栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 05日

1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)

○ 第7回  カルチュレ 2010展

 会場:大通美術館 
    大通西5丁目11・大五ビル 
    (南進一方通行の西側。)
    電話(011)231-1071

 会期:2010年3月30日(火)~4月4日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)

 【出品者】 
 八木野蓉子 能登智子 栗城陽子 加賀谷智子 

ーーーーーーーーーーーーーーーー(4・4)

1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_10453138.jpg



 昨年までは、能登智子さん以外の3人展でした。栗城陽子さんが転居されたので、交代のような形で能登さんが参加されたのですが、やっぱり栗城さんも参加することになっての4人展です。


 その栗城陽子さんは意外なことに普通の静物画とおとなしい風景画の出品。昨年はシャープな心象風景画を出していたので、その後の変化を楽しみにしていたので、少し残念な感じ。

1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_1181765.jpg
     ↑:栗城陽子

 昨年は絵が画けれなかったとのことです。理由は分かりませんが、こうしてグループ展があるから、「画きたい、画かねばならぬ」と自分を叱咤激励しての参加でしょう。そして、来年はしっかりしたのを描くと仰っていた。遠隔地からの参加です。綺麗な額装にこだわらない、額無し作品でも良いではないですか。楽しみにしています。

1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_11112912.jpg
     ↑:栗城陽子

 ところで、上掲の風景画です。落ち着いた楽しさの伝わる作品です。栗城さんは器用というか、描けばそこそこ仕上げることのできるタイプです。僕は、この「そこそこ」というところを「もっともっと」という意識になればと思う。もっともっと樹が騒ぐ、曲がった地平線が可笑しさがこみ上げてくるようなラインに変貌する、空は静かな中にもさえずりが聞こえてきそうな色が散りばめられる、人にも見える小さい縦線ラインがピョコンピョコンと踊り出しそう・・・。今の言葉は僕の単なる夢ですが、栗城ドリームを広げて欲しい。


1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_11253930.jpg
     ↑:八木野蓉子、「かたち・シリーズ」。

 八木野蓉子さんには驚いてしまった。迷うことなく、自分がここにいるという強い自己宣言にもなっている。
 画家は年配女性です。人形画を見たことがあるので、具象が出発だと思う。近年は画かれる物にこだわらずに、更にコラージュにもチャレンジして画家心を広げることにトライしていた。新しいことを楽しんではいたが、絵全体の気分は線が細いというか、少しおっかなびっくりな処を感じていた。
 それがどうしたことか、ひつこく強く絵を描いている。その典型が下の絵だ。

1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_11352741.jpg
     ↑:八木野蓉子、「かたち Ⅳ」。

 とにかく手抜きの無い絵だ。グレーの背景も、洋画らしいスタンスで、緩むことなく描き重ねている。画題は三角や四角という抽象画スタイルだが、基本的にはこれらは三角という「物」、四角という「物」だと思っている。中央の青色の四角は自画像だろう。実景にはこだわらないが、静物画的な物・者ある世界だ。その物一つ一つに軽重なく目配せしている。この揺るぎない強さはどこからきたのだろう?
 もっとも、絵としては画家の強いスタイルに疲れるところもあるのは事実だ。はみ出たラインもなくて、きちっとし過ぎてもいる。抜けたところが無いので、余韻も生まれてはいない。だが、この絵の魅力は「オレがオレが」と、自己主張しているところにあると思う。それを好ましく見るかどうかは作品の問題ではなくて、見る方の好みだろう。

1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_11473062.jpg
1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_11483193.jpg






1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_11542692.jpg
     ↑:加賀谷智子、「マドベのハナ・シリーズ」。

 良さは大胆さだと思う。欠点はコンパクトにまとめすぎなのだろう。と言うよりも、画家の遊び心を花開かせるには、このサイズでは小さすぎると思う。だから、いろんなリズムを挿入して、しかも過不足無く見せようとすると、「遊びすぎ」、あるいは「作りすぎ」「まとめすぎ」に見えるのだと思う。
 30号ぐらいの大きさで、線や面を遊ばせたら。きっと初めはぎこちないでしょうが、もっと伸び伸びと可能性が拡がると思う。

