栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2013年 08月 20日 ( 2 )


2013年 08月 20日

2158)③「白鳥信之常設展探訪(小林英一記念美術館内) 芦別日帰り旅行③2013.8.2」 旧西芦別小学校体育館跡

   

旧西芦別体育館内の小林英一美術館 探訪 


  白鳥信之常設展 
   


 会場     :小林英一記念美術館 & 白鳥信之常設展
          北海道芦別市西芦別町11・旧西芦別小学校体育館

 観覧開始日  :平成25(2013)年5月8日(水)
 開館時間   : 午前 ⇒ 9:30~11:00
          午後 ⇒ 13:00~16:00
 休館日    :土曜、日曜、祝日
         (通年鑑賞可能。年末年始等に休館日はあるでしょう。)

 観覧券発行場所:北日本多目的センター
 連絡先    :北日本多目的センター・帷子(かたびら)センター長
          (電話)0124-25-7633
           (特に予約は必要ありません。)

 注意 ⇒ 観覧のためには近くにある北日本多目的センターで観覧券(無料)を入手して、館内の係員に提示

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8.2)


 2136)①2157)②の続き。



 内部を紹介します。今回の記事は美術館の紹介に徹したいと思います。作品個々に関しては深く立ち入りません。

 絶大な白鳥ファンでなくても、美術ファンならば見に行って損のない施設です。芦別方面に行かれる時には、「白鳥常設館があったな~。西芦別だったな~。芦別から三段の滝に向かえばいいんだよな~」と、思いだして下さい。市内からはバスも出ているはずです。便数は少ないでしょうが、バス停からは近い。自然環境と一緒に楽しんで下さい。石炭産業に興味のある方は、旧石炭地域探訪として出かけて下さい。


 それと、気張って写真を撮りに行ったのですが、あまり良いできではなかった。光が当たりすぎなのか?要するに下手なのです。


f0126829_23411294.jpg
   ↑:正面の作品。



f0126829_23431280.jpg
   ↑:正面右側の通路。



f0126829_2345433.jpg
   ↑:復刻画の浮世絵。



f0126829_23485287.jpg




f0126829_23491723.jpg
   ↑:当館オーナーである「小林英一氏の部屋」。氏の肖像画が見える。




f0126829_2353489.jpg
   ↑:三部屋の内の一部屋。「森と人物の部屋」。




f0126829_23593973.jpg


f0126829_2359542.jpg


f0126829_002473.jpg
   ↑:以上3点同じ部屋。「桜の部屋」と呼びましょう。



 以下、廊下の作品を載せます。



f0126829_053794.jpg
   ↑:一番奥の壁。



 以下、中通路の様子を載せます。



f0126829_0143349.jpg





f0126829_0153178.jpg




f0126829_0155381.jpg




f0126829_0203068.jpg



f0126829_0204572.jpg





 ほとんど個別作品を撮らなかった。また当館には訪問するでしょう。その時は個別作品中心で話を進めよう。



 体育館には舞台が付きものだ。その舞台裏ようの部屋が、隠れるようにして奥にある。



f0126829_0333450.jpg




f0126829_0343220.jpg




f0126829_028581.jpg



f0126829_0283692.jpg





f0126829_035179.jpg
   ↑:正面左側の通路。




f0126829_0375571.jpg




f0126829_0213423.jpg
   ↑:会場の格子窓から外を望む。白鳥風景画に通じるものがあります。




f0126829_0392025.jpg

by sakaidoori | 2013-08-20 08:00 | [赤平・芦別] | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 20日

2157)②「白鳥信之常設展探訪(小林英一記念美術館内) 芦別日帰り旅行②2013.8.2」 旧西芦別小学校体育館跡

   

旧西芦別体育館内の小林英一美術館 探訪 


  白鳥信之常設展 
   


 会場     :小林英一記念美術館 & 白鳥信之常設展
          北海道芦別市西芦別町11・旧西芦別小学校体育館

 観覧開始日  :平成25(2013)年5月8日(水)
 開館時間   : 午前 ⇒ 9:30~11:00
          午後 ⇒ 13:00~16:00
 休館日    :土曜、日曜、祝日
         (通年鑑賞可能。年末年始等に休館日はあるでしょう。)

 観覧券発行場所:北日本多目的センター
 連絡先    :北日本多目的センター・帷子(かたびら)センター長
          (電話)0124-25-7633
           (特に予約は必要ありません。)

 注意 ⇒ 観覧のためには近くにある北日本多目的センターで観覧券(無料)を入手して、館内の係員に提示

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8.2)


 2136)①の続き。



f0126829_15183883.jpg



 ↑:美術館正面。



 内部を紹介します。

 変則的な導入ですが、2階からの会場全体風景から始めます。
 作品は見づらいですが、美術館の全貌がわかります。


f0126829_22212313.jpg



 ↑:左下が会場正面に相当します。

 ご覧のように、体育館の内部に独立し部屋を三個作り、部屋毎に作品セレクトしています。
 その部屋壁面と、全部の壁面に作品が展示されています。相当量の作品数です。日差しを浴びながらゆっくりと歩き、どっぷりと白鳥ワールドに浸ることができます。

 現在、美術館の作品構成は白鳥信之作品が大半です。それに、それなりの数の浮世絵と、有名な洋画の複製画が飾られています。
 キャプションもまだ未整備で、そういう意味ではまだ未完成の美術館です。今後、白鳥氏のスケッチ画などが複製画などに置き換えられるかもしれません。そればかりではないでしょう。新作なども追加展示されることでしょう。


f0126829_22255689.jpg



 ↑:正面右側の通路。


f0126829_22304126.jpg



 ↑:部屋と部屋の間の通路。



f0126829_22325772.jpg



 ↑:部屋の白いパネル壁は高い。そして天井はその上にあり、作品が二段構造の高さの中に収まっている。



f0126829_22393764.jpg



 ↑:正面左側の通路。


f0126829_22404920.jpg



 ↑:見える作品は全て白鳥信之作品。



f0126829_22462237.jpg



 ↑:2階のカーテン。


f0126829_22465859.jpg



 ↑:カーテン越しの外の風景。





f0126829_22493948.jpg



 ↑:正面の作品。



 今度は正々堂々と会場通路を歩きましょう。③でその風景を紹介します。

 ③に続く

by sakaidoori | 2013-08-20 07:21 | [赤平・芦別] | Trackback(24) | Comments(4)