栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 04月 22日 ( 3 )


2010年 04月 22日

1276) ③市民ギャラリー 「’10 第37回 北海道抽象派作家協会展」 終了・4月13日(火)~4月18日(日)

○ ’10 第37回
    北海道抽象派作家協会展


 会場:札幌市民ギャラリー 
     中央区南2東6(北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2010年4月13日(火)~4月18日(日)
 時間:10:30~18:00
   (初日は13:00~、最終日は~17:00まで。)

 【出品作家】
 同人:石川潤(新同人・七飯) 今庄義男(岩見沢) 岩田琿(七飯) 後藤和司(札幌) 佐々木美枝子(札幌) 鈴木悠高(札幌) 外山欽平(函館) 名畑美由紀(新同人・札幌) 林教司(岩見沢) 三浦恭三(小樽)・・・以上、10名。

 一般:甲斐野弘幸(札幌) 甲斐野市子(札幌) 笹岡素子(江別) 鈴木薫(札幌) 能登智子(札幌) 横山隆(札幌) 吉田英子(札幌) 風間虹樹(帯広)・・・以上、8名。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(4・14)

・ 甲斐野弘幸の場合

1276) ③市民ギャラリー 「’10 第37回 北海道抽象派作家協会展」 終了・4月13日(火)~4月18日(日)_f0126829_20492080.jpg
     ↑:左右の作品は、「跫(アシヲト)’10」・M150×2。

 前回は2人一組の紹介。今回もそのつもりですが、たった一人の紹介にみえます。実は、甲斐野弘幸さんは前回紹介した甲斐野市子さんと結婚されて、彼女との一組なのです。おめでとうございます。
 特に祝儀の言葉を述べたくてプライベートなことを語ったわけではないのです。結婚によって、明瞭に画風が一つの方向を向き始めたみたい。一言で言えば明るくなった。チョット失礼な表現ですが、以前の絵は何を描いているのかわかりにくかった。タイトルの「アシヲト」が象徴的で、おそらく心象絵画と理解して良いと思う。どこかモヤモヤした気分を未整理な状態で色にして、何かが生まれるのを期待するという感じだった。良くも悪くも自分自身との格闘をアシヲトのように潜ませていた。
 今回、とても素直な絵だ。あまりにも分かりやすいとも言える。

1276) ③市民ギャラリー 「’10 第37回 北海道抽象派作家協会展」 終了・4月13日(火)~4月18日(日)_f0126829_2133690.jpg


 水平線か地平線か真一文字のアンダーライン。手前は草原にしよう、線の上方は海か空だ。右側に虹のような円弧が恥ずかしそうに描かれている。見開き2頁の絵本と言えなくもない。決して物語り作家ではないから絵本的な仮想世界を思い描けれないのだが、伸びやかな作家心には違いない。もともとこういう「風景」を描きたかったのだろうか?幸せな気分の反映だろうか?きっとそうかもしれないが、こういう絵を描きたかったのかもしれない。そう、素直な絵を!
 こうなると、タイトルはそぐわない。「跫(アシヲト)」、余りに意味深で今後の方向性と合うのだろうか?


・ 石川潤×鈴木悠高

 ともに実直かつ直(ひた)向きに絵画に取り組んでいる。ともにおびただしい制作量だ。「これしかない」という目的意識で真一文字に前進している。眩しい姿勢だ。
 一方で、不問にしていた事、気にしていた事、排除していた事があっただろう。今すぐにではないが、敢えて見なかった事がドーンといつかは押し寄せてくるかもしれない。

 さて、2人の実直なスタイルを見よう。

1276) ③市民ギャラリー 「’10 第37回 北海道抽象派作家協会展」 終了・4月13日(火)~4月18日(日)_f0126829_21222787.jpg
     ↑:同人・石川潤(七飯)、「呼吸」・S100他沢山。

 決して悪くはない。悪くはないが不満だ。
 このスタイルは昨年も見た。新味は床にも作品を置いている事。これはグッド・アイデアだ。そして、絵の世界に今までにない模様を描き込んで、いろいろと実験をしている事。それは画家として当然な精進だろう。
 ここは広い。「アッと驚く為五郎!!」ではないが、広い市民ギャラリーでしかできないことをしてもらいたい。彼は才能の人ではない。努力の人、情熱の人、描くなと言っても描き続ける絵の人だ。そして若い、怖い物知らずではないか。その執念とも言える絵に対する情熱が、より一層の石川・絵画を産む事になると思う。とりあえずは量だ!空間美や消去美などは数年先の課題にして、与えられた壁全部を埋め尽くす算段で抽象派展に取り組んで欲しい。
 もし可能ならば、来年はライブ・パフォーマンスでもしたらどうだろう。


