栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 02月 ( 41 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 29日

544) たぴお 「美唄絵画サークル 絵画箱・展」  終了・2月18日(月)~2月23 日(土)

○ ー美唄絵画サークルー
    「絵画箱展」

 会場:ギャラリーたぴお
    北2西2・道特会館1F (中通り・東向き)
    電話(011)251-6584
 会期:2008年2月18日(月)~2月23 日(土)
 時間:11:00~18:00

 【出品作家】
 原田フジ 平野トキ 永洞タツエ 佐藤隆江 佐藤一美(かずよし) 工藤悦子 町田美智 安海美代子 高山青子・・・以上、9名。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・23)

f0126829_21481877.jpg


 たぴおオーナー林教司さんの教室展です。

 教室展の楽しみにいくつかあります。
 基本は作品そのものにあるのですが、指導画家のことをあれこれと気付かされることです。どうしても指導画家の特徴を生徒作品は反映しがちです。反映の仕方がいろいろで面白い。
 林教室の場合はどうでしょう?
 教室の始まりの頃は水彩からだそうです。十数年前のことで、それ以来の生徒さんもおられうそうです。一人一人の年齢は伺いませんでしたが、年配の方が多いそうです。その為か、激しい絵とか強い個性の絵とかは少ない。対象をしっかり見詰めて、描きなれたご自分の世界を優しく表現しています。水彩から出発していることが、油絵になっても淡い表現へと向かったのでしょう。
 指導者・林さんの影響はどうでしょう?林絵画は「人間を見つめる」中から生まれていると思っています。時に社会の矛盾も視野に入れます。人の心が矛盾に満ちたものである以上、その矛盾を画家の目で凝視しているのですから、社会に関心がいかないわけはありません。そして、全てにおいて最大の矛盾、それは「死」。
 ですがそんな難しいことを生徒には求めてはいません。「死」の反対の「生」、そのささやかな喜び優しさを絵を描くことで少しでも実現できたら・・・生徒さんの作品を見ているとそんな感じがしました。きっと和気あいあいと楽しく教室は運営されているのでしょう。

 何点か写真を載せて、簡単な感想です。

f0126829_229374.jpg
f0126829_22102339.jpg











 ↑:佐藤一美、左から「静物」「麓郷の森(五郎の拾ってきた家)」
 教室で唯一の男性。丹精にしっかりと描いています。紫の好きな人ではないでしょうか。色のムードが後まで残りました。


f0126829_22202628.jpg
 ↑:平野トキ、「ハープと少女」。
 今展で一番大きい作品です。30号くらいでしょうか。年配というのに若い絵ですね。変に少女を可愛く描いていないのがいい。緊張した顔の回りに装飾的なピンクの花びら、ハープとともに少女の性を賛歌しています。リアルな足がこちらを睨みつけて、何か言いたげです。手も特徴的です。


f0126829_22303656.jpgf0126829_22394493.jpg














 ↑:左側、原田フジ、「菊」。
 他の方の作品もそうなのですが、中心テーマを中央に大きくビシッと見据えています。(正確には中央より、ややずらしています。動きが生まれるのです。)まさしく、この作品もそうです。絵が大きく見える。そして、優しく色が華を添えている。軽やかに人生色々、花も色々です。みずみずしい絵です。

 右側、佐藤隆江、「三奈ちゃん」。
 佐藤さんは他にも風景画や静物を描いています。対象の特徴をしっかりつかむ姿勢が手馴れているなと思いました。写実力にもすぐれています。「三奈ちゃん」、幼児の生命力と同時に描く人の愛情が伝わってきます。


f0126829_22514297.jpg
f0126829_2249182.jpg












 ↑:安海美代子、左から「女性」「まるめろ」。
 この「まるめろ」、好きな作品です。小品としてこんなに大きく描くのは大変でしょう。存在感の強い絵です。「女性」の目といい、睨みつけて絵を描いているのでしょう。和気あいあいの教室風景だと思いますが、絵を描く姿勢はなかなか激しいものがあるのでは。


f0126829_2335314.jpg
 ↑:永洞タツエ、「NUDE Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」
 おそらく教室では定期的に裸婦のデッサン会があるのでしょう。そして、永洞さんはそれを楽しみにしているのでしょう。
 裸婦デッサンは絵画の基礎的修練と聞きます。それは近代に確立した画界の方便だと思います。西洋人は「女の裸」が好きなのです。そのストレートな表現が裸婦デッサンだと思っています。その裸婦を女性が楽しみとして取り組んでいる。綺麗に描こうとしている。同性として。風景画や人物画の中で、こういうのがあると鑑賞に変化が生まれていいですね。

