栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2012年 06月 02日 ( 2 )


2012年 06月 02日

1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)

 
○ 第7回 しんか展  

 会場:大同ギャラリー 3階4階
     中央区北3条西3丁目1
      大同生命ビル3階 4階
      (札幌駅前通りの東側のビル。
      南西角地 。)
     電話(011)241-8223

 会期:2012年5月31日(木)~6月5日(火)
   ※ 3日(日)は、14:00~ 
 時間:10:00~18:00
     (最終日は、~17:00まで)

 主催:しんか展プロジェクト
 後援:札幌パイロットクラブ

ーーーーーーーーーーーーーー(5.22)

 1777)①の続き。


1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_1665011.jpg



1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_1672970.jpg



1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_1673988.jpg



 以上、①と合わせれば2階の全作品の様子が分かります。(写真をクリックして拡大して下さい。)


 前回はベスト・お気に入りを1点だけのせました。続けて好みを載せていきます。





1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_1623471.jpg
          ↑:中澤元志(東京都)、「中生代の記憶」

1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_1795352.jpg



 「絵画」としての可能性を秘めている。
 ワニのような生き物が見える。そういう視点で画面を見ていくと、南国的な動物植物が画中に埋め込まれている風にみえる。問題は、中の物の存在のありようと相互関係だ。ゴロンゴロンと膨れて互いに張り合って存在している。描きたいワニを引き立たせるために背景があるのではない。全てが同列に存在し合い、別個の生き物として息づいている。究極的には一線一線が独立している。
 普通、絵画は何らかの上下関係で成り立っている。「画題と背景」とか、「組み合わせと、それを繋ぐもの」等だ。小品の静物画はその代表だろう。「主題」あるいは「コンセプト」という考え方そのものが排他的思考だ。
 そこにセザンヌが多視点・同時存在という革命をもたらした。が、それは描かれていない主題に人を誘う方法でもある。それは計算された構築性ともいわれる。そうなのだろうが、もしかしたら、彼の目は左右のバランスが悪くて、それが原因で多視点構築作品ができたのかもしれない。あとは、その感覚を美術史の流れで表現するだけだ。冷めた意識と、狂った左右の視力が原点かもしれない。

 その言い方からすると、中澤元志の場合は、全体の構築意識は欠落していると思う。想念の世界では部分と部分を繋ぐ感覚が欠落していて、部分連合が細胞連合のように有機的に絡まって成り立っているのだろう。細胞が働く空間という感覚がないから、全ては淡々と同じ感覚で築かれていく。色の濃淡は、絵画構成の工夫ではなく、描くその日なり、その時の気分だろう。結果として、絵にリズムが生まれる。
 画中に分割線がある。浸透膜のようなもので、画家は何ら意に介さないだろう。
 こういう感覚を持つ青年はいると思う。現在の美術教育が個人の乱れた視力を矯正する場合がある。乱れた視力で、新機軸を開いて欲しい。




1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_17223391.jpg
          ↑:齋藤毅(札幌市)、「イタリア・ジェノバにて 『開会式入場行進』」

 画家はスポーツの国際大会に参加するアスリートだ。画題は彼が参加した大会の入場行進風景なのだろう。
 行進する日本団は愚連隊風に見えるのが微笑ましい。
 何と言っても明るく清潔感抜群だ。
 行進も面白いが、歩道でのタイルと人物が交じり合った感覚が楽しい。


1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_17252461.jpg
          ↑:松本マリ子(北海道遠軽町)、「ラッパと花」


 細胞連合感覚は「中世代の記憶」の作家と似ているのだろう。
 こちらは中心ではないが親分という存在があるようだ。大きな花は自身の分身かもしれない。



1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_17293944.jpg
          ↑:松本美千代(北海道遠軽町)、「やじろべえ」。


 「やじろべえ」、足のない漫画ムシだ。何とも愛すべき存在だ。
 どこかが欠落している感じだが、完成形も想定され、その不具合との落差がイマジネーションをちくちくさせる。


1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_17374574.jpg
          ↑:佐東宗春(北海道遠軽町)、「ひこうき」



1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_17404095.jpg
          ↑:沼澤実(北海道遠軽町)、「なみ」


1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_19583172.jpg 「なみ」というか、「うろこ」というか、画家の楽しい部屋だ。食べ物に関係したものが、各パーツには描かれている。おやつの隠し場所?








