栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 01月 19日 ( 2 )


2010年 01月 19日

1161) ①アートスペース201 「札幌北陵高等学校 美術部・書道部校外展」 終了・1月8日(木)~1月13日(火)


○ 札幌北陵高等学校 美術部・書道部校外展

 会場:アートスペース201 6階 B・C室
    中央区南2条西1丁目7-8 山口中央ビル
    (北向き)
    電話(011)251-1418

 会期:2010年1月14日(木)~1月19日(火)
 時間:10:00~18:00
    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(1・19)

 札幌国際情報高校・美術部展を目当てに当館を訪問。嬉しいことに「北陵高校・美術部展」も同時に開催している。しかも、この高校の校外展はあまり聞いたことがない。だから、見たことがない。ふわふわ気分で6階にエレベータでかきあがり、ゆっくり見てきた。
 (昨年末に、年末年始の高校展はなるべくブログに載せようと心に決めた。心に決めても、実現できるかどうかは未知数。だから、今展も顧問の先生に写真掲載の許可を頂いて嬉しい限りです。)


 顧問の先生は、一昨年頃に道東から新しく赴任された。その若い先生の意欲で校外展が実現した。当然、先生にとっては初めてで、学校にとっても初めてのようだ。「実施宣告?」が夏から秋頃のようで、生徒にとっては晴天の霹靂、ということは「時間が無い」、未完成あるいは不本意な部分も多々あることでしょう。それも、第1回校外展参加作品という勲章でしょう。できれば、部活の年中行事にこの校外展を組み入れて、高校の公募展とは違った意欲で自由に取り組んで、伝統を作っていってもらいたいものです。ほかの高校美術部も外に出て欲しい。

 さて、2室を使っての発表。3年生は不参加。B室は全員2年生で、この部屋はなかなか充実している。彼らを中心に語ります。

f0126829_23465120.jpg



 この学校の良さは自由気ままさです。絵を画く楽しみの強さと、絵に対する執着の弱さの間でもたれ合っている感じ。絵の仕上げがイマイチなのは全然構わないのだが、描き足りなさが目立って、画き過ぎによる失敗作がないことが残念なところです。もっと、自分自身のパワーを信じて、小綺麗にまとめないで、ガンガンしてもらいたい。

f0126829_23554811.jpg
   ↑:2年・桑原君、「点の冒険」。

f0126829_0395932.jpg
 実に面白い。何が面白いかというと、画家自身がイメージの自覚が希薄で、それでも取りあえず絵にしようという意欲の高さです。絵に対する自覚と意欲のアンバランスが高校生らしい。もちろん、この段階で止まっていたら、絵の力が立ち上がってはこないと思うが、絵にせざるを得ない何かを持っていて、それを発表したことが素晴らしい。良し悪しを問う作品ではないと思う。ということは次回は良し悪しを問う作品を見たいものです。

 作品は点描をランダムに塗り重ねたもの。最後に白点で終わらせたのが大きな失敗みたい。この点描を重ねる作業が桑原君の絵画意識を高めたことと思う。



f0126829_08385.jpg
     ↑:2年・佐々木君、「LIFE(Ⅱ)」。

f0126829_0461665.jpg
 淡い細密画。先ほどの桑原君と違って、明快なイメージがあり、描きすすめていくことによって、深まり変容していく絵なのでしょう。色もなく、ただただ点を打っていく作業です。青年の多感なエネルギーを絵に埋め込むのです。次回も楽しみだ。





f0126829_0161964.jpg
     ↑:2年・井藤君、「絶景 -beautiful」。


 おそらく、写真か何かのサンプルがあったのでしょう。それでも、夕焼けや湖面の輝き、雲の妖しげな立体感、それらの色の発色が素適だ。
 もし写真を使うのなら、自分で撮影し構図などの切り取りにも悩み、風景スケッチもバンバン画きためて、得意の色づけをしたらいいと思う。そうして出来た作品は苦労はしたが、今回の作品よりも出来は間違いなく落ちていると思う。全部自分でするということは、そういうものです。その代わりにより強い個性が生まれると思う。何より「井藤絵画」だ。
 ということは、今回の絵は色は素敵だが、有り体の観光風景の一こまで、その辺が絵としては物足りない。井藤君ならではの「風景画」が見たい。


 (続く。)

by sakaidoori | 2010-01-19 23:11 | アートスペース201 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 19日

1160) さいとう 「第1回古館章 『子供のクツと一人の男の子のブロンズ』展」 1月19日(火)~1月24日(日)


○ 第1回 古館章
   『子供のクツと一人の男の子のブロンズ』展


 会場:さいとうギャラリー
     中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
      (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:20010年1月19日(火)~1月24日(日)
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(1・19)

 まさに子供グツの絵画展です。75個前後のクツが並んでいる。
 DMを頂いていたから、クツ展はわかっていた。わかってはいたが、目の当たりにすると壮観で、可愛くもあり、いろんな物語が生まれてきて、思わず微笑みが浮かび、古館物語に引き込まれてしまった。


f0126829_22517100.jpg


f0126829_227636.jpg


f0126829_2273280.jpg


f0126829_22104454.jpg


 0歳から8歳の子供達が履いたクツばかり。
 自分の子供の小さい頃のクツを、暇に任せて描いたのが画き始めのキッカケとのこと。単にクツの形やデザインが良いということではなくて、「クツを履いていた頃の思い出」が画家の全身を襲ったのだ。以来、知人に頼んで、古きクツを預かり描きためたのが今展の成果だ。昨年の10月23日から12月28日まで。
 まだまだ描かねばならないクツが沢山あるそうだ。将来の子供のための予約までもらっている。
 古館章さんは高校の教員を定年退職された方で、教え子達などに「クツが描きたい」と声をかければ、思いの外に反応が良くて、嬉しい悲鳴をあげているそうだ。

 あくまでも、「クツの物語」が大事。子供を育てた親の話や物語、それを伺う画家の感情移入とクツ自体が物語の主人公として立ち上がってくる、そこを」画家がつかみ取る。そうして出来上がった「子供達のクツの展覧会」です。

f0126829_22282987.jpg

f0126829_22293871.jpg
     ↑:上が最初の「クツ」の作品。下が今展の最新作。


f0126829_22321156.jpg
     ’(↑:販売用の絵はがき。1枚80円。なかなか見応えのある並べ方です。)


f0126829_22351430.jpg

 
 入り口に子供の頭部のブロンズ作品が1点だけ展示されている。この少年が画家が初めて描いてクツを履いていたのでしょう。何歳の頃?何年前?今はどうしているの?それはこのブログの扱う世界ではないでしょう。クツには色々な物語がるから。

 

by sakaidoori | 2010-01-19 22:49 | さいとう | Trackback | Comments(0)