栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ループ ( 4 ) タグの人気記事


2010年 02月 16日

1199) ②たぴお 「LOOP(2会場でのグループ展) 坂本&手塚作品」 終了・2月1日(月)~2月6日(土)

 LOOP

◎ 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F
    (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
    電話・林(090)7050-3753

 【参加作家】
 道内作家: 石川潤(絵画) 鈴木悠高(絵画) 手塚昌広(絵画) 向中野るみ子(絵画) 渡辺和弘(塗装工芸・カシュー漆) 坂本正太郎(彫刻)
 道外作家: 村上知亜砂(大阪府・ファイバーワーク) 

◎ 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
    中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
    (北西角地、北&西に入り口あり)

 (両会場とも同じ)
 会期:2010年2月1日(月)~2月6日(土)
 時間:11:00~19:00
     (最終日は、~18:00まで)

 事務局: 鈴木悠高造形芸術研究所


ーーーーーーーーーーーー(2・2)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

f0126829_20221165.jpg


 小さい会場なのに、実にエネルギッシュな展覧会であった。だから、今展の見所は「オレガ、オレガ!」という自己顕示欲にあるわけだ。その自己顕示欲と自己顕示欲がぶっつかって、見る人達に何がしかの満足感を与えることができたならば、公開グループ展としては成功だろう。少なくとも僕は満足した。
 それと、鑑賞者の僕らには憶測の域を出ないのだが、作家同士がいかなる刺激を得たかが、内部的にはもっとも大事なのだろう。そこでは、鑑賞者や作品を語る「文」などは意味をなさない。あくまでも、作家個人が他人の作品を横に置いて、「自分の作品に自信が持てたかどうか?」だろう。「他の作家からエネルギーをもらった」などという言葉は論外だ。そういう作家は鑑賞者になればいいのだ。グループの仲間はかりそめの友だ。激しい自己研鑽あるのみだろう。

 そういう激しい火花が交錯しながらも、やはりどこかに優しさがあるのも今展の特徴だ。この「優しさ」、一つの時代の姿だろう。

 さて、他者との「火花」と「優しさ」を体現したのが、欠けた球体作品の坂本正太郎・作品だ。非常にグループ展を意識した作品だが、何とも子憎たらしい程、優しく力のこもった作品だろう。

f0126829_20471812.jpg

f0126829_20475635.jpg

f0126829_20483491.jpg

f0126829_2049760.jpg
     ↑:坂本正太郎(北海道出身・室蘭付近在住?)、「マキシマリズム」。

 栄通風に名付けるならば、「ループ・梵鐘」だ。球体の中の檻にはめ込まれた木の丸い物を、コロンと揺すった。驚いたねー、転がる音が「ボワ~ン」と狭い会場に響いてしまった。とてもびっくりしたので、音を消したくなってうろたえてしまった。驚きのあまり、音そのもを堪能できなかったが、瞬時にイメージは湧いた。雪多き樹の中で、置いては眺め、眺めては鐘を鳴らして、遊びたくなった。

 今作は単品としても秀作と思うが、他者の作品への働きかけは抜群であった。おそらく作家の意図を越えた結果があったと思う。つまり、作家のコメントにもあるが、この作品は「地球」をイメージした完結球体なのだが、何かを丸く作るというよりも、作家・坂本正太郎がどこまで地球になりきれるかを頑張っているのだ。だから、これは終わり無き姿だ。どこまでも、いつまでも叩いて、永久なる「地球」を作ろう。そんな、あけすけに正直な態度が作品の表面を覆っている。確かに余りに美しすぎる。だが、それが作家の理念なのだから素直に見つめよう。彼の真摯な態度が他の作品を優しくつないでいる。


