栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 01月 20日 ( 2 )


2010年 01月 20日

1163) ①エッセ 「6人の女流画家 『春への序奏』展 企画者・柴橋伴夫」 1月19日(火)~1月31日(日)


○ 「春への序奏」展
   ーいのちの形、そして色ー
      (6人の女流画家展 企画者・柴橋伴夫)
       

 会場:ギャラリー・エッセ
     北区北9条西3丁目9-1 
       ル・ノール北9条ビル1階
     (南北に走る片側2車線道路の東側。)
     電話(011)708-0606

 会期:2010年1月19日(火)~1月31日(日)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)

 【参加作家】
 新出リヱ子 阿部正子 秋山久美子 古畑由理子 塚崎聖子 斉藤順子

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(1・19)

f0126829_13262271.jpg
     (↑:屋外の歩道からの室内風景。)


f0126829_13273861.jpg


f0126829_1328859.jpg



 道展会員・会友、6人の女流画家t展。柴橋伴夫氏の選抜による企画展。

 エッセは広い。なのに、大作のみが並んだ空間は、いつもより狭く見える。
 それぞれの画家の作風は公募展などで見知っているし、親しく意見交換をている作家もいる。全体ムードは想像していたが、予想以上に新鮮な展覧会だ。新作ばかりということで、今展に寄せる作家の意気込みが伝わる。それと、大作だけだから、一点だけに集中できていい。エッセの広さが鑑賞の幅を広げている。(以下、敬称は省略させて頂きます。)

 新出リヱ子以外は具象画で、架空のイメージの構築画。男特有の悶々さとは無縁で、意味不明の部分は少なく、華やかで開放的なエネルギーを感じる。人にこだわる画家も多いが、その人の内面を見つめる、えぐると言うよりも、関係性の中で人物の存在感を生かすという方向だ。企画者・柴橋伴夫氏は「女性としての豊かな感受性・・・、春風のような生き生きさ」を評価しての選抜とのこと。

 会期は二週間と長い。まず二人だけですが紹介します。

○ 塚崎聖子の場合

f0126829_1630594.jpg
 ↑:左側、「空を飛ぶ練習(広場)」。右側、「室内」(?)。

f0126829_1643491.jpg


f0126829_18111759.jpg この作品がもっとも春の「序奏」らしかった。
 作品は未完成。背景の青い部分など、画ききっていないようだ。しかも、構図にしろ全体像にしろ、いままでの画風からはかなり離れている。人物もピンク一色仕上げyりて、驚いてしまった。要するに新しいことを試みていて、何かを妊んでいるのだが、どう視覚化していいのかがわからなくて、画いては消し、消しては画いて、今は多くの絵の具が消されての制作途上の作品だと思う。確かに中途半端なのだが絵としてはそれなりに成立していると思う。構図なりテーマがざっくばらんで、不安定な存在感があるからだろう。
 主役の子供と船、未完成の面の世界、それらを取り巻く小道具達の三者が微妙な三角関係で結ばれている。うさぎの茫洋感はいつもの塚崎風ではない。きっちりバッチリ画くのが画家の特徴だ。塚崎風ではないが、こういうとりとめのない生き物は好きだ。画家自身が別のドアを半分ばかり開けたみたい。

 5月に個展を予定している。果たしてこの絵はどうなるのだろう?入念な画質感で迫るのだろうか?この抜けた感覚を生かすのだろうか?劇場空間での遊び心を得意としている画家だ。人物には飛び上がる直前の浮遊感はあるが、絵は構築的で一分のスキも許すまじという緻密さで勝負していた。2010年の春、何かが変わるのかもしれない。
 (キャプションのメモが不備でした。後日、しっかり書きます。)


○ 古畑由理子の場合

f0126829_17172226.jpg
     ↑:「ひだまり」・162.11×224.2㎝。

f0126829_1810387.jpg 今展最大の大作。若さ溢れる元気な作品だ。
 親しい人、その人のたたずむ書斎風景を中央に画き、重厚な建物や春を感じさせる木々、カモなどを周りに配して、その人を讃歌している。透視風描写と色の区別無き乱舞が境界線を不問にして、時空を重ね合わせているようだ。
 その人の笑顔、画面全体の華やかさは決して追憶的ではないが、オマージュを得意としている画家のようだ。慈しみや愛情の対象として人物を取り上げ、その人をいっそう華やかな存在としてイメージの主人公にする、絵はそのお手伝いといっった感じなのだろう。
 もし、その人物が自画像だったら、背景は心象世界の反映になるのだろう。楽しい気分でも悲しい面持ちでも、背景は色や花や風で満たされるのだろう。絵を画くことが元気の源かもしれない。この元気さがまぶしい。

by sakaidoori | 2010-01-20 18:11 | エッセ | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 20日

