栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 05日

2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)


高橋彩美 詩と写真展 

    ことのは
 
 


 場所:紀伊國屋書店札幌本店・2Fギャラリー
      中央区北5条西5丁目7
      (大丸の道路を挟んで西隣) 
     電話(011)231-2131

 期間:2013年6月1日(土)~6月6日(木)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~18:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(6.1)


2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_22445721.jpg



2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_22451613.jpg



   キラキラした光とカラフルな色彩で
   一つのおとぎ話のような光景を
   写真と小さな詩を添えて展示します


 「おとぎ話」、会場を見渡して「そういうことかとなのか、おとぎ話か」と自分に言い聞かせた。

 高橋彩美は、一昨年札幌ビジュアルアートを卒業した。この学校は写真のプロ養成機関だ。卒業展では、技術の習得などを問う場なのだが、彼女はそういう校風には無頓着な作品を発表していた。
 ラフなピントで、被写体は茫洋としている。日常の切り取りなのだが、青とか黒とかは異様に強い。例えば、伸ばす手は何かに触れようとするのだが、直前でピタリと止まってしまう。時間を止めている。心象と言うより、被写体の中から何かをすくい取ろうとする姿勢だ。そえrは、「おとぎ話」だったのだろう。

 今展、カメラワークを鍛えたと見えて、これ見よがしのラフで茫洋な世界はない。以前の何気ない被写体、それでいてラフで強引な時空の切り取りに僕はしびれた。そういう意味では、今回はちょっと戸惑った。以前のカメラ・アイは不思議な強さがあった。そういう強さはどこかに追いやり、後ずさり的感覚で自覚的に物語をまさぐっている。



2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_22582614.jpg



 上の作品が今回のお気に入りだ。狼の野生と、月を包む濃紺色の組み合わせがいい。
 
 高橋彩美、物語を作る人だ。若い女性だから、物語の内容そのものはたゆたゆしいものだろう。内容よりもカメラ感覚が気になるところだ。



2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23221194.jpg


 色味も人のシルエットも好みなのだが、ライオンが普通すぎた。可愛いのだが、それでは僕の中の「おとぎ話」には火が付かなかった。


2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23223768.jpg



 左側のフラミンゴ、ちょっと変だ。作品としてはイマイチなんだが、こういうチョット変さは頼もしい。


2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23225396.jpg



 右側の建物のシルエット、機械的すぎて夢が膨らまなかった。それにしても、彼女の影は魅力的だ。



 上掲の作品群、微妙なところで僕のアンテナとはマッチングが悪かった。が、彼女の見つめる世界、感じる世界を垣間見ることはできた。なるほど、なるほど、だ。



2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23325286.jpg



2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23331288.jpg




2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23355722.jpg



2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23364186.jpg



2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_2337416.jpg




2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_2341972.jpg



2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23412231.jpg



 人物と風景との関係には驚く。
 子供の仕草はいきいきとしている。ただ立っていてだけだが動きがある。その動きに対して、背景の風景は一風変わったムードで包み込んでいる。世界を止めている。影も提出している。確かに花もあって明るいのだが、「明るくて幸せ」とばかりは言えないムードだ。やっぱりチョット不思議な高橋ワールドだ。撮影者自慢の作品だろう。



2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23501680.jpg



 可愛い作品だ。こういうのがあるとホッとする。やっぱり女の子だ。



 小品で構成された壁面、ちょっと細く感じた。半歩下がった距離感が漂っていた。彼女の「おとぎ話」にとっては大事な距離感なのだろう。それは魅力的なのだが、作品としてはまだまだの感がした。成長するのを楽しもう。





2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)  _f0126829_23494228.jpg


 この猫、小さいが大きい。この感性、やはり気になる。

by sakaidoori | 2013-06-05 23:58 | 紀伊國屋書店
2013年 06月 04日

2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)

   

杉吉貢 個展 

   墨線遊戯
    (ボクセンユウギ)
 
      


