栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:大胆 ( 1 ) タグの人気記事


2010年 02月 07日

1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)


○ 品品法村・常設展のような臨時展
     本田滋・作品群

        
 会場:品品法邑(2階)
     東区本町1条2丁目1-10
      (北郷13条通の北側の南西角地。
      同じ北側の向いに法国寺有り。)
     電話(011)788-1147

 期間:2010年1月27?日(水)~2月8日(月)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(2・7)

 某ギャラリーで本田滋さんとバッタリ。急遽、品品法村で作品発表とのお知らせです。いつまでの発表かを聞かなかったので、何とはなしの当館の訪問。気分は品品法邑の売り子さんへの新年の挨拶、次に奥の間・・・そこは昨年までは作品販売コーナーでしたが、いたってひっそり、一旦整理中なのでしょう。鳴海伸一君や他の作家の壁面作品ばかりです。何はともあれ目的の2階へ・・・そこには真ん中に3点の日本画が掛けられ、挟むようにして、楽しき本田・作品が並んでいます。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)_f0126829_20243831.jpg


1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)_f0126829_20265027.jpg


1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)_f0126829_20272098.jpg


 作品は全部で7点。全て小品で正方形の風景画ばかり。

 驚いてしまった。実に自由に風景の切り取りをしている。ささやかに絵画の約束から飛び跳ねて、自分好みを主張している。

 絵には多くの無言の約束がある。約束通りに描けば、ある程度の美しさや主張は出来るが、個性からは遠くなる。個性や個我は「近代病」ではあるが、それなくしては「古典病」で面白くない。そして、新たな取り組みなど、あって無きが如しの感がある。結局は画く人それぞれが悩み、試行錯誤しながら描き進めるしかないのだろう。
 「試行錯誤」それしかない。今展の本田滋もそうだろう。だが、氏の前には破るべき約束事が希薄なようだ。そして、自分の固定型を作るのを避けているようだ。
 そうは言っても氏の約束破りはささやかなものだ。破った中身が美術史的に凄いわけではないだろう。爽快に軽く約束事からズレる、その身のこなし方、筆さばきが清々しい。

 悩み多き画家達よ!本田滋のフットワークは見て損はないだろう。
 確かに、氏の作品は描き殴り的で乱雑に見える。静謐な美からは遠いかもしれない。その辺は各人の好みだから、学ぶ必要は無い。美術を愛する心、そこから発する美術知のこだわりの少なさ、「やりたいことをする」というこだわりの強さは一見に値する。


 以下、個別作品を載せます。一点一点の絵画的取り組みが違っている。個別作品と同時に、全体を万華鏡のように見てしまった。


1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)_f0126829_2164253.jpg
     ↑:「もうひとつの道」・S15。

 写真作品では分かりにくいですが、赤いポストが異様に大きく強い。全体とのバランスを欠いて、非常な違和感を覚える。「この赤を見よ!」。そう、この赤が良いのです。


1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)_f0126829_21133465.jpg
     ↑:「NIN・JIN畑」・S15。

 タイトルのローマ字が効いている。直ぐに、あの「にんじん」が思い出せなくて、「あ~、あのニンジンか」と、となるわけです。まるで絵空事のような風景が、どこか懐かしい情景と重なるのです。


1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)_f0126829_21195469.jpg
     ↑:「明日に向かう道」・S15。

 白い車です。愛すべき白い車、どこに行く白い車、透明になって走る姿・・・。下手な栄通節を口ずさみたくなります。


1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)_f0126829_21241647.jpg
     ↑:「一陣の風」。

 山の存在感、ボリュームの表現。一点の重みを見せる描き方は、氏にとっては珍しい。


1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)_f0126829_2127974.jpg


1187) 品品法邑 「常設展のような臨時展  本田滋・作品群」 1月27?日(水)~2月8日(月)_f0126829_21283792.jpg
     ↑:「アトリエ テンマ エントランス」・S8。

 おしゃれに、こそっと四隅に置かれている。まるでフランスの一角、テラスのようなたたずまい。ドアにも見える。部分の切り取りは不思議な世界になっている。違う世界にひっぱられそう。

by sakaidoori | 2010-02-07 21:52 | (くらふと)品品法邑