栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:さよならバグ・チルドレン ( 2 ) タグの人気記事


2013年 03月 28日

1995)②「山田航歌集『さよなら バグ・チルドレン』をめぐる変奏展」テンポラリー 3月16日(日~3月31日(日

  
山田航歌集 「さよなら バグ・チルドレン

             をめぐる変奏 展
        



 会場:テンポラリー・スペース
      北区北16条西5丁目1-8
       (北大斜め通りの東側。
       隣はテーラー岩澤。)
      電話(011)737-5503

 会期:2013年3月16日(日)~3月31日(日)

 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00 

 【参加作家】
 野上裕之(彫刻) 藤谷康晴(絵画) 佐々木恒雄(絵画) 森本めぐみ(造形)
 高臣大介(ガラス) 久野志乃(絵画) 吉原洋一(写真) アキタ ヒデキ(写真・文)
 ウメダマサノリ(造形) 森美千代(書) 中嶋幸治(造形)
  メタ佐藤(写真) 藤倉翼(写真) 竹本英樹(写真) 及川恒平(ソング)
  
    ・・・(ブログ「テンポラリー通信」よりコピー)


ーーーーーーーーーーーーーー(3.22)

 1988)①の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)



f0126829_22454594.jpg



f0126829_22462287.jpg
     ↑:森美千代、「掌のうへに熟れざる林檎投げ上げてまた掌にもどす木漏れ日のなか」


 「投げ上げた書がひらひらとテンポラリーの西日の中に漂いそう」、そんなムードで、書は落ちずに天井にある。
 が、短歌の含意はそうではない。
 掌に青みがかった林檎がある。その林檎を上に投げる。視線は乙女を追うようにして林檎の軌跡を愛おしむ。日が当たる。その中に乙女を愛でるようにして林檎は掌に帰ってくる。愛撫する。かじろうか、そっとしようか。熟す(大人になる)のを止めたい。
 きっと評者は動きや光や色をも捉えた瑞々しい青年の感情、恋心の機敏に感嘆することであろう。

 森美千代は写真もする。写真の方が自由に表現している。
 「書(かな書)」・・・習い事という約束事に身を置いて、さらに「文字」という約束事を倦まずにもくもくと書き続けている。自己表現と言うよりも、筆が約束事の文字をスルーっと自由に描ききる、その時が来るのを待っている。律儀に真面目に自由が筆や腕に乗り移るのを待っている。そういう意味で、書に関しては努力し、待つ女だ。
 そういう堅さ律儀さが彼女の書にはあった。今もある。が、大きくのびやかな気持ちが、今回はある。熟女的乱舞する姿は皆無、乙女的パリパリ感を通り過ぎて、独り立ちしよう、そんな書に見えた。



f0126829_23454287.jpg
     ↑:(赤い作品) 中嶋幸治、「楽器庫の隅に打ち捨てられてゐるタクトが沈む陽の方を指す」


f0126829_23483422.jpg



f0126829_23491427.jpg



f0126829_23494845.jpg



 捨てられたタクトの目線は何処だろう?滅びの美学か?指さす希望か?
 中嶋幸治・作品、タクトに注目すべきか?全軍の指揮者か?独立独歩の象徴か?
 血潮のほとばしる手に注目すべきか?それは意志力か、権力か?

 彼の作品には常に滅びと強さが同居し、それらが色に包まれていた。砂の白、圧迫線の黒、紙のクリーム色が意志と美学を象徴していた。そして今展は赤だ。

 手は武骨なまでに大きく力強い。美術品としてはいつまで存在できるのかと惜しみたくなる。無くなることを作家は意に介さない。無くなる一歩手前の存在に常に向き合っている。

 キツサと強さとシンプルな美学、そして「中嶋幸治、我が道を行く」ということか。




f0126829_0203128.jpg
     ↑:梅田マサノリ、「旅行鳩絶滅までのものがたり父の書斎に残されてをり」


 最近の梅田マサノリは標本シリーズを一端中止している。今展、先祖帰りのようにして標本でご挨拶だ。

 氏の標本シリーズの特徴は、すこぶる真面目で本格的なのだが、どこかが何かが変なのだ。意図的なのか、たまたまなのか、氏の性なのか?今作もそうだ。どうのこうのと言うほどのことはないのだが、腫瘍がベタッとこちらの肌に引っ付く感じだ。作家は良い人だから良性の腫瘍だろう。でも、作品は悪い人で悪性かもしれない!