1276) ③市民ギャラリー 「’10 第37回 北海道抽象派作家協会展」 終了・4月13日(火)~4月18日(日)_f0126829_21421425.jpg
     ↑:同人・鈴木悠高(札幌)・「Yellow A~E」・F50。

 「黄色の人・鈴木悠高」が変化した。
 切れ目のような模様、穴に吸い込まれるような具象風景、何だかわからい形態が黄色の画面に浸入してきた。黒系の色が浸入してきたので、強い黄色が更に更に黄金色になった。輝やいている。だが、おっかなっびくりでもある。というのは、この作品は比率を変えて小品でも充分通用する。否、小品としてのぎりぎりの拡大絵画と理解した方が良い。つまり、計算絵画とも言える。どんな模様を入れようか?どこに描こうかは前もって決まっている。油彩を塗り重ねて、そのキャンバスとの語らいでこの絵はできてはいない。自分の中に思い描いていた「思想」をどうやって視覚化するかが最大のポイントだ。黄色や浸入した形の明瞭さは「思想」の強さの反映だろう。だが、それは願望に近いかもしれない。というのは、「こういう思想だ」という中味を絵からは汲み取れない。なぜなら、余りに具体画に近い絵ではなかろうか?それは彼の目指す「絶対抽象画」と離反しているようだ。もっとも、理念とのズレが生まれたのが今展の最大の収穫だ。
 「うごめき悩む黄色い鈴木悠高」なのだろう。

1276) ③市民ギャラリー 「’10 第37回 北海道抽象派作家協会展」 終了・4月13日(火)~4月18日(日)_f0126829_2253079.jpg
1276) ③市民ギャラリー 「’10 第37回 北海道抽象派作家協会展」 終了・4月13日(火)~4月18日(日)_f0126829_2261372.jpg





 もっと紹介したかったのですが、おそらく今回で今展は最後です。

by sakaidoori | 2010-04-22 22:50 | 市民ギャラリー
2010年 04月 22日

1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)

○ 櫻井マチ子・個展

 会場:さいとうギャラリー
     中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
      (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:20010年4月20日(火)~4月25日(日)
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(4・23)

 明るく軽くチョットだけエロス、いえいえ大胆にしてかなりエロティッシュな櫻井マチ子さんの個展です。

 小品は本当に商品で販売を目的にしています。頻繁に開かれる当館での櫻井マチ子個展は、それがいつものパターンです。そして明るい花の絵が一杯です。ところが、今回は渋くモノトーンでの展示構成です。大作や中作を沢山展示。それらは旧作ばかりですが僕にとっては初見です。好奇心一杯で見れた。櫻井ファンで、昔の「櫻井マチ子」を詳しくしらない人には間違いなく楽しめます。
 彼女は今年の芸森での札幌美術展に意欲作を発表したばかりです。過去の作品を見つめて充電しているのでしょう。

 見つめ合ってぽっと頬が赤く染まり、チョットはにかむ姿勢、そんな漫画のようなラブロマンが好きな方にも楽しめる展覧会です。


1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_1834321.jpg



1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_184321.jpg


 色に頼らないでグラデーションや面構成を追求していたのでしょう。非常に丹念で細やかな集中力があり、エロスよりも小魔女に近い。


1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_1812914.jpg
          ↑:「ひとりじゃないの」・F8。

 あっさり&大らかなさえずりです。サイズは小さいが気持ちの膨らむ絵です。

1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_18172395.jpg
1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_1818541.jpg

     ↑:左から、「モノトーンへの想い」・F30。「コルトレーンへの想い」・F10。

 モダン?な線と面、それとセクシャルさをかみ合わせている。こういう研究時代があったのだ。面と形の組み合わせで遊ぼうとしている。正直に描こうとしていて愛着を覚える。


1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_1822405.jpg


1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_18282675.jpg1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_1829146.jpg
1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_1829221.jpg
 ↑:左から、「ポワンポワン」、「バードウォーキング」、「キング・オブ・ヘブン」。

 いずれも旧作。画家というものは何でも描ける。細密画というかデッサン風というか、いろいろと変化した描き方で面白い。小さいがグッドです。
 真ん中の絵は肉の塊に見える。エロスを超えて女体そのものだ。
 右の絵はとても細かい、ランジェリーです。


1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_18345295.jpg



 今展は2人展ではないのですが、隣室とはオープンな関係になっています。ですから、隣のシャープで華やかな水彩風景を見た人が、良い意味で勘違いして櫻井個展会場に入るわけです。初めは「お花の絵」ばかりですから違和感はないでしょう。はてさて、最後まで見届けれるでしょうか?


