栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2012年 06月 04日 ( 2 )


2012年 06月 04日

1785) 「梅田マサノリ 『記憶を探す通路』」 門馬 6月1日(金)~6月13日(水)


○ 梅田マサノリ 

  「記憶を探す通路」 

       記憶をコーテティングする今。
 


 
 会場:ギャラリー・門馬 ANNEX 
     中央区旭ヶ丘2丁目3-38
     (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055

 会期:2012年6月1日(金)~6月13日(水)
     (会期中無休)
 時間:11:00~19:00

ーーーーーーーーーーーーーー(6.1)

f0126829_14403921.jpg



f0126829_14405322.jpg



f0126829_14415698.jpg






 光を浴びる日にここを訪れると、もうそれだけで「美術」にタイムスリップする。
 強い光は磨りガラスで和らぎ乳白色に染まる。しかも空間は細長く、作家の意図のままに進んでは立ち止まり振り返り、最後は突きあたりのドアを過ぎ、緑の森で一呼吸する。
 門馬邸の庭は春真っ盛りだ。飛び回るシマリスの尻尾を見た。走ることの好きな生き物だ。ちょっとこちらを楽しませては、素早く木に登り、枝を伝い、これみよがしに素早い動きを披露する。あいにくと今日は尻尾だけだった。それでいい、君を見にきたのではないから。

 もう一度出発点に戻ろう。「記憶を探す通路」と作家は言っている。同時に、「記憶をコーティングする、今」とも言っている。記憶という過去、それを今は過去完了にするのだろう。
 その行為を追体験できるか、ゆっくりと会場を歩いてみよう。


f0126829_15331554.jpg
f0126829_15332666.jpg


f0126829_1534127.jpg


f0126829_15343987.jpg



f0126829_15353513.jpg



 梅田マサノリ得意の意味不明な浮遊物だ。生理の襞を浮遊させていている。が、生理のトゲをのこしつつ、トゲの役目を終えたようだ。

 目を磨りガラスに転じよう。


f0126829_15401582.jpg



f0126829_15403128.jpg




 男と女だ。自画像と夢と呼ぼう。ここにも正直な梅田マサノリがいる。全ては標本なのだが、休ませている感じだ。


f0126829_15443137.jpg




f0126829_15452848.jpg



 再び意味不明の浮遊物?四つ足の可愛い動物に見える・・・、ベッドだ。


f0126829_15464229.jpg



 ベッドが浮いている。子豚ちゃんのようでかわいい。


f0126829_15485839.jpg



 枕だ。飛んでいくなと、石で押さえられている。飛んでいくなと・・・。


f0126829_1551159.jpg
f0126829_15514277.jpg



 再びエッチな作品だ。オッパイと言おうか、女性器と言おうか。本人もしっかりと登場して、愛すべき梅田マサノリだ。


 振り返れば・・・、明るくて静かな標本室だ。

f0126829_15552993.jpg



 出口は近い、戻るわけにはいかない。先に進もう。


f0126829_1605724.jpg


f0126829_1612696.jpg



f0126829_161582.jpg





f0126829_1623431.jpg
f0126829_1625544.jpg











f0126829_1631978.jpg




 梅田マサノリ考。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 以前、テンポラリー・スペースで初めて個展を見た。
 その時も標本スタイルだった。が、もっと肉肉していた、生っぽかった。更に、標本の器は王朝趣味的で、装飾過多のギラギラ感もあった。この肉っぽさと装飾性との組み合わせはミスマッチのようで、意地の張り合いのようにも見えた。意地の張り合いと言えば、部屋を押しつぶすようなビニール球体も置かれていた。
 穏やかならぬムードが通奏低音のように流れ、何かを包むようにして「可笑しさ」が漂っていた。とにかく、至る所に顔を出すアンバランス感が梅田マサノリらしさと理解した。

 おそらく深刻なテーマを持っているのだろう。例えば、「生と死」、あるいは「肉体と精神」など。文明の利器を巧みに使うことにも秀でた人だ。「個人表現と集団意識との関わり」、「現代文明と表現媒体」、などもあるかもしれない。だから硬派と言える。
 1958年生まれの人だ。焼け跡派、団塊の世代、その後の燃えかすの世代などの、人の塊の息吹を知らない。人種的に優しい世代の始まりに位置する。彼の持つやさしさが、硬派一本表現を衒うのだろう。

