栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:大学写真部展 ( 2 ) タグの人気記事


2012年 09月 23日

1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)



        
室蘭工業大学写真部 五人展 

変化はいつも 曖昧なままに熱く
   


 会場:札幌市民ギャラリー 2階通路の部屋  
      中央区南2東6
      (北西角地)
      電話(011)271-5471

 会期:2012年9月17日(火)~9月23日(日)
 時間: 9:00~21:00
      (初日は14:00~。最終日は~18:00まで。)

 【参加学生】
 矢野根光 山川泰明 黒川達也 渡辺幸樹 北向志穂 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(9.22)

1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_804561.jpg



1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_805897.jpg



 大きく伸び伸びしていて、気持ちの良い学生写真展だ。だから、ザックバランに受付の渡辺幸樹君と長らく話し込んだ。以下、その記録です。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)



○ 山川泰明の場合


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_8182366.jpg
     ↑:山川泰明


 山川泰明君は全く異なる2系列の作品群だ。別々の人と思って作品を見てしまった。同じ人と分かったのはかなり後だった。

 作品としては完璧に左群の方が良い。日の丸写真群と批判もされたとのことだ。日の丸写真を悪者にしてはいけない。「ここを見よ!」という感覚だから僕は好きだ。曰く一本勝負だ。それに、構図は確かに大事なのだが、悪い構図など一つもない。ただ、経験的に収まりの良い構図を「良い構図」と行っているだけだ。「良い構図」が「良い作品」かは別の問題だ。一般的美、あるいは不特定多数の美を求めるならば教科書的アプローチが早道なだけだ。

 右側の傷心女性?の海辺での世界だが、2枚あれば充分だろう。平板で変化や特徴が無さ過ぎるから。女が好きで、そのムードが心地良くて撮った、集めた、見せた、のだろう。自分の部屋用だ。

 対して、左の写真群。強い視点でカラフルで好きだ。だが、なぜ、こんなに太い黒枠にしたのだろう?何を気取っているのだろう。折角日の丸写真なのだから、写真だけの丸裸で、しかも倍ぐらいの量を展示してド・ドーンと見せたらいいのに。その横により大きめの海辺女性をアップにして、2枚一対で飾ればいいのに。強い主張になったと思う。

 結局、「何を撮りたいか、何を見せたいか」が掴めてないのだろう。だから、心薄き装飾展示になったのだろう。ただ、意欲・情念として「何とかして良い写真を撮りたい、よく見せたい」との思いはしっかりもっている。
 カラフルで強き日の丸写真をドドーンと見せて、心やお腹のお通じを良くしたらいい。中身なんてどうでも良いのだ。気持ち晴れやかにして次に進んだら、そんなことを渡辺君と語り合った。


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_8395038.jpg

1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_8401884.jpg



     ↑:「like a sister」より。


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_8481512.jpg


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_849576.jpg
     ↑:「変化はいつも 曖昧なままに熱く」。

 強い作品だが、寂しい場面が多い。全体の通奏低音は「個、あるいは自分」なのだろう。山川君の青春なのだろう。





○ 北村志穂の場合


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_911618.jpg



1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_91351.jpg



1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_95282.jpg



1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_952462.jpg



1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_95388.jpg



1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_955148.jpg




 ほんのりと瞼を開いて、世界を横長の淡い光で見つめる。時空を越えたい儀式・作法だろう。ある地点に来たら、キッと見開くのだろう。愛を訴えるのだろう、淡い光の中で。そんなイメージだ。暖かい感触、ヒューマンな視点が印象的だ。

 今作は肉親がモデルだ。良い記念になっただろう。それ以上に、身内への眼差しやシャッター・チャンスは他者へのアプローチの良き練習だ。この眼を気になる他者に向けて撮り続けてもらいたい。
 例えば「老人ホーム」。そこには無表情な人もいるだろう。老人に感覚が無いのではない。表現器官が麻痺しているだけだ。そういう老人達が一斉にベンチで座っている、もしかしたら一種異様かもしれない。そこだ、北向志穂の女性的でしなやかな半眼開き、光と瞳がどう接近するのか?見て見たいものだ。


