栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 02月 03日 ( 2 )


2008年 02月 03日

512) モエレ沼公園 ③「スノースケープモエレⅢ」 終了・1月30日(水)~2月3日(日)

○ スノースケープモエレⅢ
   「ホワイト リンケイジ(White Linkage)」
     つながる冬。つくりだす冬。

 会場:モエレ沼公園ガラスのピラミッドと、その周辺
    札幌市東区モエレ沼公園1-1
    電話(011)790-1231
 期間:2008年1月30日(水)~2月3日(日)
 時間:11:00~19:00(30日は17:00迄、2日は21:00迄)
 料金:無料。(一部、基調講演とダンス・パフォーマンスは有料。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この日は冬晴れだった。(2・2)
 ガラスの館を出た辺りにかまくら・アートがあるのだが、そちらの紹介は後回しにして、モエレ山へ。

f0126829_2351023.jpg



f0126829_023634.jpg


f0126829_034934.jpg


f0126829_013260.jpg


f0126829_051254.jpg


f0126829_065895.jpg


f0126829_075777.jpg




 標高62m。たったの62mなのにこの景色。豊平川河口の低湿地帯ということで、遮るものは何もない。イサム・ノグチという男は、ここにこの位の丘を造れば、こんなふうに見えるということが体質的に分かる男なのだ。大型トレーラーの運転手が車の四隅が自分の体の一部のようにして操作できる。同様に、ノグチは自分の目を蟻の位置にも、数十mの高さにも自在に運べるのだ。そして、その目は見る為だけにあるのではない。見た世界を自分の創造物に置き換えるのだ。

 札幌とノグチの出会い。それは時代の生んだ偶然だった。
 ゴミ処理場跡地の再利用はとんでもないノグチ・ワールドとして結実した。
 アメリカでは彼の才能を認めても、彼の破天荒の構想に耳を貸そうとはしなかった。アーティストとしては認めても、その空間作品の必要性は認めなかったのだ。
 札幌と彼との出会いは、日本全体が経済の右肩上がりの絶頂へと進む時代だった。札幌は冬季オリンピック以来、近代的インフラ整備時代に突入し、文化の一大シンボルとしてノグチに白羽の矢を当てた。彼の構想の雄大さに北都・札幌の未来を重ね合わせた。文化の何たるかは問うところでは無い。リサイクルと芸術の一致。金が自由に使える時代ならば文句をいう人はいない。本当に金があったかどうかは、不問なのだ。見識豊かな関係者の文化への「夢」、近代化への礼賛がノグチのアメリカ的発想に夢の実現を見たのだ。幸いにも経済の肥大化がそれを可能にした。

 札幌市はこの施設をもてあまし気味だ。維持するだけでも金がかかる。そして金が無いと言っている。それでも維持していかなければならない。
 イサム・ノグチの世界の前でハムレットのような悩みが亡霊のように漂っている。

 スノー・スケープ・モエレ、この雄大な公園の中での何と日本人らしいこじんまりさであろうか。このギャップは滑稽なまでに面白い。それも、ノグチの世界があるから、我々は己の卑小さに気づかされるのだ。気づくことは良いことだ。気づかせるイベントはそれだけで意義があるというものだ。だから、個人ではできない自治体を巻き込んだイベントが必要なのだ。ネックは金だ。関係者の皆さん、その知恵と行動力で金を産んでください。


 ⑥モエレ沼公園ひとりじめプロジェクト「モエレ山荘」・札幌市立大学空間デザインコース 山田良ゼミ

f0126829_0491737.jpg


 山頂に立つモエレ山荘。下からでも、そこに何かがあるのが見て取れる。
 入り口は微妙な隙間だ。横向きで中に入ることができる。建物はガッチャイが、中に入るという行動の仕方・感触が気にいった。

by sakaidoori | 2008-02-03 23:53 | ☆モエレ沼公園 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 03日

511) 市民ギャラリー ②「2008 第1回・道展U21」・総合展 終了・1月30日(水)~2月3日(日)

○ 2008 第1回・道展U21

 会場:札幌市民ギャラリー 
     南2東6
     電話(011)271-5471
 会期:2008年1月30日(水)~2月3日(日)
 時間:10:00~17:30(最終日16:00迄)

 授賞式:2月3日(日)14:00~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 個別作品を何点か載せます。
 かなり個人的な好みを中心にしての選択です。大賞、優秀賞、奨励賞の名簿はこちら(⇒こちら)をご覧下さい。

f0126829_2218422.jpg

 ↑:優秀賞・鈴木隆文(道芸術デザイン専)、「指輪」。
 今展でダントツのお気に入りです。とても優しくて綺麗で上手な作品です。どこが一番の気に入りかと言うと、人体のボリューム感です。全体のボリューム感だけでなく、部分部分のどこをとっても大きく描いているのです。思わず、目の前で両手で丸く円を描きたくなります。顔をぼかして漫画チックに描いています。口元などは違って描けば、全然イメージが変わるでしょう。漫画チックさはともかく、ぼかしているところも良いですね。見る人の目が顔に集中しなくて画面全体にに向いて、最後に顔を楽しむのです。

f0126829_22331983.jpg

 ↑:松本航輔(西陵高)、「sense of fun」。
 動画風な線描と色の世界。淡々とした楽しさが伝わってきます。線の世界と色の世界の調和が、色々な想像を膨らませてくれます。

f0126829_22424716.jpg

 ↑:奨励賞・福本舞(山の手高)、「地球ノ悲鳴」。
 線描の世界です。びっしりと丁寧に描いています。その丁寧さが、タイトルの「悲鳴」につながればいいのですが、むしろ愛情を正直に表現していて、微笑ましく見てしまいました。地球を掴む手を黒めにして、見る人の目をここに集中させて、ゆっくりと画面を回っていって、画家の濃密な世界に引き込もうとしています。線描の生理をストレートに出そうとしています。

f0126829_22514144.jpg

 ↑:山下沙織(西高)、「もう さよなら」。
 自画像でしょうか?。笑顔の自分自身に「さよなら」と笑顔で挨拶して、旅立とうとしているのでしょうか?
 学生展でこういう絵が無かったら、本当に寂しい。絵を見に来て良かったとつくづく思います。

f0126829_2302678.jpg

 ↑:松本圭織(大谷高)、「可能性」。
 何と言っても大きな顔です。そして、大きな手。それに左上の大きな花の塊。この三点が結ばれて、顔の不釣合いな大きさに似合った安定感をもたらしていると思います。更に、くの字の腕の動きと結ばれて楕円形をなし、色のハーモニーと円形が力強く結ばれていると思うのです。
 そうは言っても、大きな大きな顔が印象的です。

f0126829_23152961.jpg

 ↑:朝比奈ふぶき(平岸高)、「生きるということA」。
 生きるということは食べることなのです。メタボリックという言葉があろうとも、食べ過ぎに注意されようとも、綺麗に沢山食べましょう。食べることが悪いはずはありません。

 肝心の大賞を載せるのを忘れました。当然、③に続くということで。(2・2)

f0126829_23331653.jpg

 ↑:優秀賞・大島改(道芸術デザイン専)、「撓う shinau」。

by sakaidoori | 2008-02-03 23:27 | 市民ギャラリー | Trackback | Comments(0)