 会場:Plantation  
      白石区菊水8条2丁目1-32
      (地下鉄東西線菊水下車、
       4番出口より歩いて10分)
     電話(011)827-8868

 会期:2013年6月1日(土)~6月16日(日)
 休み:水曜(水曜祝日の場合は翌日)
 時間:11:00~19:00
      (初日は、~17:00まで。15日は、~18:00まで。)

※ オープニング・パーティー ⇒ 1日(土) 18:00~ 参加費500円
                      ●櫻井ひろダンスパフォーマンス ●アーティストトーク

※ 東海林靖志ダンスパフォーマンス ⇒ 15日(土) 18:30開場 19:00開演
                           1500円(ワンドリンク付き) 

ーーーーーーーーーーーーーーーー(6.1)


 


 「Plantation」、初耳だ。飲食関係と思うがわからない。舞踏公演も予定しているので狭くはないだろう。
 DMの地図を頼りに目的地に向かう。地下鉄の出口でいつものように方向を失う。自信をもって選んだ道は反対であった。そんな失敗はあったが、地図通りに進んで不思議な会場に着いた。


2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_21532261.jpg
     ↑:(近くのセイコーマート。会場は左側に進む。)


2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_21534951.jpg
     ↑:(右側の白くて大きな三角屋根のプレバブ風の建物だ。)


2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_21554735.jpg
     ↑:(お客さんを迎えに関係者が立っている。)



 以下、会場風景を時系列に載せます。ダンス公演が控えているのでお客さんで賑わっている。ダンスは撮影不可で様子を伝えれません。が、会場風景を見れば演劇だとか舞踏だとかをしたくなるのが分かると思います。



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_22105790.jpg



 会場は建物の3階。上の写真は階段を上がりきった所からのもの。
 下がり物に包まれるようにして場がたたずんでいる。運慶、快慶みたいな力強い裸婦像が垂れ下がっている。
 天井には、踊る裸婦像ともいうべき即興画だ。
 正面の白壁にはカラスの群れだ。
 裏の方には細密描写の巨大な顔がある。
 その顔の隣には、墨絵師・杉吉貢の自画像が、直向きな目を会場に向けている。
 以下の写真で確認して下さい。


2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_22245277.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_22252698.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_22254868.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_22274632.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_2228334.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_22281858.jpg



 ダンス(舞踏)は終わった。
 上半身は刺青のようにして緑に塗られていた。アフリカ・ジャングルの保護色だ。肉体は異国の野生となりながらも、音楽は能舞台の幽玄さで若者に襲いかかる。音楽に和してゆったりと・・・激しく・・・体を常に不自然な状態に保ち。若い体は汗に覆われ光り輝く。若い男の肉体美、官能美・・黄泉の世界での妖しきエクスタシー。



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_22554239.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_2256267.jpg



 舞踏家の舞の残痕だ。


2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_22583113.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_22584827.jpg





2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_233785.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_23329100.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_2341380.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_2343098.jpg




 羅漢図を描いた男が、一転してカラスに挑んでいる。
 羅漢図は祈りであろう。ではカラスは?祈りだけでは絵師の気は収まらないのだろう。
 何かに怒っているのかもしれない。
 社会という獲物に襲いかかりたいのかもしれない。
 「オレは邪魔者だ」と自分を震い立たせているのかもしれない。
 嘴を研ぎ澄ませねばならない。
 何かの決意、宣言かもしれない。
 むろん、自分に言い聞かせているのだろう。できることは、絵師として絵を描くこと、だけだ。


2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_23115043.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_23134320.jpg



2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_23151978.jpg





2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_23154124.jpg


2085) 「杉吉貢 個展 ●墨線遊戯(ボクセンユウギ)●」 Plantation 6月1日(土)~6月16日(日)   _f0126829_2315569.jpg


by sakaidoori | 2013-06-04 23:26 | Plantation
2013年 06月 03日

2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)




瀬川葉子
        FILE
      

 
  
 会場:ギャラリー・門馬  
      中央区旭ヶ丘2丁目3-38
       (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055