1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_1243748.jpg
     ↑:加賀谷智子、「マドベのハナ 10-D」。

 刺激的な作品だ。赤が眩しい。白が大胆かつ鋭い。白という刃が、浮き出て目に突き刺すようだ。


1253) 大通美術館 「第7回 カルチュレ 2010展(女性4人展)」 終了・3月30日(火)~4月4日(日)_f0126829_12184069.jpg
     ↑:能登智子、「深音」。

 新道展の会友。額装の仕方や、絵の勢いが図太いというか、他の方とは明らかに違う。公募展で大きな絵を手がけているからだろう。
 絵は感情表現の要素が強いと思う。他の3名が、「感情をどこまで出したらいいのだろう」というブレの中で今日の姿があると思う。その点、能登智子さんの場合は、「絵を描いちゃった。どこまで感情が表現されただろうか?」という逆のスタンスを感じる。そこが、他の方との異質感の原因だろう。

 ちゃんと自己表白していると思う。
 公募展では「目立つ」ということが基準の一つだと思う。個性であれ型であれ目立つことが大事だ。今展の能登さんは充分目立っている。それは公募展的目立ちでもある。こういう非公募展作家の目立たない静かな輝きが、この絵に微妙な影として挿入されればもっと面白いと思えた。

by sakaidoori | 2010-04-05 12:58 | 大通美術館
2010年 04月 04日

1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)


○ 藤女子大学写真部

 会場:札幌市資料館 5室
    中央区大通西13丁目 
     (旧札幌控訴院。
      大通公園の西の果て)
     電話(011)251-0731

 会期:2010年3月9日(火)~3月14日(日)
 時間:9:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)
   
ーーーーーーーーーーーーーー(3・13)

1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_10514766.jpg
1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_1052884.jpg



1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_10523534.jpg



 1年生に自分の視点が鮮明な作品が多くてびっくりした。
 ここの大学写真部はモノトーンで有名だ。今展は極端な明暗の強や、心象過多の表現は少なかった。淡々とした白黒でもある。そして、比較的見やすい大きさでの展示だから、作品をびしっと見れて気持ちが良かった。その中でも、1年生作品は写真というものにあれこれと迷わないで、自分の撮りたいのを撮るという、あっさりさわやかな姿勢が好ましく思えた。
 見せ方もこなれた感じで、良き写真部の伝統を保っているのだろう。

 とても全員は紹介でません。1年生の5、6人ぐらいになるでしょう。


1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_11145268.jpg
     ↑:1年・町田香菜

1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_1115571.jpg


 正直に言って、僕はこの作品群にかなり感動したのです。
 まず、2点1組の捕まえ方です。わずかな時間差と大きさを変えることによって、作品の物語に入らせる方法です。映像的手法でしょう。ですけど、たった2点しかないから、前後の動きは余韻というか、見る方の残像として楽しむのです。大きさが違うから、クローズ・アップ気分でのめり込むのです。
 しかも、組みの連作です。一つの組み物語が次の物語の説明になり、しかも違う見方をとして楽しませている。
 全体の流れの主人公は「白い箱」です。でも、本当の主人公は箱を運ぶ「人間」です。あえて、人間を大きく表現しなくて、白い箱に仮託しているのが良い。
 そうは言っても、人を優しく撮っている。この、チラリズムの優しさ表現が心憎い。

 「現場はどこだろう?」と、見る者は思案するものです。その答えを撮影者は、作品群の真ん中に「風景写真」として用意している。残念だが、答えの写真が、あまりに大き過ぎて「解説」過多になっていたと思う。できればもう一組の連作写真を真ん中に入れて、答えの「風景写真」はやや小さめにして、端のほうの展示で充分だったと思う。

 数少ない作品で、ヒューマンなドキュメントにもなっていたと思う。


1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_11401295.jpg
     ↑:1年・中出里奈