f0126829_231956100.jpg
 ↑:町田美智、「ほおずき」。
 一切余計な物は無く、ほおずきの色と形とリズムを描いています。楽しんでいます。もしかしたら絵手紙などを得意にしているのではないでしょうか。彼女の場合は大きく見せるというよりも余白美を楽しんだ絵手紙でしょう。日本画が好きかもしれません。


f0126829_23274972.jpg
 ↑:高山青子、「湿原」。
 油絵らしい作品。ガラスが反射して下からの撮影で、作品を正面から見た印象を伝えれませんでした。
 不思議な絵です。夕日の山並なのでしょうが、ひっくり返して見ることも出来ます。そうすると「燃える連山」です。ところがタイトルは「湿原」。再度絵を見直すことになります。それはタマタマなのか、高山さんの策略なのか。自分好みを発見できて良かった。


 (DMには工藤悦子さんの名前があります。気を付けて写真を撮ったのですが、彼女の作品を撮り忘れたかもしれません。すいませんでした。代わりにDMには無い高山青子さんの作品がありました。)

 いつになく教室展なのに細々と書いてしまいました。展示は林さんがされたと思います。作家ごとに並べるのを微妙に壊し、お洒落で工夫を凝らしています。リズミカルです。画家にこういう言葉は失礼ですが、本当にセンスの良い人なんですね。「矛盾」を抱えた人の、「矛盾」のない仕事です。

by sakaidoori | 2008-02-29 23:56 |    (たぴお) | Trackback | Comments(1)
2008年 02月 29日

栄通の案内板  1月~2月(2008年)

栄通の案内版連絡先以前の記事

 (コメント)本編を書けば、案内板が滞るし、なかなか毎日の更新は出来ません。久しぶりの追加記事です。(2・5)
 (コメント) 案内記に余計なコメントを書こうとして、結果的に滞りがちになったりします。今日(1月20日)以降、コメントのある記事は☆印、単なる案内の場合は・印を冒頭につけます。

 最近の記事


2・29記)・資料館「大場優子・中田絵美(2人展)  空人 」  3月4日(火)~3月9日(日)
・ミヤシタ 「守分美佳・展」・油彩  3月5日(水)~3月23日(日)
2・28記)・北都館 「亀井由利 小品展」 3月3日(月)~3月9日(日)
☆市民ギャラリー 「札幌美術展2008・美術で綴る札幌の歩み」 3月5日(水)~3月16日(日)
☆大通美術館 「第8回  千展」 3月4日(火)~3月9日(日)

2・27記)・STVエントランス・アート 「高橋靖子・展」  3月3日(月)~3月23日(日)
・資料館「ANNA・MASAYA 『Platinum』」  2月26日(火)~3月2日(日)
2・26記)・札幌市写真ライブラリー「藤女子大学写真部写真展」 3月5日(水)~3月9日(日)
☆時計台「北海道教育大学芸術過程美術コース教員・展」 3月3日(月)~3月8日(土)
☆af 「テキスタイルと写真展 『ウロス』 」 2月26日(火)~3月22日(土)
・狸小路マーケットNiCo hanaagura「とよひらグラフィクス展」 3月3日(火)~3月9日(土)
☆ポルト「FROM PIECES TO A PIECE(後藤和子&齋藤周2人展)」 2月28日(木)~3月13日(木)
2・25記)☆さいとう 「額田春加・個展」 2月26日(火)~3月2日(日)
☆ギャラリー・エッセ「澁谷俊彦・展」 3月4日(火)~3月9日(日)
☆大阪・乙画廊「澁谷俊彦・展」 3月18日(火)~3月29日(土)
2・21記)・4プラ「佐野妙子 富樫はるか 2人展、vol.3」 3月4日(火)~3月9日(日)
☆開拓記念館 「近世蝦夷地のすがた ー林家文書から見えるもの」 2月22日(金)~3月30日(日)

