栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2015年 02月 19日 ( 3 )


2015年 02月 19日

2462)アバウトの写真・33回目 「CHIE(個展) FOPPISH GIRL/ドアをさがして」ATTIC '13年10月4日(金~7日(月

CHIE(個展) 


FOPPISH GIRL ドアをさがして  


    
 会場:ATTIC
     中央区南3条西6丁目 長栄ビル4F
      (南3条通り北側)
     電話

 会期:2013年10月4日(金)~10月7日(月) 
 時間:4日  ⇒ 17:30〜22:00
    5・6日 ⇒ 13:00〜21:30
    7日  ⇒ 17:30〜21:30

ーーーーーーーーーー(10.4)


f0126829_18523077.jpg





 アバウトの写真(右上の写真)は上掲の部分図です。


 覆面包丁娘が暴れている。血なまぐさいが可愛い。
 この写真で毎日見て、元気印をもらおうと思った。ですが、画面が小さくて中身がよく見れない。もっと拡大した詳細図にしたいのですが、会場が暗くて部分図の精度がよくありません。

 仕方がない。我慢して下さい。



 そういえばチエ作品とはご無沙汰している。しっかりと道外で発表してはいる。きっと見れるだろう。三段跳びで飛躍したドローイング・ウーマンだ。楽しみにしよう。






   ----------

 その時の感想&報告記をそのまま載せます。


f0126829_1515452.jpg



 目的地は長栄ビル。ガラス戸を開けて、昇り階段を4階まで行く。




f0126829_152987.jpg



 白い鉄のドアに当展のDMが貼られている。
 思い切って、力強く入ろう。



f0126829_1561777.jpg



 会場風景、ちょっとボケています。暗くて良いのが少なかった。工夫の編集ですが、何とか雰囲気は伝えたい。


 展示は主に三カ所。左壁の面長の作品。正面の商品群。そして、右壁。上の写真では隠れてはいるが、女性が何やら見ている。


 その順番に載せて行きます。


f0126829_224761.jpg



f0126829_15282049.jpg
f0126829_15323269.jpg
   ↑:(長い作品を、あえて上下に分割しての掲載です。拡大してみた時に、大きく横拡がりで見れるのではないでしょうか。



f0126829_15374481.jpg



f0126829_1538455.jpg




 流れるような大作の提示でした。



 

 次は小品の連作。


f0126829_15413618.jpg
   ↑:(ピンボケですが、以下の写真でしっかり見て下さい。)


 彼女の線描は絵のための線、輪郭線が主体だ。何かを描くための手段だ。

 線描には他にも魅力があって、線のみによる主張だ。ただただ直線を引き続けるとか、腕の動きのままに線をのこすとか、だ。時にはそれらは背景の模様になったり、心象気分の表現になったり、水面の雫の跡のような輪郭線になったりする。
 絶対線描とでも言いたい場合がある。ただただ線の繰り返しで物言わぬ肉声を主張する。

 以下の作品、輪郭線とは違った、線を楽しんでいるチエがいる。いや、苦し紛れの痕跡かもしれない。
 今展、ようやくいろんな線が出てきた。前回の個展時にその気配があったが、力強く線のみを見せ始めた。



f0126829_15442184.jpg



f0126829_15445024.jpg



f0126829_15451188.jpg



f0126829_15455478.jpg





 さて、次の大作は展示における工夫だ。
 

f0126829_15474636.jpg




 四角四面の枠を壊し、切った貼ったで模様を作った。切った貼ったは作品内部ににも浸透していて、写真の切り貼りやコラージュ風の演出をしている。

 そして、以下の部分図でも見て取れるが、輪郭線や塗りつぶし以外の線の表現が増えてきた。

 今後も、絵自体の構想は問われるだろう。そういう内部の問題意外に、描かれない外部の問題も創作上重要になるだろう。
 内部外部の接点の問題として、「余白」の問題がある。一般的には背景処理と言われている白い部分だ。それと、絵の内部の輪郭線同士の間の空気感としての白。

 現在、チエ作品には描かれていない余白部分はかなり広い。今後もこの路線で行くのか?行くとしても余白を減らすのか?あるいは、自由連想のような線の世界が、チエの袋娘と張り合うようにして空気を少しずつ埋めていくのか?



