栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 01月 27日 ( 2 )


2010年 01月 27日

1173) 時計台 「第29回 石狩支部美術部顧問・展」 1月25日(月)~1月30日(土)


○ 第7回 石狩支部美術部顧問・展 

f0126829_18243785.jpg 会場:札幌時計台ギャラリー 3階全室
      中央区北1条西3丁目
       札幌時計台文化会館
      (東西の中通りの北側にあるビル)
     電話(011)241ー1831

 会期:2010年1月25日(月)~1月30日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家】
 目録を掲載します。確認して下さい。

ーーーーーーーーーーーー(1・25)

 (関係者が会場に不在でしたので、問題ないと思われる作家のみ写真を載せます。)

 日本画家・北口さつきさんの「NUDE」・F50号、横向きで座った若い女性の全身裸婦像だ。少し肩を丸めてはいるが、ふっくらとした肌と膨らんだ肉体、何より、緊張感ある雰囲気が良かった。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 同じ部屋の壁の一面に、齋藤周の組み連作の作品が、壁を支持体のようにして展示されている。壁はキャンバスの支持体以上だ。壁という場の空間に自分の美学を写している。


f0126829_1832625.jpg


f0126829_1833234.jpg
     ↑:旭丘高校・齋藤周・「うたかた」・18-×300㎝。

 5,6年前の氏の作品は「中学生日記」を読む思いだった。少年の密やかな思慕と、満たされぬ激しさがあった。
 それから時は経った。今作、文学青年の「うたかの記」が並んでいる。画面から人のシルエットが消えて、移り香だけが激しく白地に映えている。
 齋藤周は「白壁」に恋している。そこに、何とかして見果てぬ夢を実現したい。セクシャルな美を、淡い男女の契りを、壁を契約書に見立てて奮戦している。壁が虚構か、美が虚構か、男女が虚構か?狂おしくも楽しい壁との逢瀬が続くのだろう。


f0126829_2248561.jpg
   ↑:3室ある3階の一室。

 この部屋は立体作品ばかりの展示。写真には写っていないが、手前に富原加奈子・「雪の景」という白い作品がある。それぞれが少しでも作品から膨らもうとしている。充分な間隔はスキッパーなのか、美的余白なのか?特に、伴翼・「tube# 1」、谷口明志・「無題」、佐藤一明・「灼熱ストーブ」が、全く異なる主張なのにガタガタとその場で震えて、互いに近づきたがっている。


f0126829_2302619.jpg
     ↑:とわの森三愛高校・伴翼、「tube# 1」・20×30×60㎝。

 伴翼は、具体物に新たな美的存在利用を発掘している。「存在と造形」の語り合い、あるいは反省と言っていいかもしれない。その果敢な挑戦を見続けよう。

f0126829_2383630.jpg
f0126829_239351.jpg

     ↑:札幌拓北高校・谷口明志、「無題」・フリーサイズ。

 僕は氏の一連の作品を「こんぶ」と勝手に命名している。今回も「こんぶ」の変形版として見た。
 氏はグループ展参加を好んでいる。その時の特徴は、与えられたテリトリーを犯さないで、それでいてどれだけ廻りと呼応できるかを確認しているようだ。
 僕は、この「テリトリーを常に犯さない」という姿勢に大いに不満だ。「犯さない」という意志は谷口明志の人格的健全さだろう。だが、彼が「こんぶ」という形態、伸縮自由に空間を遊ぶという方法論を採ってしまった。なのに、育ての親の健全な人格が、こんぶ(作品)に「領域を守れ」と支持する。その屈折した姿が今展の作品に見える。
 これらは一種の線描の世界だろう。一所で、伸び縮みした姿だろう。いつもは曲線的だから、たまには直線的に三角四角と抽象だ!と威張ったのかもしれない。だが、入り口まで伸びて行きたかったかもしれない。「もっとコンブに自由を」と叫んでいる。

f0126829_23235758.jpgf0126829_23242876.jpg












f0126829_2324569.jpgf0126829_23252010.jpg













f0126829_23283928.jpg

f0126829_23275230.jpg



     ↑:平岸高校・佐藤一明、「灼熱ストーブ 『鎮火』 1・2」・35×50×50㎝ 40×40×70㎝。

 サトー(佐藤)ストーブです。
 あまりゴチャゴチャ言っても仕方がありません。とにかく存在が可笑しい。おじゃま虫のように、そこに居るだけなのに妙に僕の心を惹きつける。「ストーブ」という言葉に負うのか?「ストーブ」という存在に負うのか?芸術家による「ストーブ」というマジックなのか?
 飽きることなく佐藤一明はストーブを作るだろう。僕の疑問の解は急ぐことはない。




f0126829_23551056.jpg
     ↑:有朋高校(通信)・阿地信美智、「既視感的風景 Ⅴ(nobody)」・10×20×20㎝。

by sakaidoori | 2010-01-27 18:33 |    (時計台) | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 27日