2・13記)・アートスペース 201「真冬の暑い器・展」 2月14日~2月19日
2・12記)・G.&カフェ箒星「『earth,piece and U』・・チQ・作品展」  2月8日(金)~2月28日(木)
・H.ポールスター「この指とまれ展 ’08冬・水彩&油彩」 2月16日(土)~3月1日(土)
2・8記)・粋ふよう 「カトウタツヤ ドローイング展」 2月11日(月)~3月1日(土)
2・7記)☆深川・文進堂画廊「2008 新春道内外傑作展」 1月10(木)日~2月28日(木)
○音楽会:三岸美術館 「第136回ミニ・リサイタル」 2月16日(土)午後2時~・450円
☆アートスペース 201「北翔大学 美術サークル・米 『三年生展』」 2月14日~2月19日
・ レ・ノール 「佐々木しほ・展」 2月11日(月)~3月15日(土)
・奥井理ギャラリー 「旭丘高等学校 美術部・校外展」 2月1日(金)~2月8日(金)
2・5記)・ミヤシタ 「藤山由香・展」・油彩  2月13日(水)~3月2日(日)
○ライブ:テンポラリー「留美(歌・ギター)+碇昭一郎(トランペット)」2月8日(金)・19:30~・料金:千円

1・28記)・さいとう 「2008 多摩美術大学版画OB展」 1月29日(火)~2月3日(日)
・さいとう 「水戸麻記子・絵画展 『MITORAMA ’14』」 2月19日(火)~2月24日(日)
1・25記)★★北大学総合博物館「水産科学館に蓄積された水産学部100年の歴史」12月18日(火)~2008年2月17日(日)
・写真ライブラリー「札幌大学・写真部 卒業記念写真展」 2月12日(火)~2月17日(日)

by sakaidoori | 2008-02-29 12:13 | ★ 栄通の案内板 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 28日

542)資料館 ①「妖怪展」  2月26日(火)~3月2日(日)

○ 「妖怪展」

 会場:札幌市資料館2Fミニギャラリー5・6室
    中央区大通西13丁目 (旧札幌控訴院)
    電話(011)251-0731
 会期:2008年2月26日(火)~3月2日(日)
 時間:9:00~19:00(最終日は18:00迄)

 【出品作家】
 斉藤枝里 丁稚 伊藤都 タラ 石井誠 鶴田亀吉 Hangedman 山谷美由紀 中村香苗 橋本真理栄 麻野史枝 湯浅祐介 阿部拡 森居梓・・・以上、14名。
---------------------(2・27)
 (②はこの記事の下に続けてあります)

 若い人達が「妖怪」というテーマでいろんなことをしています。とはいっても以外にオーソドックスで、怖いというよりも楽しんでいるユーモア展といった感じです。

 妖怪、それは現代人には飼いならされて、「わー怖い、楽しい、かわいい」と女の子の黄色い声が聞こえてきそうです。中年オジサンにとっては薀蓄(うんちく)の披露するところと気合が入るかもしれません。
 ですが妖怪というのは一筋縄ではいきません。人の心には名伏しがたい物が棲んでいるものです。社会も十人十色で構成されている以上、全体の合意では収まりきれない何かが居場所を求めてさ迷っているでしょう。自然を昼も夜も明るく人工的に「見える」世界ににしたもの、なかなか全部は光に晒すことは出来なくて、光と光の隙間の不明という部分を残しているでしょう。カメレオンのように普段は何食わぬ顔でそこにいて、満月の夜ではないですが、ある時何かに反応していっせいに妖しげな姿を曝け出す・・・
 妖怪とは人の心が作った幻影でしょう。ですが、かなりの人が大枠でそれを信じているのならば、それは実在するのです。普段は目に見えない何かとして。画家や視覚芸術に携わる人は名々の感受能力で僕達の前にそれらの目に見えない物(妖怪)を視覚化しようとします。
 僕は見えないものを見る能力は落ちると自覚しています。その代わりに見える物は見たい、その全てを見て人生を駆け抜けたらと思っている。平家物語で平家の武士が「見るものは全て見た。今はこれまで」と言って壇ノ浦で入水してこの世を終えた。彼は当時の永劫栄華を極めた人間が全てを見れたという誇りと喜びとして、平家は敗れても悔いは無いという壮絶な自覚の上で、時世の言葉を残してこの世を去った。かくありたいものです。