f0126829_21184990.jpg
     ↑:手塚昌広(北海道出身・音威子府在住?)、「days」・キャンバス アクリル。

 「一心不乱、一所懸命に」、それでいて見せる作品だ。「深く何かを見つめている」、というよりも、見つめている作家自身のエネルギーをキャンバスにぶっつけて、しかも美しく見せようという意識が強い作品だ。装飾性華美な作品でもあろう。
 画家には、始めから「たぴおギャラリー」の正面壁面が与えられたのであろう。相当に贅沢な空間だ。その空間を手塚風装飾で埋めるにはどうしたらいいか?その応えがこの作品だ。
 「装飾性」、難しい絵画様式だ。言葉通りの「飾り」ならば、作家はこれほどまでに血眼にはならない。「心象性に包まれた装飾性」、と言えば言葉は綺麗だが、心象世界がいつもいつも「飾り」のように綺麗ではないだろう。いつも綺麗な「桃源郷」を作家は描きたいとも思えない。
 タイトルに「days」とある。「日々の思いを色彩で埋めた」と、見た。画歴の全てを知らないが、「day」を他者の作品との比較で、これほどダイレクトに体験したのは、そう多くは無いだろう。
 僕には装飾世界の向こう側の手塚・ワールドがよく見えない。「何を」見せたいのか、「何を」訴えたいのか、・・・僕にはその始点の作品展であった。


f0126829_21492843.jpg
f0126829_21504981.jpg



f0126829_21511794.jpg


 中央下段の「球体」が目に走る。おそらく、この「円」は画面に入れなければ、収まりのつかない形なのだろう。それを月とも太陽とも見ることができる。大事なのは、この「円」が有るのが良いのか悪いのか、という問題ではないだろう。画かざるを得ない画家がどうしても「円」を画く、その結果に縛られる作家の意識と、そこを突き抜けた画家自身の可能性なのだろう。


 (追記・2月17日: 関係者からご指摘がありました。
 手塚昌広さんの展示位置は、当日に決まったそうです。作品が伸び伸びできて、良い場所だったと思います。
 本編の展示位置に関する私の文章は、展覧会を見ての印象です。間違った推測ではありますが、許される推測の範囲でしょう。そのままにしておきます。)

by sakaidoori | 2010-02-16 21:57 |    (たぴお)
2010年 02月 04日

1183) ①たぴお 「LOOP(2会場でのグループ展)」 2月1日(月)~2月6日(土)


○ LOOP

◎ 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F
    (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
    電話・林(090)7050-3753

 【参加作家】
 道内作家: 石川潤(絵画) 鈴木悠高(絵画) 手塚昌広(絵画) 向中野るみ子(絵画) 渡辺和弘(塗装工芸・カシュー漆) 坂本正太郎(彫刻)
 道外作家: 村上知亜砂(大阪府・ファイバーワーク) 

◎ 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
    中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
    (北西角地、北&西に入り口あり)

 (両会場とも同じ)
 会期:2010年2月1日(月)~2月6日(土)
 時間:11:00~19:00
     (最終日は、~18:00まで)

 事務局: 鈴木悠高造形芸術研究所


ーーーーーーーーーーーー(2・2)

f0126829_2141177.jpg


f0126829_21423998.jpg


f0126829_21431453.jpg



 2会場のループ展、今回はギャラリーたぴおです。

 アイボリーが道外作家中心で、広い会場を綺麗におしゃれな展示。エネルギーを内に溜め込んで、外に出す間合いを計っている感じ。
 転じて、当館ではエネルギー発散型だ。広くない会場にそれぞれの美学をストレートに訴えている。


 7人の作家作品は上掲の写真で大枠は分かるでしょう。全員が道内在住ですから、見慣れた方も多いとは思います。時間があれば、是非足を運んで下さい。大柄の鈴木悠高君がいろいろとお相手をしてくれると思います。


 さて、何人か書いておくことにします。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


f0126829_2253885.jpg

f0126829_2263958.jpg

f0126829_2301383.jpg
     ↑:村上知亜砂(大阪出身・中札内在住)、「生命のダンス Ⅱ」・羊毛。

f0126829_2314674.jpg 何と言っても、元気一杯なのは村上知亜砂だ。
 最初は床の展示予定だったが、現場を見ての大変更。脚立の上り下りは何度だったのだろう?ダクト廻りを清掃して、網を張って、その上に固まりを載せて、張り具合を整えて・・・作家が脚立の上り下りというダンスに興じたが、果たして作品はただ上に置かれただけなのか?ブワンブワンと上手く垂れ下がりダンスができたのだろうか?

