栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 04月 ( 46 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 23日

154) 時計台 「デュポア康子個展」・油彩画 4月21日まで(終了)

○ デュポア康子個展

 会場:時計台ギャラリー 2階A・C室
    北1西3 札幌時計台文化会館・中通り南向き
    電話(011)241-1831
 会期:4月16日~4月21日(土)
 時間:10:00~18:00 (最終日17:00まで)


 自由な女(を描く)・デュポア康子。

 メイン会場・A室にはやや暗いデザイン的な背景にスカートを着た細身の女性達、その大作群の中に似た図像の小品が挟まれている。大作のタイトルはほとんど「呼吸」。チョッと絵とタイトルが繋がらなくて判断停止。「女の呼吸」はどこか甘美でなまめかしい、この絵にはそういうエロティシズムは感じられない。
 大部屋をぐるぐる廻っていてもらちがあかない。気付けば廊下を挟んだC室でも彼女の作品が展示されているようだ。これ以上似た絵を見るのは辛い感じだが、やはり見届けなければならない。

 以外にもA室の観者に何かを迫る堅苦しさはなく、「私は普段こういう絵も描いているのですよ」と語りかけているようだ。ほとんどが小品。札幌市内の風景のデッサンもある。やはり彼女張りの油彩の小品もあるがかなりムードを異にしている。タイトルが違和感なく絵に読み取れる。「夏を顧みる 3号」、「風に乗って 6号」、「一瞬の刻 S」、「トライアングル 4号」、「風に乗って SM」、「庭へ出て」、「踊る女」、「対立」、「夏を満喫」、「木陰」、「ラウンジ」、描かれた女性のその場その場の気持ちが心地良く立ち込めている。時間の移ろいにも抗することなく軽やかに楽しんでいる。あー、そうなのだ、自由な女心を描いていると思った。そういう目で、もう一度A室の女達を見に行った。屋内ではあるが彼女達が颯爽とした姿がそこに見て取れる。画中の複数の女性は一人の女の心の自由の立ち居姿かもしれない。あるいは、複数の自由な女の相互不可侵の関係かも知れない。「私の呼吸、あなたの呼吸、それはそれでいいじゃない」。大作の絵に赤が増えた。小品の女達が時空の軽やかな女心だとしたら、大作はそんな軟な表現ではもったいない。強い自由を色に託しているのではないだろうか。それにしても、うつむいた女は何なのか?上向きの方がより強く見るものに迫ると思うのだが。狭い屋内という空間である。画家・デュポア康子女史の屈折を思った。


 絵画制作に触れれる鑑賞上の楽しみが有ります。大作のためのエスキス(下絵)を展示しているのです。あるいは、エスキスとして描いた作品が試行錯誤して別の大作になった絵もあります。大作が出来上がる過程を想像できて面白い。以下、そういう視点で何点か写真紹介します。

f0126829_12512790.jpg
 全て最近作です。これほど赤が強いのは珍しいでしょう。少しくらいですが洋風的カラフルさが前回の個展にはあったので、この作品群には驚きです。といっても激しい筆使いではなくい。真ん中の小品と右端の大作が近縁関係。アップにします。

f0126829_132242.jpg
f0126829_1325953.jpg

 作家の説明によると上の小品を元に下の大作を仕上げる予定であったが、全然別の作品になったとのこと。
 上の作品は二人ともうなだれ、構図が十字になっている。宗教的諦念さが漂っている。部屋に飾るイコンのようだ。絵としては良い絵なのかもしれないが、個人的には好まない。下の作品はそういう宗教色で大きく書き上げることに抵抗があったのではなかろうか。強い絵になっていると思う。


f0126829_13165071.jpg
f0126829_13175033.jpg
 上の小品は下の大作のエスキスです。


 

by sakaidoori | 2007-04-23 13:21 |    (時計台) | Trackback(1) | Comments(0)
2007年 04月 23日