1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_1141278.jpg


1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_11414357.jpg
1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_1142640.jpg


 じつに挑発的な刺激作品だ。
 町田香菜が人間のヒューマンな部分をそれとなく伝えている。中出里奈は正面からビッシと人間の裏に迫ろうとしている。
 「目は心の窓」というが、「顔こそ心そのもの」だ。そういう視点であり主張だ。しかも、顔の表情は右左が違うと言われている。本音の顔の面と、建前の顔の面だ。普通、唇は概ね横一文字だが、極端に左が跳ね上がっている人がいる。おそらく、感情線が極端に左に集中しているのだろう。
 その顔の左右の違いを写真という静止画でどこまで突き止めれるか。切り刻んで段違いに見せるという手の込んだ手法で露わにさせようとしている。
 あまりに中央が意図的でキツイから、左右の写真群は普段着の表情を撮っている。面白いことに、中央のキツイ表情はカラーで、普段着群は白黒表現だ。「カラーが自然な姿、白黒は作られた世界」と、逆説的に言っているみたいだ。モデルの衣装や化粧も今風だ。
 強さと知的テンションの高さがウリの撮影者でもある。


1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_1292550.jpg
     ↑:1年・青山澪、「距離」。

1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_12102398.jpg



 余りにも普通だ。その余りにも普通な感覚・視点をバシッとチャンと撮っているのが好ましい。いや、こちらが恥ずかしくなるぐらいに眩しい。
 ストレートに空を見上げる瞳、唇は閉じられているのだろ、力一杯呼吸をして胸は大きく開いているのだろう。前向きな若さが満開だ。


1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_12335937.jpg
     ↑:1年・本田みなみ

1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_138136.jpg











1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_1385259.jpg


 作る作品群。屋内のスタジオ的撮影と、屋外の実景の中でモデルを使っての試み。(本当にモデルかどうかはわからない。)
 まだまだ手探りなところはあるが、作為的試みが良い。次回はもっと大胆に、もっと大きなサイズでの出品を期待しよう。こういう作品は中途半端が一番見ていて面白くない。ご自分の美学を信じて、ドンドン試みて欲しい。


1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_1318727.jpg
     ↑:1年・金子史歩

1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_13194759.jpg1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_1320460.jpg
1252) 資料館 「藤女子大学写真部」 終了・3月9日(火)~3月14日(日)  _f0126829_13201965.jpg


 藤女子大学写真部の伝統的なスタイル。実景をモノトーンでビシッと撮るというもの。
 彼女の場合は被写体に「動き」を求めているようだ。そして、人も撮りたい撮影者だと思う。足跡があったり、街や建物と、人を撮れない代替物にもなっている。「動き」に伴うざわめきが伝わればと思う。強調された白黒ではあるが、今一つインパクトが弱かったみたい。
 1年生でしっかりした写真だ。あとはドンドンと被写体に突き進むしかないのだろう。

by sakaidoori | 2010-04-04 13:36 | 資料館
2010年 04月 03日

1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)

○ 第100回記念展
   河村泰伸・絵画展
     『幼少期の一枚


 会場:カフェ エスキス
    中央区北1条西23丁目1-1
      メゾンドブーケ円山1F
    (南東角地)
    電話(011)615-2334

 期間:2010年3月11日(木)~3月30日(火)
 休み:水曜日(定休日) ※3月23日(火)は臨時休業
 時間:12:00~24:00
    (日・祝日は、~21:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(3・27)

1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8223879.jpg


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8201292.jpg


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8212688.jpg



   「幼少期の一枚」
     絵画が運ぶ役割は過去も現代も過酷。
     突き詰められたり、割り当てられたり、
     画家の源、幼少期からの夢は消えていこうとする。
     だけど、楽しい絵描きは僕だけのものだ。
     なぜならば、いつまでたっても幼少期の一枚だから。
               河村泰伸
                         (会場の案内文より。)

1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8401458.jpg
          ↑:「幼少期」・40号。


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8413366.jpg
1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8421373.jpg
     ↑:左から、「窓」・30号、「宿」・30号。