 たわごとを長々と書いてしまいました。「妖怪」を考えること、これもこの展示会の主旨でしょう。まんまとはまったという事でお許しを。
 以下、写真を載せながらの感想記です。3月2日まで、他にも資料館の展示会は面白いと思いました。

f0126829_1653138.jpg
 f0126829_16572946.jpg
 左の茶色い紙に書かれた絵、会場に上の句と下の句のクジがあって、それを引いてお題を関係者が絵にするのです。僕が選んだのは「毛糸」と「袋」です。右側の作品がそれです。何だか「たまねぎお化け」みたいです。



f0126829_1701058.jpg


f0126829_1725167.jpg
 ↑:阿部拡、左から「暖雪と豕親(ノウセツとシシン)」、「豕親の子どもと饗源(シシンのこどもとサンゲン)」
 タイトルが凝っている。食べるということで妖怪を考えているようです。


f0126829_17111840.jpg

 一番左の作品はタラ、「渇き」・シルクスクりーン。
 酒呑童子です。彼は渇いているのです。飢えているのです。それは作家・タラ君の思いでもあるのでしょう。なかなかの迫力です。版画の濃淡の質感に苦労の跡を滲ませています。
 ですが、まだ渇きを表現しているとは思えない。ただ一杯の酒の為に、万人を殺してでもありつきたい、というには少し綺麗に収まっているようだ。おそらくタラ君の心の中に絵画は綺麗でありたいという思いが強いのだろう。
 黄金分割など構成美を追求してエネルギーを表現するのか、敢えて約束事を壊して破調の中に溢れる思いを表現するのか、タラ君の「渇き」は始まったばかりです。別室のムカデのテキスタイルといい、細かな丹念な仕事をする人だ。
 本名は書かないが、道都大学の中島展では見てあげて下さい。

 (②に続く。②はこの下に続けて書きます。)

by sakaidoori | 2008-02-28 17:59 | 資料館 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 28日

545)資料館 ②「妖怪展」  2月26日(火)~3月2日(日) 編集 | 削除

○ 「妖怪展」

 【出品作家】
 斉藤枝里 丁稚 伊藤都 タラ 石井誠 鶴田亀吉 Hangedman 山谷美由紀 中村香苗 橋本真理栄 麻野史枝 湯浅祐介 阿部拡 森居梓・・・以上、14名。
---------------------(2・27)

f0126829_1892397.jpg

f0126829_18103797.jpgf0126829_18114836.jpg










 ↑:中村香苗、上&左から「足跡」、「足音」、「のっぺらぼう」・鉛筆画?。
 「妖怪展」と聞いて、それは自分のテーマそのものだと中村さんは思ったことでしょう。「のっぺらぼう」が自分好みです。顔を隠した手を拡げると、そこにはのっぺらぼうの顔しかない。顔のあるのが正常か、顔の無いのが正常か、それはその集団が決めることです。


f0126829_19163945.jpg

f0126829_19184038.jpg
f0126829_19194259.jpg











 ↑:石井誠、上&左から「唐傘」、「がしゃどくろ」、「続・百鬼夜行」。
 (まだ返事は書いていないのですが、コメントを頂いたばかりの石井君です。)
 道都大2年シルクスクリーンの石井君です。最近はよく彼の作品を見ています。大判の意欲的な版画ばかりでしたので、こうして手作りのようなどこか懐かしいい作品を見れるとは嬉しい限りです。こういう面があるのですね。彼のことは改めて現在休止中の「版’ズ セブン」で書きたいと思います。


f0126829_1930758.jpg
 ↑:丁稚、「あやし異聞」。


f0126829_19474752.jpg
 ↑:山谷真由美、「夢見心地」。
 プロフィールによると北翔大学3年生。新道展、全道展に入賞しているので調べてみたら「栄通記」でも紹介していました。作品は良く覚えています。残念ながら名前をはっきり覚えていなかった。
 暗室にも大作を展示していました、「(異界への)出入口はこちらです」「変化」。



f0126829_1932057.jpg
 ↑:伊藤都、「狐のお面」。
 展示会は二室になっていて、隣室は暗室になっています。懐中電灯持参で鑑賞するのです。その部屋にも伊藤さんの作品「化けの面」があります。三つの面の合体したようなオブジェです。残念なのはもっともっとお面を作って、ぶら下げるなり、あいている壁に並べるなりすると迫力があったでしょう。白いお面が好きなようですが、血が顔面にかぶったのもあったりして、懐中電灯で照らされた時にはびっくりすることでしょう。プロフィールに出展経験・無しとあるので、少し遠慮したのかもしれません。次は臆せずチャレンジ!


f0126829_19543631.jpg

f0126829_1956198.jpg

f0126829_19574763.jpg

f0126829_19585516.jpg


f0126829_2025499.jpgf0126829_2045558.jpg











f0126829_2063987.jpg


 皆さん紹介できませんでした。すいません。楽しい展示会でしたので、「パート2」を期待しています。

by sakaidoori | 2008-02-28 15:20 | 資料館 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 27日

