栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:元気なアート展 ( 2 ) タグの人気記事


2013年 10月 31日

2281)②「あかとき発信 元気なアート展」 (深川)東洲館 10月16日(水)~10月31日(木)

 

  

あかとき発信   元気なアート展   
    

  
 会場:アートホール東洲館 
      深川市1条9番19号 経済センター2階
       (JR深川駅を降りて直ぐの左側のビル)
     電話(0164)26-0026

 会期:2012年10月16日(水)~10月31日(木)
 休み:月曜日 
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(10.30)

 2280)①の続き。



f0126829_23204552.jpg




f0126829_23213575.jpg




f0126829_23474751.jpg





 極力全作家を載せたいと思っています。さて・・・。

 個別作家に行く前に、展覧会の全体印象を記しておきます。
 個々の作品はエネルギー充満型が多い。また、単純な出来映えがかえって泣き笑いをもらう感じで、まさしくタイトルの言う「元気なアート展」を感じる。だが、基本は「一作一作を軽く楽しく見て下さい」という作品展だ。だから、エネルギー充満型の発散度は影を薄め、上品なおすましさんみたいだった。作品のギラギラ感をもっと強く出してもいいのではと思った。どこかに遠慮があるのかな?会場が単に綺麗で広いからかな?


 さて、①ではフランスでの「アール・ブリュット・ジャポネ展」参加作家2名から始めた。
 ②では、彼等に勝るとも劣らない作品から始めます。もっとも、作品の優劣はあるかもしれないが、選者の好み次第でしょう。それほど充実している作品展だと思う。




f0126829_23503675.jpg
   ↑:得能サチ子、「うれしいこともあるだろさ、かなしいこともあるだろさ」。



f0126829_23532838.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)



 参っちゃった!この精密さ、この華やかさ、この集中力!まるで折り紙を切って、織り合わせたみたいだ。間違いなく直筆です。
 装飾模様に強い驚き、さらに生き物にも小さな驚きだ。しっかり描いてはいるのだが、ちょっと変で可愛い姿が、万華鏡模様と一緒になって楽しさ倍増だ。素晴らしいとしか言いようがない。



f0126829_23583788.jpg
   ↑:得能サチ子、「サチ子」。



f0126829_005021.jpg


f0126829_012581.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)


 確かに同じ技法なのだが、全体イメージは全然違う。何なんだろう?





f0126829_03086.jpg
   ↑:得能サチ子、(ぶら下がり作品と台座の上の作品)「サチ子 Ⅲ」。



f0126829_05053.jpg
   ↑:(ぶら下がり作品の部分図。)



f0126829_063355.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)



 やはり「織り」というか、「折り紙」で作られる世界が原点にあるのかもしれない。折り紙自体を自分で作って、その折り紙を織って「得能ワールド・桃源郷」ができあがる。万華鏡のようなキラキラした世界だ。







f0126829_0111940.jpg
   ↑:小野寺明子



f0126829_0123781.jpg
   ↑:小野寺明子、「アッコの世界 2013-2」。



 ゴーギャン張りの色面が世界を作る華やかな装飾だ。可愛くはないが憎めない変てこ坊主たちだ。






f0126829_022067.jpg
   ↑:輪田勝枝、「とり・とり・とり」。





f0126829_0234232.jpg
   ↑:山谷好一、「やまやこういち」。


 自分の名前を描き連ねている。アウト・サイダー作品では時々見ることができる。
 おそらく、自分の名前の「書き方」を教えてもらったのだろう。そして、自分という存在が、「文字」という外の世界に飛び出ていく瞬間を関知したのだ、「文字」を理解したのだ。何かが自分から離れ、再び自分に戻ってくる。それは反復され、名前が自分自身の分身のようにして自動運動を起こしていく。「文字」が「生き物」に飛躍したのだろう。自己確認であり、他者確認も含まれているのだろう。自分が自分であること、他者の存在に気づくこと、そういうアイデンティティー的行為として理解している。





f0126829_031939.jpg
   ↑:坂下信八



f0126829_0315764.jpg
   ↑:坂下信八、「母」。



 下手な文字と侮ってはいけない。拙い文章と見下してはいけない。明々快々な言葉であり、意見、感情表現だ。無駄は一切無い。敬語等の装飾もない。見習いたいと思う。

 そして、亡くなられた「母」に対する感謝の言葉。見習いたいとは思うが、なかなか腹の底からはでてこない。そもそも「感謝」という発想が乏しい。考えねばならない。情けないが仕方がない。とりあえずは、「妻」に対する感謝の念を腹の底の底にきちんと仕舞い込まねばならない。そして、いつでも出し入れしないといけない。




f0126829_052234.jpg
   ↑:坂下信八、「友達からの手紙」。






f0126829_0525435.jpg
   ↑:小俣裕己、「おばけ」。



f0126829_0552821.jpg





 いろんな表現があるものだ。
 楽しい展覧会ではあった。同時に、考えさせられる時間でもあった。

by sakaidoori | 2013-10-31 01:19 | [深川] | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 30日

2280)①「あかとき発信 元気なアート展」 (深川)東洲館 10月16日(水)~10月31日(木)

 

  

あかとき発信 元気なアート展   
    

  
 会場:アートホール東洲館 
      深川市1条9番19号 経済センター2階
       (JR深川駅を降りて直ぐの左側のビル)
     電話(0164)26-0026