 会期:2013年5月24日(金)~6月9日(日)
 時間:11:00~18:00
      (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(5.26)


 乳白色の空間に折り紙が浮かんでいた。

 とにかく会場風景です。個々の作品よりも、空間全体のムードに圧倒された。



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_18321996.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_18323263.jpg




2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_20393733.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_20395332.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_20403127.jpg
2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_20404621.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_20442285.jpg
2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_2044361.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_2047552.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_2050227.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_20492524.jpg




2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_20522477.jpg



 今展のタイトルは「FILE」、つまり、展示物の正体はファイルです。ファイルの展示です。何のファイルかというと、生活の中から生まれた廃棄物です。つまり、ゴミが乳白色の空間を美しく飾っている。


 おそらくその主旨は、捨てられるものをもう一度美術品として再生しよう、美術行為として重要な武器道具にしよう、そして日々の生活を見つめ直そう、そういうところにあるのでしょう。
 ですから、展示のためのファイルではなく、ファイルの結果としての展示になるのでしょう。


 それにしても綺麗だ。綺麗と言ってしまえばそれきりで、ただただ読者の皆様にご覧に給する以外にありません。
 ビニールのタマネギ袋とか、ビニールの手袋、、テープの切れ端、紙くず・・などなど、一つ一つの素材は会場の乳白色に染まること、作家の美の形や装飾品になることでこの場にいるのです。

 それにしても、全くの女性美だ。どことなくではなく、まさしく女性の下着の変身だ。光に漂ってあやかしい姿を透かしている。あまりにもストレートで、見せるチラリズムだ。こういうざっくばらんな堂々とした姿に出会うと男は困ってしまう。見せる見せない、見たい見れないチラリズムが恋しくなってしまう。



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_21264552.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_21261546.jpg




2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_21281185.jpg



 上の作品のどれかが旧作で、その画風に沿って今展の素材で美術作品にしたもの。まさしく絵になっていて、個々の完成度は高い。ファイル作品とは主旨を異にしている。


2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_21312282.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_21315669.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_2132925.jpg




2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_21351164.jpg



2084) 「瀬川葉子 展 『FILE』」 門馬 5月24日(金)~6月9日(日)_f0126829_21354749.jpg




 

by sakaidoori | 2013-06-03 21:46 | 門馬・ANNEX
2013年 06月 03日

2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)

   
      

だてまこと


 会場:ギャラリー ミヤシタ
      中央区南5条西20丁目1-38 
      (南北の中小路の、東側にある民家)  
      電話(011)562-6977

 会期:2013年5月8日(水)~5月26日(日)
 休み:月曜日(休廊日)
 時間:12:00~19:00 
     (最終日は ~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.26)


 2回も見に行った。2度目は作家に会いにいったようなものだ。個展の時にしか作家に会えない。来年までお預けと思うと寂しいものだ。
 2度も見たことだし、作家とも会話ができたのだから、直ぐに書けると思った。そのつもりだったのに、いざ書くとなると筆が進まない。多分、格好良く書きたいという色気が強くなったのだろう。


 会場風景&作品を載せます。


2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_15572886.jpg



2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_15574091.jpg




2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_1643599.jpg



2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_1661268.jpg



2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_1651312.jpg




 以下、作品の大きさは全て420×300㎜、A3です。



2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_16251684.jpg
2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_16252840.jpg




2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_1626718.jpg


2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_16273534.jpg



     ↑:(右側は、左側の作品の部分図。)




2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_1628085.jpg
2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_16281696.jpg
     ↑:(右側はDM作品。)



 抽象画です。

 最初見に行った時は、曇天で会場には光も入らず暗めの世界だった。その会場に入るなり、「暗い」という印象に囚われてしまった。「相変わらず心の襞を描いているのか。腸の内面を、暗闇の中で手探りで見ているのか」、そんな思いでしばし会場をうろつく。たたずむこと数分、照明に当たる作品がいきなり明るく見えた。「あれっ、意外に明るいではないか。本当のところは暗いのか明るいのか?」

 2度目は絶好調のお天道様で、光が会場を照らしていた。作品は日に当たって実に明るい。

 明るいから遠目で楽しめるのだが、何やら細々とした世界だから、どうしても近づいてしまう。作品に顔を近づけて、何を描いてあるのか、何を描きたいのかを食い入って見てしまう。
 結局、だてワールドは体を屈ませて、目を近づけて、なめるようにして見なければならない。作品の明るさは関係ないともいえる。確かに明るくなったが、それは作品の本質と言うより、人間大好きの画家が、人目に付きたいためのサービスかもしれない。

 食い入るようにして何を見せたいのか?

