栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:三月展 ( 3 ) タグの人気記事


2014年 03月 19日

2375)「藤女子大学写真部写真展 三月展」 アイボリー 終了/3月11日(火)~3月16日(日)

   


藤女子大学 写真部写真展

    三月展
    


  
    
 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
      中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
      (北西角地、北&西に入り口あり)
     電話(011)251-5130 

 会期:2014年3月11日(火)~3月16日(日)   
 休み:
 時間:11:00~19:00 
     (初日は、15:00~。最終日は、~17:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(3.15)


f0126829_2326217.jpg




f0126829_2327924.jpg





 モノトーンの作品が会場の機能的雰囲気と合っていて良い感じ。が、会場は広くて、その広さに負けた。確かに経験不足の低学年も参加している。仕方がないと言えばそうなんだが、やっぱり部としての発表経験を伝統として生かし切っていない。会場に負けないぐらいの大きな気持で作品を他人に見せたらいいのに。折角の意欲が小さく見えて残念に思えた。




f0126829_2340469.jpg





f0126829_2340176.jpg



 「いどあゆみ(2年)」は沢山写真を撮ると宣言している。その心意気は素晴らしい。ここに記録しておこう。


 (以下、敬称は省略させていただきます。)




 被写体は非常にオーソドックスなものばかりだ。極端な黒出しや露光過多もなく、一定の幅を静かに歩んでいる感じだ。淡々とした日常ともいえる。
 そうなんだが、全作モノトーンとなると、日常の中の非日常みたいなものがかもし出されていて、グループ展の効果だろう。しかも若き女学生ばかりだ。際だった技量の冴えや強い個性からは遠い。が、初々しさ素直さ、写真をしたいという心は気持ちが良い。懐かしい味がした。これに意図的強さが加わればと思った。





f0126829_23465091.jpg
   ↑:3年・竹中春奈



f0126829_1054921.jpg
   ↑:「庭」。



f0126829_1063118.jpg
   ↑:「それでも」。



 今展一の作品群だ。というか、学生作品としては惚れ惚れするできだ。

 何が良いか?しっかりと対象世界を見つめ、その強い姿勢が被写体を視野から飛ばし、撮影者の「目」と「姿勢」のみを見る方に残像として残している。

 上の僕の写真では、「普通の写真では?」と疑問に思う向きもあろう。その通りです。被写体の魅力は皆無な作品群です。いいしれぬ技も見えてはこない。やはり、写真ですら原作でないと伝わらない魅力があるということでしょう。

 ただ、いつまでもこの被写体で撮影者は満足できるのだろうか?誤解を恐れずに言えば、「何」も撮ってはいない作品群でもある。撮影者の感覚と姿勢を際立たせる手段のようなものだ。(もちろん、当人はそんなことは思っていないだろう。)
 事物そのものへの強い関心が芽生えないのだろうか?視覚世界そのものに対して、強い写真動機が湧いてこないのだろうか?撮影者自身の人間的成長が写真世界を拡げるのだろう。5年、10年単位で変化成長する姿を見たいものだ。






f0126829_1095110.jpg
   ↑:1年・小酒井彩香、「春寒」。




 「白」を出そうと頑張った。

 素晴らしいことだが、モノトーンで白を魅せるのは大変だ。おそらく、「白自体」を追求しても無理だろう。そこが「黒」との違いだ。白は他との関係性がもっとも強い。白自体の色出しを研究しつつ、他との関係で白を際立たせる、しかも「光」というやっかいというか、必須な写真存在を常に念頭に置いていないといけない。






f0126829_10191895.jpg
   ↑:左側が竹中春奈、右側が小酒井彩香






f0126829_19484484.jpg
   ↑:1年・名畑響





f0126829_2135529.jpg
   ↑:3年・橋本つぐみ



 少し気合い不足と思うが・・・。
 昨年末、竹中春菜と2人展をした女性だ。竹中春菜はその勢いを今展にも持続した。彼女は春休みのようだ。雪解けを待とう。








f0126829_216649.jpg
   ↑:1年・中村おとわ




f0126829_221186.jpg






 とても面白い。
 タイトルを付けるならば、「闊歩するスカート」、あるいは「女の子はスカートよ」。
 ちびまる子ちゃんが中高校生になって、スカートを相手に格闘しているみたい。