明日の予定

 明日、23日(月)は少し頑張って書こうと思います。予定では

○ デュポア康子個展ー時計台・終了
○ 木村環個展ーテンポラリー
○ 安住個展ーミヤシタ
○ 近所あるいは山の写真

 

by sakaidoori | 2007-04-23 00:32 | Comments(0)
2007年 04月 22日

153) 案内:ミクロ最後の展覧会とクロージング・パーティー

 ギャラリー・ミクロの足立さんから原井憲二個展紹介のお礼とギャラリー最後の案内をコメントという形式で頂きました。有り難うございます。残念ながら足立さんとは面識がありません。彼が体の大きな人なのか小さな人なのか、髭が生えてるのか生えていないのか、いい人なのかそうでないのか、年齢すら知りません。しかしギャラリーが閉じるとは寂しい思いのするものです。たとえ新たな場所に移転するとしても、関わった人たち、知った人たちには記憶としてでしか合うことはないでしょう。いえ、思い出として一人でも多くの人に残してもらいたいものです。私自身は3月以来の5度ほどしか訪問しておらず、詳しくミクロのことを報告する能力を持ち合わせていません。
 以下、足立さんの案内を「栄通記」の形式に直して再掲します。

 「micro.は今月末日をもって建物取り壊しのため運営を停止いたします。
クロージングパーティーを27日(金)、28日(土)の二日間にわたって行います。是非足をお運びください。

 尚、micro.最後の展示が23日(月)~29日まで行われています

○ 足立 成亮 写真展
      「事の終わり」

○ 同時開催
    「今までのmicro.」展
      micro.で展示をした方の作品をなるだけ多く集めます

 会場:ミクロ
    南5東3・南向きの古い一軒家 向かいがホテル・イーストコースト
    電話・代表 080-6093-0776
 会期:2007年4月23日~4月29日
 時間:13:00~22:00
      入場無料

 micro.最後の展示に是非足をお運びください。」

by sakaidoori | 2007-04-22 23:28 |    (カコイ・ミクロ) | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 21日

152) エントランスホール 「米原眞二展」・ガラス ~4月29日

○ 米原眞二展 ガラス    「planet」

  会場:北2西2
    STV北2条ビル・東向き エントランスアート
    電話(011)207-5062
 会期:4月9日~4月29日(日)
 時間:月~金 9:00~18:00
     土・日  9:00~16:00

 1961年 東京生
   86年 多摩美大クラフト・デザイン・ガラスコース卒業
   94年 5年間勤めていた道立工業試験場・ガラス工芸科研究職員を退職し、江別にフリーのガラス工芸家として独立。

 
f0126829_9383796.jpg

f0126829_9393577.jpg

f0126829_9404848.jpg


 実に都会らしくていい。一見、プラスチックのボールのような物が通りすがりのビルの脇に並べられている。つい、軽く蹴ってみたくなるが、それは止めておこう。それでも、ここはお触り自由だ。通行人は無視したかのように過ぎ行くが、興味のある人にとっては本当に感心してしまう。誰憚ることなく好きなように作品と遊べるのだ。さすがに持ち運びや移動ができないように絨毯テープか何かで下は固定されているが、これほど気ままに作品と接する機会はめったにない。此処の担当者も偉いが、出品された米原さんも偉い。作品の危険性を顧みず札幌人に作品を放り投げて、作品の力と作品と人(鑑賞者・通行人他)との関係を見つめているのだ。盗難や破壊の危険性を担保にしているのだ。だから僕は自由に写真を撮っている、自由にこのブログに紹介している。この通路は私有地であるが、作品との関わりにおいては大通公園の本郷新等の作品と同様だと思っている。礼儀として、事後的な報告は関係者にはしようと思っているが。

 ところで、作品のことです。
 丸められた膨らす前のガラスに、金太郎飴のような色模様を付けた棒をペタペタと貼り付けて、あっためて真ん中のガラスをプーっと膨らまして、棒の模様が廻りに広がって出来上がりです。直径30cm、重さ10kの小宇宙。かなりの力技だ。底が平らですが球形です。完全な円球形を求めているのではないでしょうか。一応模様の偶然性は相当にあるでしょうが、そこは経験でどういう模様ができるかは計算されていると思います。だから、偶然を楽しむというよりも、どれだけ作家自身のイメージが具体的な物として仕上がるかに勝負があるのではと思っています。
 タイトルは「planet」、惑星。一つ一つが完結した星であると同時に、米原さんの作品世界全体が宇宙なのでしょう。