541)資料館 「栂嶺レイ・写真展  知床開拓スピリット」  2月26日(火)~3月2日(日)

○ 栂嶺(つがみね)レイ・写真展
     「知床開拓スピリット」

 会場:札幌市資料館2Fミニギャラリー2室
    大通西13 (旧札幌控訴院)
    電話(011)251-0731

 会期:2008年2月26日(火)~3月2日(日)
 時間:10:00~17:00
---------------------(2・27)

f0126829_21521957.jpg

f0126829_2153291.jpg


f0126829_21543698.jpg

f0126829_21553272.jpg


f0126829_2156597.jpgf0126829_21574415.jpg
















 なかなか興味の尽きない写真展だ。

 知床と言えば「自然」だ。多くの写真家がその姿を撮っている。そんな自然を撮った写真もあるにはあるのだが、基本はルポルタージュ展だ。知床の開拓跡を普通にカラーでビシッと撮った写真展だ。
 昭和39年に国立公園の指定を受け、開拓農民は半強制的に立ち退きになったという。農民達は一時的立ち退きという気分だったのか、生活道具を有る程度残して立ち去った。その住宅跡地や神社跡地を光燦々とした青空を背景に写真を撮っている。ことさら涙を誘うような情緒的アプローチでないのが良い。一枚一枚の作品には懇切な説明が付いている。あるスポットには開拓農民の所有していた当時の写真も添えて、今と昔を説明している。

 農民達は去った。そして世界遺産にもなった。だがそこには思いもよらぬ客の別天地と化した。鹿だ。開拓地はもってこいの鹿の餌場になったのだ。拓かれた農地は適度な草に覆われて鹿に餌を提供している。増えすぎた鹿は冬には木の樹皮を食いちぎり自然被害の元凶になっている。知床を訪れれば誰でもが気が付くことだが、鹿が我が物顔であたりをうろうろしている。・・・自治体はこの鹿達をどうするのだろう?人為的な荒療治を一度はしなければならないと思うのだが・・・
 鹿の被害のことは今展では突っ込んだ指摘はない。僕自身が「知床と鹿」を以前考えたことがあるので、この写真展で「開拓」ということを具体的に知るきっかけになったのだ。そして、北海道にとって「開拓」とは博物館や郷土資料館に眠ってしまうような過去完了形ではないのだろう。

 ネイチャーネイチャーのメッカのような知床から「カルチャーを忘れちゃダメよ」と写真家は言っている。医者でもある栂嶺さんは知床取材がもとで、斜里町の病院の嘱託医として毎月何回か通っているとのこと。当然、どちらがついでだかは分からないが「知床写真取材」をしているのだろう。関係者の聞き込みをしているのだろう。

 なをこの写真展は「栂嶺レイ写真集  知床開拓スピリット」・2310円(税込み)A5版・ハードカバー・P256・柏艪社(電話:011-219-1211)の出版記念展覧会も兼ねているようだ。
 5月には紀伊國屋2階で、再度個展をするそうだ。今展は少し会場が狭く感じたので、もっとおおらかに見れるかもしれない。僕自身閉廊時間に訪れたので詳しくキャプションを読めなかった。再度行って、知床モードになろう。

by sakaidoori | 2008-02-27 22:14 | 資料館 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 25日

540) 法邑①「道都大中島ゼミ 『版’s SEVEN』」・版画 終了・1月30日(水)~2月7日(木)

○ 道都大学中島ゼミ
   「版’s SEVEN」 

 場所:茶廊法邑
    東区本町1条1丁目8-27
    電話(011)
 期間:2008年1月30日(水)~2月7日(木)
 休み(定休日)・火曜日
 時間:10:00~18:00(最終日は?:00まで)

 【出品作家】
 犬養康太 松本直也 柚原一仁 関谷修平 大泉力也 川口巧海 石井誠・・・以上6名。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・7)

f0126829_21452766.jpg

f0126829_21464937.jpg

f0126829_21473269.jpg


 随分と展覧会が終わって時間がたった。だが、個々の印象も全体の気分もよく覚えている。
 一人を除いて、ほぼ同じ大きさで同じ画法(シルク・スクリーン)で、それぞれの個性で並んでいた。一人一人の変化は、変化の意味を問いつつ先に進み、ふと気になっては元に戻り、確認しては再び先に進み、ぐるぐると広い部屋を回りつ見つつあれこれと考えた。

