栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:児玉陽美 ( 5 ) タグの人気記事


2013年 05月 30日

2079)②「児玉陽美 展 ~上品なまにまに~」 アルテピアッツァ美唄 終了5月16日(木)~5月29日(水)

   
  

児玉陽美 展 

    上品なまにまに
  



 会場:アルテピアッツァ美唄内ストゥディオアルテ
     美唄市落合町栄町
     (国道をJR美唄駅を通り過ぎて北に進み、
      直ぐに「美唄国設スキー場」方面に右折。
      どこまでも続く一本道、スキー場への途中の右側。)
     電話(0126)63-3137

 会期:2013年5月16日(木)~5月29日(水)
 休み:火曜日
 時間:9:00~17:00
     (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.29)

 2078)①の続き。


f0126829_7494892.jpg
     ↑:「とぶ、とり」。


 ドローイング調のたゆたゆしい世界が流れる。画家はそれを「まにまに」と呼んでいる。会場にはわずかに下がり物が揺れている。それは作品の飾り物で、「まにまに、まにまに」と揺れている。


 以下、上掲の作品の部分図を、人物に焦点をあわせて載せてみます。


f0126829_7554566.jpg


f0126829_756138.jpg


f0126829_7562062.jpg


f0126829_7564642.jpg





f0126829_7592472.jpg




f0126829_7594155.jpg
     ↑:「夢のまにまに」。


f0126829_804660.jpg
          ↑:(上の作品の部分図。)   



f0126829_851962.jpg
     ↑:「なだらかな季節」。


 以下、部分図。


f0126829_861517.jpg



f0126829_86267.jpg





f0126829_81429100.jpg



f0126829_8145454.jpg
          ↑:「やろうと思った」。


f0126829_2053376.jpg

f0126829_20533127.jpg



     ↑:左側から、「かがむと見える」、「無題」。




    1989年 北海道深川市生まれ
    2011年 道都大学美術過程デザイン科 卒業
             今回、3度目の個展


 

 在学時の強い個性を知る人にとっては、おとなしくなったと思うだろう。強さも勢いも減ったと。

 画題が一変したのだ。今の絵を見ると、学生時代はギラギラする若い情熱を吐き出していたのだろう。どこかこまっしゃくれて、外の世界にハスに構えていた。女の子だからツメや目頭は立てるけれども、暴力爆発はキライ、でも細腕で殴りたい、だった。闘っていた。

 今は、「夢よ再び」ではないが、とげとげしさよりも、素直に何かに身を持たせて、その流れで進んでみようとしている。どうなるか分からないけれど、見落とした何かを拾っていこうかな、そんな女の子心だ。

 だからといって、弱く表現してはいない。
 絵として、たゆたゆしくとも伸びやかに伸びやかに。そういう絵の拡がる可能性は、自分自身の可能性でもある。今作は自分の可能性展だ。何より正直気分が一番大事、限りなく日常の空気に徹して、日常に小さな旅を持ち込んで、お洒落に自由に・・・やはり、「夢よ再び」だ・・・それはいつか見た夢、これから見る夢、自由という夢。
 僕はそんな風に「児玉まにまに」を楽しんだ。気分はそうなのだろうが、絵画としてどれだけ「高みのまにまに」になったか、これからなれるか?

 見るこちら側も、「学生・児玉陽美」は精算しよう。当面は、「20代、夢をすすむ児玉陽美」の変貌を楽しもう。



f0126829_2131578.jpg
f0126829_21312649.jpg




f0126829_21325051.jpg


 

by sakaidoori | 2013-05-30 21:43 | [美唄]
2013年 05月 29日

2078)①「児玉陽美 展 ~上品なまにまに~」 アルテピアッツァ美唄 終了5月16日(木)~5月29日(水)

  