 材料は羊毛だ。タイトルに「生命」とある。女性作家が種などの、この種の素材を使う時は「生命、その尊さ」ということが大きなテーマになりがちだ。素材や言葉におもねることなく、作品として他者に訴える力があったかどうか?
 今作、アッパレと思うが、まだまだ作家は遠慮したようだ。天井の白いダクトが、バックボーンのようにして「羊毛」の筋肉・皮膚を支えているよに見える。天井中央の四角く区切られた部分は異星人のようだ。だが、中央に安住し過ぎたようだ。もっともっと天井を這い回っても良かったのでは?作品の四隅にも接近してらよかったのに。他の作家がハラハラドキドキ、心臓のダンスをするかもしれない。
 作家の遠慮なり他の作家への配慮があったのだろう。それと、この種のインスタレーションの経験不足もあったと思う。だから、今回大いなる経験をしたことになる。
 ダンスダンス・・・、次回ははもっと踊るだろう、・・・踊り明かして、踊り狂う・・・、ダンスダンス・・・。


f0126829_22364044.jpg
     ↑:向中野るみ子(道内出身・札幌?在住)、「記憶のカケラ」・アクリル。

 向中野るみ子、7年位前に大谷短大を卒業された。その頃も抽象画で、青地に縦長の角柱が立っていた。角柱は自画像であり、背景の色は心象世界として観ていた。時に角柱は2、3個になったりしていたが、それは人間関係の出現で、その雰囲気を背景が覆うという構造だったのでは。

 さて、今作の三角やいろいろな抽象形は、絵としての抽象というよりも、三角物、四角物という実態として描いているようだ。完全なまでの抽象画の形式を学生時代から続けているようだが、形無き抽象画家には成りきれない気質なのだろう。だが、その頃に比べれば何とも骨太に成長したものだ。どこかしら我が道を行くというスタンスだったが、芯の強さは変わらないようだ。
 今作、形有る物達が非常にうるさい。うるさいが、うるささに徹するには遠慮があるようだ。絵を「枠内」に美しく納めたいという意識が強いのだろう。「記憶のカケラ」は美しくも整然と、意味という連鎖・誤解の中にあるのだろう。その辺を突き破って、「カケラ」に徹することができるか?どこまで「うるさく」描くことができるのだろう?


 (もっと一気に書きたかったのですがすいませんでした。②に続く。)

by sakaidoori | 2010-02-04 23:14 |    (たぴお)
2010年 02月 03日

1181) ②アイボリー 「LOOP(2会場でのグループ展)」 2月1日(月)~2月6日(土)

○ LOOP

◎ 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
    中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
    (北西角地、北&西に入り口あり)

 【参加作家】
 道内作家: カトウ タツヤ(絵画) 川口巧海(版画) ヒグチ リサ(イラスト・絵画) 児玉陽美(彫刻) 佐々木仁美(金工・彫金)
 道外作家: 芦野公平(イラスト) 小崎慎介(映像・立体表現・他) 黒石美奈子(版画) 佐藤美紀子(平面造形) 野嵜貴子(油絵) 平井うらか(絵画) 平野直哉(版画) 東影智裕(立体)

◎ 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F


 (両会場とも同じ)
 会期:2010年2月1日(月)~2月6日(土)
 時間:11:00~19:00
     (最終日は、~18:00まで)

 事務局: 鈴木悠高造形芸術研究所


ーーーーーーーーーーーー(2・2)

 グループ・ループは、若手中心、美術分野混合、札幌在住者を中心に幅広く国内から、を謳っている。彼等自身は「境界を越えた活動を目指すノマド(遊牧民)的表現者集団」と自称している。

 さて、2カ所の会場雰囲気はかなり異なる。
 当館アイボリーは、広い、高い、綺麗。そんな空間で、それぞれがテリトリーを微妙に侵犯しながら、静かにギラギラ自己主張している。道外作家の今の傾向だろう、ちょっとポップに、ちょっと胸騒ぎ、コンパクトで綺麗な仕上げ具合。
 ギャラリーたぴおは、広くない。会場をもっと埋め尽くしたかったと言わんばかりにエネルギッシュだ。ストレートな一本勝負と言った感じ。