 さいとうギャラリーでの「三猿展」の犬養、松本、柚原君は見たばかりなのだがその違い以上に共通点が鮮明に見えて、ワクワクしながら見た。違いは写真作品を見ればすぐにわかる。共通点は軽いユーモア精神だ。

f0126829_22305910.jpgf0126829_22314091.jpg














f0126829_22324293.jpg

↑:松本直也、上段左から「TOKYO」、「STAR CHILD」。下段「DAYDREAM」。
 以下、松本君に聞いた話をもとに話をすすめる。
 彼はどうもピンポイントにインスピレーションを感じ、それを素材に料理をするようだ。もちろん、ユーモアが味の素だ。
 上段の作品、人のあるポーズがモトネタだ。「TOKYOU」はボーリング・スタイルが気になって、それがなぜだか背広を着た漫画風にしあがってしまった。「STAR CHILD」も、何かのポーズが発展したものだろう。モトネタと作品までの変遷を想像するのも楽しいものだ。
 下段の作品、「やけにピンクが目立つな、顔は写真を利用しているのかな。何ていうことは無いが、何か気になるな」そこで松本君に話を聞くと、この作品はポジネガを利用した反転作品なのだ。トリックを松本君は楽しんでいるわけだ。それを僕達に提示しているわけだ。それに何の意味が有るのかと問われれば、何の意味もない。有るわけが無い。作品としては余りに単純すぎるから深みがないという意見は否定しがたい。が、シンプルな作品だけに、彼が学生なだけに、時代がふわふわ気分全盛なだけに、シンプル・イズ・ビューティフルという思いで楽しむことが出来る。
 このポジネガ作品、悪くはないぜ。

(どうも今夜は除雪と酒で頭がクルクル、項を変えて書き増していきます。②に続く)

by sakaidoori | 2008-02-25 23:32 | (茶廊)法邑 | Trackback | Comments(4)
2008年 02月 24日

539)粋ふよう 「カトウタツヤ ドローイング展」 2月11日(月)~3月1日(土)

○ カトウタツヤ ドローイング展

 会場:ギャラリー・粋ふよう
    東区北25東1・北東角地で玄関は北向き、26条通りに面している。
    電話(011)743-0070
 会期:2008年2月11日(月)~3月1日(土)
 休み:日曜日定休日・不特定休有り
 時間:10:30~18:00 (最終日16:00迄)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・22)

 ドローイング、会場に説明されているがエスキス=下描きである。作品を見れば分かると思うが、何かの写生ではなく、興にのったイメージの下描きであり、それらを敢えて作品としての展覧会だ。

f0126829_23424965.jpg

f0126829_2343318.jpg

f0126829_2345962.jpg

f0126829_23475761.jpgf0126829_23462437.jpg














 上に載せた作品は下描きです。
 カトウ君も下描きを発表することに意義を認めているが戸惑いもあるのだろう、今展の説明書きが会場に用意されている。・・・下描きは作品の為の準備の為のものだが、かえって作家の生の息吹が込められている。それを見ることは鑑賞する人にとっても、作家にとっても必ず利するものがあるのでは・・・確かにそうだ。作家にとってはどんな物でも作品と判断したならば、公衆の場に晒すことは自分を相対化できるのだから意義はある。鑑賞家・愛好家にとっても作品化以前の「描かれた物」を見ることは、普段とは違った新鮮な感じがあるだろう。特に絵画を研究する者にとっては絵画以前の作品見聞は沢山見るべきだと思う。

 それでは無条件に良いかというと沢山の疑問が湧いてくる。以下箇条書き風に書いてみる。

 ・基本的に模糊としたムードを褒めることはできても、批判的な言葉を作品に投げれないのだ。勢いで描かれた瞬時の線・色の組み合わせに可能性を楽しむことは出来ても、「これ、変だね」と言えないのだ。作品を不特定の人に晒すという事は、作家の意図とは離れた褒め言葉や、けなし言葉を貰う事でもある。批判無き展覧会という限界を作家は認識すべきだろう。単なる自己確認の場に終わる可能性がある。選ばれた数少ない支持者の確保ということでは絶大な効果があるかも知れない。

 ・実は、肝心のカトウ作品の全貌を知らないのだ。知らないのに下描きだけを見ると何とも言えない欲求不満がわいてきてしまった。カトウ君自体が普段作品を頻繁に発表していたならば、作品と下描きとの関係をもっと楽しむことが出来るだろう。そういう意味で、今後もっとっもっと積極的に「カトウタツヤ(加藤達哉)」という名前の宣伝をしてもらいたい。