 今展は静かだ。そして自画像もあり正直だ。女性器もあらわで、素直だ。己の「肉」との対話も一段落したのかもしれない。
 大病を患ったと資料にはある。いつのことだろう?
 帰りしなに、「このシリーズは今回で一区切り・・・」と、そんな言葉を耳にした。肉塊シリーズなのか、標本シリーズなのか、浮遊シリーズなのかは分からない。過去と一線を画すのだろう。その為の個展だろう。限りなく個人的な発表かもしれない。


f0126829_1818846.jpg









f0126829_18182116.jpg





f0126829_18205569.jpg

f0126829_1821763.jpg
     ↑:(浮遊するベッドの支え石。)



f0126829_1822552.jpg


by sakaidoori | 2012-06-04 18:40 | 門馬・ANNEX
2012年 06月 04日

1784)③「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)

  

○ 第7回 しんか展 
 

 会場:大同ギャラリー 3階4階
     中央区北3条西3丁目1
      大同生命ビル3階 4階
      (札幌駅前通りの東側のビル。
      南西角地 。)
     電話(011)241-8223

 会期:2012年5月31日(木)~6月5日(火)
   ※ 3日(日)は、14:00~ 
 時間:10:00~18:00
     (最終日は、~17:00まで)

 主催:しんか展プロジェクト
 後援:札幌パイロットクラブ

ーーーーーーーーーーーーーー(5.22)

 1777)①、1781)②の続き。

f0126829_22335699.jpg



 最後になりましたが、受賞作を紹介します。
 最後になったのは理由があって、ほとんどの作品はバランスが良くて、他の作品とムードを事にしている。稚拙な味わいも「へたうま」という言葉があてはまる。要するに上手な作品ばかりだ。


f0126829_22343939.jpg



f0126829_22344967.jpg




     ↑:第7回しんか賞日野正和(東京都)、「草の海」

 全体のバランスが抜群だ。しかも勢いもある。「オレは生きているぞー、オマエを食べるぞー」と可笑しく襲いかかる描写が、普通のリアリズムでないのが良い。要するに良いこと尽くしで、知的障がい者作品特有のアンバランスがない。個人的には、そこがちょっと物足りない。特に、全体に破綻があまりにもないのが残念なところだ。僕自身は「破綻」も作品の有力な質と思っている。



f0126829_22464165.jpg


f0126829_22491533.jpg



     ↑:左側、冨樫雅彦賞・横尾俊樹(東京都)・「ゲルニカ物語」
     ↑:右側、山下洋輔賞・大庭稔輝(東京都)・「青蛙」。


f0126829_22543158.jpg
f0126829_22545817.jpg
     ↑:左側、札幌パイロットクラブ賞・松宮剛介(札幌)、「かぼちゃ」。
     ↑:右側、札幌パイロットクラブ賞・北條貴幸(札幌市)、「トランペット」。


 全て、全体のバランスが良い。部分描写は粘着的描写であったり、稚拙な自由さがあったりして興味を惹くが、あまりに全体が良すぎてビックリする。全ての作品かどうかはわからないが、美術指導を受けているかもしれない。


f0126829_2332065.jpg
     ↑:札幌パイロットクラブ賞・岡村宇宙(東京都)、「夕焼け鉄塔」

 (原作は僕の写真のように明るく発散していない。)
 ピンクなのに渋い。まさしく夕焼け的深みのある渋さだ。その中に「線」が一気に描き込まれている。しかも直線で、描き直し無しだ。一気と言ったが、それは気持ちが一つという意味で、ゆっくりと強く直線を世に降ろすという風情だ。「針金」の持つ細さ、強さという相反する正確を持つ線質だ。この線のムードが画面全体を支配し、ピンクもピンクらしからぬ雰囲気で応えている。線とピンクが織りなす異様な雰囲気の作品だ。



f0126829_23212488.jpg
     ↑:(階上階下の同時風景。)


 3階ばかりを紹介してしまった。
 以下、2階の様子を載せます。


f0126829_23233547.jpg



f0126829_2324016.jpg


f0126829_23241541.jpg


f0126829_23243343.jpg


f0126829_23245191.jpg


f0126829_2325743.jpg


f0126829_232522100.jpg



 お気に入りの作品を3点だけ載せます。


f0126829_23265357.jpg
     ↑:安間博(東京都)、「葡萄棚の世界」

 僕はこういう色合いの世界は好きではない。落ち着かなくて息苦しくなる。だから、こういう色の世界で生きている人を見ると観想世界が全く違うのかと驚くし、感心もする。生理的には意に反するが、こういう色でまとめる人に価値を見いだしたい。


f0126829_23334775.jpg

f0126829_2333137.jpg


     ↑:左側、村上咲織(恵庭市)、「さっちゃんのワンピース」。
     ↑:右側、幅中佑氏(札幌市)、「はこだてせんそう」。



 完。

by sakaidoori | 2012-06-04 00:02 |    (大同)