 会期:2012年10月16日(水)~10月31日(木)
 休み:月曜日 
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(10.30)


f0126829_20571842.jpg
   ↑:(JR深川駅前の風景。)


 JR深川駅に隣接している「アートホール東洲館」に行ってきた。「坂本順子回顧展」を見るためだ。が、今月の前半で終了していた。まったく、いつもながらのトンチンカンな動きをしたものだ。幸い、受付の関係者から展覧会の様子を写真で見せてもらった。展覧会の様子なども簡単に伺うこともできた。遅まきな訪問ではあったが、得た収穫を良しとしよう。

 しかし、明日までの展覧会「元気なアート展」を見れたのは望外な喜びでだった。


 以下、会場風景を載せます。


f0126829_2163881.jpg



f0126829_2165137.jpg




 当展の紹介文なり説明は一切無い。「あかとき発信」という表題だけが唯一の情報だ。おそらく、福祉施設「あかとき学園」に通われている人たちの美術作品展だろう。「福祉施設美術展」といってもいいし、レベルの高さから「一福祉施設によるアウトサイダー・アート展」と難しく呼んでも構わないだろう。
 実は、つい半月前に福岡市美術館で「アール・ブリュット・ジャポネ展」を見てきたばかりだ。三年前にフランスで日本人だけによる「アール・ブリュット展」が開催された。その凱旋展だ。134名によるもので、全く圧倒されっぱなしであった。その展覧会に、今展出品作家も2名いた。

 そんな前置きをして、とにかく個別作品を見て下さい。まずは「アール・ブリュット・ジャポネ展」参加の作品からです。



f0126829_2139889.jpg
   ↑:平瀬敏裕。左から、「としひろの世界 2013-1」、「としひろの世界 2013-2」




f0126829_2138286.jpg



 ややピンボケ気味ですが上掲作品の部分図を載せます。


f0126829_21433011.jpg



 緻密に×印のようなものが規則正しくただただならんでいるだけだ。実に細かい。その描かれた集合体が海苔のような面になっていて、何となくグラデーションがかってそこに鎮座している。おそらく描き手はグラデーションなどという意識は無いであろう。「どんな意識かって?わからない」ただただ、描くことに意味があるのだろう。

 その緻密さには、さして驚かない。僕の驚きは、この海苔のような面が時によってはふわふわと動き出すことだ。生命体と言ってもいい。あるいは僕の単なる3D的な錯視なのかもしれない。そういう錯視をした時にその細部を見つめると、遺伝子染色体の集合体のようなものを感じ、何やらおぞましい気分になる。ミクロに解体した自己(作家)を見た気分にもなる。







f0126829_2212882.jpg
   ↑:大梶公子、「公子の世界」。


f0126829_2201714.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)



f0126829_2233319.jpg
   ↑:大梶公子、「公子の世界 2011」



f0126829_225512.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)



 先ほどの平瀬敏裕と同様にモノトーンで過剰性も似ている。こちらの方が可愛い?人顔もあるからわかりやすい。わかりやすい分だけ、単純明快に狂おしい。人形が水の中で楽しく泳いでいるのか?苦しんでいるのか?ただただ丸々模様を描き連ねて画面を埋めていき、埋め尽くし終えた後でも残る姿、それを確認しているような楽しんでいるような描き手だ。







f0126829_22132940.jpg
   ↑:諸橋宏昭。左から、「トラック」、「トラック野郎」。



f0126829_2214338.jpg




 端正で大きなトラックたちだ。数をそろえて、「トラック万歳」と三唱したい。







f0126829_22183092.jpg
   ↑:久慈香代子



f0126829_22201699.jpg
   ↑:久慈香代子、「疲れたわ」。



f0126829_2221412.jpg
   ↑:久慈香代子、「宇宙人じゃないよ」。


 全く、「孤独」と「愛」を感じてしまって笑い泣きだ。愛すべき「人物」であり、「人群れだ」。
 「宇宙人じゃないよ」、それは楽しんでの言葉だろうか?哀しみのツブヤキだろうか?もっとも、タイトルの命名者は作家本人ではないだろう。作品と作家とタイトル命名者(企画者?)と鑑賞者、変形四角関係だ。







f0126829_22352094.jpg
   ↑:冨澤知子、「時計 2013」。



f0126829_22373510.jpg
   ↑:冨澤知子、「時計 2002」。



f0126829_22382940.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)


 時計だけの絵だ。「時」を止めたいのだろうか?その一瞬一瞬の時空に意識が全部貼り付いているのだろうか?それは生きることを意味しない行為だ。「今」がないから。「今」が無限の過去の集合体なのか。そもそも「今」とか「過去」などという「時の流れを持っている人なのか?
 旧作は本当に「時計」、「時」だけだった。近作はデザイン性が加わり、「時」を楽しんでいる感じだ。作家自身の心境の変化か?いろんな「時」を見たいものだ。







f0126829_22481541.jpg
   ↑:成瀬裕、「ぼく、才能ある!Part2」。


 表現が重厚明解で力強い。才能はあると思う。そのストリート落書き感覚を沢山見せて下さい。支持体は色々なほうがいい。新聞紙、段ボール、広告紙、包装紙、エトセトラ・・・。




 この項目は続けて②を書きます。続く

by sakaidoori | 2013-10-30 23:12 | [深川] | Trackback | Comments(0)