 ・おそらくカトウ君は下描きと作品の境界を妖しげにブレながら「画家作業」をしているのではないか。写真作品を見れば分かるように、何かが立ち上がってくるくるイメージをしっかりと確保したいと作家は願っているのではないだろうか。作品以前を晒すことによって今後の自分の画業を見極めよう、再出発の糧にしようとしているのではないか。


1982年 札幌生まれ
2005年 金沢美術工芸大学・油絵学科卒

 なかなかの学歴である。もしかしたら寡作家かもしれない。
 今展を機会に少しでも発表の機会を増やして欲しい。必ずファンが増えるだろう。下描き展故に、作品そのものを語ることは今回止めました。次回を楽しみにしています。

 小さな会場に若い感性が漂っています。少し離れた場所ですが何とか車でもいけます。3月1日まで。

f0126829_15352.jpg
f0126829_161680.jpg













f0126829_165786.jpg
f0126829_17288.jpg











f0126829_18984.jpg


by sakaidoori | 2008-02-24 23:53 | 粋ふよう | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 24日

538) たぴお ③「写真展(10名) 『MOVE』」  終了・2月11日(月)~2月16 日(土)

○ 写真展
    「MOVE」

 【参加作家】
 藤川弘毅 竹田あやこ 爲岡進 置田喜代美 廣島経明 足立成亮 高井稜 山岸せいじ 宇津木圭 久保ヒデキ・・・以上10名。
ーーーーーーーーーーーーーーーー(2・13)

f0126829_2064629.jpg

 ↑:宇津木圭、「flower」。
 キャプションには、「花をテーマに撮影しています。花のイメージはいろいろありますが、どんな感じにみえますか?」
 女と花、イメージを超えてそのものずばりですね。そして、もっともっと大胆な「花と女」を見たいものだ。


f0126829_20152752.jpg

 ↑:廣島経明。
 1958年芦別出身、札幌在住。
色と光の饗宴、宇宙創世を垣間見る思いです。会場構成を考えて、コンパクトに引き締めています。


f0126829_20252442.jpg

 ↑:久保ヒデキ。
 「日本広告写真家協会・正会員」という証明書が添付されていました。この作品は何かの広告写真でしょうか?びしっと決まっています。


f0126829_20302884.jpg

f0126829_20312473.jpg
f0126829_20321757.jpg










 ↑:足立成亮、銀塩バライタ印画紙・木製パネル・鉄粉。
 男の象徴ともいえる「車」、それは路傍に放棄されている。しかも枯れ模様の草々に埋まっている。傍らには一本の道が突き進んでいる。
 足立君の被写体への迫り方は好ましい。時にビシッと、時にユーモアを交え、素直に対称を見詰めている。今展は青年の心象と、それにまつわるイメージとして見たが、過度に溺れていない青年写真家の展示だ。


f0126829_20492826.jpg

 ↑:為岡進。
 道内神社祭などを3枚一組で多数展示。例えば、今金町八幡神社例大祭などなど。
 他の出品者とはムードを異にした、記録性の強い作品群。会場の奥に展示されていて、小さい作品の中に無名の群集が「MOVE」している。

f0126829_20595043.jpg


by sakaidoori | 2008-02-24 21:24 |    (たぴお) | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 23日

537) たぴお ②「写真展(10名) 『MOVE』」  終了・2月11日(月)~2月16 日(土)

○ 写真展
    「MOVE」

 【参加作家】
 藤川弘毅 竹田あやこ 爲岡進 置田喜代美 廣島経明 足立成亮 高井稜 山岸せいじ 宇津木圭 久保ヒデキ・・・以上10名。
ーーーーーーーーーーーーーーーー(2・13)

○ 高井稜

f0126829_2333415.jpg

f0126829_2336315.jpg
f0126829_2335389.jpg














 高井さんの被写体は自然(風景)です。ありのままにカラーで、そしてありのままではなくダブらせて撮ります。ブレているのは作品自体がそうなので、僕のピンボケではありません。アクリル板の為に見難いのは我慢してください。
 とても面白いと思った。というのは、普通人間などをボケて表現すると人間心理の負の面を表現しがちだ。ところが高井さんのボケ作品には何ともいえない清々しさがある。ブレによって見える自然の、見えない世界の視覚化に挑戦していると思う。それは風であったり、音であったり、匂いであるかもしれない。あるいは優しさだとか抱擁力という人間的なものであるかもしれない。もう一つの自然の姿、自然が自然として立ち現れる以前の「相」、それらを高井さんはブレた自分の作品を見ることによって確認しているように思える。
 秘所に迫る心地良いブレ作品だ。