1162) ②アートスペース201 「札幌北陵高等学校 美術部・書道部校外展」 終了・1月8日(木)~1月13日(火)

○ 札幌北陵高等学校 美術部・書道部校外展

 会場:アートスペース201 6階 B・C室
    中央区南2条西1丁目7-8 山口中央ビル
    (北向き)
    電話(011)251-1418

 会期:2010年1月14日(木)~1月19日(火)
 時間:10:00~18:00
    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(1・19)

 (1161番の続き。)

f0126829_10233831.jpg
     ↑:2年・宇田川さん、「きっと死ぬまで」。

 難しいイメージにチャレンジしている。人の矛盾や葛藤表現とのこと。暗闇の方向性が面白い。頭上の岩壁が余りに平面的で天井に見えるのがユーモラス。人の表現もどこか茶目っ気で、「洞穴生活も悪くはない。たまには下界に降りて、お菓子でも食べたいな」、そんな思案顔だ。
 「矛盾や葛藤表現」だから、あまり全体の構図にとらわれすぎないで、もっと大胆に強ければと思う。だが、難しいテーマに取り組む悶々が伝わってくるし、何より大作を画きあげたのが良い。


f0126829_10373039.jpg
     ↑:2年・米澤さん、「和」。

 羽根の一枚一枚を丁寧に綺麗に画いている。バックも菊の花柄がそれぞれ違った形で浮いていて、華やかさを渋く支えている。
 おそらく、全体は不二鳥だろう。下半身が渦を巻いて飛んでいるようになれば最高だが、今回は上半身の永久の姿に満足しよう。高校生らしく未完成の美学だ。


f0126829_1243069.jpg
     ↑:2年・梅川さん、「学校の駐車場」。

 身近な風景の切り取り。淡々とした学校生活の一こまを見る思い。なかなか生活というものは振り返ることはない。何でもない景色を何でもなく画き、それでいて何ともいえない気分が込み上がってきたことでしょう。
 「2009年 秋 母校・北陵高校の記録 高校2年・・・」


f0126829_1261977.jpg
     ↑:2年・宮さん、「内の光」。

 北陵高校のセーラー服はこういうのですね。もし、街でこの服を着た女学生がいたら、声をかけたくなるかもしれない。
 ちょっと顔が怖いけれども、真剣に自画像を画いたのでしょう。あまりに一所懸命に一所に頑張りすぎると、濃くなり、全体とのバランスを欠くことにもなる。絵としては確かに欠点だが、人間が正直に出ていて好ましい。



f0126829_10554074.jpg
     (↑:1年生中心のC室。)

f0126829_10563677.jpg
     ↑:2年・西坂君、「Dの終わり」。

 黒がギラギラしている。胎盤のような糞のような異物がとぐろを巻いていいる。奇形児の流産のよう。


  ~~~~~~~~~~~~~~

f0126829_1122212.jpg



 C室では絵画と同時に書道部の臨書が展示されている。
 部員も3人で、作品も5点と少ないのだが、なかなかの力作だ。根性の入っている臨書だ。紙の汚れもなく鮮やかだ。相当書いたことと思う。
 今年、新入部員が入らなければ二人だけになるかもしれない。それは寂しいことだが、所詮「書」は一人でするもの。相棒が一人でもいることで、その人と切磋琢磨して励んでもらいたい。
 部室で黙々と書き込んでいる姿が想像される。書はまさに武器。覇気が伝わってくる。

f0126829_11231859.jpg
     ↑:2年・立花さん、「臨 雁塔聖教序」。

 原本のすっきりした清らかさ大らかさに比べると、右肩上がりで少し癖のある字。気持ちを大きくして流れを重視しているようだ。
 「則濁」の入りは大きめで力強く、その後はしっかりと書き進み、最後の「無知」は小降りでぴちっと締めている。最後を綺麗に終わっているのが好ましい。かすれも嫌味なく適度で、しっかりした字だ。


 
f0126829_11542432.jpg
     (↑:参考資料。立花さんの臨書の原本。)

by sakaidoori | 2010-01-20 12:08 | アートスペース201 | Trackback | Comments(0)