栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:博物館 ( 2 ) タグの人気記事


2014年 08月 07日

2440)①「福岡幸一版画展 1億年のアンモナイトたち」いしかり砂丘の風 7月19日(土)~8月31日(日)

f0126829_11121827.jpg





福岡幸一版画展 
1億年のアンモナイトたち 

~いしかり砂丘の風資料館の場合
 




 会場:いしかり砂丘の風資料館
     石狩市弁天町304
     電話(0133)62-3711

 会期:2014年7月19日(土)~8月31日(日)
 休み:火曜日
 時間:9:30~17:00
 料金:300円

※ ギャラリートーク ⇒ 7/27(日) 16::00~ 於・当館 「化石からのメッセージ」

※ いしかり館ネットワーク4館同時展覧会。他会場の日程等の詳細はチラシ参照

 主催:(石狩市)



ーーーーーーーーーーーー(7.27)




f0126829_11172665.jpg



f0126829_11174134.jpg






 今展掲載の前に、版画家・福岡幸一氏に関する若干の予備知識を記しておきます。

   1947年 北見市生まれ
        以来、高校まで地元に暮らす。
   1965年 19歳時、札幌圏の会社に勤務。
        以来、札幌を生活、発表の拠点にする。
      何年か前に石狩市に転居。現在に至る。

 22年前の1992年に日本古生物学会員になり、10年前位からもっぱらアンモナイトばかりを銅版画制作している。
 北見在住時は原色で勝負する自己発露型作家だった。それは青年特有のもので、その時だけのものか人生を貫くものかは未定だろう。その後絵画を止めて版画家になった。自己爆発型から対象をじっくり見つめる方向に転換していった。古き民家、生活感のあるたたずまい・・そして、りんごなどの樹木を描き始めた。そこまでは同じ画家や美術ファンからも注目されていた。

 しかし、絶対に動くことのない「アンモナイト」ばかりを描き始めておかしなことになった。売れて売れてお金になるわけでもなく、誰かに依頼されたわけでもない。その作画姿勢に友人知人のなかには、「そんなボタニカルアートのような自分の無い表現は止めたら」と、ジョークで言う人もいる。友を失いはしないが作家としては見放され気味だ。

 ところが、事態はいよいよおかしな事になって、博物関係の方達が注目し始めた。道内の博物館はもとより、本州でも展示予定が続く。


 僕は福岡幸一の追っかけマンだ。「アンモナイト」よりも、人間・福岡幸一に多大な関心があると言った方がいい。仲間に疎まれても、倦まず飽かず黙々と「アンモナイト」に向かう姿に並々ならぬ好奇心を持っている。
 僕はもともと社会史や歴史は好きだが博物誌、地誌は苦手だ。時系列指向派だから、因果律に関係しない空間律にはピントが合いにくいタイプだ。民俗学でたとえれば柳田国男よりも折口信夫を選ぶ。
 だが、僕は福岡幸一を見続ける。 

 以上、「福岡幸一とアンモナイト」の現況です。
 美術表現者、愛好者にはいささか疎まれ、しかし、博物関係者などの美術を取り巻く人達からは一部ではあるが歓迎されるという矛盾も秘めています。そんな福岡幸一の問題点、魅力などを今回の4館同時展覧会で少しでも記すことができればと思っています。






 



f0126829_11185623.jpg




 会場は狭い。ゼミ教室のような雰囲気だ。博物館らしくアンモナイト化石と版画作品を組み合わせている。

 今回の「福岡幸一銅版画展」は4会場だ。図書館、植物センタ-、市役所ロビー、そしてここ博物館なのだが、それぞれにテーマがあるとのことだ。この会場は「化石」そのものを見てもらう。版画に合わせて化石があり、版画を見ることによって化石もちょっと見方が変わるかな?深まるかな?空想も拡がれば、そういう主旨だろう。





f0126829_14141649.jpg




 始まりは、アンモナイト・プロローグ。

 アンモナイトは現在では絶滅している。今に生きている生物としてはイカが最も近い親戚か?オウムガイはアンモナイトの規則巻き(円形巻き)と形は似ているが遠い親戚みたいなものだ。そのオウムガイの貝殻が展示の始まりを飾っている。
 氏にしては珍しくアンモナイト模型なども置いて遊んでいる。模型の足の部分、化石としては現れないから想像されたものだが、イカタコからの類推だろう。想像模型を展示に使うとは、氏にしては珍しい。いよいよアンモナイト版画制作も終盤、いや、ゴールにさしかかったからだろう。余裕の産物とみた。





f0126829_14241162.jpg




f0126829_14245567.jpg
f0126829_1425860.jpg







f0126829_14252966.jpg
f0126829_14254367.jpg
   ↑:左側、「アナゴードリセラス属」・2004年制作 20×16.2㎝。
   ↑:右側、「テトラゴニテス属」・2012年制作 40×24.7㎝(2枚組)。





 こういう感じで化石と作品を組み合わせての展示だ。時には、作品のモデルになった化石もあり、実物との見比べも楽しいものだ。


 以下、作品を載せて行きます。作品に関係なく適当に化石も載せていきます。「何故組み合わせて載せないのか?」って。面倒だからです。スイマセン(^_^;)。






f0126829_21344981.jpg
   ↑:「メヌイテス属」・2008年 20×36.2㎝(2枚組)



f0126829_21335676.jpg
f0126829_21341112.jpg




f0126829_21381569.jpg





f0126829_21384664.jpg
f0126829_21385629.jpg
   ↑:「テシオイテス属」・2006年 20×20㎝。






f0126829_2143776.jpg
f0126829_21431973.jpg





   ↑:「キャナドセラス属」・2005年 20×20㎝。







f0126829_21475884.jpg
   ↑:「ユーボストリコセラス属」・2004年 20×30.4㎝(2枚組)。




f0126829_21503697.jpg





f0126829_2231922.jpg
   ↑:「ポリプチコセラス」・2004年 20×24.7㎝。




f0126829_2233255.jpg










f0126829_21583514.jpg





f0126829_21585768.jpg





f0126829_21591683.jpg




 この日はギャラリートークだった。お客さんの入りを心配しだが、狭い会場だが埋め尽くした。質問も飛び交って、なかなか盛況だった。





f0126829_2201731.jpg

by sakaidoori | 2014-08-07 23:32 | [石狩] | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 25日