 さて、アイボリー作家を何人か載せます。会期終了後でも、もう少し載せたいと思っています。

f0126829_106831.jpg

f0126829_1063651.jpg



f0126829_1084052.jpg
     ↑:カトウタツヤ、「(全て無題)」。

f0126829_10112079.jpg

f0126829_10114772.jpg


 見つめる男(自画像)に背を向ける見つめられる女。
 確かにイメージの世界だと思う。男と女の役割も若者心を反映していてロマンチックではある。だが、イメージを二次平面にバッチリと構築しようという、作家の強い意志が伝わり、一つの傑作だ。

 作家は札幌出身で金沢の大学で美術を学んだ。今回、見知らぬ人ではあるが道外作家と交わるわけだ。そのことに非常に刺激を受け発憤したと思う。もっとも、昨年来、自分の殻を飛び越えたいという意欲が、画面に透かし見えた。そういう作家自身の方向性に、上手くグループ展が混じり合って一つの結果を出したのでは。

f0126829_10225116.jpg
f0126829_10282175.jpg

 つぶされた目、深みは無いが大胆な行動だ。女の背、いつも男はそれに魅せられる。もう少しエロチックだったらと思うが、それは僕の勝手な願望。


f0126829_10373933.jpg

     ↑:小崎慎介(埼玉出身)、バブルジェットプリント 阿波和紙。

f0126829_11441962.jpg

f0126829_11412864.jpg


f0126829_1655558.jpg
     ↑:小崎慎介、(ともに)「a guidepost」・バブルジェットプリント 阿波和紙。


 入り口付近の展示なのだが、帰る時に非常に人の心を悩ます作品群だ。ほんとに小さい作品なのに広い壁一面を使って、ズルイ!と仲間が言うかもしれない。だが、この壁には他者が入り込めない雰囲気。表現演出が抜群に秀でていて、他者は負けちゃいそうだ。

 作品は黒から赤提灯の舞台が立ち上がるというシチュエーション。「黒と赤」だが、闇夜を貫くどす黒く激しい哀愁ではない。深い意味はないのだが人の脳裏に入り込んで、入ったら心地よく遺伝子に組み込まれそうなウィルス的生命体だ。
 作家はとても器用な人だろう。写真・映像・音楽・舞台作りと何でもこなせるのでは。新しさの最前線に位置する人だが、大衆の人情にも気配りができる。神社からリッチ・バーまで等価に彼の前には「風景」があるのだろう。
 目の前に分かれ道がある。細い道と広い道。彼は悩みはしない。気分の趣くままに、進むのだろう。選ぶ道?選ぶ前にどんな「風景」にも、向こうの世界を軽く作るのだろう。



f0126829_11165171.jpg
     ↑:黒石美奈子(山形県出身)、エッチング メゾチント。


 これまた、小さな世界に若い女性心の軽さ楽しさ、そして、ちょっと悩ましい世界だ。
 意図的に「黒」表現にいろいろと取り組んでいると説明されている。その黒さがベストかどうかは解らない。こだわっている姿勢が強く作品に出てていて、イメージ作風のたゆたゆさと重なり眩しい。


f0126829_174697.jpg
f0126829_1745561.jpg
 ↑:左から、「何かを透かしてみる」、「ぺぇ」・エッチング メゾチント 雁皮刷り。

f0126829_1753014.jpg
     ↑:「待ってるの」・・エッチング メゾチント キャンバスに雁皮を裏打ち。



f0126829_1719840.jpg
     ↑:佐藤美紀子(北海道出身、関東在住)、全て「手の詩」・紙粘土 アクリル その他。

f0126829_1721392.jpgf0126829_17223624.jpg
f0126829_1723988.jpg


f0126829_17234733.jpg


f0126829_172695.jpg
f0126829_1744186.jpg



 何とも、怖いような心地良いような・・・摩訶不思議な世界。
 ネズミの巣の世界を思う。ネズミの糞はほこりと土が混ざり合い、固まり形を与えられ、一つの生き物ー「手」として蘇生した。妖しきまでに人を手招きする。素性は綺麗な物ではないが、「生」を与えられた存在には浄・不浄は意味をなさない。
 巣穴を一生涯の住み家とし、何かに寄り添い、手招きし、孤独という友と遊び詩(うた)っている。






 

by sakaidoori | 2010-02-03 11:49 | 北専・アイボリー
2010年 02月 02日

1179) ①アイボリー 「LOOP(2会場でのグループ展) 東影智裕の場合」 2月1日(月)~2月6日(土)

