462647.jpg
     ↑:田中季里、「森へ」


1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_9483613.jpg
1797)「写真展|集合的無意識 えぞ梅雨の夢 (QUATRE SAISONS)」 たぴお 6月18日(日)~6月30日(土)  _f0126829_9485130.jpg



 う~ん、小さい。語るには余りに小さくてどうしようもない。
 イスを森の中に置いて物語を展開している。イスを田中季里として見たらわかりやすい。小さくて座らないイスだが、暗い物語ではない。森の中をいろんな気分で楽しんでいる。かくれんぼしたり、いたずら気分になったり、チョッピリ恋心を持ったり、センチになったりと田中季里のロマンテックな夢物語だ。

 が、あまりに作品が小さすぎる。もともと小さい世界で完結的な物語を得意とする学生だった。最近はここでの発表経験が生きて、大きく見せている。今回、写真のみの発表ということで、地金と遠慮がストレートに出てしまった。
 

by sakaidoori | 2012-06-21 10:12 |    (たぴお)
2011年 04月 13日

1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)

 ○ 写真展フォトプリゾン 

    PHOTO PRISON・3B+2O
     

   
 会場:ギャラリーたぴお
      中央区北2条西2丁目・道特会館1F
      (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
     電話・林(090)7050-3753

 会期:2011年4月11日(月)~4月23日(土)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 18:00~

 【参加作家】
 鈴木睦子 山下敦子 平雅彦 小林孝人 藤川弘毅  

ーーーーーーーーーーーー(4.11)

1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_19492642.jpg


1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_19524278.jpg


1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_19531815.jpg



 久しぶりのオープニング・パーティー参加であった。人の多さにビックリしながら、最後まで居残ってしまった。見ず知らずの人に囲まれ、芸や美や知の話はどこへやら、他愛のない話題が次から次に、アッという間に10時のお開きになった。それなりに楽しい時間であった。

 人の多さとその熱気であまりゆっくりとは作品を見れなかった。いつにも増して、ささやかな印象を各作家毎に記しておきます。
 以下、会場を時計の逆回りで進みましょう。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_1135317.jpg
     ↑:平 雅彦

1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_11351657.jpg



 こういう作品群は一枚一枚が大きい方が迫力がある。それを承知で、敢えて小振りで勝負、「こんな見せ方はどうだ」、そんな雰囲気の展示だ。
 だが、やっぱり普通に大きい方が良い感じだ。


1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_1144676.jpg
          ↑:藤川弘毅

 「大きいことは良いことだ!」という栄通好みを知ってか知らずか、壊れたパレットと写真をドーーンと巧に見せている。
 女性ポートレートを得意とする藤川弘毅だが、ビシッと壊れた風景を、その表層を提示した。壊れた廃棄物(パレット)、ロクロ、水、それらは今時の大震災にインスピレーション得たものかもしれない。そうかもしれないが、そうでなくても、力強くストレートな表現だ。
 藤川弘毅、たぴおが育てたインスタレーション作家だ。たぴお道場時代から武者修行の時期でもあろう。


1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_12242100.jpg
     ↑:小林孝人

1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_1231391.jpg


 鮮やかで強い空気感だ。被写体への目も離れたり迫ったりと動きがあって好ましい。
 特に、雪を被った木の写真が気に入った。
 ただただ「今」を撮っている。特に力んでの行為ではないだろう。だが、いつもの懐古性やロマンの影が薄い。自然を見つめる目に好感を覚えた。


1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_12153947.jpg
          ↑:鈴木睦子。

 こういう大きさ張り方の写真群がないと、写真展としては面白くない。大きく沢山見れて、写真との対面だ。
 「動き」がテーマの一つのようだ。「何かを撮るんだ」という印象ではない。撮影者のフットワークの良さがある種の勢いを生んでいて、その勢いに乗せられて、「街の風景」を見ている感じだ。


1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_1232444.jpg


1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_12322942.jpg
          ↑:山下敦子
 (被写体の男性は作家ではありません。たぴおを永久に愛する支援者です。パーティー会場での人物群を載せれないので、参加者全員を代表してのポートレートです。)

1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_12385256.jpg
1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_12394918.jpg


1493) 「PHOTO PRISON・3B+2O (5名の写真展)」・たぴお  4月11日(月)~4月23日(土)_f0126829_1240182.jpg



 「エビフライ」でお馴染みの山下敦子。写真も絵も軽く重く試みている。

 今回はいつになく淡々としている。ことさら急いで迫るでなく、何を撮るでも撮らないでもなく、普通に普通に風景を日常を見ている。
 「写真を見るとは、結局は撮影者の呼吸に触れることか」、そんな気持ちになってしまった。
 もう少し作品が大きければと思った。そうすればもっとゆったり気分なれたろう。

by sakaidoori | 2011-04-13 13:13 |    (たぴお)
2008年 10月 13日

784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)

○ 小林孝人×廣島経明
    『食?毒!不明!!きのこ写真展』

 会場:フォトギャラリー ウエスト・フォー
    中央区大通西4丁目6番地(駅前通り)
     カメラの光映堂(本店)2F      
    電話(011)261-0101
 会期:2008年9月30日(火)~10月12日(日)
 時間:9:00~19:00
     (日曜日は、~18:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(10・11)

784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_215069.jpg
 ↑:入り口。作品は左から、小林孝人・廣島経明の作。

784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_21324827.jpg
 ↑:会場風景。(ピンボケですいません!)