児玉陽美 展 

    上品なまにまに
  



 会場:アルテピアッツァ美唄内ストゥディオアルテ
     美唄市落合町栄町
     (国道をJR美唄駅を通り過ぎて北に進み、
      直ぐに「美唄国設スキー場」方面に右折。
      どこまでも続く一本道、スキー場への途中の右側。)
     電話(0126)63-3137

 会期:2013年5月16日(木)~5月29日(水)
 休み:火曜日
 時間:9:00~17:00
     (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.29)


 久しぶりの美唄だ。


f0126829_23194891.jpg



f0126829_23201399.jpg



f0126829_2320285.jpg




f0126829_23232183.jpg



 当館の出入り口は2階。非常階段のような螺旋階段を昇って「学校」に入ることになる。
 上の写真は、美術館出入り口からのもの。入ってすぐ左側の教室がインフォメーション。受付嬢もいるが、入館は無料。


f0126829_2323325.jpg



 安田侃常設展示教室。
 ここは2階。そこからの外の眺めが・・・、


f0126829_2329168.jpg




f0126829_23293597.jpg






f0126829_23332556.jpg



f0126829_23334632.jpg




f0126829_23335812.jpg



f0126829_23281281.jpg




 風景写真が多くなって、やっと肝心の児玉陽美展に到着。

 ②でその作品を載せていきたいと思います。明日に続く。


 

by sakaidoori | 2013-05-29 23:42 | [美唄]
2012年 11月 20日

1873) 「児玉陽美 × 堀成美 2人展 『ロマンサイダー』」 ト・オン・カフェ 11月13日(火)~11月25日(日)

    

児玉陽美 × 堀成美 2人展 

    ロマンサイダー
     
 

 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
      中央区南9西3-1-1
       マジソンハイツ1F
      (地下鉄中島公園駅下車。
      北東に徒歩2分。北東角地。)
     電話(011)299ー6380

 会期:2012年11月13日(火)~11月25日(日)
 休み:会期中無休
 時間:10:30~22:00
    (日曜日は、10:30~20:00。最終日は、~20:00まで))
 電話:(011)299-6380

ーーーーーーーーーーーーーーー(11.18)


f0126829_15575448.jpg



f0126829_15582050.jpg



 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 堀成美と児玉陽美、ともに昨春道都大学を卒業し、その頃とは作風を一変しての2人展だ。

 堀成美は最近、犬養ギャラリーで個展を開いた。今展で見れるような画風で、「可愛い可愛いの大正浪漫風」だった。しかも、小品だがそれなりの数を出品していて、「絵を描きたくて描きたくてたまらない。ただ今絵描き一直線、修行も兼ねて描きまくっていま~す」というものだった。実に宜しき個展であった。
 学生時代、初個展で溢れる情熱をぶっつけた空間を僕は見ている。その後は残念ながらこざっぱりした姿勢で物足りなく思っていた。ふわふわした受け答えをする学生ではあったが、不思議精神を期待していた。「あの溢れる物語精神(ロマンロマン)は、たまたまだったのか?」
 やっぱり、何か不満を抱いて卒業したのだろう。今、こうして「絵描き」として再出発している。

 その個展を見ているから、画風の変貌にはことさら驚かない。今展では、その個展以後のフィーバー振りを見たかった。あいにく、発表間隔も短く、2人展という事でもあり、静かなその後を見せている。相棒の児玉陽美に遠慮気味というか、彼女の久しぶりの発表を楽しんでいるみたいだ。