 「作品に食い入らすこと」そのことが当面の目的なのだろう。心の奥底の何かを赤裸々に見せたいのかもしれないが、それは絵画というベールの中に包ませる。今は、物質でしかない色の集積・痕跡・塊を「生身の絵画」にしたいのだろう。だから、作品が綺麗とか、より良くなったとか、深みが出たとか、そういう「絵画的」なことは二の次なのかもしれない。二の次なのだが、「絵画らしく」するために「明るく」なったのだろう。DMに使った作品などは、ざっくばらんな動きも入れた。絵画が動きたかったのではない。画家がちょっとイタズラしたみたいだ。

 だてまこと は「何かを描く」というより、「絵画をする人」なのだろう。十年一日のようにして生身の肌感覚を大事にする絵画姿勢、それは坊さんのようだ。そんな絵画する人に一年に一度は会える。地元の良さだ。嬉しく楽しく頼もしい限りだ。



2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_17373552.jpg
2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_17375468.jpg




2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_17385818.jpg


2083)「だてまこと 展」 ミヤシタ 終了5月8日(水)~5月26日(日)_f0126829_17391690.jpg
     ↑:(左の作品の部分図>)
タグ:

by sakaidoori | 2013-06-03 18:11 | ミヤシタ
2013年 06月 01日

※ 栄通の案内板  6月(2013)

[栄通からの掲示板]

栄通の案内版以前の記事


 【連絡先】

 〒 003-0021 
 札幌市白石区栄通11丁目1番7号     丸島 均



    
お願い!! ポスター、頂けませんか。



※ 写真をクリックすれば、大きい画像がみれます。栄通記&案内板ともです。
※ 展覧会の案内等があれば、この欄にコメント下さい。


【最近の記事】



6.5
・「江口博子創作人形展&よねやまえいいち コレクション人形展」 さいとう 6月18日(火)~6月23日(日)
・「村松鞠子水彩画展 ー旅の途中ー」 道新g. 6月13日(木)~6月18日(火)
・「西村一夫 展 ー内なる風景ー」 時計台  6月24日(月)~6月29日(土)
・「亀井由利」 新さっぽろ 6月12日(水)~6月18日(火)
・「佐藤国男 木版画展 『山猫博士の世界』」 カフェエスキス 6月20日(木)~7月16日(火)
・「愉しき玩具」 たぴお 6月10日(月)~6月15日(土)
・「三大学合同写真展 テーマ「色」 展」 アートスペース201 6月13日(木)~6月18日(火)

6.3
・「佐藤菜摘」 g.犬養・お風呂 5月29日(水)~6月10日(月)
・「佐藤萬寿夫 展 ~ドローイング^と油彩~」 (カフェ)北都館 6月10日(土)~6月16日(日)
・「伊藤美由紀 はなうた写真展 ~ファームのちキッチン~」 カフェエスキス 5月30日(木)~6月18日(火)
・「第14回 “グループ環(かん)”絵画展」 スカイホール 6月11日(火)~6月16日(日)

by sakaidoori | 2013-06-01 21:50 | ★ 栄通の案内板
2013年 06月 01日

2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)

  

2013
 
横山文代油彩画個展 

  北海道・好きな風景の中で 



 会場:大丸藤井セントラル・7Fスカイホール
      中央区南1条西3丁目
       (東西に走る道路の南側)
      電話(011)231-1131

 会期:2013年5月28日(火)~6月2日(日)
 時間:10:00~19:00
      (最終日は、~17:00まで。)  