 いっそのこと「スカート百態」にして、もっともっと遊んだらいいのに。それだけ撮れば、遊びを越えてイマジネーションが膨らむと思う。スカートのチラリズムは「性の象徴」であり、「見られる不思議」であり、「向こうの世界」への橋渡しだ。もちろん「男の願望」でもある。










f0126829_21204436.jpg



f0126829_2121482.jpg
   ↑:以上、1年・平間理彩


 
 1年生だ。写真を撮るのが楽しいのだろう。自力で仕上げるのが嬉しくて仕方がないのだろう。この楽しみ喜びでもっともっと大きく大きく被写体に迫ってもらいたいものだ。

 ところで、今展一の展示占有量だ。エライ!
 というか、会場の割には学生一人一人の出品量が少ないと思う。一人分の空白地帯もあった。事情はともあれダメでしょう。おそらく、一人何mという量を指定しているのが問題なのだろう。一人一人は量に対して余裕を持たせて展示を考えている。結果、全体にすきま風が生まれる。量は量として、多めに作品を用意した方がいいと思う。隙間の美学よりもうるさい意欲の方が学生らしいから。







f0126829_21421792.jpg
   ↑:2年・尾初瀬陸子







f0126829_21445057.jpg
   ↑:2年・井戸あゆみ




f0126829_2145137.jpg










f0126829_2148481.jpg
   ↑:1年・岩代亜子、「Life is...」。




f0126829_21481537.jpg












f0126829_21495552.jpg
   ↑:2年・岩田千穂。左側は「lives」、右側は「うつす」。




f0126829_2150784.jpg




 着眼点が面白いと思う。








f0126829_21532513.jpg
   ↑:1年・植松沙蘭



f0126829_21534290.jpg




 植松沙蘭さんには恋人がいるのかな?頑張って下さい。








f0126829_21575832.jpg






f0126829_21581033.jpg


by sakaidoori | 2014-03-19 22:25 | 北専・アイボリー | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 17日

2372) 「小樽商科大学 写真部 三月展」 資料館 終了/3月11日(火)~3月16日(日)

    



小樽商科大学 写真部  三月展 



 会場:札幌市資料館2F ミニギャラリー3室
     中央区大通西13丁目 
     (旧札幌控訴院
      大通公園の西の果てにある建物)
     電話(011)251-0731

 会期:2014年3月11日(火)~3月16日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:9:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーー(3.6)

 《本編に入る前に、雑感。

 15日(土)、16日(日)と五つの写真展を見た。社会人の有志展が二つ、北海道支部展が一つ、大学写真部展が二つだ。そのうちの一つが前回掲載の「ポンチ展」だ。全てを掲載するつもりです。

 全てがグループ展だった。特に社会人のは充実していた。大学生展もそれなりにチャンとしていたし、何より正直な初々しさが楽しかった。

 24名の社会人撮影者をグループ展で見たのだが、やはり他人から独立した個展を見たい。個展が無理ならば2、3人展だ。「個」でしょう。確かに現在の美術表現は自己表現と同時に社会との関わりを重視している。安直性、利便性とは違った意味で、グループ展の意義もわかる。が、「自分が何を見つめているか、生みたいか、表現したいか、かつ自分の思いのままに展開する」ということは個展でなければ実現できない。
 もちろん、個展として他人に見て貰えるだけの力量を積まねばならない。だが、そのレベルを誰が決めるのかというと、当事者以外にはいない。「卵が先か、鶏が先か」ではないが、「グループ展参加=個展の始まり」だ。
 絵画を含めて、もっともっと「オンリー・ワンとして、俺が俺が精神の個展」が増えて欲しい。》


 閑話休題。本編の小樽商科大学写真部の三月展です。会場風景を始めに載せます。

 (以下、敬称は省略させていただきます。)



f0126829_17591047.jpg




f0126829_17593097.jpg




 全体の印象は小さくまとめている。それぞれの関心を確認している。

 もし確認に重きがあるのだったら、テーマ性にこだわらずにあれこれ沢山出して、自分の好み(偏り、傾向)を気づいたらいいと思う。
 おぼろげながらでもテーマ性なり特定の被写体に関心があるのなら、未整理状態でもいいから沢山出したらいい。どうしても沢山出すべきだ。なるべく大きく。なぜかというと、写真技術向上の王道だから。作品選択センスを磨く王道だから。
 「王道」とは言ったが、あくまでも僕の信念を言ったまでです。それぞれが何でもいいからそれぞれの「王道」を見つけて欲しい。いろんな王道があるはずだ。





f0126829_1813715.jpg
   ↑:4年・浅沼青夏



 よくぞ小樽商大生がヌードを撮った。それだけでアッパレだ。

 マネキンと生のヌードの対比が撮影者のセールスポイントだ。
 ヌードと言えば官能美だが、作品は悩殺からは遠い。まるで人体ですらマネキン的に撮っているみたいだ。モデルや撮影者が若くて、「官能」から遠いからかもしれない。比較の効果を高めるためのマネキンが、意外にも強く機械美や機能美を発揮していて、それに引っ張られたのかもしれない。

 果たして浅沼青夏(男性)の意図はどこにあるのか?対比自体を楽しんでいるのか?
 

