栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:テーマ展 ( 2 ) タグの人気記事


2012年 04月 13日

1702)「札幌市立大学 写真・映像部「SEED」 -拡張する視覚-(4人展)」アイボリー 4月11日(木)~4月15日(日)

 
○ 札幌市立大学 写真・映像部「SEED」 

       ー拡張する視覚
  


 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
      中央区南2条西2丁目 
       NC・HOKUSENブロックビル4階
      (北西角地、北&西に入り口あり)

 会期:2012年4月11日(木)~4月15日(日)
 時間:11:30~18:30 
   
 【参加学生】
 鈴木智夫 早坂佑磨 冨田歩 山下恵

ーーーーーーーーーーーーーー(4.11)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 二部屋の会場風景から、ほぼ全部です。
 まずは入り口のA室を左回りに行きます。

f0126829_21155210.jpg



f0126829_2118170.jpg
     ↑:(正面のわけのわからない「肉塊」、アッと声が出そうだった。)


f0126829_2120174.jpg



 次は隣室に移動するのだが、「赤い唇」が目に飛び込む。オレを呼んでいる、と錯覚してしまう。


f0126829_21221148.jpg



f0126829_2122523.jpg



f0126829_21232255.jpg
     ↑:(写真でも雰囲気が出てると思うのだが、このB室は光具合が独特だ。会場の訪問者が蜃気楼のようだ。どこかトリッキーで、現実感がない。虚なる映像空間と言えばいいのか。女性がイスに重なり合っている。イスからはみ出たら違う世界に連れて行かれそう・・・、そんなあやふやな、はかない存在に見える。)



 実に頼もしい大学写真展だ。
 明快なテーマ展だ。心象風景とは異質で、悪く言えば頭でっかちなところがあって、「知」で写し撮るというスタンスだ。だが、大学生なのだ。頭でっかち大歓迎だ。「柔な心象風景よ、おさらばさ」とでも言っている。

 さて、二人の学生と話し込んだ。その人を中心に進みます。


○ 山下恵の場合


 何と言っても、異様な肉体写真からだ。


f0126829_21341564.jpg
     ↑:山下恵


f0126829_2134573.jpg



f0126829_21352065.jpg




 何から何まで変な写真だ。女性の体?だとは思うが、どこなのかが分からない。それは想像する楽しみのため?ではないだろう。それに、裸体?で、豊満な体を連想したくなるがエロスでもない。厭らしく夢想したいが、、実際、少しは厭らしい気分も涌いてくるのだが、どうもエロスとしては盛り上がらない。見えにくい処もあるのだが、チラリズムとは全く無縁だ。
 見る人を小馬鹿にしたような開けっぴろげさ、一体何なんだろう?
 この強引、豪腕、大胆さには恐れ入った。なりふり構わず、瞬時に強く一点を見る、その目の続きを大いに期待しよう。
 (山下恵はこの3点だけ。もっと大きく見せたかったが、搬入等の制約で不可だったとのこと。この作品をもっと大きく見せたいなんて、重ねて重ねて天晴れな女子学生だ。男の鏡だ。)



○ 次は冨田歩
  「黒と色と光」、「赤と白と光」、そういう世界だ。の出品。

f0126829_2262748.jpg



f0126829_2265716.jpg



 しかし、もっとも目立つのが唇だ。マリリン・モンローに見えるかな?欲望の権化になっているかな?


f0126829_21561626.jpg

f0126829_21563991.jpg

f0126829_2157697.jpg



 撮影者は「目」も出品したかったとのことだ。本当にそうだ。というか「目と口」とか、それに類するもので特化して発表すればよかった。
 撮影者はいろいろと考えている。その考えすぎが唇と闇という無縁な世界に共通項を見いだす。
 つまり、自分の中の美的なものとか、止むにやまれぬ衝動とか、情念と撮影行為が分離している。何かの為の撮影であり、手段としての作品だ。試験管の中の実験結果と言っても良いだろう。
 そういう意味では、写真の出来映えに関係なく、作品自体にのめり込めないところがある。だから、大胆な唇さえもデザインや飾りになりかねない。いや、飾りになってもいいのだ。そういう意識で作品化しているのならば。
 それでは撮影者の肉声が皆無かといえばそんなことはないだろう。何より、美しさをもっとも重視している。何より、物事を素直に真っ直ぐ見ている。
 問題は「何の為の写真か?」ではなく、「自己自身と写真との距離の確認」だろう。「武器としての写真」か、「自己の延長としての写真」か、なのだろう。



○ 鈴木智夫の場合


f0126829_22384090.jpg



f0126829_2343018.jpg


 
f0126829_235488.jpg



 なかなかのテクニックだ。写真技術もそうなのだが、演出と言い、間の取り方と言い、素晴らしい。
 被写体を楽しむと言うより、撮影者の技巧を楽しむと言った方がいいだろう。撮影者と被写体の関係は迷いなくはっきりしている。「私撮る人、君撮られる人」だ。だから、撮る撮影者の客観力が問われるところだろう。どこまで高みに行けるか、登れるか。その高みから、どれだけ見る人にサービスを与えれるか。徹底的に自信に満ちて振る舞って欲しい。その自信の隙間の闇の部分が作品ににじみ出ると、もっと面白いだろう。



