栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2012年 05月 27日 ( 2 )


2012年 05月 27日

1770)②「山岸せいじ・展 『あわいを覗く』」 茶廊法邑 5月26日(土)~6月3日(日)

  
○ 山岸せいじ・展 

      あわいを覗く
   

        
 ・会場:茶廊法邑
      東区本町1条1丁目8-27
      電話(011)785-3607

 期間:2012年5月26日(土)~6月3日(日)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00
     
 企画:当館

ーーーーーーーーーーーーーーーー(5.27)

f0126829_2124049.jpg


 1769)①の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 全部ではありませんが、配列順番に個別作品を載せていきます。長物の大作は、部分図を載せます。


f0126829_21224445.jpg



f0126829_21251062.jpg
f0126829_21253558.jpg


 右側、女性の足が見える作品、何だか戦前のニューヨークのキャリア・ウーマンみたいだ。ハイヒールを履いて、眺めのドレスを着て、オフィス街と夜の雑踏とのタイムラグだ。


f0126829_21304026.jpg



f0126829_2131375.jpg
f0126829_21312393.jpg


 この二つは全体から見ても異色だ。
 左側は全く意味不明なのだが、流れの中で見る時、その黒い闇が自己主張をしている。作品の中での部分的な闇は、作品自体をブラック・ホールにしている。
 右側の少女の作品、まるで昭和初期のスタイルだ。タイムスリップだ。全体の空間と時間を揺さぶっている2枚だ。


f0126829_2261273.jpg
f0126829_2262819.jpg




f0126829_227255.jpg


 さー、都会の雑踏の中に入ろう。一粒の名も無き、顔も無き存在になって、塵や埃になって「ひとむれ」に連なろう。


f0126829_2211511.jpg


f0126829_22112984.jpg
f0126829_22114444.jpg


f0126829_22144714.jpg


f0126829_22152041.jpg




f0126829_22154558.jpg



f0126829_2216876.jpg
f0126829_22161985.jpg


 右側の女性のシルエット、ロマンチックな作品だ。明日を信じる人だ。
 個別作品の人のシルエットは、総じてロマンチックに見える。光と闇で、人の世界が浄化されたみたいだ。一つの桃源郷として見ていいのだろうか?桃源郷というにはくるおしい作品もある、溜め息という流れにもなりそうだ。
 (今回は多めの個別紹介になりそうだ。氏に怒られるかもしれない。そんなこともないだろう。要するにその心は、法邑に行って欲しいということです。)


f0126829_22181163.jpg
f0126829_22182664.jpg



f0126829_2223341.jpg
f0126829_22242596.jpg



f0126829_22245089.jpg
f0126829_222591.jpg



f0126829_22254921.jpg
f0126829_22261313.jpg


 右の子供の作品も印象深い。走る、走る、どこへ走るのか、どこへ逃げているのか。


f0126829_2228992.jpg



f0126829_22283966.jpg


f0126829_222932.jpg



f0126829_222922100.jpg









f0126829_223995.jpg

by sakaidoori | 2012-05-27 22:39 | (茶廊)法邑
2012年 05月 27日

1769)①「山岸せいじ・展 『あわいを覗く』」 茶廊法邑 5月26日(土)~6月3日(日)

  
○ 山岸せいじ・展 

      あわいを覗く
   

        
 ・会場:茶廊法邑
      東区本町1条1丁目8-27
      電話(011)785-3607

 期間:2012年5月26日(土)~6月3日(日)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:10:00~18:00
     
 企画:当館

ーーーーーーーーーーーーーーーー(5.27)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 長方形の会場を前後から載せます。


f0126829_19473052.jpg
     ↑:(入り口側から。)

f0126829_19474273.jpg



 久しぶりに魅せる山岸せいじの写真展だ。似た作品なのに飽きない。リズムを保ち、ちょっとした驚きを散りばめ、次から次へと追いかけてしまう。この光はどこに行くのだろう?この闇は何だろう?心地良い謎も自然に湧いてくる。それは確かに幻視だろう、山岸マジックといっても。が、トリックなのにリアルだ。おそらく、山岸せいじにとっては嘘がないのだ。余りに真摯な態度、自分だけに浸りきる執念と情熱、しっかりした技術と美学は見る者を取り込んでしまう。

 「はざま」、「光」、「闇」、人の背後の空気と息吹を感じながら見ていって下さい。



f0126829_203784.jpg



f0126829_20256100.jpg


f0126829_2032494.jpg


f0126829_2033493.jpg


f0126829_203442.jpg




f0126829_2035314.jpg



f0126829_20471769.jpg


f0126829_20483240.jpg
 

f0126829_2049248.jpg


f0126829_20493297.jpg




f0126829_2050346.jpg


f0126829_20504497.jpg


f0126829_20505333.jpg


f0126829_2051914.jpg


f0126829_20513266.jpg


f0126829_20514177.jpg



 ブッラック・ホールあり、ロマンあり、時の流れの中で、向こうの世界が見えたなら、知っているはずのこちらは本当に見えていたのか、いつか見たような、これから見るかもしれない一コマ一コマ。

 若いイリュージョンだ。過ぎ去った世界のようでも、可能性を感じる、エネルギーを感じる。吐いても吐いてもでてくる美しい世界。この揺るぎなき美はどこからくるのだろう。人恋しい姿に安堵する。


 会場全景で一度見渡した。グループ単位で2度見たことになる。廻り巡るエンドレスの世界だ。個別作品にスポットを当ててもう一度歩くことにしよう。 ②に続く

by sakaidoori | 2012-05-27 21:08 | (茶廊)法邑