 以下、「堀成美 作品」を先に載せます。


f0126829_16271061.jpg



f0126829_16273752.jpg
          ↑:「あなたと私にできる事」。


f0126829_16283520.jpg



 今回は背景が画題を包む、という試みのようだ。「花ロマン街道」のような、画面全体がロマン拡がり、物語が展開する絵が好きだが、いろいろと「絵画的試み」に励まなければならないのだろう。大いに励んで、彼女の持ち味である「淡々」なワイルド世界を開拓して欲しいものだ。


f0126829_16373540.jpg
          ↑:「トランジスタワールド」。


f0126829_16381235.jpg


f0126829_16384747.jpg


     ↑:左から、「宇宙諸島」、「庭にて」



 さて、次は児玉陽美だ。作品掲載から始めよう。


f0126829_16432164.jpg



f0126829_16433419.jpg
          ↑:「あの子さん」。


f0126829_16452844.jpg


f0126829_16453875.jpg
     ↑:左から、「外食」、「えったん」。






f0126829_16513417.jpg



f0126829_21322193.jpg
          ↑:「ワルツ」。




f0126829_21325135.jpg



f0126829_21333330.jpg
          ↑:「リサイタル」。


 今展のタイトルは「ロマンサイダー」。甘い『ロマン』と、甘いだけでない『サイダー』を掛け合わせたもの。
 学生時代の児玉陽美は、ギスギスした体つきにトゲのある目線という、特徴ある人や動物を描いていた。どこかしら世間に物申すというか、反骨精神露わであった。反骨精神かどうかは別にして、若人の心に溜まっている淀みの吐き出しと理解した。
 今回、「トゲ」ではなく「サイダー」としてロマンに味付けしている。丸ぽちゃの体つき、太った太腿、ピンクの水玉、黒髪も仲良く泳ぎ、全体がサイダーダンスでもしたくなるようなリズム感だ。
 もし、「トゲトゲトゲ、ドクドクドク、意外イガイ意外」を彼女に求めたならば期待はずれだろう。何かしら吐き出し終えて、すっきり感でリ・スタート、そんな息吹を感じる。今後どうなるか?「サイダー」は「ドラック」になるかもしれない、「パウダー・クリーム」になるかもしれない。どっちに転んだって構わない。かつて、高いテンションを体験した人だ。ゆったりマイペースで大きくなって欲しいものだ。


f0126829_21571478.jpg →:「ネヴァー ネヴァー」。

by sakaidoori | 2012-11-20 23:03 | (カフェ)ト・オン
2010年 04月 09日

1258) アイボリー 「 おんなのこ展 erica※ 吉田紋子 児玉陽美」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)

○ おんなのこ展
   erica※ 吉田紋子 児玉陽美
 
    
     会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー) 紋

    中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
    (北西角地、北&西に入り口あり)

 会期:2010年3月23日(火)~3月28日(日)
 時間:11:00~19:00
     (初日は、14:00~。最終日は、~17:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーーー(3・)

 この時期、札幌市内で女性3人展が三ヵ所で開かれていた。今回紹介するアイボリー展、札幌駅北口のエッセ展、北大傍のテンポラリー展。おそらく、全員が20代前半で学生が大半だと思う。会場の広さの違い、会場内の空気の違い、会場内と会場外との距離感の違い、学外者との交流・学内同士・同じ研究室同士という違い、何よりもそれぞれの作家交流の違いと場の作り方の違いがあり、興味深かった。別個の無関係な3展覧会だ。無理にそれらを関連づける必要も無いだろうが、性を同じくし、年齢も近い人の展覧会だ。その比較は何ほどかの「今」を考える材料になるだろう。

