栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:切り抜き ( 1 ) タグの人気記事


2010年 03月 23日

1237) 新聞の切り抜き 「文月悠光 『一生のお願い』」 2010年3月19日 北海道新聞夕刊7頁

○ 新聞の切り抜きから

  文月悠光・作、「一生のお願い」 2010年3月19日 北海道新聞夕刊文化欄7頁。


f0126829_1295488.jpg
 (クリックすれば拡大されます。)


 文月悠光。ふづきゆみ、詩人。
 
  1991年 札幌市生まれ
  2008年 現代詩手帖賞受賞
  2009年 「適切なる世界の、適切ならざる私」の処女出版
  2010年 上記の詩集により、第15回中原中也賞受賞
          今春より、東京都内の大学に進学。


 「お月さまになりたい」というブログを主催されている高校生です。
 以前、当ブログにトラックバックを頂いたりしたので、何かと気になる高校生であり詩人です。そして、絵を描く人でもあります。

 中也賞受賞おめでどう!


 新聞のエッセーは受賞記念の依頼文でしょう。

 「私」の廻りの「女の子たち」、両者を「一生のお願い」という言葉がつなぐ。「私」はその言葉に異常反応し、「女の子たち」との関係に違和感を持つ。だが、その違和感は狭い同性社会での違和感のようだ。逆に言葉はいきなり「彼」に代わり、信頼の相手になって話は進んでいく。「彼(言葉)」を確保したいという願望は、狭い身内社会での違和感を、より広い認識への導きとなり、「対峙すべき世界」が観念化される。その辺の心の変遷を詩集という物語に再構築して、処女出版詩集「適切な世界の、適切ならざる私」が誕生したのでしょう。十代の「私」の相対化にもなっているのでしょう。

 エッセーは文月悠光の詩と同じ流れを感じる。
 舞台の日常性、「言葉」の意外な提示は大胆な転換となっていく。「私」と「女」の生理が言葉を支えている。
 そして・・・、詩でも時々感じるのだが、文末を「結論」として結ぶ性格が露わだ。どこか「青年の主張」のようなスタイルで話をまとめた感じがする。文末は「結」ではあっても「結論」ではないと思う。書き出しのストレートさ、話の流れのみずみずしさに比べて、高揚はしているがどこか教訓的な文末だ。確かに初々しさはあるが。

 さて、今春から花の都・東京に行かれる。「違和感」はどんな形に生まれ変わるのでしょう?故郷とはだれにとっても適切かつ凡庸なところと思っている。一方で、郷土での違和感はある種の人にとっては余りにも当たり前なことだし、厭わしいものだ。古里は少年の肉体的成長を期待はするが、精神的成長を不問にしがちだから。
 見ず知らずの風土とそこでの生活は違和感だらけだ。たとえ心地良くても、いつしか限りなき断絶感、喪失感になるかもしれない。あるいは、開かれた世界への窓になるかもしれない。

 詩人、文章家としての大きな成長を期待しています。

by sakaidoori | 2010-03-23 14:36 | ◎ 短歌・詩・文芸 | Trackback | Comments(3)