栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 09月 10日 ( 2 )


2018年 09月 10日

2592)「浅川茂展 『遠い日々の心象Ⅳ 1997ー2018』」 アートスペース201 9月6日(木)~9月17日(月・祝)




「独立展会友」「全道展会員」「平原社会員」
 
浅川茂
遠い日々の心象
   1997ー2018」

 



会場:アートスペース201 6階(A室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2018年9月6日(木)~9月17日(月・祝)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は、~14:00まで。)


ーーーーーーーーーーーーー(9.9)

 (地震災害のため一週間会期を延長。ただし、最終日は月曜日、最終時間は14時までです。)

f0126829_16142081.jpg





f0126829_16143890.jpg




 (以下、敬称は省略させていただきます。)

浅川茂は帯広在住。沢山の小品を携えて札幌での個展だ。不幸にも地震災害に遭遇し、木曜日が開催初日の予定が土曜日になった。幸い、当館のご配慮で会期はほぼ一週間延びました。なかなかこういう重厚な作品は見られないでしょう。一人でも多くの人に見てもらいたいものです。このブログでも作品写真は載せますが、絵画の魅力は原画鑑賞につきます。ここの写真は、丸島の言葉(感想)の補助手段です。作品を原画で見てもらいたいための方便です。よろしく!




f0126829_220325.jpg





作品は小さいが重たさがズシンと伝わる。絵画に自分自身を埋め込む、そういう作品群だ。
画家は「心象風景です」という。この場合の「風景」の原点は帯広・十勝だろう。あそこは寒い!数十年前なら、冬には醤油瓶も凍り付いたという。だから、空気も札幌とは全く違うだろう。冬の空気は痛かっただろう。
そういう風景を前衛にした心象風景・・・しかし、以下の作品群、何かが画面で屹立している。それは道であったり、木であったり、森という固まりであったり、自然の何かなんだが、間違いなく全て擬人化されたものであり、画家「浅川茂」自身だ。おのれの思い浮かぶ十勝の自然の中で自分自身が立っている、自分の存在を主張している。




f0126829_2053464.jpg
   ↑:右側、「記憶の風景」。中央、「静かな時間」。左側、「赤い家」。




f0126829_20545261.jpg
   ↑:「過ぎていく風景」。




f0126829_20552251.jpg
   ↑:「消えない森」。







f0126829_20555566.jpg
   ↑:右側、「地ー流』。中央、「凍河」。左側、「光の水」。


氏の作品を見ていると、画業とは何なのか?を思う。画家の生き様の執念を感じる。これでもか、これでもかと描いては塗りつぶし、描いて描いて重ね描きし、自分のイメージと一体化しようとする。しょせんキャンバスと絵の具と絵筆があるだけなのに!
生身の自分という存在がありながら、もう一人の自分を創造しようとしている。自分の心身は父母の賜り物、そこに「自我」と「風土」を加味して、自分自身があたかも創造主として立ち現れて、絵画という「もう一人の自分」という生きものを作る。

僕は絵そのものよりも、絵の中に埋め込まれた「浅川茂」を見ている、語りかけている、いろいろ尋ねている、「何を見ているのか、何を感じているのか、何を求めて生きてきたのか・・・」言葉は尽きることはない。所詮、僕自身も「浅川絵画」に触発されて自分自身と対話しているのだから。



確かに古典的な重たさを感じる絵画群ですが、以前に比べると随分と軽やかに感じる。
一つに、筆致がいろいろで、筆致を画家の表情とするならば、多種多様な顔を見せている。顔出しというか、表情を楽しんでいるみたい。
一つに、色味が増えた感じだ。以前は隠れていた色味がより表に出てきたのかもしれない。やはり、表情が豊かになったのだ。
絵画の醸し出す重たさに反して、画家自身はフットワークが良くなったのかもしれない。




f0126829_22422561.jpg
   ↑:右側、「黒土』。左側、「重い河」。





f0126829_22425117.jpg
   ↑:右側、「在」。左側、「凍る地」。





f0126829_2243284.jpg
   ↑:右側、「気配する風景』。左側、「地の花」。




f0126829_22543684.jpg





f0126829_2255023.jpg


by sakaidoori | 2018-09-10 23:23 | アートスペース201 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 10日

