栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 08月 30日 ( 2 )


2018年 08月 30日

2576) 「西辻恵三展 ~こころ模様・第2章~」 終了・セントラル 8月21日(火)~8月26日(日)

西辻恵三
  こころ模様 -第2章- 


 会場:大丸藤井セントラル・7Fスカイホール
     電話(011)231-1131
     中央区南1条西3丁目
      (東西に走る道路の南側)

 会期:2018年8月21日(火)~8月26日(日)
 時間:10::00~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(8.24)


f0126829_1262166.jpg




f0126829_1265673.jpg




f0126829_1281293.jpg




 (以下、敬称は省略させていただきます。)





 会場風景を見てもわかるように、黒を基調にした抽象画だ。抽象画ではあるが、白のドロッピング画も沢山ある。

 僕は氏の作品を随分と見ている。その流れで判断すれと、今回は完璧な「試み展」だ。何を試みているか?何故こんなに試みるのか?試みのみでこんなに発表することは良いことなのか?試み中心ということは、描きたい画題なり心根に迷いがあるのか?新たな挑戦のための準備なのか?・・・そんな言葉が次々にでてくる。

 なぜ僕が「試み」と言い切れるのか!氏は体質的にものの形、その形の生命力を愛するロマンチストだからだ。残念ながら、今展にはそのロマンティシズムが薄い。ロマンよりも何かを求める探求心、内なる生命の貪欲さがかっているのだろう。作品に他者を惹きつける魅力には薄いが、良いとか悪いとかを無視した内なる意欲が心地良い。


 今展で、最も好きな二点を紹介します。

f0126829_20493632.jpg
   ↑:「まる」。


 西辻絵画の魅力に、本人の意図しない可笑しさ可愛さがある。氏は真剣白刃で真面目に作画するから、「遊び」とかは入る余地がない。しかし、氏の作品の良し悪しは、無骨なまでに真実一路を追求しながら、自然にでてくる可笑しさがあるかないかで決まる。
 上記の作品、不定型な「まる」がオシクラ饅頭をして、「おれが一番だ」と競い合っているみたい。競ってといっても、どうということのないたわいな遊びだ。ちなみにこういうかたちを「フラクタル」という。雲の不定型を連想して下さい。近代が発見した美の形です。


f0126829_2059462.jpg
   ↑:「(?)」・100号。


 亀さんみたい。
 おそらく、たまたまそうなったのだろう。氏は牛が好きだ。ズドーンとした形、大きく何でも受け入れる包容力、氏のとっての「生命」とはそういうものなんだろう。この亀はその牛と遊ぶ従者のようなものだ。



f0126829_2152255.jpg
   ↑:(全点ドロッピング作品。)タイトルは全て「滴」。




f0126829_2181934.jpg




f0126829_2195229.jpg




 ドロッピングの「滴」は宇宙に浮遊する生命体なのだろう。その生命体の息吹、リズムを表現したかったと思う。。しかし、氏の平等主義が災いして、模様が平均化、均一化していて、「全体が何かを喚起する」という壮大な世界にはならなかった。
 ドロッピング模様よりも、背景色の方が気になった。染色のようで日本的な優雅な色合いだ。



f0126829_21174317.jpg



 私の好きな作品の前に立ってもらった。
 背筋も伸びきって、「これからの西辻恵三を見よ!」と体全体が吠えている。

by sakaidoori | 2018-08-30 22:19 | コンチネンタル | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 30日

2575)③深川「(丸島企画巡回展)それぞれの海、旅する海~写真展?」深川・東洲館 8月16日(木)~31日(金)

【深川展】

それぞれの海、旅する海
   ~写真展

(丸島均企画3ヶ所の巡回グループ展)


平間理彩 野呂田晋 橋本つぐみ
阿部雄 篠原奈那子 岩佐俊宏

    +(丸島コレクション)

【深川展】
 会場:アートホール東洲館 
      深川市1条9番19号 経済センター2階
       (JR深川駅を降りて直ぐの左側のビル)
     電話(0164)26-0026

 会期:2018年8月16日(木)~8月31日(金)
 休み:月曜日 
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで)

   ~~~~~~~~~~~~~

【札幌展】
ギャラリー大洋

【石狩展】
石狩市民図書館ホール

問い合わせ:丸島均 marushima.h@softbank.ne.jp 090―2873―2250
(札幌市北区屯田3条2丁目2番3号) 

ーーーーーーーーーーーーー(8.16)


f0126829_517474.jpg





f0126829_518236.jpg
   ↑:篠原奈那子(藤女子大学写真部OG)、「自由の海に飛び込んで、強く生きる」。



 篠原奈那子は大学卒業1年生。モノクロばかりを大学時代は発表していた。昨年の8月、丸島企画個展・第1号としてアートスペース201で開催した。。確かにバライタ焼きによるボリュームはピカイチだったが、中身は平々凡々だった。「これではイカン!」と発憤した。その姿は追って報告しよう。確かに一大発憤であった。
 今回はカラー。生まれて初のほっかほっか感のある作品だ。身近に発表出来る「カラー」に取り組んだこと、新たな出発の第一号である。
 ところで、今回の彼女のオリジナルは左側の独立したパネル張りの1枚だけ。残りは、丸島が急遽スナップを貼り合わせたもの。約束の3mに、遠く及ばない出品量だ。企画者としては怒りはしないがもの足りない。勝手にベタベタと貼り合わせてボリューム感をもたせた。

 そのオリジナル作品のみを掲載します。



f0126829_5235057.jpg


 (篠原作品は後日語ろう。)






f0126829_5221429.jpg




f0126829_5384443.jpg
   ↑:野呂田晋、「虚の海」。



 写真を素材にしてあいが、写真作品ではない。いわく、現代美術。

 野呂田晋は傑作を披露した。四角四面の生真面目さ200%、しかるに、馬鹿さ加減、ユーモア、エロスに遊び心に知性・痴性とてんこ盛りだ。それで何が表現したいかって?藝術の神髄・虚々実々の見果てぬ夢です。可愛いエロスが通奏低音のようにして流れているのが丸島好みです。

 一作一作をひもといて、丸島流の褒め言葉を並べたいが、ここはグループ展、先に進もう。




f0126829_615778.jpg
   ↑:橋本つぐみ(藤女子大学写真部OG),「まほろぼ」。


 二つ、橋本つぐみにはお詫びをします。
 見てもわかるように、作品が引っ付きすぎた!諸般の事情でこうなりました。次回のギャラリー大洋ではのびのび展示にします。
 今作は、8月個展「幸福を選む」の中からのセレクト。海展としての意図と意欲の作品群ではありません。が、丸島グループ展は最低限の約束だけあれば何でも可です。橋本さん、これはこれで楽しんで下さい。ちなみに、丸島展の最低限の約束とは・・・設営時に作品を持ってくること、この一点です。

 海展は9月末から札幌です。そして石狩。まだまだ時間があります。その時に橋本つぐみを語ろう。




f0126829_6262647.jpg
   ↑:(丸島コレクションから)吉田切羽、「沖縄日誌」。


 吉田切羽も札幌で語ろう。

by sakaidoori | 2018-08-30 05:40 | [深川] | Trackback | Comments(0)