栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 01月 22日 ( 2 )


2010年 01月 22日

1166) ②時計台 「第4回 にかわえ展」・日本画 終了・1月12日(月)~1月17日(土)

○ 第4回 にかわえ展 

 会場:札幌時計台ギャラリー A・B室
      中央区北1条西3丁目
       札幌時計台文化会館
      (東西の中通りの北側にあるビル)
     電話(011)241ー1831

 会期:2010年1月11日(月)~1月16日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家】
 朝地信介 池田さやか 今橋香奈子 笠嶋咲好 熊崎みどり 駒澤千波 富樫はるか 富山真佑 内藤まゆ 野口裕司 百野道子 藤山聡 丸野仁美 宮町舞子 村木愛 村木聡 吉川聡子・・・以上、16名
 

ーーーーーーーーーーーー(1・16)

 (1164番の①の続き。)

 続けて、個別作品を載せます。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

○ 藤山聡の場合

f0126829_18201850.jpg
     ↑:①「ねぼけたボドリヤール」、F20 和紙 ミクストメディア。  

f0126829_18212516.jpg
     ↑:②「白壁のヒト科ヒト目サルの文字は夕陽に映える」・F8 木製パネル ミクストメディア。

f0126829_18221344.jpg
     ↑:③「比翼」。


 小品ばかりですがいろんな傾向の作品の出品。おそらく若い画家でしょう。タイトルが現代象徴詩のようで、少し懲りすぎな感じで、僕には意味不明。
 ①の自転車の車輪のリズムが心地良かった。何を画いても上手な方だ。さて、大作はどんな感じだろう?どういう方向を探求されるのだろう?


f0126829_19221284.jpg
     ↑:今橋香奈子「南風」・S40 鳥の子紙 岩絵の具 箔。

 絵とは不思議なものだ。いつもの今橋絵画とほとんど同じテーマなのだが、ほんのわずかな違いが印象的だった。
 今橋絵画の印象ーー立像の自画像らしき人物を中心テーマにし、その人物の廻りをびっしりと草花が美しく画き込まれる。やや細身の体躯、背景はその人の心象世界だろう、淡く美しく華やかに。人も背景も色も、どこまでも美しい。

 今作、わずかに人物が画面の面積に比して大きく見える。しかも、いつになくどっしりしている。顔も少し強い。装飾性の追求よりも、人の存在感そのものに向き合っている感じ。
 それはたまたま絵が小品で、背景が少なくなったという物理的理由だけかもしれない。そうであっても構わない。人そのものを画こうという意気込みが感じられて、僕には好ましかった。


f0126829_19514063.jpg
     ↑:吉川聡子、「私たちはここにいる」・910×233.4㎝ 鳥の子紙 水干 箔 他。

 実に明快な絵です。春爛漫、こうしてピンクを溢れるように使って、何の嫌味のないのが女流画家の良いところです。男は無用、開放感溢れる女の園。花に恋し、空気に恋し、風に、木々に・・・気分は怖いもの知らずです。あまりに眩しくて、恥ずかしくなりそう。

f0126829_2015138.jpg
     ↑:内藤まゆ、「季樹」・95×107㎝ 木製パネル 岩絵具。

 この屏風も明るくて楽しい。ちょっと恥ずかしいのですが、作品の前に座り、酒でも呑みたい。


f0126829_206560.jpg
     ↑:駒澤千波、「夜気」・91×181㎝ 板 岩絵具 水干。

 画家はカラー・ウーマンでもあるが、黒あるいは闇を溺愛する人でもある。今回は淡い闇でなく、黒そのものにチャレンジした感じ。


f0126829_2092670.jpg
     ↑:池田さやか、「淵 Ⅱ」・73×120㎝ 鳥の子紙 岩絵具。

 オンナ・サンショウウオが淵で徘徊している。肩がつっぱていて餓鬼地獄の一歩手前みたい。ここまでくれば、もっともっと妖艶なのが見たい。爪はとがり、髪は伸び放題で淵を埋め尽くし、呼気吸気の口元に覇気迫る・・・。

