栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:倫敦採集帖 ( 1 ) タグの人気記事


2014年 07月 09日

2402)①「かわむらえり子的倫敦採集帖」 g.犬養 7月2日(水)~7月14日(日)

      



かわむらえり子的倫敦採集帖                 




 会場:ギャラリー犬養 お風呂ギャラリー  
      豊平区豊平3条1丁目1-12
      (地下鉄東西線菊水駅より徒歩7分。
       駐車場有り。) 
     電話(090)7516ー2208 

 会期:2014年7月2日(水)~7月14日(日)
 休み:火曜日(定休日) 
 時間:13:00~22:30

※ かわむらえり子的倫敦土産店 ⇒ 7/12(土) 14::00~19:00
                 7/13(日) 13:00~18:00  

ーーーーーーーーーーーーーーー(7.5)


f0126829_1585072.jpg




 かわむらえり子による「かわむらえり子的倫敦採集帖」、お風呂ギャラリー・その壱の入口風景だ。大英帝国はロンドンでの、あれやこれやの寄せ集め品だ。


 キャプションに説明文?もあったが、老眼だから読めなかった。品々の個々に関心があるのではない。こんな風に部屋を作る根性とエネルギーや、その仕方に興味津々だ。


 ということですから、以下、お風呂の様子をお伝えします。始めは お風呂ギャラリー・その壱





f0126829_18393160.jpg





f0126829_18354144.jpg







f0126829_18375992.jpg






f0126829_1536432.jpg







f0126829_15363086.jpg





f0126829_15362055.jpg






f0126829_18451784.jpg



f0126829_18454095.jpg




f0126829_18471914.jpg




f0126829_19571892.jpg







 イギリス滞在中の思いで品々だ。コラージュにメモ風にスケッチにと、枠に収めて小綺麗に展示。「採集帖」のお披露目だ。壁そのものを帳面にしてはいない。ベタッと英字新聞を壁に貼って、いかにもニューヨークの屋根裏だ!ではない。そんな貧乏男性の無粋な空間ではない。お洒落にお洒落に、可愛く可愛くだ。「だって、オンナノ子だもの」。




 次は隣の お風呂ギャラリー・その弐です。
 ちょっと雰囲気を変えています。ピンボケ写真もありますが我慢して下さい。





f0126829_20155983.jpg




f0126829_20171537.jpg




f0126829_20172979.jpg







f0126829_20175862.jpg





f0126829_20181821.jpg





f0126829_2023966.jpg



f0126829_20234111.jpg






 当館喫茶室の隣に三つの暗くてせま~い部屋がある。名付けて「お風呂ギャラリー その壱 & その弐」と、「女中部屋」。

 何ともストレートで意味深なネーミングでだ。当館オーナーの趣味がわかろうというものだ。

 若い人が中心になって発表している。人が人を呼んで、面白おかしい場として成長している。普通に作品展示とか、ちょっとエロスとか。時には怪しい作品もあるが、目の玉が飛び出るようなエログロはない。いたって健全明朗なものだ。



 今回、二人の女性・・かわむらえり子(お風呂・壱と弐) & 林美奈子(女中部屋)・・がたまたま似たようなことをしていた。空間を部屋に見立ててインスタレーション展示だ。ミニ・ショップorミニ・ポップ風で、いかにも若い女の子の飾り付けといった感じだ。

 若い女性は面白い。感性をズバズバっと表に出して、しかもあっけらかんだ。内心はいろいろあるはずだが、作品(空間)自体に思わせぶりな知性や、気取った感性がないから良い。もちろん、いろいろと考えてのものだが、「とにかくやるっかない精神」で、やはり豊かな時代の申し子だ。





f0126829_20302457.jpg  次は②で、女中部屋の林美奈子展です。


 
 

by sakaidoori | 2014-07-09 00:10 | (ギャラリー&コーヒー)犬養 | Trackback | Comments(0)