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_8434659.jpg
          ↑:「車」・20号。


 心温まる絵だ。もの悲しさも漂っている。この二つの心を右に左に揺れながら、昔と今を行きつ戻りつ、静かな何かが止まった世界に降りていく。

 そこにいる大人は両親だろうか?男性は父親か作家自身なのか?女性は母親のようだが、恋人のようでもある。現実の両親と作家の組み合わせの家族とその思いで、作家が父親になっての恋人・妻・母と子供のいる仮想家族がダブル・イメージされて見える。
 どの顔もほほ笑んでいる。草しげる庭に憩い、光の降りる窓を空一杯に開き、未来の夢を保証しているような車と恋人とを暖かく迎えている。
 何一つ憂いは無い。哀しみを誘う小道具も見あたらない。さわやかな人のたたずまいだ。幸せな雰囲気そのものだ。今の幸福が将来にも約束されているみたい。心温まる絵だ。

 だが、その浸っている姿が哀しさの泉なのだろう。
 うす青と薄緑が好きな画家だ。濃紺の壁にピッタリと引っ付いて離れようとはしない。


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_10413692.jpg
1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_10421114.jpg


1251)カフェ・エスキス「第100回記念展 河村泰伸絵画展『幼少期の一枚』」 終了・3月11日(木)~3月30日(火)_f0126829_10424674.jpg
          ↑:「時」。

 人を画くことが好きな作家だが、唯一人の見えない作品。
 赤い部分が時計台のような家にも、四角い不細工な男の顔や人間にも見えたりする。
 やはり木々に囲まれた不動の建物だろうか?何を描いているというわけでもなく、時間を止めたいのだろうか?

by sakaidoori | 2010-04-03 11:11 | (カフェ)エスキス
2010年 04月 02日

1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)

○ 高田稔・個展

 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F
    (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
    電話・林(090)7050-3753

 会期:2010年3月22日(月)~4月3日(土)
 休み:(日曜日も開廊。)
 時間:11:00~19:00

ーーーーーーーーーーーーー(4・1)

1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_2156592.jpg


1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_21571354.jpg


1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_21572713.jpg



 当館ではお馴染みの高田稔さんの個展です。支持体はパネルです。

 子供が居て、空や海があって、どこか昔懐かしの雰囲気があって、絵本を開いているよう臨場感です。そのスタイルはいつもと同じです。大きな変化と言うにはオーバーですが、いつもとは違った点をいくつか感じました。
 
 ・パネルが大きくワイルドになった。
 ・いつもよりも青さが薄まっていて、さわやかな夏の日差しに浸っている感じ。色調に統一感があること。
 ・画題に動きが出てきた。

 要するに、絵に動きや大きさを求め始めて、色調も統一されていて、「もっともっと大きくなるのかな」、という印象です。広がりは単にパネルの問題なのか、画家の心理的変化なのかは分からない。

 特に動きを感じたのが次の2点です。

1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_22181880.jpg


1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_22185219.jpg


 動きと同時に、今までにない世界です。「波が出ましたね?」と尋ねたら、「白を描きたかったから」という応えが返ってくるかもしれない。


 そして、正面の壁の広がりを意識して、壁一杯に描いたのが次の女の子の後ろ向きの作品です。もう少し小さいのが男の子が後ろを向いている作品です。

1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_22234712.jpg

1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_2224852.jpg




1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_22243330.jpg








1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_22252331.jpg



 以下、何点か載せます。


1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_22271961.jpg


1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_22292612.jpg


1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_2311236.jpg


 以前とは違って、相当細かく描いている。大作を描きたくなっているのかもしれない。


1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_22374610.jpg

1250) たぴお 「高田稔・個展」 3月22日(月)~4月3日(土)  _f0126829_2238625.jpg



 今展で気が付いたのですが、絵の視点というか中心点が概ね一致しているようです。真ん中辺りです。
 それは画題を真ん中に据える場合と、画題の方向性で見る人の視線が真ん中に向く場合とに大別できるようです。真ん中に絵の中心点があり、水平線などが左右に開いていく、その辺が絵を安定的に見れる原因かもしれない。