 あー面白かった。何て愉快な写真展。(以下、敬称は省略。)

 会場を遠目に一望した瞬間は、普通のきのこ・写真展に見える。大いなる期待もせずに順番に見ていくと、チョッと変だなと思い始める。「そういえばこれは、2人展だったな。二人の関係はどうなっているのだろう?」

 出だしの展示は二人の作品が交互だ。そのうちに二枚ずつの展示になっていく。
 小林孝人はきのこをきのこ様のようにして、中心にすえての撮影だ。ビシッとしたきのこだ。
 廣島経明はきのこを擬人化して撮っている。極端に接写したり、うそんこきのこを登場させたり、きのこ一人一人?の表情を楽しんで撮っている。
 この二人の兼ね合いが実に絶妙なのだ。小林きのこはお山の大将のようにして、廣島きのこを子分のように従えている。逆の見方も出来る。廣島きのこが小林きのこをからかうようにして群れ遊んでいるとも。

 薄暗くてじめじめしたきのこの住まい、二人は明るくカラフルに撮っている。はいつくばってきのことにらめっこしている。何て素敵な大人達であろう。
 以下、別々に作品紹介です。

○ 小林孝人の場合

784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_2139488.jpg784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_2142183.jpg
784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_21453066.jpg
 ↑:左から、「キンチャヤマイグチ 食用」、「モリノコフクロタケ 食毒不明」、「ネッタイベニヒガサ 食毒不明」。


784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_2157256.jpg
784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_2159632.jpg











 ↑:左から、「アカイボカサタケ 食菌」、「○○○○のシスチジア 食毒不明」。

 小林孝人はカラー写真も撮るには撮るのだが、モノトーンの世界を得意としている写真家だと思っている。過去を閉じ込める静謐さ、それは過去と云う時間性を引きずった心象風景でもあろう。
 だが、きのこを撮る氏は別人のようだ。実に堂々ときのこの今を正面から撮っている。きのこだけは過去に封印することが出来ないのだろう。今生きているきのこが大好きなのだろう。


○ 廣島経明の場合

784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_224262.jpg
                ↑:「ベニテングダケ(クローズアップ) 毒菌」。

784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_2284843.jpg784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_2263442.jpg










 ↑:左側、「整列!(ベニテングダケ」・・・(撮影者のコメント。カタツムリもいます。後日知ったのですが彼等の大好物です。少しかじられています。)
 ↑:右側、「大発見!(特大ベニテングダケ)」・・・(レコードのLP版位の大きさで直径30cm。
 
 ベニテングダケ家族だ。夫婦に子供達。右の写真はその大きさよりも夫婦が草に囲まれて記念撮影みたいです。子供達が楽しそうに取り囲んでいる。


784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_23481889.jpg
784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_23493468.jpg









 ↑:「ヒカリサカタケ(パロディ科) 人畜無害」・市内大谷地自宅室内 。(一升瓶の中に出現する気まぐれきのこ!)


784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_23563413.jpg784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_044560.jpg










 ↑:左側、「キイロアミタケノコ(パロディ科) 人畜無害」・市内北海道大学構内。(人工循環芸きのこ!)
 ↑:右側、「コイヌノエフデ 食不適」(まるで深海の生物、動きそうです!) 

 
 廣島経明は七色に輝く宇宙創成時の作品しか見たことが無かった。固い人というイメージを作家に持っていた。だが、今展でそのイメージをかなぐり捨てよう。被写体とカメラを自由に往来する撮影者ではないか。そのユーモア精神は本当に嬉しくなる。そういえば、氏は3Dに見える覗きカメラも作っていた。遊び心の旺盛な人だったのだ。


784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_0151650.jpg

784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_0131523.jpg

784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_0142016.jpg



784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_0165663.jpg
784) 光映堂ウエスト・フォー 「食?毒!不明!!きのこ写真展」 終了・9月30日(火)~10月12日(日)_f0126829_0193484.jpg












 ↑:左側、小林孝人「○○○○ 食毒不明」。
 ↑:右側、廣島経明、「かくれんぼ(イヌセンボンダケ) 食不適」 (ローアングルで見つけました!)

by sakaidoori | 2008-10-13 22:37 | 写真)光映堂ウエスト・フォー