ーーーーーーーーーーーーーーーー(5.30)


2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_8421853.jpg



2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_8423716.jpg



 毎年個展を開いている。本格油彩風景画だから、相当なエネルギーだ。当然、元気の良い人だ。今年もその姿を見ることができた。個展の印象を画家本人と話すことができた。作品をともに凝視しあった。実に嬉しいことである。

 写実度の高い作風だ。堅実な風景画家である。描写力は年々高まった。が、個性重視の立場からすれば、この自然の似姿と、作家本人との位置関係に物足りなさを感じる。ただ単に自然を描きたいのかと。
 自然描写が中心で、個性に重きを置いていないのならばそれはそれで構わない。所詮、絵画は作家の産物だから。結果がこちらの好みと合わないだけの話だから。
 だが、彼女の中には「強い私を見て」という、明快な自己主張があるはずだ。この主張がまだまだ弱い。自然力の中で埋没している。


2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_9164048.jpg



2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_9165989.jpg



2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_954426.jpg





2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_9135429.jpg
     ↑:「息吹」。


 明るい。自然光が好きな人だと思う。しっかりと自然の表層を描く、に徹している。川の作品が目立つが、「流れ」が今の心の反映みたいだ。「流れ流れて、どこどこ行くの」という軽い気分もあるようだが、大作「息吹」を見ていると、流れそのものの美しさや強さにぞっこん惚れ込んでいる。主張がある。
 それはいいのだが、全体を見ると、手前半分と上部半分がバラバラな絵になっている。そのバラバラさが不思議な統一感になればいいのだが、それは至難だ。上部の自然全体の魅力と、手前の自然を見つめる画家の位置が全く無関係で、本心はどちらかと問いたくなる。

 この作品に限らず、彼女の風景画の水平線や地平線、それに準じる横断線はほぼ真ん中を走っている。つまり、彼女は立ち姿でいつも真正面を見ている。横拡がりの大らかな態度だ。その視点にのっとって、彼女なりに部分部分にこだわって強く描く、流れもその水平線を壊さない。

 多分、二つの性格を持っているのだろう。あまり出しゃばらないオーソドックスな社交性。それでいて、粘着的で強いガンバリマン。この二つが絵に反映されるのは当然だが、重点を見定めないといけない。その力関係を作品の中で試さないといけない。欲張りな人だから、切らずに全てを入れようとしている。
 絵は嘘だから欲張るのは当然だ。欲張るべきだと思う。大いなる欲望は、普通にしていては成り難しだ。もっともっと絵画という嘘を信じるべきだろう。



2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_9543085.jpg
     ↑:「風が遊ぶ丘」。


 きっと、丘のウエーブラインに心惹かれたのだろう。醸し出す空間に和したのだろう。だから、強くて細かい描写はとらなかった。
 しかし、「中央地平線ありき」だから、絵が縮こまって見える。あたかも雲を描きたかったみたいだ。
 普通に、丘やウエーブを大きく描けばと思った。


2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_102137.jpg
     ↑:「風にのって」。


 絵画の焦点も比較的作品の中心におく作家だ。地平線の中央横断と重なり、すべてが真ん中に行こうとしている。「中央を見ろ」だ。生一本な正直な画家だ。そこが横山文代・自然の魅力なのだが。



2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_1063479.jpg
     ↑:「青い池」。


 今年の北洋カレンダーだ。



2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_108959.jpg
     ↑:「秋のオブジェ」。


 手前のヤブに頑張っている。きっと、このヤブを描きたかったのだろう。なぜもっと大きく描かなかったんだろう?



2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_10111549.jpg
     ↑:「秘密の花園」。



2082)「2013 横山文代油彩画個展 《北海道・好きな風景の中で》」 スカイホール 5月28日(火)~6月2日(日)_f0126829_1014640.jpg
     ↑:「自由な旅人」。

by sakaidoori | 2013-06-01 10:26 | 大丸藤井スカイホール