 

by sakaidoori | 2010-04-02 22:59 |    (たぴお)
2010年 04月 02日

1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土)

○ sit.
      風間天心


 会場:CAI02・raum1
    中央区大通西5丁目 昭和ビル・B2 
    (地下鉄大通駅1番出口。
    注意⇒駅の階段を下りてはいけません。
        昭和ビルの地下2階です。)
    電話(011)802-6438

 会期:2010年4月1日(土)~4月10日(土)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:13:00~23:00 

※ イベント ⇒ 「応量器展鉢」 毎日 14:00~15:00
          (永平寺の作法にのっとた食事法をご覧頂きます。) 

ーーーーーーーーーーーーーーー(4・1)

1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_13223920.jpg


1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_13234117.jpg


1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_13252596.jpg


1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_13254790.jpg



 座禅です。もっぱら座禅を本分とする永平寺系住職による座禅行の観覧展です。
 坊さんが只座禅をし、僕たちは只見るだけです。

 
 なぜ、僧侶・風間天心は座禅を、あるいはその儀式を見せるのか?
 座禅という宗教行為が、一般社会人の精神世界に寄与するという仏教者による宣伝には違いない。形を変えた仏教の普及・啓蒙活動です。
 それだけか?ここのところはよくわからないが、それだけでは無いだろうということにしておきたい。
 風間天心は「風間真吾」という名で美術行為をしている。本格的絵画も描ける人だが、ある時から自己表現の美術行為から、社会との関係性を追求するインスタレーション作家という側面を強くしている。
 だから、職業としての僧侶がその根幹をなす「座禅行」をパフォーマンス的に披露するのも、見る人との何らかの関係を作ろうとしているのだと思う。もっとも、明確な戦術・戦略に基づいたパフォーマンスというよりも、自身の不退転の決意表明のような儀式的側面が強いかもしれない。

 それはともかくとして、見る僕らにはどんな意義があるのだろう?
 昔、 田中泯という舞踏家が、市内を逆立ちをして歩くのを見たことがある。彼は陰部を袋で隠しただけの裸姿で、しかも逆立ち歩行だけの演技だ。見る人達はゾロゾロと彼の歩みを追うだけだ。あまりにも異体な姿と長時間の逆立ち行為に驚かされながら、いつまで続くのかと危ぶみながら、ぞろぞろ歩いては見続けるばかりだ。最後はいきなり「オシマイ!」と口ずさびながらポンと立ち姿にもどり、散会。全てはそれで終わった。1時間ぐらいだったか?

 さて、この「座禅鑑賞会」、見る人に何かを与えることができたか?なにはともあれ、札幌という地方都市の地下蔵での本格的職業人による変な展覧会?です。


 ちなみに座禅のスケジュールは決まっています。
 
 13:00~13:40 (40分間の)座禅。
 13:40~13:50 (10分間の)歩行禅。
 13:50~14:00 (10分間の)休憩。

 14:00~15:00 (1時間の)永平寺の儀式にのっとた小食。

 15:00~ ・・・
   ・・ ~23:00 最初の1時間のスタイルが閉廊時間まで延々と続きます。

 以下、歩行禅の様子を載せます。


1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_1491438.jpg

1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_1410269.jpg



1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_14121574.jpg

1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_14123288.jpg



 始まりと終わりは写真の右壁に向かってお辞儀をします。

 隣室では修行のようすのイラスト、数字の宇宙的禅問答のようなデザイン模様、鑑賞者との名刺交換、小食のビデオが流れています。
 次回は小食模様をお伝えしたいと思います。


1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_14171571.jpg


1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_14175487.jpg
1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_14182714.jpg



1249) CAI02 「sit.  風間天心(風間真吾 東川町東川寺僧侶)」 4月1日(土)~4月10日(土) _f0126829_14185299.jpg





       


なんでもありの「現代美術」です。

by sakaidoori | 2010-04-02 14:40 | CAI02(昭和ビル)