495) 埋蔵文化センター 「北海道遺跡百選・展 キウス4遺跡出土品」 1月5日(土)~3月2日(日)

○ 特別展示 わかる考古学2 
「北海道遺跡百選・展」 

 会場:㈶北海道埋蔵文化センター
     江別市西野幌685番地1
     電話(011)386―3231
     ファクス(011)386―3238
 会期:2008年1月5日(土)~3月2日(日)
 休み:基本的に月曜日
 時間:9:30~16:30
 料金:無料
 ※駐車場完備
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 初めて埋蔵文化センターの記事を書きます。初めてなのですが、展覧会全般の紹介は省略させて下さい。開拓記念館の紹介ともども、少しずつ書いていきます。

 今回はただこの一点、この出土品を見てください。

f0126829_23524665.jpg

f0126829_23541923.jpg

f0126829_23553064.jpg


 千歳市のキウス4遺跡、盛土遺跡(もりどいせき)からの出土品です。時期は縄文後期。特別のネーミングは付いていませんが、「腰をおろした中空土偶」。漆で赤く彩色されていて、部分品を継ぎ合わせて完形に復元したものです。全体の3分の1の出土品ですが、幸いにも全貌を想像するには充分です。大きさは両の手の平にすっぽりと収まるほどです。

f0126829_0171931.jpg

 
 あー、何と可愛くセクシャルな土偶なのでしょう。見ても分かるように、この土偶は女性です。実は女性器の部分が小さな丸い穴が開いているのです。間違いなくこれは儀式の器です。ある時、それはきっと秋の鮭の遡上や森のめぐみの終わった頃の、集落の祭に使われたのでしょう。
 満月の夜半、村人が一同に会した場でこの土偶は使われたのです。
 円陣に組まれた中央で長老はこの土偶を両手で高くかざし、付き人の女性が器に聖水(酒?)を注ぐのです。聖水は月の光を浴びながら、女性器から弧を描いて流れ出していく。村人はかたずを飲んで、この儀式に始めは見るという行為で参加している。豊饒を祝う秋の営み。

 空想は留めも無く膨らんでいきます。この土偶が何らかの祭というか、非日常性のために造られたのはまちがいないでしょう。ですが、どういう使われ方をしたのかは、全くわかっていません。先ほど語った僕の言葉は一つの空想です。それも現代人の感覚による性と生をまぜこぜにしています。演劇空間的なものの見方です。
 もしかしたら、出産の折に安産を祈って、女性の側に置かれたりしたかもしれません。狩に行く男達の安全と収穫を祈って、村長の神所に安置されていたかもしれません。

 ふっくらとしたお尻の形と全体の安定性。座ってはいますが、つま先が立ってキュンとした緊張感。開けられた穴の可笑しさ。造形家はこの土偶を形としてどう評価するのでしょう?
 ですが、この土偶の素晴らしさは単に物そのものにあるのではありません。
 これは東北地方の舶来品なのです。これに似たより完形に近いものが既に東北で発掘されているのです。しかも意図的に割られて、遺跡の周辺にちりばめられているのです。
 そういう知識を道内の発掘関係者わは既に知っていたのです。キウス4遺跡の盛土遺跡はお墓の周りに意図的に堆積されたもので、埋葬人の副葬品としてではなくて、集落の何らかの儀式(精神生活)の遺棄物として埋められた場所なのです。
 この土偶も一箇所から見付かった物ではなく、巡らされた盛り土のあちこちから発見されたのです。東北の出土品と同じように。だからこんなに発見物が少ないのです。この土偶は腰までしか発見されませんでしたが、東北のそれは胴体部分もあると聞きました。どのような姿なのか、本当に見てみたい。
 なぜ古代人は土偶を割ったのでしょう?なぜ、遺構のぐるりに埋めたのでしょう?どのような経路でキウスにもたらされたのでしょうか?どのような意図で?もしかしたら東北からの花嫁さんの持参品だったのでしょうか?

 発掘地キウスは高速道路・道東自動車道路の千歳東インターチェンジの近くです。この道路の建設関連工事で見付かった遺跡です。
 おそらく、当時は川が付近を流れていたでしょう。「キウス」とはアイヌ語で草(葦とか蒲か?)の多い処と理解しています。この低湿地帯は苫小牧と石狩河口を結ぶ、古代の黄金回廊ではなかったでしょうか。苫小牧は海によって道南・東北に結ばれています。石狩河口は北に繋がり、遠くユーラシア大陸の窓口にもなっていたでしょう。

 井上靖の「敦煌」ではありませんが、この土偶を見ていると東北以北の広大な広がり、物と人の移動という悠久の時間、空想は集落の儀式を超えて膨らんでいきます。
(1・26記)

 (事実認識の間違いなど、指摘していただけたら嬉しく思います。)(1・17)

by sakaidoori | 2008-01-25 23:23 | ☆北海道埋蔵文化センター | Trackback | Comments(0)