 以下、見た順番に紹介します。

   ~~~~~~~~

 雑誌や小説の挿絵にそのまま使えそうなグループ展だ。自分の表現したい世界を、外に吐き出すというスタイルで、外向きのオーラ、そのごまかしの無いエネルギーが心地良い。これからも学校やいろんな人や作品から学ぶ事は多いだろうが、自分は自分という姿勢だ。

 それぞれが壁一面を引き取り、さほど大きくないサイズ。今の彼女達の等身大のサイズでもあろう。これから大きくもなり、いろいろと変化していくのだろう。

○ 児玉陽美の場合

f0126829_11265255.jpg


 道都大3年生。非常にエネルギッシュな学生だ。昨年の末から多いに楽しませてもらっている。
 悪たれ娘といった感じのキャラクター的女の子がモチーフだ。顔や体は横向きで目がこちらを透視している。エジプトスタイルだ。線が角張っているのも特徴だ。線と女の子の風貌が、繊細かつ攻撃的に迫ってくる。「何かアタイにモンクあるの!アタイ、好きにするのよ」そんな勢いだ。
 背景は何も描かれてはいない。空気の中を闊歩する児玉陽美だ。色で覆われた空気という背景、今はそういう時期なのだろう。
 モチーフの顔はキツイが天真爛漫でもある。何より作家自身が怖い者知らずという面持ちでの作画であろう。頼もしい存在だ。
 
f0126829_1142586.jpg
f0126829_11422370.jpg
     ↑:「ませ!おて!ふて!」・アクリル ニス。

f0126829_11491789.jpg
          ↑:「絶滅!!」・アクリル ニス。

 これは「ワニ」ではありません。絶滅をしてしまった、あるいは絶滅しそうな「ゴジラ」です。女の子がそのゴジラを慈しんでいるシーンです。


f0126829_11545019.jpg
     ↑:左から、「ねこ おんな」・アクリル ニス、「女の子のゲップはお花よ」・同。

 恋すれば相手の全ては美しい。女の子に恋する画家には、全てが美しいのだろう。世界は彼女のために回る。


f0126829_1204445.jpg
f0126829_121358.jpg
     ↑:左から、「ある映画のワンシーン 02 01」


○ 吉田紋子の場合

f0126829_127454.jpg


f0126829_12824100.jpg

f0126829_12914.jpg
     ↑:左から、「waver」・パネル アクリル、「under water」・同。

 大谷大学短大部の学生。
 大谷の絵画を学んでいる学生がこういう絵を出品しているの少なからず驚いた。嬉しくもあった。何故かというと、良きにつけ悪しきにつけ公募展的作風の学生が多すぎると思っていたからだ。それはそれで良いのだが、公募展的美学になじめない学生がいるはずだ。非公募展な自分の美学をもっとストレートに出せばと思っていた。そこから公募展なりデザインなりインテリアに進めばいいのだろう。

 今作はナルシズムだ。自分に酔っている。何よりそこが良い。
 日本画的な美意識で貫かれている。はっきりとした輪郭線、間を意識した空間処理、もののあわれとか細き美意識で統一しようとしている。

 左側の赤い花が眩しい。それは初潮の印だろう。大人になるという吉田敏子の宣言でもあろう。

 右側の作品、何も描かれていないところが随所にある。僕はそういう絵に強い関心が向く。この絵自体はどう作るかに苦心していて、未完成な部分が多いと思う。描かないというか省略にこだわっている。
 僕は思うに、絵は消去が大事な作業になると思うが、「描き過ぎ」を覚えないことには単なる間の美学に終わるのではないだろうか?過剰な精神が過剰な消去を生む、僕自身の美学はそういうものだ。そういう目で絵を見ている。
 おそらく学生はようやく自分の美学に手応えを感じ始めた時期なのだろう。そのたゆたゆしい喜びが絵を覆っている感じだ。水面の下の不可視な部分にこれからチャレンジしていくのだろう。もっとロマンとエロティッシュに満ちるのを期待しよう。


f0126829_19212561.jpg
     ↑:「アオノヘヤ」・板 包帯 ガーゼ アクリル。

 今展ではガーゼをコラージュした作品が多々あった。上掲の作品もそうです。ガーゼの透けて通るような艶めかしさと、肉感に通じる生理をみているのでしょう。作品として効果的かどうかは別にして、なんとか絵を自分のものにしたいという声が聞こえてきそうです。

f0126829_19264093.jpg
     ↑:「カタクナニ」・キャンバス ガーゼ 包帯 油。

