栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2007年 06月 07日 ( 3 )


2007年 06月 07日

212) テンポラリー 「有本ゆかり展」・水彩 ~6月10日まで

○ 有本ゆかり展  「ヤシンカの森ーインドからの風」

  会場:テンポラリー スペース
     北16西5 北大斜め通り・西向き 隣はテーラー岩澤
     電話(011)737-5503
 会期:2007年6月5日~6月10日(日)
 時間:11:00~19:00

 「ヤシンカってどういう意味?」
 「それは反対から読めば分ると思うの」 
 「あー、感謝ね、『うなかがめーゆ』と同じだね」
 「それと、今日、お客さんが言っていたんですけど、野心家ともとれますね」

 彼女の絵は野心にはほど遠い作風である。だが、その言葉を屈託なく受け入れている。野心家ー「その人に分不相応な望みを抱く人。新しいことに大胆に取り組もうとする人」、そんな意味であろうか。この場合は絵である。絵を描こうという姿勢の中に、野心を認めているのだろう。2階には昨年発表したという旧作を展示してある。部屋の構造上、以前の作品群を下から見上げて見ることになる。かわいらしい女性が優しく浮き出てくるように表現している。残念なのは輪郭を鮮明に描いて、表情もメルヘン的であれこれ感じるまでもなく主張がはっきりしているのである。絵が一人立ちする以前に彼女の願望、理想を投影しているのだ。野心があまりにも素直に出ているのだ。彼女の画風は心の状態を自然に紙に映し出すことだと思う。例え心象であっても何かを描こうというものではない。色と形が心を映し出したようにすることだと思う。画材の絵具もなるべく対象としてでなく、自分の分身の様な物として扱おうとしている。彼女の絵具は自然にあるものを選び取って、色にしているとのことだ。筆で描いていると思うのだが、優しく指先につけて、自分の体から滲み出た物のように色づけしている。部屋には山葡萄が新聞の上におかれていた。葡萄色を使うとき、その葡萄がなっていた自然を感じながら描いているのだろう。十色の自然の絵具は十の世界を旅することができる。絵具で自然の中を旅をして、呼吸をして風を感じているのだろう。描くことによって心の旅をしているのだろう。何かを口ずさみながら奏でながら。

 冬のテンポラリーのコンサートで初めてお会いした。着物姿で寒さのせいか、顔だけを出して、本郷新の「雪ん子」のような装いだった。季節は初夏に近づいている。「太陽と北風」のように服を一枚一枚脱いで、白いスカートと紫がかった上着とショールという服装。紫の好きな女性だ。難しい色だ。
 感謝と野心の有本ゆかり展だった。

f0126829_23434955.jpg

f0126829_2345527.jpg

f0126829_23485885.jpg

f0126829_235110100.jpg











f0126829_23524510.jpg

f0126829_23543540.jpg













f0126829_23555095.jpg


by sakaidoori | 2007-06-07 23:57 | テンポラリー | Trackback(1) | Comments(6)
2007年 06月 07日

211) エントランスホール 「伊藤幸子展」・彫刻 ~6月24日まで

○ 伊藤幸子彫刻展  ~土の雫~

 会場:北2西2
    STV北2条ビル・東向き エントランスアート
    電話(011)207-5062
 会期:2007年6月4日~6月24日(日)
 時間:月~金 9:00~18:00
     土・日  9:00~16:00


f0126829_1639291.jpg
f0126829_16402535.jpg


f0126829_16411430.jpg

f0126829_16421052.jpg



 1982年 道展新人賞
 1983年 道教育大札幌分校彫塑専攻科卒業
 2002年 道展会友賞
 2005年 道展会員

 今日は曇りで涼しいですが、最近の好天気には伊藤さんの夏が良く似合います。白い彫刻は石膏で、あまりに石膏らしくて恥ずかしい感じです。素材剥き出しなのですが、ふっくらとした肌の白い女性を凛と立たせて、不思議な表情で寝かせています。白は目に飛び込んでくる色と習いました。だから白い部屋に入ると狭く感じ、白いブーツを履くと足が太って見えるということです。丸い輪郭がその白さで、更にふっくらとしています。太ももの辺りは実にリアルで、女性そのものです。黒味のタイルが海になって、彫刻達を泳がせています。女性の作品は平均にエロスを感じません。明るく健康的な美の世界、形の世界です。ほんの少しばかり憂愁の影が白から雫のようにこぼれようとしています。