 作品は普段、棚の上に置かれていて、そう見るのが普通の対応と決め付けがちだった。床に置かれた作品を体をかがめたり、着座したり、真上から見下ろしたり、まじまじと触りながら5cmぐらいまで目を近づけて見たり、いい経験をした。

f0126829_104852.jpgf0126829_104914.jpg










f0126829_10511254.jpgf0126829_10522578.jpg

by sakaidoori | 2007-04-21 10:54 | STVエントランスホール | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 21日

151) 街角の風景

f0126829_8533762.jpg


 今日はいい天気だ。その日も同じような日だった。下ばかり向いて歩くのももったいないので、なるべく上を向いて歩くようにした。

 窓らしきない建物に、空から出入りが自由にできるような大きな覗き穴を持つ建物に出くわした。鳥になって、傍によって覗きたくなった。


f0126829_903345.jpg

f0126829_912851.jpg

f0126829_922120.jpg


 空に行けたらと思って上ばかり見ていると、高層ビルの窓の清掃作業を見てしまった。上から吊り下げられたブランコに乗って、いささか物々しいふくそうだが、左右にブランコを動かしながら軽やかに窓をふいている。一瞬自衛隊の侵入訓練かと思った。あまりに平然とした作業に首を90度にして、口をモングリと開けてしばし魅入ってしまった。鳥になりたいなどとは空想以前のよまよい事で、見ているだけで自分の立っている大地が揺れる思いがした。

 晴天の空に機能的なビルの直線ライン、それを飾る不思議な円い窓、戦争もどきのスタイルでブランコに乗って空で遊ぶ人・・・その日はこうしてギャラリー巡りが始まった。24日、午前×時。

by sakaidoori | 2007-04-21 09:17 | ◎ 風景 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 20日

150)案内: 室蘭 「北浦晃個展」・油彩画 

○ 北浦 晃 個展  「北海道の風景」
     平成18年度室蘭市芸術文化功労賞受賞記念展

 会場:室蘭市文化センター展示室  
     室蘭市幸町6-23
     電話(0143)22-3156
 会期:2007年5月9日(水)~5月13日(日)
 時間:10:00~18:00(最終日は16:00まで)

f0126829_14303150.jpg

f0126829_14311847.jpg



 風景画。
 山容・風景という具象画の中に、抽象的造型を意識的に偲ばせ、明るくはあるがあまりに知的で構成美をかもし出す世界。見る人によっては硬いと思うかもしれない、僕はその貼り絵のような遠近感、絵画的トリックに魅入られて昨年は白老、美唄と足を運んだ。その前の年も美唄に「静物画」自選展を見に行った。

 北浦氏は自身の画業を時系列を中心にしてわかりやすく展開される。自分自身の為でもあるが、鑑賞者に少しでもわかってもらいたいという気持ちである。鑑賞者には若い画学徒も想定されているであろう。


 簡単に氏の画歴を紹介します。以下はあくまでも僕の理解の範囲です。

 初期の版画時代。見ていないのにこういう表現は誤解を生むかもしれないが、「青春画時代」と呼びたい。

 次に版画と決別し、全道展の油彩部門を主な発表舞台とする。人から静物へとテーマは動き、挫折を伴った試行錯誤時代、「競争画時代」と呼びたい。明快に2期で分けられる。前半はあまりに公募展的な構成美、後半は東洋画にある空間美の追求。あまりに空間の見えざる闇を凝視しすぎて袋小路に陥りがちになり、大きな世界、風景へと逆に開眼することになる。

 90年代初頭より画題は自然、それも山を中心と定める。そして、今日に至るのである。「本格的絵画時代」と呼びたい。やはり2期に明確に分けられる。10年前の「日勝峠シリーズ」が再びの袋小路へと氏を追いやった。マクロの風景を志向しながら、ミクロにこだわりすぎるという過去の習性離れがたく、山容の木立のみの山水画のような様式美と禅問答のような形式美に陥った。10年前にこの室蘭文化センターで「日勝峠」までの回顧展をされたとある。その後、風景そのものの魅力が北浦絵画を蘇らせた。まさに、今展はそれから先の北浦絵画の代表作の展覧となるのであろう。100号以上11点を含む30点の油絵と8点の版画(複製シルクスクリーン、頒布用)。新作発表が6点ほど図録より認められる。
 