 小さな作品。どうのこうの言う作品ではありません。学生自身の痕跡を今展に残す為の作品だと思う。こういう作品を他人に見せるのが大事だと思う。


○ erica※の場合

f0126829_19355484.jpg


f0126829_19372582.jpg
f0126829_19373822.jpg



f0126829_19445940.jpgf0126829_19452543.jpg
f0126829_19453740.jpg
     ↑:「三匹ヒオンナノコのカミ」。


f0126829_19494364.jpg
f0126829_19495568.jpg
     ↑:左は、「とおくのイエ」。


 専門学校の方と伺ったが、詳しく聞いてこなかったので詳細は不明です。いずれにせよ、他の参加者と年齢は近いでしょう。
 マイペースというスタイルでの展示と作風。きっと線描が好きなのでしょう。それを小さな世界でまとめている。見る立場としては、もう少し大きな作品で、画面の中で物語を開いてくれればと思う。今は壁をキャンバス(支持体)にして、部品としての一つ一つを暖め楽しんでいるみたい。もっと、顔なり家なり髪なりが独り立ちしたら楽しいだろう。


 (吉田さんの名前が間違っていたので訂正しました。誤・吉田敏子⇒正・吉田紋子 あやこ)

by sakaidoori | 2010-04-09 12:36 | 北専・アイボリー
2009年 12月 02日

1104) さいとう 「児玉陽美・個展」 11月17日(火)~11月22日(日)

○ 児玉陽美・個展

 会場:さいとうギャラリー
    中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
     (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:2009年11月17日(火)~11月22日(日)
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(11・21)

f0126829_1647174.jpg


f0126829_16495182.jpg


f0126829_16502579.jpg



 (以下、敬称は省略。)

 児玉陽美は道都大学で立体を勉強している学生。

 
 会場全体に細い空気感が漂っている。壁面の立体作品と絵画が特に面白い。ユーモラス?シニカル?漫画風のキャラクター女、可愛くも綺麗でもなんでもないのだが、やけに顔を強調したスタイルには、思わず苦笑いやもらい泣きをもらってしまった。
 
 二十歳前後の若い女性心が収縮し軽く跳ねだしたい世界、「女は顔よ、裸よ、ちっちゃなおっぱいと薄い恥毛よ!」そんなことを口の中でもぐもぐ言いながら、ピントの合わない視線で「世間を闊歩したいのだ、するのだ、できるかな?」そんな心の声が聞こえてきそうだ。

 確かに技術はまだまだだと思う。洗練度は低いのだが、省略する感覚や線に対する自己愛的表現には愛すべきものがある。何よりバランス感の不定形さが心地良い。その遊び心と悶え心を注意して見ていこう。


f0126829_17344645.jpg
     ↑:左の緑色の作品・「○○○ヨクナイ カッコヨクナイ」。その隣の黄色の作品・「きづかなくてイイこと」。

f0126829_17443632.jpg


f0126829_17504259.jpg
     ↑:「すれチガエナイ」
 
 タイトルもわかるように、対人関係における自己意識に強い関心があるようだ。「他人」や他者を見る「目」が気になるのだ。だから素顔としての「裸婦」表現になるのだろう。「裸の正直な生き方をしたい」、願望や理想の造形化を見る思いだ。ざっくばらんな良いネーミングだ。


f0126829_17595131.jpg
     (↑:壁の作品は全て「泣く女」。)


f0126829_1821333.jpg




f0126829_1894062.jpgf0126829_18101130.jpg












     ↑:「なく女 07 オンナになるということ」

 小さい作品はあまりにも作家自身と等身大だから、作品の出来・不出来などは児玉陽美にとっては気にならないだろう。
 だが、こういう大作はそうはいかない。大いに悩んだ末の立体造形だろう。この作品が成長していくのを見ていこう。まさに願望としてではない「オンナ」に作家になることだから。
 

by sakaidoori | 2009-12-02 18:19 | さいとう