○ 渡辺幸樹の場合


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_1094865.jpg
     ↑:「touch the city」。


 テーマを絞ってしっかり大きく撮っているのがいい。その姿勢はいいのだが、バラエティーの少なさが欠点だろう。

 右側の作品群、街の人物群だ。視点は後ろ向きだ。きっと、見知らぬ人たちを前からは撮れなかったのだろう。それは仕方がない。次への下準備期間なのだから。だが、折角後ろ姿を選んで、渡辺幸樹君は安全な位置に立っているのだ。その位置を利用して、「都会と人々」を楽しめばいいのに。フットワークよろしく目の位置なり、高さ角度距離を変えたらいいのに。そうすれば渡辺君なりの楽しみ方が写真に反映すると思う。「孤独」、「男と女」、「社会性」、「無機質とか反乱するとか異常な都会」・・・、間違いなく何かが意図せずにじみ出てくるだろう。ことさら明確な意図など持たなくても、必ず何かが反映されるはずだ。そういう意味では、今展は「踏み込めない自分」が正直に出ている。あと、「写真が好きな渡辺君」もだ。
 しかし、実直な視線は良い。人間群が好きな渡辺幸樹、次を期待しよう。


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_10302117.jpg


 上掲の作品群には興味をそそられた。人々を遠目に見る感覚が正直に出ていると思う。
 馬に集まるヒューマンな作品とか、凡調なアベック後ろ姿など、全体の中ではピンボケに見えた。見る人への無用なサービスは必要ないだろう。遊び心と常識や他者へのおもねりは峻別しないと。


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_10391679.jpg
1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_10393329.jpg
     ↑:(実作よりも濃くなりすぎたかもしれない。)


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_10405693.jpg



1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_10414280.jpg



 
 なぜだか、頑張って書きました。そのつもりではなかったのですが②に続きます 。


1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_10452179.jpg



 今日の午後6時までです。もし渡辺君に会えたらよろしくお伝え下さい。



1807)①「室蘭工業大学写真部・五人展 『変化はいつも・・・』」 市民ギャラリー 9月17日(火)~9月23日(日)_f0126829_1225827.jpg

by sakaidoori | 2012-09-23 12:03 | 市民ギャラリー
2012年 06月 22日

1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)

  
  
   藤女子大学 写真部 

     新人展
  ~撮る前、ロマン
 

             

 会場:札幌市資料館2階6室
      中央区大通西13丁目 
       (旧札幌控訴院。
       大通公園の西の果て)
      電話(011)251-0731

 会期:2012年6月19日(火)~6月24日(日) 
 休み:
 時間: 9:00~19:00
      (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(6.21)

1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_10195537.jpg


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_1020683.jpg


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_10201599.jpg



 モノトーンで名をなす藤女子大学写真部だ。

 新人展ということもあってか、ちょっと元気不足だ。
 新1年生を含めた、新入部生は写真歴が浅いので、目立ちたがり精神が低いのは当然だろう。だが、1年生は入部も浅いのにそれなりの数を出品していて好感が持てた。
 問題は2年生だ。今展を低調にさせている元凶は彼女等にある。全員とは言わない、誰かがドドーンと元気印を発揮すればいいのに。2年生は新人ではないが、今展の本当の主役はあなた方にあるのに、もっともっと頑張って欲しい。
 3年生、「新人展」ということで遠慮がちの出品だが、それなりに自己表現をしていた。というか、この学校のこの学年は充実していると思う。次回の発表時は主役になって、ドドーーンと「藤女子大学写真部」の存在をアピールして下さい。今しないと直ぐに卒業だ。
 4年生、限りなく控えめに、そして「しっかり、今のわたし」だった。

 会場にはアンケート用紙もあった。今回は当ブログでアンケートに代えよう。
 以下、1年生から順番に作品を載せていきます。最後まで載せるつもりですが、時間が・・・。


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_1029111.jpg
     ↑:1年・煤田未来

1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_10291154.jpg



 時間を堅く止める、そういう感覚の写真群だ。おspらくそれは無意識の結果だろう。だが、こうして個性が自然に出ていて良い。堅くて真面目な学生かもしれない。



1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_10361723.jpg
     ↑:1年・尾初瀬陸子

