栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 03月 31日 ( 2 )


2010年 03月 31日

1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)

○ jobin.paterの二人展
   「ハルナデ展 2010」
             since2007


 会場:ギャラリー ニュー・スター
     中央区南3条西7丁目・KAKU1階
     (西向き一方通行の道路の北側。
      美容室kamiyaの隣。)

 期間:2010年3月21 日(日)~4月2日(金)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:11:00~20:00
    (日曜日は~ 17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(3・25)

 3月25日木曜日の訪問。暖かく、晴れてはいるが陽がささない街。


1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_1344081.jpg
     ↑:(ニュー・スター前の一方通行の道路。西に武華っての撮影。)




1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_1432863.jpg




1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_13454436.jpg



1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_13485036.jpg



1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_1349548.jpg




1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_13534553.jpg


1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_13543282.jpg


1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_1355172.jpg
1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_13561676.jpg



1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_1358712.jpg



 今年も「ハルナデ」という「お題」を頂きました。さて、今回の「こころ」は・・・。

 春先の空気を背景にした木々の姿をイメージした。視点は雪ある大地ではなく、線描としての枝振りであり、まさに蕾が開かんと欲する草木の景色です。
 左側の漆喰風の壁は神経質なドローイング模様だ。右側の札幌軟石の模様は、雪解け時の大地の裂け目とも、大きな樹木のごわごわした表皮とも見える。太い線描だ。
 壁を線描の絵画に見立てて、「消去法」で会場作りをしている。春の自然の燃える前、その空気を伝えるような世界。


1248) ニュー・スター 「jobin. とpaterの二人展 『ハルナデ展2010』」 3月21 日(日)~4月2日(金)  _f0126829_14304323.jpg
     ↑:会場の東の方では。建築工事。クレーンのワイヤーが真下に一直線を引いている。

by sakaidoori | 2010-03-31 14:32 |    (ニュー・スター)
2010年 03月 31日

1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)

○ 鈴木喜景・油彩展
     ー版画・油彩ー

       
 会場:大通美術館 C室
    大通西5丁目11・大五ビル 
    (南進一方通行の西側。)
    電話(011)231-1071

 会期:2010年3月23日(火)~3月28日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(3・25)

1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_10551211.jpg


1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_1056682.jpg


1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_110858.jpg



 鈴木喜景さんは、明るく楽しい油彩画で、自己流の絵画世界を広げているベテラン作家です。
 定年後に本格的に描き始めたようで、自分の気持ちを絵にぶっつける、絵から元気な声をもらって、今度は落ち着いて絵を作っていく、どこまで元気にオーバーに描くか、にぎやかさの中にどこまで省略していくか・・・そんな感じで鈴木ワールドを見ています。
 根幹は生命力とロマンティシズムではないでしょうか。男のロマンですから、当然「女性」が多く登場します。妖艶な女性というよりも、どこか田舎っぽくて郷愁ただよう娘達です。そういう娘達が大人になった時の姿です。
 生命力の対象は画題の全てと言っていいでしょう。描かれた対象がどれだけエネルギーを保っているかが勝負です。構図はその生命力讃歌のバックボーンです。「男○○歳、鈴木喜景」の根性が構図と言い換えてもいいでしょう。

 今回の特徴は色が満遍なく拡がって落ち着いた感じです。華やかさと拡がりと落ち着きを感じました。
 何かを惹き立たせる構図ですが、全体で踊らせるという雰囲気が多くでてきたようです。もっとも、氏はクローズ・アップ手法を得意としています。メインの画題に視点を置いたこれ見よがし的構図なのですが、見ていて違和感が薄くなったと言ったほうがいいかもしれない。今までよりも絵全体に目配せが行き渡っている感じです。

 
1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_11331510.jpg
     ↑:「豊漁の海」・P100 2006年。

 今展一の力作。2006年制作ですからわずかに古い作品とも言えるでしょう。一つの頂点だと思う。
 真ん中の魚は誇張されて大きく描かれていますが、だからといってこの絵の中心はここにはない。漁に絡んだ人の営みにあると思う。一心に仕分けしているおばさん達、仕分けされる魚達、魚に囲まれた漁船、漁船も形を変えた魚のよう、漁師はおどけている、その船の後ろは赤い海、海が燃えている、燃えている海に孤船が浮かぶ・・・全てが「生命力」を謳歌している。


1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_11533196.jpg
          ↑:「赤い山」・F20。


1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_11551771.jpg
          ↑:「初夏の風」・F15 2009年。

 図太そうな娘さんの隣にバラの入った花瓶が異様に大きく描かれている。この花の立ち姿は自画像でしょう。


1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_1158561.jpg
          ↑:「魚」・変F40。

 ただただ笑っている魚です。それだけの絵です。しかもそれなりに大きい。この絵が上手いかどうかなどはどうでもいいと思う。こういう絵を描く人、描けれるひとが「鈴木喜景」です。

1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_1235031.jpg
1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_1243198.jpg
     ↑:左から、「雪祭りの準備」・F15、「張碓峠」・2010年。


1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_1271077.jpg
1247) 大通美術館 「鈴木喜景・油彩展 ー版画・油彩ー」 終了・3月23日(火)~3月28日(日)  _f0126829_1272532.jpg
     ↑:版画。


 小品ですが版画も沢山並んでいます。木版画でしょう。鈴木喜景さんは基本的には直截な人で「力」を押し出すタイプです。木版の刻む行為の直接的な力強さがマッチしているのでしょう。

by sakaidoori | 2010-03-31 12:46 | 大通美術館