○ 早坂祐磨の場合


f0126829_23135315.jpg



f0126829_231546100.jpg



 どこか映像を見ているような流れだ。一見爽やか心象風で、イメージの後追いには違いない。あまりビビットに迫らないで、色もふやけたムードで、被写体も当世若者スタイル風で、親しみやすそうだが、イメージとして固着させない世界だ。だからといって流れの先に何かを見せたいではない。流れ流れて、流れてないよ。どこか冷めた雰囲気だ。

f0126829_23223367.jpgf0126829_23225755.jpg
f0126829_2323166.jpg



f0126829_23235413.jpg
f0126829_23241644.jpg



f0126829_23253831.jpg




※ 次の作品、撮影者がわかりません。明日中には問い合わせます。
  どなたの作品か、想像できますか?
  相当に知的で、写真技術にも長けています。


f0126829_23301621.jpg



f0126829_23303922.jpg



f0126829_2331317.jpg



 暗い世界ですが、淡い光の取り込みに意を用いている。一枚一枚の被写体に重きは無さそう。遊んでいるというか実験しているというか・・・リンゴや雨粒にロマンティシズムがあるのか。
 光の淡さや象徴的なロマンなどは、流れるような写真群の早坂祐磨君だろうか

by sakaidoori | 2012-04-13 00:43 | 北専・アイボリー | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 07日

1109) ①北広島市芸術文化ホール 「はこ展」  11月20日(金)~11月29日(日)

○ はこ展

 会場:北広島市芸術文化ホールギャラリー
     北広島市中央6丁目2番地の1 
     (JR北広島駅東口4番出口、徒歩1分。
      札幌駅から当駅まで快速で16分。)
     電話(011)372-7667

 会期:2009年11月20日(金)~11月29日(日)
 時間:10:00~18:00 
    
※ 作家によるギャラリー・トーク ⇒ 11・21(土) 13:00~

 【参加作家】
 田村陽子 西山省一 橋本祐二 林玲二 森迫暁夫 脇坂淳
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(11・25)

f0126829_7451628.jpg


 会場はJR北広島駅の東口の敷地内で、特徴のある建物ですぐわかります。
 そのドーム風のスタイルが何とも大仰な感じがしないでもありません。アッそうか、広島の原爆ドームを意識したのか。そう気付くと北広島市の心意気を伝えているよで、これはこれでいいのだろう、そんな感じで建物へ。
 中は綺麗で広々としている。入り口右側に図書館があります。書架も低く、ショッピングのような開放感、蔵書もしっかりしていて一見の価値があります。

 何も考えずに入り口から円形のホールを真直ぐに進むと展覧会会場です。
 ホールの円さに反して完璧長方形です。一番の特徴は天井の高さです。この高さが無味乾燥になりがちな四角さを生かしていて、明るさ清潔感と交わって市民的な公共空間を作っています。近代建築の持つ冷ややかさに不満を持つ方も居るかもしれません。ですが、この広さは立体作家には喜ばれるでしょう。

 「栄通記」初登場の会場ですから、前置きが長くなりました。

 さて、「はこ展」です。

f0126829_7462597.jpg



 「はこ」にこだわったテーマ展です。「はこ」をどう理解するかは自由。当然「箱」が主流のようですが、そんな常識で全てが終わるようでは芸術作家の名前が泣きます。
 何より好ましいのは、与えられたテーマによって、普段と同じ制作をしながらも作家心の可能性を広げていることです。芸術は自立自尊、独創性が常に問われますが、半強制的枠組みが作家自身の枠を開くことがあるのです。その小さな事例を本展で見る思いです。

 それぞれは知的な側面を備えた作品群です。正面から眺めてスッキリしたというものではないので、多角度から写真を載せたいのですが6人という中所帯、そのさわりだけでも伝えれればと思います。

f0126829_8131185.jpg


f0126829_8135287.jpgf0126829_8142817.jpg









 ↑:西山省一(1960年 札幌市出身)、「古代の鳥かご」。

f0126829_8203433.jpg


 上掲作品、ネーミングが素晴らしい。右から「ハコロガシ」、「ハコンドル」、「ハコガネムシ」。特にハコロガシとハコンドルは今年の栄通ネーミング大賞です。ただただ「ハ」を入れただけで、ただただ箱の作品を作っただけで、人の心に残るなんて。美術は作品そのものだけで語る時代ではない小さな小さな証です。
 作品自体は「ハコガネムシ」は色もあっていいのですが、余りにも普通で、箱の上に乗る鳥の「ハコンドル」(箱・運ンドル)の超常識を超えるものではないようです。


f0126829_832632.jpg
     ↑:脇坂淳(1961年 羽幌町出身)、「The Seed -二つの種ー」。

 籠二つがザ・ピーナッツみたい。中の丸い球には文字が張られていて、見る人のイメージを強引に作家の方に引っ張ろうとしています。おそらく、生命や社会と同時にそれらの桎梏のようなものも表現したいのでしょうか?今作の文字は作品との一体性が強くて、読むものの意識を膨らませるのには不成功と思いますが、真面目で真摯な作家だと創造されます。


f0126829_933349.jpg
     ↑:橋本祐二(1953年 網走出身)、「内にあるもの、なにもなにも」。

f0126829_95184.jpgf0126829_955030.jpg










 ガラスアートです。
 自己の展示空間を斜線という直線、箱形のL字形で切っている知的行為に着目すべきでしょう。
 ガラス作品は中は光を湛えた曇りガラス状で、中から表皮やボディーを美しく着飾るというものです。そして白と黒の対比、インテリア感覚ですが知的操作が心憎い。


f0126829_9122976.jpg




 思いの外長くなりました。久しぶりの続編スタイルということで。(②に続く。)

by sakaidoori | 2009-12-07 09:36 | 【北広島・由仁】 | Trackback | Comments(4)