○ 竹田あやこ 
f0126829_075628.jpg

f0126829_093585.jpg


 「ゆら」。完璧?なスナップ写真です。綺麗に撮ろうとか、仕上げを美しくしようとか、そんなことには無頓着に「素のまま」を提示した作品です。
 確かに自然の空気感や、自然界のコスモス(秩序)を瞬間の中に優しく取り込もうとしているのでしょう。
 ですが、僕には竹田さんが写真でしたいことよりも、その無防備な姿勢に驚きます。余りに素人っぽすぎるのです。この姿勢、この感覚をどこまで維持できるのでしょう?「撮っちゃった、上手くいかない、次。撮っちゃった、少しは良いわ、次。・・・・」終わったことにこだわらない軽さ、それでいて終わったことを重ねていくこだわり。
 ・・・おそらくこのグループ展の具体的呼びかけ人は山岸さんでしょう。竹田さんへの興味は、選者・山岸への興味へと関心が移っていく。


 全体の印象。
 たぴおの変則的な壁面を巧みに利用しての展示だ。一人一人の個性が全体の中で嫌味なく響き会っていて飽きないで見ることができた。先にも書いたが、山岸さんの好みというか美的センスの反映でもあると思う。
 彼はある一つの価値観、共通意思で全体をカバーするというよりも、個々の個性が全体でどういう風に作用しあうか、プラス・アルファーを求めてグループ展を開いているのではと思っている。更に、沢山の物を寄せ集めて、その集合が見えない何かの糸口になるのではないかという美意識・価値観を持っているのではないのだろうか、山岸さんという人は。

f0126829_12565665.jpg

f0126829_1258952.jpg


 ↑:今展の山岸作品、「瞬」。
 ピカピカ光る黒い紙にびっしりと写真が貼られている。美しきブラック・ホールだ。個々ばらばらな作品を一つにまとめあげてのマクロコスモス。ミクロとマクロの合一。しかも展示場所はすぐには気付きにくいところで、それでいて大判でしっかりと自己主張をしている。
 彼の作品がミクロコスモスのようにたたずみ、他者が個性を生かしつつ親和力で結ばれて、会場全体でマクロコスモスへと。山岸という入れ子が、たぴおという入れ子へと膨らみ、新たな価値を付加する。俳優でもあり、演出家でもある「山岸せいじ」・ワールドを見る思いであった。


f0126829_13144135.jpg

↑:藤川弘毅

f0126829_1320772.jpgf0126829_13223099.jpg










↑:置田喜代美、「flow」。
 1976年浜頓別生まれ。
 会場にはプロフィールもあり、発表歴を知ることができた。数年前に発表することに開眼したようで、以来多くの発表をしている。昨年のアイボリーでの個展は、その質、量、統一感とイメージ・イメージ・イメージで押し寄せてきた。
 まずは今年はたぴおからですね。そのイメージの深化・変容を楽しみに見ていこう。


(続く。後の方は簡単に書きます。)

by sakaidoori | 2008-02-23 23:40 |    (たぴお) | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 23日

536) たぴお ①「写真展(10名) 『MOVE』」  終了・2月11日(月)~2月16 日(土)

○ 写真展
    「MOVE」

 会場:ギャラリーたぴお
    北2西2・中通り東向き・道特会館1F
    電話(011)251-6584
 会期:2008年2月11日(月)~2月16 日(土)
 時間:11:00~19:00(最終日18:00)
 ※オープニング・パーティー:初日の18:00~

 【参加作家】
 藤川弘毅 竹田あやこ 爲岡進 置田喜代美 廣島経明 足立成亮 高井稜 山岸せいじ 宇津木圭 久保ヒデキ・・・以上10名。(DMは8名ですが宇津木さんと久保さんが追加、高井綾とDMにはなっていますが、稜の間違い。)
ーーーーーーーーーーーーーーーー(2・13)

 会場風景を載せます。

f0126829_23154942.jpg

f0126829_23175046.jpg

f0126829_2319135.jpg

f0126829_23213052.jpg


by sakaidoori | 2008-02-23 23:27 |    (たぴお) | Trackback | Comments(0)