f0126829_15493075.jpg
f0126829_15495833.jpg




f0126829_23413737.jpg




f0126829_23432646.jpg







f0126829_2343519.jpg







f0126829_15502026.jpg




f0126829_15533072.jpg




f0126829_23493280.jpg





f0126829_2350052.jpg




f0126829_23512597.jpg






f0126829_15535376.jpg



 彼女からのメッセージです。

 「続けて10月12日(土)~25日(金)まで。個展をします。次はカフェ&バー・ROOM大通西17丁目カサフォルテ2F)です。19:00~24:00、無休です。よろしくお願いします」


f0126829_094893.jpg  

by sakaidoori | 2015-02-19 19:05 | ★アバウトの写真について | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 19日

2461)②「ドローイングマン 札幌を あるく!あるく!あるく!(藤谷康晴)」 札幌路上 終了/ 2月7日(土)

  


ドローイングマン 札幌を あるく! 
(藤谷康晴)        あるく!
             あるく
!  



 創造都市札幌さっぽろ!
 おれはお前の上を歩く!
       
     
             


 会場:「スタート」・北海道神宮第二鳥居⇒北一条通⇒大通⇒南一条通⇒「ゴール」・テレビ塔

 会期:2015年2月7日(土) 14時スタート
 時間:14:00~?
     (約2時間か?)

     
ーーーーーーーーーーーーーー(2.7)

 ①に引き続いて藤谷康晴の「あるく」パフォーマンスを載せていきます。

 「似た写真ばっかで面白くない!」
 面白くなくても付き合って下さい。栄通お薦めの独りよがり・男ド根性に付き合って下さい。




f0126829_17473014.jpg





f0126829_18191446.jpg






f0126829_18193858.jpg





f0126829_18164596.jpg









 歩行者なりの人が少ないから、信号辺りは気になるところだった。
 見ている立場からすると、「凄い!藤谷康晴!!」ではない。どこか滑稽で哀しき藤谷康晴である。彼を取り巻くギャラリーなり、道行く人達の驚きの声が響き渡れば一大演劇空間になるのだが、ア~ア~打てば響かぬ札幌市民、不思議な風景を不思議とせずに通りすがる。











f0126829_174806.jpg





f0126829_1748246.jpg




f0126829_1748444.jpg




f0126829_1749477.jpg




 屹立する第一鳥居。黙々と歩く藤谷康晴。歩け歩け!!!ダダダダダダダーーー。



f0126829_17514146.jpg
f0126829_1752915.jpg
f0126829_17522958.jpg







f0126829_17525142.jpg

f0126829_17531457.jpg
f0126829_17532871.jpg






f0126829_17535514.jpg



 喫茶エスキスを通った。昔、彼はここで個展をした。だから、過去との関わりを確認して通ったのだろう。もちろん、喫茶オーナーへのラブコールでもある。「オレを見てくれ!成長しただろう」

 その喫茶店からお客が出てきた。迷いもせずに写真を撮り始めた。彼を取り巻くギャラリーが5人になった。





f0126829_17575832.jpg




f0126829_17581282.jpg





f0126829_17583676.jpg



 地下鉄「西18丁目駅」あたりに来てしまった。僕はここでお別れだ。自分の関わっている展覧会があるから。グッバーイ、フジヤ!!




 このパフォーマンスは人混みの街中の方が楽しいだろう。おそらく、僕の見たイントロは前座のようなものだ。人混みでも藤谷康晴はマイペースだろう。道行く人達はどんな反応をしただろう?異邦人としてみたか?単なる変人?目立ちたがり屋?お祭りの前座?さて・・・。

 ところで、藤谷康晴の目的は何なのか?さて・・・。

 昨年の12月にパフォーマンス&ライブ・ドローイングを行った。近々、その報告をします。

 

by sakaidoori | 2015-02-19 18:23 | 公共空間 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 19日

2460)①「ドローイングマン 札幌を あるく!あるく!あるく!(藤谷康晴)」 札幌路上 終了/ 2月7日(土)

  


ドローイングマン 札幌を あるく! 
(藤谷康晴)        あるく!
             あるく
!  