○ LOOP

◎ 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
    中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
    (北西角地、北&西に入り口あり)

 【参加作家】
 道内作家: カトウ タツヤ(絵画) 川口巧海(版画) ヒグチ リサ(イラスト・絵画) 児玉陽美(彫刻) 佐々木仁美(金工・彫金)
 道外作家: 芦野公平(イラスト) 小崎慎介(映像・立体表現・他) 黒石美奈子(版画) 佐藤美紀子(平面造形) 野嵜貴子(油絵) 平井うらか(絵画) 平野直哉(版画) 東影智裕(立体)

◎ 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F


 (両会場とも同じ)
 会期:2010年2月1日(月)~2月6日(土)
 時間:11:00~19:00
     (最終日は、~18:00まで)

 事務局: 鈴木悠高造形芸術研究所


ーーーーーーーーーーーー(2・2)

 昨年のグループ名を変更し、より多くの参加作家と2会場というバージョンアップのグループ展。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 1会場が7名(たぴお)と13名(アイボリー)の総勢20名です。とても全員は紹介不能です。何はさておいて、お気に入りの作家・東影智裕の「へたった動物」を載せます。

f0126829_11332065.jpg


f0126829_11335878.jpg


f0126829_11345766.jpg


f0126829_11411044.jpg
f0126829_11413858.jpg


f0126829_1142284.jpg
f0126829_11432445.jpg
     ↑:東影智裕、「カンガルー」。


 2体ともカンガルー。おっそろしくリアルだ。そしてヘタッたユーモラスな表情。もう、こういう作品は見て楽しむしかない。

 僕にとって好む作品の基準のようなものが幾つかある。その一つに、作品の中の相反する主張が強烈に訴えかける時だ。
 東影・動物の場合は、そのリアルさと嘘さ加減だ。
 リアルさは職人的なあるいは芸術家の執着心と言い換えても良いかもしれない。嘘さとは表現者・東影智裕の遊び心なのだろう。
 リアルや嘘と言ったが、僕は厳密には「カンガルー」の細かい写真像を知らない。だから、作品の中で、どこまでが写実的で、どこまでが誇張なのかを言うことができない。でも、そんなことは作品鑑賞にとってはどうでもいいことだ。人が持っている暗黙の知識、ーそれは誤解だらけなのだがーで充分なのだ。
 まるで剥製のような皮膚感が嘘の始まりだ。実際は油脂の表面に着色したに過ぎないのに。極端に本物臭くないと、作品が作家の所有物から独立していかない。それでは何が独立していくかと言うと、もう一人の「東影智裕」の影だろう。極端なまでにストイックに制作に集中し、どうしてももう一人の自分を作品という形で吐き出さないと、「生活」が全うできないのだろう。東影智裕自身が「へたる」かもしれない。内なるエネルギーを外に昇華させないと、身動きがとれない。そうは言っても、こんな作業を何時間も続けることはできない。作家には申し訳ないが、その辺の限界値あるいは自己制御みたいな点をこちらは勝手に想像し、作家の影の作品を楽しんでいるわけだ。「もっと突き進めばいいのに、途中で止めたな」とか「オッ、この踏ん張りはどうしたことか!」とか・・・。

 作品を綺麗に仕上げる、引き立つように見せる、全てはそこから始まる。強い自己宣言として、「へたったカンガルーと牛」が、苦笑いしながら、晒し首としてそこにいた。


f0126829_12355282.jpg


f0126829_12362824.jpg


f0126829_12373085.jpg
     ↑:全て「cow」。


   ~~~~~~~~~~

 下記会場でも、同期間・時間で開催されています。
 アイボリーの他の作家を含めて、段々と紹介できればと思っています。

◎ 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F
    (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
    電話・林(090)7050-3753

 【参加作家】
 道内作家: 石川潤(絵画) 鈴木悠高(絵画) 手塚昌広(絵画) 向中野るみ子(絵画) 渡辺和弘(塗装工芸・カシュー漆) 坂本正太郎(彫刻)
 道外作家: 村上知亜砂(大阪区・ファイバーワーク) 

by sakaidoori | 2010-02-02 12:44 | 北専・アイボリー