栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 13日

2610)「野呂田晋 の場合~チカホで100枚のスナップを見る会」チカホ 終了/10月11日(日) 18:30~21:00







◎「チカホで、丸島均と100枚のスナップ写真を見る会

2018年期 第4回

野呂田 晋 の場合


場所:札幌市チカホ①②番出入り口付近の白くて丸いテーブル
   (銀だこやモスバーガーの前!)

日時:2019年10月11日(日) 18:30~21:00

-----------(10.11)


f0126829_18221643.jpg




野呂田スナップは興味津々だ!


被写体そのものにメッセージはない。無いのだが、何でも良いというわけではない。
ドロとか岩とか砂とか・・・この辺りは職業とも関係しているみたい。

細かな緻密な設計図を連想させるようなものども・・・几帳面な線とか点とか波長とか、設計図ではないが、どこかに近代建築物を良しとする心がある。幾何学模様とか、連続重ね模様とか・・・を撮る。

部屋も好きだ。部屋の中の明るい所、暗いところを楽しんでいる。部屋内部の明暗を利用して、「見えないの見えないの・・・出ておいで」みたいなお化けごっこをしている。
光と影が好きだから、当然「空間」に対する反応も良い。だが、空間そのものの秘密性の探究ではない。何かと何かとが出会う場、場としての空間、他空間との比較としての空間に興味があるようだ。出会いの場としての空間、空間は輪郭のある表面を持っている。表面は目口目鼻になり、多様jなレシーバーとなる。皮膚になるんだ。皮膚、全ては人間の生理へと還元される。その究極は自分自身だ。野呂田晋の作品にセルフが多いのはそのせいだろう。

作品は生理に還元されるが、「男女の性」には一気に行かない。行きたいのかもしれないが何かがブレーキをかけている。僕は知っている。「知性」が「痴性」を制御している。

一見すると怪しげなスナップ写真群、しかし、どこかアッサリしている。
野呂田晋は遊びたいのだ、作品という虚構の中で。しかし、知性という常識が遊びをコントロールしているみたい。

以下、参加者のセレクトを見て下さい。野呂田晋自身がコントロールしている世界を少しばかり破る勢いです。



f0126829_20485907.jpg
   ↑:丸島均渾身?のセレクトです。タイトルは「はらむ女」。
清楚な中に嫌らしさ、男の願望を感じませんか?たまたま写った輪ゴムが悩ましい。



f0126829_20503374.jpg
   ↑:野呂田晋自身がたまたま選んだ作品群。かったるい生活感、こういう場には女性は必須です。彼女は若いのか?若くはないかもしれない。
偶然に撮り集めたこの倦怠感。撮影者が女性に何を求めているかを垣間見る思いだ。




f0126829_20562292.jpg

   ↑:女性のセレクト。
ちょっとアクセントを入れながら、すっきりした空間構成だ。チョッピリ生理的で、それなりに清潔感があり、生活臭もあることはあるがそこに重きはない。
不思議なスナップを配しつつ、見事な安定感!




f0126829_21063542.jpg
   ↑:バランス感覚の良いセレクトだ。
遠景接写、全体に部分、色の配分もぬかりない、そして女性っぽさもでている。
おそらく、キチッキチッとした性格だろう。
ほんのチョッピリ背伸びしたら・・・何かが見たいな、何かが見えそうだ、何があるのかな・・・そんな気分の持ち主みたい。




f0126829_21233702.jpg
   ↑:おー、これは何と貴品にあふれていることか!
伏し目がちに障子に手を当てる、しかし、目線は力強く辺りを見つめ、しっかりと空気の意味を読み取っている。しかし、楚々として障子を開ける。




f0126829_21255513.jpg
   ↑:野呂田晋自身のセレクト。意味は・・・見ればわかるというものです。
とはいっても、意図して撮ったものではない。スナップ集合体には「野呂田晋」自身が一杯詰まっている。本人が気付かない世界が。しかし、本人しか判らない世界が。




f0126829_21323827.jpg
   ↑:「色々」に着目して下さい!