 僕は絵が嘘だということを北浦絵画に学んだ。今展出品の画題の山名ー十勝岳、斜里岳、有珠山、美瑛岳、美唄岳、室蘭岳、旭岳、羊蹄山、夕張岳、風不死岳、ピンネシリ、熊根尻山、樽前山、大雪山、芦別岳、駒ケ岳と雄阿寒だけ以外は登っている。これほど綺麗に描かれているのに山岳美が前面に出ない絵も珍しい。更に、嘘としての絵がなぜ面白いかということも学んだ。

 室蘭は遠いところです。行くことができなくても、賞を頂いたお礼としての記念展、気に留めてください。氏は昨年の6月で70歳になられたとのこと。友情エールで「古希記念展」とおっしゃる方もいます。「ごあいさつ」文に「・・・まだまだ続くライフワークの中間発表といった気持ちです」と、あります。
 失礼な言辞があると思います。お許し下さい。来週中に、昨年の美唄の「山の自薦展」の写真紹介をしたいと思います。

by sakaidoori | 2007-04-20 15:59 | ◎ 個人記 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 19日

149) 市民ギャラリー 「北海道抽象派作家協会展」 ~4月22日(日)まで 

○ 第34回 北海道抽象派作家協会展

 会場:札幌市民ギャラリー、1F
     南2東6
     電話(011)271-5471
 会期:4月17日~4月22日(日)
 時間:10:30~18:00(最終日17:00まで)

 出品作家(敬称は省略)。14名。
 同人:あべ くによし、後藤和司、外山欽平、林教司、今荘義男、佐々木美枝子、服部憲治、三浦恭三。
 推薦:岩田琿、甲斐野弘幸、草野裕崇、山岸誠二、鈴木薫、横山隆。

 市民ギャラリーの第一室は広くて天井が高い。天井の高さ、広い空間を生かした展示だ。

f0126829_225954.jpg
f0126829_2321434.jpg


 第一室の展示は圧巻だ。圧巻過ぎて、個々の作品の印象はどこかに行ってしまいそうだ。部屋全体が作品同士で共鳴し合って、全体のイメージのタイトルを付けたくなってしまう。床に並べられた林教司さんの2000枚のはがき大の印刷物と、空間を切り裂く山岸誠二さんの垂れ幕様の作品が場に波風を立たせ、濃さを不均一にさせ、見るものの気持ちを高揚させる。一つ一つの作品が箱の中の大事な宝物としたならば、それらが集まって、重なって、層をなして輝いているようだ。作品は抽象作品だから具体的なイメージは鑑賞者にゆだねられる。そうなのだ、「人」がこの場、この空間に存在することによって初めてあふれるエネルギーは中心点を与えられる。「人」で賑わえば更に更に「芸術」になる。「文化」になる。

 僕は初日の11時頃に行った。何の疑問もなく会場に入り鑑賞モードになったのだ。何やら皆さんが真剣になって、展示中である。ほぼ展示は終わりかけているのであるが、林さんは一所懸命に女性と一緒になって「はがき」を並べている。外枠と中央線を先に並べておいて、後はひたすら「はがき」を置いていくだけである。半分ほど埋まっている。実演展示なのかと思って、「こんにちは」と声をかけるが、何度かの呼びかけに気が付いて軽くうなずくだけで、作業の手は休めない。ほとんどの人が外山さんの壁面に集まっている。外山さんは函館からで、毎年この展覧会に合わせて、その一週間ほど前に時計台で個展をして、その大作を此処に持ってくるのである。いつも壁一面を使って、いろんな模様に並べている。今回は「M」の字形である。その時はどんな形になるのかわからなかった。縦一列に何点か続けて並べたりするし、全体のバランスの問題や、天井が高いので何かと作業は大変だ。単品の陳列を終えた後に、皆で加勢して展示をしているのを見ることができた。何だか変だなと思い、関係者にを聞いたら、昼1時からのオープンだという。どなたからも注意されずに、勝手に見続けたわけである。本当に失礼しました。隣室では岩田さんが一人静に作業をしている。横山さんの作品が1点だけ未展示、結局この日の17時半頃に展示された。なぜ知っているかというと、再度5時過ぎに見に来たのである。残念だが鑑賞者はほとんどいなくて、まるで午前中の続きのように二人がかりで横山作品を取り付け中であった。