 ヌードですら機械美になったのは面白いのだが、作品自体はひ弱だ。被写体との距離感、写真という枠への収め方が安定的で・・・(おそらく、ヌードから生理を削いだのはそれが根本的鯨飲だろう)・・・撮影者の生理が写真から浮いている感じだ。「浮く」が本来の目的か?



f0126829_18465993.jpg



 浅沼作品を自分好みにトリミングしてみた。



f0126829_18492323.jpg



 例外的な作品。
 後ろ向きの下着姿、こういチラリズムのほうが生身の性を感じる。受付嬢は「行為前」とズバリ指摘した。単にチラリズムを楽しんでいた私はいきなり現実に戻ってしまった。








f0126829_18551633.jpg
   ↑:2年・貞廣千里




f0126829_1856764.jpg





 人や動物の「見つめる視線と表情」だ。どこかに「見つめ合う」という関係性があるのだろう。そういう関係性は強く撮らないほうがいいのかもしれない。

 ちょっと気になる表情、そんなことが好きな人か。







f0126829_1973951.jpg
   ↑:4年・岩井峻


f0126829_1971384.jpg




 心象風景か?
 寂しい風景ばかりだ。殺風景という個性的現場だ。強く撮れば撮影者の個性が引き立つと思うが、岩井峻はそれを好まない。気になる「風景」をさりげなく記録するようにしてパチリ。









f0126829_2128133.jpg
   ↑:4年・藪星花




f0126829_21291438.jpg





 被写体をま~るく小太りにしてしまう。そういうボリューム感の好きな人だろう。
 ならば堂々と中央に大きく撮ればいいのに。自分好みの造形としっかり四つに組み合って、その塊を抱けばいいのに。

 何を撮っても自分のボリューム感にできるのは大きな個性でありセールスポイントだ。この感覚を磨いて被写体と大きく向き合えばいいのに。








f0126829_21382023.jpg
   ↑:1年・橋爪翠




f0126829_21392039.jpg



f0126829_21393193.jpg






 人のスナップ写真の方が抜群に良い。どこが良いかというと、余りに普通に素直にパチリ、そこが良い。好きな彼氏を見つけたら、胸キュンキュン・・、そえでも普通に側に近づいて、冒険をするでもなくニッコリ笑ってパチリ。普段着の笑顔が好きな撮影者だろう。普通に普通に人が撮れる、これも特技かもしれない。






f0126829_2146451.jpg
   ↑:1年・武藤昇太



f0126829_2147311.jpg





 あ~、何て素直なのだろう。気になる被写体を真ん中にしてパチリ。しかも優しく優しく。遠くで見守るタイプかな。
 俗に言う日の丸写真だ。日の丸写真で多いに結構。この撮影スタイルで一向に構わない。ただ、表現として続けるとなると難しい。なぜなら、あまりに個性が無いように思われるから。

 今回は「優しさ」が作品を包んでいてほのぼのしている。この姿勢を貫けるか?別の味わいを発見できるか?写真技術を高めながら、初々しさを保ち得れるか?






f0126829_221351.jpg
   ↑:2年・佐藤愛香里、「彼女とバイオリン」。




 いろいろと頭で考えて工夫する人だ。被写体とはいろいろな距離を保ち、彼女の表情の綾に迫ろうとしている。しかし、そういう工夫とは裏腹に、どの写真も収まりがいい。おそらく、「彼女とバイオリン」で何を表現したいかが弱いのだと思う。多分、バイオリンは装飾だろう。だったら、彼女にもっともっと近づいて撮る!眼差しの真剣さ、額の汗ばみ、指先の可憐さ・・・。あるいは、舞うように弾く可憐な全身スタイルなどなど。
 思うに、佐藤愛香里自体がバイオリンの音色に酔っていないのでは。「彼女」と「佐藤愛香里」と「バイオリン」が一つの音楽世界を共有していないみたい。




f0126829_22105924.jpg



 撮影者が語っていたが、この写真は他とは違った雰囲気がある。
 残念なのは、作品が小振りでその良さを強烈にアピールできなかったみたい。




f0126829_22143715.jpg




 またまた好き勝手に佐藤作品をトリミングしてみた。モデルの指があんまり可愛いから。






f0126829_22174536.jpg




 佐藤愛香里の課題は「冒険心」だろう。あるのだが、定型枠にはめがちだ。冒険を晒すのは好まないのか?そうとも思えない。こうして僕のブログに納まるのだから。また会いましょう。

by sakaidoori | 2014-03-17 22:41 | 資料館 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 16日