 創造都市札幌さっぽろ!
 おれはお前の上を歩く!
       
     
             


 会場:「スタート」・北海道神宮第二鳥居⇒北一条通⇒大通⇒南一条通⇒「ゴール」・テレビ塔

 会期:2015年2月7日(土) 14時スタート
 時間:14:00~?
     (約2時間か?)

     
ーーーーーーーーーーーーーー(2.7)

f0126829_9512798.jpg
   ↑:(北海道神宮第二鳥居。境内に向かっての撮影。)



f0126829_9514451.jpg
   ↑:(鳥居下から境内方向を撮影。)



f0126829_9515652.jpg
   ↑:(神社から鳥居前道路を撮影。)




 (以下、敬称は省略させていただきます。)


 ドローイングマン・藤谷康晴の路上・歩行パフォーマンスだ。
 十字架のようなギターのようなものを抱き、大道芸人風の衣装で街を歩く。ただただ黙々と歩く。もちろん信号では止まる。歩行者や車両の邪魔にならないようには気遣う。が、それら生活人の視線を求めながらも黙々と歩く。ただそれだけだ。


 僕はスタートから30分ばかりを見た。一緒に歩いた。
 天気の良い日だった。イベント日和・・ではある。しかし、吹雪いた方が良かったのか?曇天の方が良かったのか?キリリと冷え込む寒気の方が良かったのか?

 何はともあれ、そのスタート・ダッシュの風景を見てもらおう。




f0126829_1003100.jpg






f0126829_1001620.jpg






f0126829_1002996.jpg






f0126829_1004226.jpg






f0126829_101564.jpg






 観客は僕と妻と妻の友人の3人、そしてカメラマン氏だけだ。当然道行くすれ違い人が招かざる客なのだが・・・あまり人はいない。ふり返させるほどのインパクトがあったかどうか?こんなイベントはテレビ慣れして不感症か?札幌160万にといっても、人混みに会えるのはは都心といくつかの街だけだろう。あらためて人の少なさに感じ入った。


 何処を歩いたか?
 北海道神宮の入口にドーンと立っている第二鳥居からテレビ塔まで。

 似たような写真が続くが、あまり考えないで載せ続けます。




f0126829_10312697.jpg





f0126829_10314676.jpg





f0126829_1032128.jpg






f0126829_10321251.jpg





f0126829_10323376.jpg






 きな臭いところを歩いたものだ。北海道神宮は札幌開闢以来の西に面した表玄関口だ。東の玄関口はない。東は後背地への入口だから。明治政府の夢の植民地であり、隣国ロシアとの摩擦地帯でもある。

 小樽まで船で来た来道者たちが、てくらてくらと徒歩か馬かでサッポロを目指す。官人、軍人、商人、あぶれ者、流れ者がここを通る。大半は男だろう。時が進むにつれ、夫同伴の妻子もいるだろう。男目当てのあぶれ女も通っただろう。やっとの思いで辿りついた厳しき最果ての地だ。夢を抱きながら、安堵の気持ちでお参りもしただろう。そして、今の南一条通を通って街中を目指す。

 終点がレンガ造りの道庁ならば、まさに北海道としての札幌だ。官庁主導の札幌史への追認だ。
 しかし藤谷康晴はテレビ塔を選んだ。テレビ塔ーパリ・エッフェル塔への憧れであり、北海道文化作りという意気込みでもある。札幌が作られた官営都市・北海道支配中心地から、近代都市・日本の地方民間都市へと変貌しようとする象徴でもある。官営北海道から民力札幌へ、という藤谷康晴の期待なのだろう。
 しかし、今でも北海道・札幌は行政の力が強い。他の都市よりも多くのお金が国家から北海道には下りている。だからといって民間力がないわけではない。藤谷康晴は官にもの申しながら、個としての己の力を問うている。



f0126829_10524052.jpg




f0126829_10525473.jpg




f0126829_1053829.jpg




f0126829_10532692.jpg





f0126829_1054844.jpg









 ②に続く。似たような現場写真を載せます。 


 

by sakaidoori | 2015-02-19 11:01 | 公共空間 | Trackback | Comments(0)