 静かな部屋をじっくり見て廻った。
 関係者に承諾を得て、写真を撮ることにした。このブログに載せることを前提に写真を撮り始めると、鑑賞という視点が薄らいでしまう。どこか、冷めた感じになってしまう。出来栄えを気にしているからではない。あまりに静かな場所での撮影は、写真家の自覚とは違う「撮ること」をいろいろと思ってしまう。帰り時間が近づいた。関係者が会場に姿を現し、人声が緩やかに作品と混じりあい、次の歓談場でもあるのか打ち合わせの声を残して去っていく。最後の市民ギャラリーのお客として会場を後にした。シャッターの降りる音が聞こえてくる。


 以下長くなりますが、出品作品の写真を載せます。
○ 第1室
f0126829_1049212.jpgf0126829_10522745.jpg









 左:佐々木美枝子。全て「作品」、S60・F60。 
 右:三浦恭三。全て「移行過程」、F120・F100。


f0126829_105859100.jpgf0126829_1103684.jpg









 左:あべ くによし。全て「記憶の箱(風が透き通った日) 秋の詩」Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、180×120cm。 
 右:外山欽平。「Jの旗のもとに」、F100 12枚組。


f0126829_1165170.jpgf0126829_1174350.jpg










 林 教司。「種子」、インスタレーション、400×700cm(40枚×50枚=2000枚)


f0126829_11104524.jpg

f0126829_11125177.jpg









 左:
 右:後藤和司。「青のscene'07 Ⅰ」、M100×5。(この作品は第2室でした。)


f0126829_11242390.jpgf0126829_11251564.jpg 









 今庄義男。全て「古里」イ・ロ・ハ、180×300cm。


○ 第二室
f0126829_11292332.jpg



f0126829_11321673.jpgf0126829_11335766.jpg










 左:甲斐野弘幸。「玄の跫音」2007-Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、F120・F80。 
 右:横山隆。「彼方へ」1・2、92×182cm。


f0126829_11414971.jpgf0126829_11433522.jpg 









 左:服部憲治。「作品」A・B、F50.
 右:岩田琿。「CUT.TURBO」1・2、S150。

 全作家を載せる予定でしたが、かないませんでした。小品が販売用として第2室に展示してあります。

 
f0126829_1157279.jpg


by sakaidoori | 2007-04-19 22:38 | 市民ギャラリー | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 19日

147) タピオ 「多面的空間展」・グループ展 ~4月28日(土)

○ 多面的空間展  VOL.9

  会場:タピオ
    北2西2・中通り東向き・道特会館1F
    電話(011)251-6584
 会期:4月16日(月)~4月28日(土) (会期中無休)
 時間:11:00~19:00
 (注:タピオは日曜日が定休日ですが、今展は開いています。時間は13:00~18:00ですので、気をつけて下さい。)

 タピオ得意のグループ展です。
 6名の出品作家名を紹介しましょう。敬称は省略。

 漆山 豊、上條 千裕、中森 秀一、林 教司、藤川 弘毅、渡辺 英四郎。

f0126829_16244282.jpg
 
 上條千裕さん。「凪(レース編みの海)」、「小さい空き地」、「かげもじゆうに」、「海と果実」。

f0126829_21405347.jpg 綺麗と同時に<何か>が心に残る作品をいつも発表しています。
 彼女は四国に住んでいます。以前、会場の彼女用の記帳欄に感想を書いたことがあります。簡単なメモ的な文です。多分、そのお礼としてカラー刷りの個人通信紙を頂いたことがあります。手元には間違いなくあるのですが、直ぐに見つけられなくて、詳しく彼女のプロフィールを書けなくて残念です。次の機会に譲りましょう。その通信紙で彼女が新天地・四国で、作家らしく新たな場所にすんなり溶け込んで創作活動をしていると思っていました。自己紹介ファイルが置いてあったので軽く読んでいると、自分という存f0126829_21414858.jpg在を旅人のような中間者として位置付けている走り書きに目が留まりました。てっきり転居先で、気分一新で励んでいると決めつけていたので、ハッとしました。あらためて今展の作品を見直すと、和むというよりも心の刹那さを、「きつい美」を思ってしまいました。
 転居先での自己を旅人のような心と認識した時、故郷の北海道はどういう位置付けになるのでしょう。暖かく自分を迎えてくれる処、帰るべき処、本来居るべき処と思うのでしょうか。いやいや、一度自分の事を漂泊者と認識した者にとっては如何なる場所も仮の住まいのようなものでしょう。「終の棲家(ついのすみか)」、彼女にとって創作活動とはそこを見つける旅路なのかも知れません。