936) 資料館 「小樽商科大学・写真部 『三月展』」 終了・3月3日(火)~3月8日(日)

○ 小樽商科大学 写真部
    「三月展」

 会場:札幌市資料館2F・4室
     中央区大通西13丁目 
     (旧札幌控訴院、大通公園の西の果ての建物)
     電話(011)251-0731
 会期:2009年3月3日(火)~3月8日(日)
 時間:9:00~19:00
     (最終日は、~19:00まで)
  
ーーーーーーーーーーーーーーー(3・6)

f0126829_18195980.jpg


 小樽は向こうの町でチョッと遠い所だが、そこの小樽商科大学は写真部つながりで気分はとても近い学校だ。北海高校美術部の登石君も無事入学したとのことだ。ますます近くなった。

 この週の資料館は大学生を中心にした写真尽くめだった。極力全部載せたいと思う。
 
 さて、樽商大写真部、白黒ばかり。高学年はそれなりにインパクトはあったが低学年はこれからと言った感じ。内心もっと期待していた分物足りなかったのは事実だ。

○ 上の写真の右側の学生は1年生の飯田汐李(しおり)君。彼女から行きます。

f0126829_18385479.jpg


f0126829_18411445.jpg

 
 たった4枚というのは実にもったいない。
 被写体が面白い。上の2枚だけを見ると、安宿かキャンプに泊った若人を連想する。下の写真を見ると6畳一間の部屋で生活するカップルを連想してしまう。写真は綺麗な物を撮ると相場が決まっているのだが、そういうことにお構いなくわびしく乱雑な部屋にチャレンジしている。
 残念なのは突込みが足りない。これでもかと言わんばかりに「男女が寝ていた」であろう残り香をカメラで追跡していかないと。グッと迫る!あるいは一歩引き下がって見渡す目が欲しかった。整理不能なぐらいの作品数を並べては。
 飯田君はネズミ小僧的ヒョウキンさがある。「女の子」というを利用して、何でももっともっと食らいつくフットワークを期待しています。


○ 次は上の写真の左側の村瀬沙紀(さき)君。

f0126829_21463351.jpg


f0126829_2149666.jpgf0126829_21514831.jpg










 技術も良い。視点も良い。起承転結の四枚1組の配列で過不足も無い。
 最大の欠点はまとめすぎにあると思う。どう転んでもきっちりとまとめる人だから、数を増やすとか、あえて気に入らない写真でも展示効果のために挿入するとか、写真に冒険心があればと思う。
 それにしても素直な写真だ。風景にリズムを見ているのだろう。初々しさが伝わってくる。
 次回は2点1組の8枚構成、大きく多めの展示で心の可能性を拡げて下さい。楽しみにしています。


f0126829_22105713.jpg


f0126829_22124285.jpg

     ↑:22歳・佐藤弘庸

 2人の学生の背景にある作品群の佐藤弘庸(ひろのぶ)君。
 人物をこそっと捕らえる視線です。
 上の女性の寝顔がお気に入り。美人ということもあるが、髪の黒、眉毛の黒、セーターの黒が良い。それらがリズミカルに肌の白を取り巻いている。


f0126829_2218529.jpg


f0126829_2221813.jpg

     ↑:25歳・岩村亮太。

 白黒による都会の風景。人は殆んどがバックから撮っている。後姿というものは撮影者の力量に関わらず暗黙のメッセージを伝えるものだ。佐藤君といい岩村君といい、連続して覗き見的な人物像があるということに寂しさを覚える。きっちり写真を撮っている学生達だから、正面からの人物像も見たいものだ。確かに撮影者のプライバシーという問題があるから、いろいろと大変だとは思うが。


f0126829_22345275.jpg


f0126829_22362256.jpg

     ↑:21歳・川本由依。

 視点は面白いのだがインパクトが小さい。何でだろう?線が細いのかな~?距離感が安定しているのかな~?好きな分、物足りなさの残る作品。


 他にも沢山ありましたがこれくらいにしておきます。

f0126829_22445838.jpg

by sakaidoori | 2009-03-16 23:06 | 資料館 | Trackback | Comments(0)