f0126829_20143824.jpg
     ↑:池田さやか、「アスパラガス」・162×98㎝ 鳥の子紙 岩絵具。

 アスパラガス、こうして大作の主人公として見れるとは嬉しい限り。池田さやか、細く尖ったものがすきなようだ。


f0126829_20174678.jpgf0126829_2020736.jpg










 ↑:富樫はるか、「snow」・M25(2枚組) 布 岩絵具 水干。

 僕は左側の上部の半円を描いた構図というか、富樫ラインが好きなのです。なぜ好きか?そのうちに言葉にしてみたい。
 やはり富樫はるかは2枚組が良い。こういうグループ展では、メルヘンタッチの小品は目立たないのが残念。


f0126829_2026646.jpg


 左側の2点が朝地伸介(「ゆらゆら Ⅰ・Ⅱ」・S50 板 岩絵具 水干)。
 2年間、大作を連発して発表していた。今は静かにエネルギーを溜め込んでいるようだ。


f0126829_2029524.jpg
     ↑:野口裕司、「ながれ」・180×30×30㎝ アクリル板 墨 他。

 野口裕司は隣室で個展をされていた。近々、その様子を紹介します。

by sakaidoori | 2010-01-22 20:51 |    (時計台) | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 22日

1165) ①時計台 「第4回 にかわえ展」・日本画 終了・1月12日(月)~1月17日(土)

○ 第4回 にかわえ展 

 会場:札幌時計台ギャラリー A・B室
      中央区北1条西3丁目
       札幌時計台文化会館
      (東西の中通りの北側にあるビル)
     電話(011)241ー1831

 会期:2010年1月11日(月)~1月16日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家】
 朝地信介 池田さやか 今橋香奈子 笠嶋咲好 熊崎みどり 駒澤千波 富樫はるか 富山真佑 内藤まゆ 野口裕司 百野道子 藤山聡 丸野仁美 宮町舞子 村木愛 村木聡 吉川聡子・・・以上、16名。
 

ーーーーーーーーーーーー(1・16)

f0126829_23575224.jpg


f0126829_2358135.jpg
     (↑:A室)

f0126829_23583427.jpg
     (↑:B室)


 早いもので、今年で4回目です。見慣れた画家が多くいます。全体の印象は、特に目立つ作品は少なくて、スッキリした感じです。何となく春近いムードがあって、若い人が多いからでしょう。今回の企画の「うちわ」も華を添えている。でも、一つ一つの「うちわ」には力が入っている。そよ風というようりも、女性の強い香が発散している。

 さて、16名と多数です。5,6人の紹介に留めておきます。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


f0126829_012422.jpg
     ↑:熊崎みどり、「断片」・65×106㎝ 紙本着色。

 動物の絵を画くことの多かった画家ですが、今回は大胆な絵です。壁だけで何も画いてないように見える。花鳥風月的な古典的画題からはほとんど無縁で、驚いてしまった。「何も画いてない」ところが良い。実に良い。
 ただ、多人数のグループ展の中ではあまりにも地味で、人目につかないかもしれない。できれば、もう少しまとまった作品群の中で落ち着いて見てみたい。
 何も無いと言ったが、草がある。もし蔦のような草も無かったらどうなるのだろう?しかも、もっと大きめだっら?気をつけて次作を見よう。


f0126829_0222234.jpg
     ↑:百野道子、「悠」・木製パネル 水干 岩絵具。

 昨年の道展出品作。
 この作品も最近の百野道子らしくなくて、驚いてしまった。驚いたが、ようやく美人画ばかりから距離を置き始めたので、僕にとっては抜群に好感度が高い。このタコのように変幻自在に自由気まま、そこに墨も毒もはき出して絵の可能性を探究してもらいたい。
 できることならば、今回は「イカ」でも見たかった。「タコ」は昨年見て、僕は食べ尽くした。大変でしょうが、もう少し多作になって、もっともっと刺激を送ってもらいたい。

 (②に続く。。)

by sakaidoori | 2010-01-22 00:31 |    (時計台) | Trackback | Comments(2)