f0126829_2144032.jpg
 漆山豊さん。「作品」。


f0126829_21454186.jpg
 中森秀一さん。


f0126829_21473291.jpg
 林教司さん。「種子」。


f0126829_214972.jpg
 渡辺英四郎さん。写真です。4点中の2点。僕の写真ではわかりづらいかもしれませんが、この写真作品はガラス越しの被写体を撮り、そのガラスに写った撮影者なりを取り込んで虚実皮膜を表現しています。


f0126829_21573943.jpg
 林教司さん、「種子」。

 以上の作品は壁面作品で入り口から右回りに載せました。

 下の作品は立体作品です。藤川弘毅さんです。
f0126829_2213944.jpg


by sakaidoori | 2007-04-19 16:49 |    (たぴお) | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 18日

146) ミクロ「原井憲二展」・インスタレーション 4月15日まで(終了)

○ 原井憲二展  「蒼の洞窟」

 会場:ミクロ
    南5東3・南向きの民家
    電話080-6093-0776
 会期:4月8日~4月15日
 時間:12:00~21:00

 2階建ての古い民家を2階に上がる階段まで蒼一色に塗りつぶしてしまった。とりあえず、一気に写真紹介しましょう。


f0126829_150222.jpgf0126829_151316.jpg










f0126829_1524120.jpgf0126829_1535847.jpg














f0126829_1552238.jpgf0126829_1562245.jpg










f0126829_1582498.jpgf0126829_159020.jpg















 
f0126829_15101589.jpg

f0126829_15113794.jpg


 綺麗に塗ったものだ。聞きはしなかったが、下塗りをして、2,3回塗ったのだろう。水性ペンキ。臭いもなし、塗りむらもなし、一瞬建物の古さを忘れてしまった。この場所は近々解体されるそうなので、何をしても自由ということなのだろう。。なぜ青なのかとうかがえば、青が一番多い色だからとのこと。確かに空、宇宙、海と青だらけだ。青といえば、芸森で見たイヴ・クラインを思いだす。当然作家もそのことは意識したらしい。

 それで、この空間に居るとなぜ青を塗ったかという疑問はどこかへ飛んでいって、ただただ、蒼に居る自分を体感するのだ。民家は基本的に狭い。そこで、立ったままで作家や訪問者と会話をするのだ。何とも何とも、不思議な視覚体験、会話体験である。絵画を見たときには、好き嫌いや、良い絵悪い絵の判断は一瞬である。僕はこの蒼の世界が「悪くない」と一瞬に判断した。しかし次が出てこないのである。去りがたく、知人にも合えたので、馬鹿話をしてかなりそこに居た。その部屋は僕に「ここに居れ」と、強いるのである。ここは日本人が住む為に造られた空間である。芸術の為の場ではなかったのだ。そこに棒立ちになり蒼に包まれた虚実の世界を遊ぶのである。知人との会話も、話した内容よりも、会話したことが記憶に鮮明に残ってしまった。

 作家・原井憲二、まことにまことに面白い男である、存在である。山口県出身で、来道してまだ1,2年とのこと。次回の原井マジックを楽しみにしよう。

f0126829_15413186.jpg

by sakaidoori | 2007-04-18 15:41 |    (カコイ・ミクロ) | Trackback(2) | Comments(0)
2007年 04月 18日

145) アバウト欄の写真 2回目

 鳴海真一君の版画です。

 STVエントランス・ホールで3月14日に撮ったものです。
 この作品は小品で、ほぼ同じ画題で法邑では力作、大作を発表していました。種子のような形で和モダンというイメージで最近は発表していましたが、なかなか作家の引き出しは幾通りもあるもので、発展途上の版画家・鳴海伸一君です。個展が続いたので、暫くはひっそりしているそうです。より若い作家たち、同世代の画家仲間たちとのコーディネイター的役割もしてもらいたいと思います。

 写真掲載は途中で違う「目」に差し替えるかもしれません。

by sakaidoori | 2007-04-18 11:16 | ★アバウトの写真について | Comments(0)