栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:宍戸浩起 ( 2 ) タグの人気記事


2018年 10月 12日

2608)「(会議室で旧作中心、半日の写真・ミニ個展&学習会) 宍戸浩起(北海学園Ⅱ部3年」市民活動S. 終了/11月26日(日)

f0126829_15192586.jpg


群青企画
ミニ個展 写真学習会 NO2・2017年度

1回目 宍戸浩起(北海学園大学Ⅱ部写真部3年) の場合 


 会場:かでる2・7(8階) 北海道市民活動促進センター
     札幌市北2条西7丁目

 会期:2017年11月26日(日)
 時間:13:00~17:40
    
◯第2回 野口琴里(北海学園大学Ⅱ部写真部所属2年) の場合 (12月10日)
◯第3回 村田主馬(北星学園大学4年) の場合 (12月17日)

協力:群青展(代表 丸島均)
    
ーーーーーーーーーーーーーー(11.26)

今年も以下の参加者・日程で開催します。

◯11月25日(日) 米林和輝(札幌国際大学3年)
◯12月9日(日) 東優太郎(北海道大学4年)
◯12月16日(日) 櫻井麻奈(藤女子大4年)

※全て、13時~17時40分

以下の記事は昨年開催されたものです。1年遅れですが、群青企画ということで掲載します。残りの2名も暫時報告します。



f0126829_14295296.jpg
   ↑:(設営作業中)




f0126829_14311716.jpg
   ↑:(設営完了後の会場風景)



以下、作品を見て下さい。
モデルを使ったり、いろいろな試みをしていますが、基本は「しっかり、ちゃんと、正直に被写体と向き合う」です。





f0126829_14362169.jpg




f0126829_14403198.jpg




f0126829_14410317.jpg



f0126829_14415659.jpg


丸島にとっての宍戸浩起の魅力は・・・明快です、「やさしさ」です。
「やさしさ」にもいろいろあって、「先回りしたやさしさ」、「見守るやさしさ」、「一緒に楽しんで、場を盛り上げるやさしさ」とか、人間にはちょっと距離を置くが、「生きものたちへの可愛がるやさしさ」とか。

掲載した写真を見れば判ると思うが、積極的に被写体に迫るやさしさではない。宍戸浩二は相手と距離を保って、相手の魅力を感じ取り、何とかして被写体が楽しんでいるのを自然に包み込めれば、そんな「やさしさ」です。

それと、撮り手の宍戸浩二という「青年らしさ」が素直にでているのも魅力でしょう。

「な~んだ、丸島は宍戸が仲間だから『やさしさ』という褒め殺しで作品に迫る意思がないのだな!」という人がいるだろう。

「やさしさ」、人間にたいしては褒め殺しかもしれない。作品にたいしては人畜無害の言葉と聞こえるかもしれない。でもね-、何というのかなー、宍戸自身が「冷や汗をかいて、でも頑張ろう!」とか、「サー何をしようか」と、仲間同士の屈託のない笑い声が聞こえてきそうで、何てことのない人畜無害と思える「やさしさ」が宍戸ワールドなんです。





f0126829_15155446.jpg




f0126829_15162714.jpg


写真作品さけで人間を見ていても面白くありません。参加者との語らい紹介です。







f0126829_15192586.jpg










f0126829_15195567.jpg






































by sakaidoori | 2018-10-12 15:23 | 北海道市民活動センター | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 24日

2558)「宍戸浩起 ~チカホで、100枚のスナップ写真を見る会 」チカホ 終了/9月24日(土)  18:00~

 
◎「チカホで、丸島均と100枚のスナップ写真を見る会

2016年期 第11回
宍戸浩起 の場合


場所:札幌市チカホ①②番出入り口付近の白くて丸いテーブル
   (銀だこやモスバーガーの前!)
日時:2016年9月24日(土) 18:00~

ーーーーーーーーーーーーー(9.2)


f0126829_20024003.jpg





f0126829_20084240.jpg
 上の写真、ピンボケですいません。我が愛カメラは少し暗がりだと直ぐピンボケ!一番ピンボケの左の青年が宍戸浩起君です。北海学園Ⅱ部写真部です。他の青年たちも北海学園繋がりです。
 若い方のニコニコムードを伝えたくて載せました。



f0126829_20132412.jpg



f0126829_20135925.jpg


宍戸浩起君は北海学園大学Ⅱ部2年生、当然写真部だ。
宍戸浩起君は鉄道が大好きだ。そう、「トリテツ(撮り鉄)」君だ。
宍戸浩起君は旅が大好きだ。しかし、彼の関心は北海道だ。おーい、北海道っ子だ。
だから、撮っている世界も大体判ろうというものだ。
よころが、意外にも、「鉄」と「旅」はあたりまえの世界、写真はもっと羽ばたきたいと野心満々だ。
今回のスナップ、その野心がまだまだ開花していないが・・・彼は若い。二十歳?
写真への熱心さ、情熱、直向きさ、がむしゃらさ・・・ウブさを含めて実にメンコイ!
チャレンジ精神も旺盛!
ただただ頑張ってくれたまえ!



f0126829_20501766.jpg


 アイスクリームが選ばれている。僕にはこんな趣味はない。羨ましいような、かわゆいような、何か良い感じ。女の子が選んだのかな?二十歳過ぎの女性を「女の子」と呼ぶのは趣味ではないが、そう呼びたくなる「アイスクリーム」です。




f0126829_20541470.jpg


 ちょっとキザっぽい!写真だからこういう極端なのをバンバン撮って、「写真家」というプライドを育てねば、自覚せねばならないでしょう。

 それにしても「キザ」なセレクトです。





f0126829_20565524.jpg


 「なるほど」、というセレクトです。





f0126829_20584525.jpg



 これは僕が選んだのでしょう。
 だいたい僕はシリーズとしては選ばない。気になる写真を一枚、二枚と選んでいる。
 右上の青年がいたく気に入っている。もうもう、「さわやか」と言うほかないです。ポーズも最高、よくぞ恥ずかしくもなく撮りきった。



 すいませ~ん。ピンボケですが、皆さんの姿をお伝えします。



f0126829_21053094.jpg



f0126829_21055413.jpg





-------------


こちらの方もよろしく。



明後日からです!


f0126829_21100235.jpg



by sakaidoori | 2017-01-24 01:16 | 100枚のスナップを見る会 | Trackback | Comments(0)