1172) 時計台 「第29回 道彩会会員会友・展」 1月25日(月)~1月30日(土)

○ 第29回 道彩会会員会友・展 

 会場:札幌時計台ギャラリー A・B・C室
      中央区北1条西3丁目
       札幌時計台文化会館
      (東西の中通りの北側にあるビル)
     電話(011)241ー1831

 会期:2010年1月25日(月)~1月30日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーー(1・27)

f0126829_10544616.jpg


f0126829_10552884.jpg



 公募展会派の水彩画展覧会。道内水彩画の団体はいろいろあります。以下、花をモチーフにした作品を中心に載せます。この会派の特徴の一端がわかるのではないでしょうか。


f0126829_10535525.jpg
     ↑:会員・寺西冴子、「野の詩」。(30号?、他の作品より、少し大振り。)

 好きな作家。絵が飛び出てくる感じで、大きく見えること。そして、ドローイング風のゴチャゴチャとした線が、作家の生理を直截に語り、自由に絵の中で遊びたいと振る舞っている。

 今回は、彼女の特徴が良く現れている。今作の大きな工夫は四隅に四角い枠を作っていることだ。それは、喩えて言えば、四角く囲まれた部分が顕微鏡で拡大された野原の一部分という趣向だろう。野を切り取って細部を大きく見せて、野の中を紫系の色でリズミカルに詩っているのだろう。
 残念なのは、四隅の切り口の輪郭線というか、境界線の考え方が弱い。単なる飾りとして処理しているから、趣が無さ過ぎた。四隅は異次元(野の藪の中)への導入部だから、重く強く画いてはだめだろう。軽く、しかも感じる世界、そんな世界だったらと思う。画家の意識が中心点に偏りすぎて、絵全体の配慮が欠けたのだろう。中心界が上手く画けたので、安心したのかもしれない。ですが、良い試みだと思う。

f0126829_11183270.jpg
     ↑:会員・工藤路子、「朝に」・パステル。


f0126829_1120523.jpg
     ↑:会員・木村琴絵、「白い秋」。


f0126829_11213832.jpg
     ↑:会員・中村須美子、「花遊び」・水彩 パステル。


f0126829_1123466.jpg
     ↑:会員・青田淑子、「my happy day」。


f0126829_11332761.jpg
     ↑:会員・中田やよひ、「残花」・水彩 アクリル インク。

 イメージの強い作品。鋭く時間をタイム・スリップする。画家の心持ちの鋭利な強さを思う。


 以上で、この会派のある種の傾向が読み取れると思います。以前は、より輪郭が不鮮明で、心象性の強い作品が多かったような気がします。輪郭も強くなり、色と線のハーモニーを強調する絵が増えているかもしれない。


f0126829_11433741.jpg
     ↑:会員・高橋智子、「new year」。

 激しく眩しい。何を画いているかは解らない。民家を赤く染めて、新年をを祝っているのでしょうか。好き勝手な赤ピンク気分が魅力的です。


f0126829_11471781.jpg
     ↑:会員・本多いさみ、・「りんご園」。

 大作です。画題は「りんご園」ですが、内容はそれとは無縁です。緑緑で強烈に内部に引き込もうとしている。


f0126829_1150967.jpg
     ↑:会員・蝦名富美子、「マンモスのような?(リムジン種)」・水彩 ジェッソ。

 牛の好きな蝦名さん。牛の大きさ、迫力、愛嬌のある顔、毛並み・・・すきな理由は分からないが、牛を楽しく大らかに画きます。
 今展は絵としては失敗作でしょう。牛全体を大きく魅力的に見せたいという、蝦名さんの第一の眼目が伝わってこないからです。輪郭線を丁寧になぞって、コンパクトな牛にしてしまった。
 お話を伺うと、このリムジン種の牛の毛むくれ立った毛並みに惚れての制作とのこと。おそらく、毛並みの特徴を一所懸命に画こう画こうとしたのでしょう。絵全体を見る余裕のない程、その牛の毛並みだけに惚れたのでしょう。そして、一心不乱に毛並みを画いた。見事に絵としては失敗した。この体験が大事だと思う。ちょせばちょす程悪く成るということを、身をもって体験したのですから。
 次作も楽しみにしています。




 

by sakaidoori | 2010-01-27 12:16 |    (時計台) | Trackback | Comments(0)