1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_17454749.jpg
          ↑:佃拓海(東京都)、「夜の森」


 可愛い絵だが、ちょっと恐い。「夜の森」、全く具象性には欠けているのだが、大きな葉っぱが夜のしじまで襲いかかってきそう。漫画的怖さと言ったらいいのかもしれない。でも、今の時代は「漫画的描写」のほうが、「オーソドックスなリアリズム」より恐い場合がある。どんなに秀でた描写力でも、ちまたに溢れた場合は普通の世界として接するからだろう。


1781)②「しんか展 第7回」 大同 5月31日(木)~6月5日(火)_f0126829_19421946.jpg
          ↑:加藤翔太(東京都)、「東京スカイツリー」。

 これは傑作です。
 実は、何を描いているか分かりにくい。強い色が固まっている、線も負けずに這い廻っている、色と線のブラック・ホール絵画だ。
 こうしてパソコンの画面で見返したら、「東京スカイツリー」を描いていたんだと納得できる。しかし、この建物の魅力を削ぐように他の建物が強烈に主張している。画面下は水面だろう。ここにもタワーがあるのか無いのかはっきりしない。タワーを取り巻きが、タワーを排撃している。タワーもちいさくなっている。
 僕ならタイトルはこうだ、「あー、哀しき東京スカイツリー」だ。まるで呪われているみたいだ。


 次は受賞作を中心に紹介します。 ③に続く。 

by sakaidoori | 2012-06-02 20:00 |    (大同)
2012年 06月 02日

1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日

 
○ 大木裕之・滞在制作展 

   「メイ」 

      友情参加:森美千代(写真)
      


 会場:テンポラリー・スペース
      北区北16条西5丁目1-8
     (北大斜め通りの東側。
      隣はテーラー岩澤。)
     電話(011)737-5503

 会期:2012年5月29日(火)~6月3日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00

 ーーーーーーーーーーーーーー(6.1)

 1779)①の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 森美千代の写真は2階だ。


1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_105272.jpg



1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_1055858.jpg



1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_1062812.jpg



1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_1071813.jpg



1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_1073855.jpg



 当初から、大木裕之の展示に合わせた「ゲスト・森美千代写真展」という話はあった。考えるところがあって参加を見合わせていた。が、「大木裕之・ゴミの山展」を見て、全身全霊触発された。何の用意もしていなかったが、そこは写真家である。写真は家に五万とある。
 「何でも良いから貼っちゃおう。大木裕之と一緒に過ごそう。あのゴミの中に私の写真を置きたい!」
 そうして2階は森美千代・写真展になり、当展は「森のゴミ展」になった。


 植物という生き物をいろいろな角度から撮ったり、建物の見え方の面白さに迫ったり、写真を切り刻んで織物風にしたりと、表現の引き出し内部が垣間見える。ビニール版への転写・作品化という点は、いままでにない試みだ。陽を浴びる2階を意識したのだろう。屋根裏という事もあり、アナログ写真の成立過程を見るようだ。銀塩の現場は暗い、ここは明るくてパソコン処理でもあるから、似て非なるものだ。
 それよりも、光を浴びて作品が小さく見えた。透き通って、写真の骨組みしか見えないからだろう。それと、近づいて鑑賞という雰囲気ではない。ここは足下が不安で、鑑賞ではなく雰囲気を味わう空間だ。
 作品がもっと大きければと思うが、今回はそんな細かいことは無視しよう。いきなりの飛び入り参加で、「ここまではいつでも直ぐにやれる人」ということを証明した。もっとも、個人的にはここを突き抜けるぐらいの勢いを期待している。

 四方山話に花が咲いた。おまけに帯広からの美術家も一緒だ。帯広女史のフットワークの軽さには頭が下がる。蝶々ですね。というわけで、個別作品を取り損ねた。上の写真をクリックすれば、おおよそは見当できます。

 

1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_11113278.jpg



1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_1112626.jpg



 栄通     :「オッ、エッチだね~」
 帯広の女史 :「あら、これセクシーね~、良いわね~」


1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_11153652.jpg
1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_11155011.jpg



 森美千代は写真を「作る人」だ。過剰暗闇だとか、露光200%とか、要するに写真を化粧をする。熟女だから化粧も分厚い。
 上の作品はネガ風の写真を丁寧に切って、几帳面に織ろうとしている。ここで終わればお洒落なデザインだ。


1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_11252180.jpg


 物語が展開しそうな場だ。



1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_1126292.jpg 「3日までです。日曜日までです。よろしく」























1780)②「大木裕之・滞在制作展『メイ』 友情参加・森美千代(写真)」テンポラリー 5月29日(火)~6月3日(日_f0126829_1129172.jpg


by sakaidoori | 2012-06-02 12:17 | テンポラリー