f0126829_0314962.jpg
          ↑:藤倉翼、「永遠といふ名の青い週末に死よりも少し愉しい旅を」。


 短歌は楽しくないものだが、美人がニッコリしていてホットする。
 白装飾は黄泉への旅立ちなの?そんな無粋な。抱きしめあって昨日や明日を忘れよう。それが美女という仙薬だ。普通にロマンティックにくつろいでいる写真家・藤倉翼だ。



f0126829_0411589.jpg
     ↑:メタ佐藤、「真っ白なことばが波に還ってもこの国道は続いてほしい」。


 写真作品、私や回りが写り過ぎですいません。見た人にとっては記録になるでしょう。
 余計な現象を想像力で消去して、原作回帰を試みて下さい。これも「メタ」作業かもしれない。


 
f0126829_0492624.jpg
     ↑:久野志乃、「粉と化す硝子ぼくらを傷つけるものが光を持つといふこと」


 最近の久野志乃作品に、傷つけられる弱さはない。自信に満ちて強い青で何かに突き進んでいる。
 その彼女が、こういう自傷の句を選んだ。彼女が求める光には「ガラス」という刃があったのか?この句を知って、あらためて自身の光を再考したのか?
 こういう句を選んだ画家に一抹の不安を覚える。今の強さは強迫観念ではないと思いたい・・・。



f0126829_0585393.jpg
     ↑:森本めぐみ、「世界といふ巨鳥の嘴を恐れつつぼくらは蜜を吸つては笑ふ」


 どうも、森本めぐみという人は、グループ展になったら小さく見える。考え過ぎなのか、どこか性格が引っ込み思案なのか?確かに、こういうお伽噺のような小さな世界も作る人だ。が、僕には解しかねる。チャレンジ精神が皆無だ。おそらく、自分の世界に没入しているのだろう。それはそれで精神の安定には欠かせないのだろう。

by sakaidoori | 2013-03-28 08:04 | テンポラリー | Trackback | Comments(8)
2013年 03月 24日

1988)①「山田航歌集『さよなら バグ・チルドレン』をめぐる変奏展」テンポラリー 3月16日(日~3月31日(日

  
山田航歌集 「さよなら バグ・チルドレン」

             をめぐる変奏 展
        



 会場:テンポラリー・スペース
      北区北16条西5丁目1-8
       (北大斜め通りの東側。
       隣はテーラー岩澤。)
      電話(011)737-5503

 会期:2013年3月16日(日)~3月31日(日)

 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00 

 【参加作家】
 野上裕之(彫刻) 藤谷康晴(絵画) 佐々木恒雄(絵画) 森本めぐみ(造形)
 高臣大介(ガラス) 久野志乃(絵画) 吉原洋一(写真) アキタ ヒデキ(写真・文)
 ウメダマサノリ(造形) 森美千代(書) 中嶋幸治(造形)
  メタ佐藤(写真) 藤倉翼(写真) 竹本英樹(写真) 及川恒平(ソング)
  
    ・・・(ブログ「テンポラリー通信」よりコピー)


ーーーーーーーーーーーーーー(3.22)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 歌人・山田航は昨年の夏に第一歌集出版した。「さよならバグ・チルドレン」(フランス堂出版 2200円)だ。
 いろんな分野の表現者が、その歌集から一首選び、和する形でそれぞれが自己表現した作品展だ。歌人を知る仲間達が処女出版を祝うものだろう。「良い歌集ですね。おめでとう。僕はこの歌が好きだよ」では芸がない。何がどんな風に気に入ったか、どう良いのかを語ったことにならない。表現者として心の交歓にならない。対話にならない。

