栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 01月 29日 ( 1 )


2008年 01月 29日

502) 大丸藤井セントラル  「札幌大谷高校美術科 第19回卒業制作展」 1月29日(火)~2月3日(日)



○ 札幌大谷高校美術科 第19回卒業制作展

 会場:大丸藤井セントラル 7Fスカイホール
    電話(011)231-1131
 会期:2008年1月29日(火)~2月3日(日)
 時間:10:00~19:00(最終日は17:00まで)
 ※注意:時間はおおむね通常の開催時間です。違うかもしれませんので;注意して下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この時期は高校生、大学生と美術系の展覧会が多い。一昨日まで、大谷短期大学の発表展がありました。(会場風景だけですが、掲載予定。)大谷高校から、何人だけが大谷短期大学に通われるのかは分かりません。何らかの形で美術を自己表現の一貫として続けてもらいたいです。

 高校美術科の卒業制作展であって、美術部ではありません。見る上で、注意と確認をしておかなければなりません。
 スカイホールの間仕切りを打ち払って、広くオープンにしての展示。
 おそらく美術科は絵画、デザイン、立体(彫刻を含めて)の三部構成だと思います。展示作品がそういうことになっています。
 絵画関係は入り口から壁面を、デザイン関係は奥のほうの壁と空間を、立体関係は入り口手前から空間を自由に使っての展示。各々のキャプションには名前、タイトル、出身中学校、学生の一言メッセージが添えてあります。
 奇抜な作品は少なく、丁寧に丁寧に綺麗に仕上げようという気持ちが伝わってきます。女性ばかりですから、大仰な力強い作品はありません。こざっぱりして親しみが持てます。

 立体作品はインスタレーション風で、技術的には拙いのですが、作品に年齢相応の直截な主張が感じられます。
 絵画は公募展的な大作は無くて、中品に喜びや感謝や女子心の明るくて微妙な襞があって興味津々。
 デザインはキャラクター物を扱ったり、学生自身の遊び心と手作りにチャレンジしている様子が伝わってきます。
  
 今展は学生名も、個人作も取り立ててコメントもしません。ムードが伝わるかどうかは分かりませんが、会場風景の写真を載せます。
 3日(日)までです。 (1・29) 

f0126829_2225197.jpg

f0126829_22263268.jpg


f0126829_2228206.jpg

f0126829_22292342.jpg

f0126829_22301981.jpg


f0126829_2231542.jpg


by sakaidoori | 2008-01-29 22:35 | 大丸藤井スカイホール | Trackback | Comments(0)