1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_1840523.jpg
1275) さいとう 「櫻井マチ子・個展」 4月20日(火)~4月25日(日)   _f0126829_18411972.jpg
     ↑:「アイ・ラブ・ジムダイン」・SM。

 ジムダインは現代美術作家とのこと。なぜ洋服なのかは認識不足で語れません。櫻井さんにとって大事な作家なのでしょう。

by sakaidoori | 2010-04-22 19:47 | さいとう
2010年 04月 22日

1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)

○ 自分のためにアートを買いたい
    -U 50,000- 2010


1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_1147498.jpg 会場:CAI02・raum1 2 3
    中央区大通西5丁目 昭和ビル・B2 
    (地下鉄大通駅1番出口。
    注意⇒駅の階段を下りてはいけません。
        昭和ビルの地下2階です。)
    電話(011)802-6438

 会期:2010年4月17日(土)~4月28日(水)
     (4月24日 午後5時からは第1室入場不可)
 休み:日曜日・祝日(定休日)
 時間:13:00~23:00 

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 19:30~

 【参加作家】
 沢山。
 (価格はカットして、作品リストを載せています。参考にして下さい。)

ーーーーーーーーーーーーーーー(3・21)

 タイトルにもあるとおり、販売を目的にした小品・商品展です。というわけですから、会場風景だけの紹介にします。


1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_10565089.jpg


1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_105772.jpg
     ↑:以上、1室。

1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_10585127.jpg


1274) CAI02 「自分のためにアートを買いたい -U 50,000- 2010」 4月17日(土)~4月28日(水)  _f0126829_10591549.jpg
     ↑:以上、2室。


 1室。
 ピンク地にたゆたゆし線描の田村佳津子・「うらラララ」(2010年 キャンバス アクリル絵の具 ペン 40×20㎝)。ピンクの淡さに勘違いしそうですが、執念の線描画です。
 奥山三彩、「落ち葉のコンチェルト」(登別軟石 桂 2009年 11×33×14㎝)、強く印象に残った作品。階段状の台座に貝殻のようなものが置かれていて、この二つがコンチェルトを奏でているのでしょう。遺物風の地味さと、花開く若さが同居している。
 鈴木朝美、「おどる人びと」(シルクスクリーン 2008年 31.5×43.8㎝)。これまた悩ましい作品。ピンクのブツブツが散りばめられていて、おそらくその模様が人々なのでしょう。踊っているのでしょう。全体の図柄よりも、ピンクのブツブツが点描になっていて、しなやかな女性らしさを感じた。大きさは額込みのもので、かなりの小品。
 小坂裕美子、「ゴミぐるみ」(プラスチック ビニール 2008年~)。コンクリート壁面の四隅に「ゴミぐるみ君」という風情で沢山の安直人形が重ねられている。「ゴミ」なのかもしれないが、暗がりの部屋では可愛いく明るい生き物だった。

 2室。
 白くて細長い部屋の奥に、顔無しピンクのポートレートが目に飛び込んできます。武田浩志、「服 1」(MDFパネル アクリル 和紙 ウレタンニス 金箔 2010年 45×50×3.4㎝)。タイトルは「服」ですが、やはり「顔無しピンク坊や」と言いたい。
 その武田浩志・服を見にのこのこ近づいていくと、色サンサンの山本雄基・「曖昧のあわ、みえ得るところ「(木製パネル アクリル 2010年 21.5×27.2㎝)。けっして「曖昧なあわ」ではありません。「どうしたの?」と言いたいほどの分かりやすさです。立体仕掛けの水玉模様です。色くっきりで、山本雄基君も人生に絵に恋して春が来た感じです。
 田中由美子・「鳥たちの休日」(ガーゼ 日本刺繍糸 カモメの羽 リンシード 漆 1997年 直径20㎝)。かなり大きめの卵形のガラスに羽根が閉じこめられている。身近に置くには少し大きいかもしれないが、毎日拝んで触りたくなる。 

by sakaidoori | 2010-04-22 11:51 | CAI02(昭和ビル)