 伊藤さんの作品の目の表現が気になっています。目だけの写真を紹介します。

f0126829_16585931.jpg

f0126829_170524.jpg


f0126829_1712127.jpg



f0126829_1721084.jpg







f0126829_173530.jpg
 (↑;ブロンズ)

by sakaidoori | 2007-06-07 16:31 | STVエントランスホール | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 07日

210) タピオ 「レーベンス展」 ~6月16日(土)まで

○ REBENS・レーベンス「生命・人生」展 2

 会場:タピオ
    北2西2・中通り東向き・道特会館1F
    電話(011)251-6584
 会期:2oo7年6月4日(月)~6月16日(土) ・無休
 時間:11:00~19:00
    (6月10日・日曜日は13:00~18:00)

 グループ展です。
 参加作家:西条民治 斎藤邦彦 田村佳津子 竹田博 名畑美由紀 細木博子 林教司 横山隆 渡辺英四郎、の9名。

f0126829_13164110.jpg

f0126829_13185479.jpg
 いつもしているグループ展ですから、総合タイトルにこだわって見る必要はないかもしれません。しかし、タイトルがある以上、「生命・人生」という脈路は切り離せないでしょう。それが絵画の制度でしょう。個々のタイトルと総合タイトル、そして個々の作品と全体の作品構成、おそらく展示は早い者順で意図的ではないと思いますが、偶然による効果が生まれたかどうか、会場に行って確認してください。
 16日までと長い会期です。入って左回りに写真紹介をします。

f0126829_13261276.jpg
 ↑:田村佳津子。非常に見にくい写真ですいません。壁紙のようなさわやかな作品です。ピンクがかわいらしいです。キャンバスにアクリル、「つらら」40M、「昼の月」50F。ところで「s」は正方形と教わったのですが、「M」「F」は忘れてしまいました。どなたか教えてくださると助かるのですが・・・。

f0126829_1333311.jpgf0126829_13342870.jpg








 ↑:斎藤邦彦。「生命」、「人生」、「人生」。三点並びの右端は工夫が面白いですね。またまた写真ではわかりにくいのですが、ハート型をした女性器を赤い腰巻できゅっと縛って、微笑ましくあり綺麗な作品です。彼のパステルは魅せてくれます。

f0126829_1456542.jpg

f0126829_1512549.jpg













 ↑:林教司。赤い2点は油彩のサムホール。タイトルはあるのですがメモが判読不能です。引き込むような赤と黒。強い絵です。タイトルを確認にもう一度行かねばなりません。細長い作品は無題です。

f0126829_1582821.jpg
 ↑:右側は新道展の細木博子、「作品」。新道展の時にしか彼女の作品を見ませんが、青い時空の世界にメルヘン的な小道具をちりばめていたと思いました。物に捉われないで抽象画を描ききっています。タピオに出入りするとこういう方面にも開眼するのでしょう。秋の新道展が楽しみです。
 f0126829_15253867.jpg 
 左側は名畑美由紀。クラフト紙に何かを押し当てててわずかの凸凹が表面にできています。ただそれだけの作品です。竹田さんのキャンバスに一色だけ色付けした展示に着想を得たような作品です。ソーっと表面を撫でるのです、ジーっと表面を見つめるのです、紙のしだれ具合に気を止めるのです。

f0126829_15321226.jpg
 ↑:西城民治。キャンバス、油彩「わたし自身のみの希望」。壁にかかっているのが作品です。下の品々は希望者が自由に持ち帰っていっていい物です。結果的には全体がインスタレーション風になりました。作家の意図しないことだと思います。もし毎日見ることができたなら、品物が一つ一つなくなっていき、全体のムードも変わるかもしれません。

f0126829_15441440.jpg
 ↑:横山隆。段ボールのコラージュによる大作、「彼方へ」。横山さんの気力充実振りをうかがえます。

f0126829_1547957.jpg
 ↑:竹田博。左から「作品」、「作品」、「花」。得意の色付きのキャンバスをはさんでの展示。真ん中の作品、酒のラベルの下に診察券を貼り付けているのです。「人生のバラード」でしょう。竹田さんは最近体調不調で酒もあまり呑むことはできないと思います。せめては絵の中だけでも酒を飲んで、病院に行ってゆっくり休養しようということでしょう。「キャバレー・タピオ展」までには回復してもらいたいですね。

f0126829_15535038.jpgf0126829_15543466.jpg









 ↑:渡辺英四郎。写真です。ガラスが邪魔をして写真が上手く撮れませんでした。青い作品などは素晴らしいのに、残念なことです。

by sakaidoori | 2007-06-07 15:57 |    (たぴお) | Trackback | Comments(0)