f0126829_09532242.jpg
   ↑:ロマンティックで良いですね。小人のような人間が巨人のような「色々」に恐がりもせずに無意味に近づいていく。近づいたその先になにがあるのかな?




f0126829_09590042.jpg
f0126829_10000360.jpg

   ↑:この二つのお手々は同じ人?男?女?お年は幾つ?





f0126829_10015508.jpg








f0126829_10023523.jpg

「みんな、ありがとよ!」(野呂田)
「いえいえ、どういたしまして」(参加者一同)








by sakaidoori | 2018-10-13 10:08 | 100枚のスナップを見る会 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 12日

2608)「(会議室で旧作中心、半日の写真・ミニ個展&学習会) 宍戸浩起(北海学園Ⅱ部3年」市民活動S. 終了/11月26日(日)

f0126829_15192586.jpg


群青企画
ミニ個展 写真学習会 NO2・2017年度

1回目 宍戸浩起(北海学園大学Ⅱ部写真部3年) の場合 


 会場:かでる2・7(8階) 北海道市民活動促進センター
     札幌市北2条西7丁目

 会期:2017年11月26日(日)
 時間:13:00~17:40
    
◯第2回 野口琴里(北海学園大学Ⅱ部写真部所属2年) の場合 (12月10日)
◯第3回 村田主馬(北星学園大学4年) の場合 (12月17日)

協力:群青展(代表 丸島均)
    
ーーーーーーーーーーーーーー(11.26)

今年も以下の参加者・日程で開催します。

◯11月25日(日) 米林和輝(札幌国際大学3年)
◯12月9日(日) 東優太郎(北海道大学4年)
◯12月16日(日) 櫻井麻奈(藤女子大4年)

※全て、13時~17時40分

以下の記事は昨年開催されたものです。1年遅れですが、群青企画ということで掲載します。残りの2名も暫時報告します。



f0126829_14295296.jpg
   ↑:(設営作業中)




f0126829_14311716.jpg
   ↑:(設営完了後の会場風景)



以下、作品を見て下さい。
モデルを使ったり、いろいろな試みをしていますが、基本は「しっかり、ちゃんと、正直に被写体と向き合う」です。





f0126829_14362169.jpg




f0126829_14403198.jpg




f0126829_14410317.jpg



f0126829_14415659.jpg


丸島にとっての宍戸浩起の魅力は・・・明快です、「やさしさ」です。
「やさしさ」にもいろいろあって、「先回りしたやさしさ」、「見守るやさしさ」、「一緒に楽しんで、場を盛り上げるやさしさ」とか、人間にはちょっと距離を置くが、「生きものたちへの可愛がるやさしさ」とか。

掲載した写真を見れば判ると思うが、積極的に被写体に迫るやさしさではない。宍戸浩二は相手と距離を保って、相手の魅力を感じ取り、何とかして被写体が楽しんでいるのを自然に包み込めれば、そんな「やさしさ」です。

それと、撮り手の宍戸浩二という「青年らしさ」が素直にでているのも魅力でしょう。

「な~んだ、丸島は宍戸が仲間だから『やさしさ』という褒め殺しで作品に迫る意思がないのだな!」という人がいるだろう。

「やさしさ」、人間にたいしては褒め殺しかもしれない。作品にたいしては人畜無害の言葉と聞こえるかもしれない。でもね-、何というのかなー、宍戸自身が「冷や汗をかいて、でも頑張ろう!」とか、「サー何をしようか」と、仲間同士の屈託のない笑い声が聞こえてきそうで、何てことのない人畜無害と思える「やさしさ」が宍戸ワールドなんです。





f0126829_15155446.jpg




f0126829_15162714.jpg


写真作品さけで人間を見ていても面白くありません。参加者との語らい紹介です。







f0126829_15192586.jpg










f0126829_15195567.jpg






































by sakaidoori | 2018-10-12 15:23 | 北海道市民活動センター | Trackback | Comments(0)