1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_10362939.jpg



 影を撮ったり、置いてけぼりのボールだとか、ロマンティックでクサイ作品だ。だが、クサクて大いにいい。こういう恥ずかしい作品を撮って見せて表現者は皆な成長していく。
 人が好きなのだろう。ニギニギ場が好きなのだろう。次回は2歩前進した被写体、前向きの顔が見たい。その次は半歩後退した作品だ。


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_10442017.jpg
     ↑:1年・岩田千穂


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_1045487.jpg



 写真が好きで何でも撮っちゃおう、でも、近づくのが恐いな~、そんな声が聞こえる。やっぱり近づいて撮らないと、心が見えない。写真部に入ったからには勇気を学ぼう。
 (しかし、僕も恥ずかしくもクサイ言葉を並べているものだ。その代わりに、彼女達に接近して語っているつもりだ。一期一会の切り捨てゴメンに聞こえるかもしれない。許してくれたまえ。)


 次は問題の2年生だ。


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_10551752.jpg
          ↑:2年・橋本つぐみ

 物語の好きな人だろう。それも、カラーを愛する人のようだ。その色具合が白黒のグラデーションに生きてはいない。チャンと撮ってはいるが、う~ん・・・。
 読書に喩えれば、青春本だ。冒頭を読んだら、「あら、若くておもしろそう」、とつぶやいてページを開いたら真っ白、ディ・エンドだ。そんな不完全燃焼の展開だ。
 何を遠慮しているのだろう。白黒表現の技術不足は仕方がない。なぜ、心の物語大きく拡げて他人に問おうとしないのか?


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_118218.jpg


 
 背のの小さい人だ。が、批判がましい言葉にも物怖じせずにバッチリと目が定まっていた。
 「2年生、どうしたの?」「伸び悩みだと思います。皆な、いろいろあって・・」
 伸び悩みは橋本つぐみ本人だろう。
 「次回はタノムヨ」「はい、もっと上手くなります」「いや、上手くならなくってもいい、もっと大きく沢山出そうよ」
 そして約束しあった、「次回は10枚」。合い言葉は「大きく沢山」だ。


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_1146378.jpg
          ↑:2年・熊林美稀


 気分は、「直線、視線、道の先にあるもの」だ。テーマはしっかりしている。撮影者の志向がうかがわれて好感が持てる。だが、あまりにテーマに拘りすぎて、脇を見ていない感じだ。作品から不思議さというか、作家の意思を越えたサムシングが乏しいのが欠点だ。この作品の場合は、ただ単に向こうにあるもので終わっている。向こうに至るまでの悩ましい部分がポッカリと消えている。
 だが、それも徹底して一点を見つめる作品群を発表したから見えたのだ。短所を引き上げる必要はない。長所を生かさない短所を自覚することは大事だ。


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_1363883.jpg
          ↑:2年・竹中春奈

1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_13154337.jpg



 もの悲しい心象気分の作品群だ。コンパクトすぎて世界が小さくなった感じだ。



1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_13204177.jpg
          ↑:2年・小林紗佑理

 今回は1枚の出品。次回を楽しみにしています。



1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_13245262.jpg
     ↑:2年・奥村明日稀


 残念ながら、今回はテンションが低い。それは仕方がない。多人数の部活だ。そういう人がいてもいい。

 問題は、一番目立つ場所に彼女の作品群を展示したことだ。それは、「藤女子大学写真部」のセンスが疑われる。(私見だが、熊林美稀君を正面の目立つ場所に置き、熊林君の置いていたところに橋本つぐみ君、橋本君の場所に奥村君だ。どうでしょうか?)


 とりあえず1、2年生だけは報告できました。できれば3、4年生とも思いますが、②は未定です。


1799) 「藤女子大学写真部 新人展 ~撮る前、ロマン~」 資料館 6月19日(火)~6月24日(日)   _f0126829_13403061.jpg
 

by sakaidoori | 2012-06-22 14:16 | 資料館