2591)② 「小樽・鉄路・写真展 17th 2017」 小樽旧手宮線跡地 終了/8月27日(月)~9月9日(日)

小樽・鉄路・写真展 
17th 2017



 会場:小樽旧手宮線跡地
   小樽市色内2丁目マリンホール裏

 会期:2017年8月28?日(月)~9月10日(日)
 時間:24時間屋外展示、当然無休。
     (最終日は~17:00まで。)

 主催:小樽・鉄路・写真展実行委員会
 協賛:
 問い合わせ:岩浪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(9.10)



一人でも多くの撮影者を載せよう。



f0126829_750266.jpg




f0126829_7532930.jpg





f0126829_7592595.jpg




f0126829_801714.jpg   ←↑:(撮影者のキャプション、達筆なのでお名前が不明。キャプションそのものを載せました。)























f0126829_86437.jpg


f0126829_864329.jpg
   ↑:笛田彩乃(藤女子大学3年)。


廻りの環境と線路と作品と撮り手の若さが重なって、何か良い感じ。




f0126829_894428.jpg
   ↑:TAKANAO




f0126829_8144043.jpg
   ↑:AKIKO




f0126829_8155039.jpg
   ↑:寺西早苗、「間隔」。




f0126829_8205325.jpg
   ↑:牧恵子、「守り受け継がれるもの」。




緑色と作品が一体化した感じ。ということは、作品がよく見えない。




f0126829_823368.jpg



f0126829_824113.jpg
   ↑:吉原沙耶(藤女子大学2年)。



 

f0126829_8391344.jpg







f0126829_8394265.jpg
   ↑:櫻井麻奈(藤女子大学3年)、「花言葉 ~あなたを幸福にする~」。


小さな幸福のようだ。言葉だと、若い女の子に「あなたを幸福にする」と言われれば、それで一巻の終わり、彼女のいいなりだ。しかし、ここは写真の場だ。1m四方の大きな作品一枚で勝負して欲しかった。





f0126829_84429100.jpg
   ↑:(撮影者不明)。




f0126829_8452248.jpg




f0126829_8455434.jpg
   ↑:藤本真一、「歌志内 (石炭採掘関係跡地)」






f0126829_8481381.jpg
   ↑:ウリュウユウキ



今回のウリュウユウキは良い。彼は旅を愛する。そして、ロマンチストだ。ロマンチスト、大いに結構!だが、ただ単にロマンが写真に反映されると、甘ったるくなる、緊張感が欠乏する。
そして、旅派はどうしても「思い」を作品化したいのだが、この「思い」を表現するのがくせ者なんだ。何故って?作品に「思い」を込めないことなんて無いんだ!「ロマンチストの旅派」がいかなる思いを写真に注ぐことができるか!
今回は「時」がバックボーンだ。「旅」に「時」は付きものだ。言葉で言えばそういうことで何の新鮮さもない。だいたい、人のすることは知れたもので、だいたいやり尽くしている。やり尽くしていても、やり尽くしていても、「ウリュウ流の『時』」。それは「それでも時は流れている」、「それでもオレは居る」と強く、かつ優しく大きく今回はある。





f0126829_1010437.jpg





f0126829_1011824.jpg
   ↑:I.Iwanami



いつもどでかく出品している人で、今回じっくりお名前を拝見した。今展代表の「岩浪」氏だ。藤女子大の女学生が代表と誰かに聞いたが、そんなことはあるまい。先日、テレビに今年の鉄路展の紹介をしていた。堂々としたもので、鉄路展の魅力を伝えていた。

いつも出品している「廃墟」シリーズだ。僕は「廃墟」が特に好きなわけではないから、どうということはない。廃墟派がしっかりと廃墟を伝えている。しかも記録を意識した発表だ。
僕も廃墟には適当に通った。ただ、僕の場合は廃墟そのものよりも、そこに至る道とか、廃墟からの景色とか、廃墟はあくまでもその場を感じる道標であって、廃墟そのものには関心が薄い。もっとも、僕自身が炭坑の長屋に17年間暮らしたから、いろいろと「思い」はあるのだが、それはそれだけのことだ。







(後何にかで終わるのですが・・・「続く」と自信をもって書けません。期待しないで下さい。)







by sakaidoori | 2018-09-10 10:20 | ☆小樽美術館 市民ギャラリー | Trackback | Comments(0)