 美術展のような文学展のような、精神の交じり合い展と言うべききか。どういう対話が実現したか、会場風景を見て下さい。



f0126829_185286.jpg




f0126829_1853070.jpg
     ↑:(以上、1階の様子。)





f0126829_1882515.jpg
 



f0126829_1893489.jpg




f0126829_1895660.jpg




f0126829_18104137.jpg




 1階の窓側は最後に紹介しますが、似た雰囲気です。



 グループ展と言えなくもないが、「山田航 短歌精神」が基本にあって、参加者相互の対話は強く打ち出されていない。白き空間で、それぞれのバグ 参加者)が夢を食んでいるようだ。大きな夢を見て、一人興奮気味に暴れる人はいない。寝ているのか、冷めているのか、それぞれが白昼夢に陥ったよう。


 展覧会の意義・意味は無視して、作品として感心したのを載せます。選んだ短歌も添えます。


f0126829_18253889.jpg
     ↑:藤谷康晴、「北方と呼ばれて永き地をひとり老狼はゆく無冠者として」。


f0126829_1828422.jpg




 細いペンによる細密線描画だ。何とも惚れ惚れする作品だ。
 他の作家もそうだが、皆なかなりの気合いで制作している。この線、驚くしかないではないか!
 驚きは他にもある。激しく濃淡表現していない。実にやさしい。線のエネルギーは充満しているのだが、全体が何てやさしいのだろう!淡々として線を引いているのだ。しかも、精神を異様に在らぬ世界に集中することなく、あたかも楽しむかの如くに濃密な線の世界に没頭している。情熱の人・藤谷康晴を返上したみたいだ。が、そんなことは絶対にない。見た目激しき火群(ほむろ)の人を飛び越えようとしている。実に実に絶好調の藤谷康晴だ。

 選んだ短歌は彼自身の代弁のようだ。彼に限らず、今展の参加者は、自分の気持ちを代弁したような短歌を選んでいる。そういう意味では、作家作品をよく知った鑑賞者の方が、今展を「100倍楽しむ方法」を知っている。

 今作は歌人・山田航に似ている。目やほっぺや顔が丸くて、人なつっこいイメージだ。山田航を描いたのだろう。今展主人公の山田航を賛美している。他の作家にない優しさか?あるいは余裕か?


     ※※※


 以下、選んだ短歌と作品との絡みが面白いのを載せていきます。


f0126829_18504493.jpg
     ↑:佐々木恒雄、「切り傷は直線をなすアフリカの幾つもの国境にも似て」。


 作品が分かりにくくてスイマセン。代わりに、佐々木恒雄が選んだ短歌を詠んで下さい。今展の中で、僕自身も一番好きな歌です。

 歌人も選者もアフリカ体験などあるのだろうか?僕はない。
 子供の頃に世界地図を見て、直線の国境に異国趣味を抱いた。後に、そこが砂漠などだと知った。さらにその後、砂漠に関係なく植民地として外の権力者達が分割した線だと知った。外傷としての致命的刻印だったのだ。
 自傷として国境線を見る甘えは、確かにこの短歌にはある。それは「バグ・チルドレン」だから仕方がない。だから「さようなら」なのだ。



f0126829_1955138.jpg
     ↑:アキタ ヒデキ、「またの名を望郷魚わがてのひらの生命線を今夜ものぼる」。


f0126829_19535942.jpg



 おー、格好いい手だ。「僕の手につかまりたまえ。ふたりで歩もう」なんて、格好良く振る舞いたい。いい男にいい女、人生はもっと素晴らしくなる。
 いつもながら、ダンディーなアキタ ヒデキであった。

 写真家は他にも何人か参加している。山田航を撮ろうとした撮影者はいなかった。



f0126829_200551.jpg



f0126829_2003537.jpg
     ↑:野上裕之、「貴意に沿ひかねる結果となりますがわたしはこの世で生きてゆきます」。


 選んだ短歌といい、作品といい、愛すべき青年だ。自画像の人・野上裕之であった。


  ※※※



 もう少し紹介しますが、長くなったので一端切ります。


 最後に栄通もブログで参加しましょう。


f0126829_20544917.jpg


f0126829_20552130.jpg
     ↑:丸島均、「ゆめのなかで開いて閉じていつまでも白紙のままのフタリダイアリー」(歌集最後の歌より)。

 
 歌人に捧げます。

      どこにいる今いたはずの山田航手元に残る「バグ・チルドレン」 


 ②に続く


 

by sakaidoori | 2013-03-24 21:24 | テンポラリー | Trackback | Comments(2)